現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

現実のモデル図

現実の定義とは?それはあなたの認識した時点で別物に変化します。
先ずはそれを理解する事が何より大切な事でありスタートです。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>-----------------------------------------------


トップページ > 現実の仕組み > 現実のモデル図

現実のモデル図

現実の定義とは?それはあなたの認識した時点で別物に変化します。
先ずはそれを理解する事が何より大切な事でありスタートです。


【私達(アバター・Aの世界)】は【目に見えるもの】【触れるもの】【匂うもの】【味わえるもの】【聞けるもの】を無意識に・自然に・当然に・当たり前に・疑い無く【現実の世界(アバター・Aの世界)】と信じています。
そう、【私達(アバター・Aの世界)】が【体験】出来うる全ての事が【この世の全て(アバター・Aの世界)】
その【リアル】感に疑う余地もない【事実】です。

では・・・睡眠中の【夢】はいかがでしょうか?

楽しい【夢】や最悪の【悪夢】は【現実(アバター・Aの世界)】なのでしょうか?
冒頭の流れからしてみれば、答えは【ノー。】です。

何故か?・・・・・・それは、目が覚めて【夢】と【自覚・認識】したからに他なりません。

でも、共通して【リアルな感覚】はハッキリ残ります。
楽しい【夢】は適度な感情の高揚を残します。
最悪の【悪夢】は激しい発汗・心拍数の変化を残します。
寝床から起き目覚めた【私達(アバター・Aの世界)】にはハッキリ自覚出来ます。
ですが・・・再度確認の為、言いますが。。。
【リアル】な【感覚】があっても【夢】と【自覚・認識】した時点で【現実(アバター・Aの世界)】と言えなくなります。

では以下の問を考えて観ましょう。

【問】
今現在【現実(アバター・Aの世界)】と感じて疑わないが、もしこの【現実】を【幻想】と【自覚・認識】したら【現実(アバター・Aの世界)】として言えなくなるのか?(存在実感がなくなるのか?)

答えは【イエス。】
別章【目に見えるものを科学的に観察すると・・・】に記しています、【全ての構成物質は突き詰めれば原子からなっており、原子の中身はスカスカの真空空間である。】と。

では【何?】が私達の五感で得た情報を【現実というリアル(アバター・Aの世界)】と疑わない事にしているのでしょうか?

一体【何?】が【スカスカの真空空間】に映像や質感を持たせているのでしょうか?

それは【意識】です。
しかも、勝手が悪い事にその【意識】が【幻想】に完全没頭して疑わない状態になっています。

それゆえに睡眠中に見る【夢】よりも格段に潜在意識に落とし込まれており絶対醒めない【夢】の最上級である【幻想】から醒めないどころか、決して疑いすら抱く事無く頑なに信じ切っている状態になっているのです。
その付け入る隙の無さである【完全没頭】の深さたるや【金城湯池】の如し。

ココで【何故、意識はこの様な完全没頭の様な危険極まりない事をするのか?】という疑問が当然出てきますが、コレに関しては別章に譲るとしてテーマに上げている【モデル図】を見て観ましょう。


あくまで説明するだけの簡略したイメージですが何となくでいいです。
(本当はもう少し説明したいのですが、今回は簡略化しています。あしからず。)
【皆様(アバター・Aの世界)】の意識は【体験ルーム(ツール)】を通して情報の塊(サーバーと解釈しても、ソースと解釈してもOK)からデータをダウンロードした情報で体験していると御考え下されば結構です。
現実的に実物イメージではこんなカンジと思って下さい。


【基本ルール】としては以下のものが妥当とされるでしょう。
○ 体験前に【【自分自身(アバター・Aの世界)】を設定】する事。
○ その【自分自身(アバター・Aの世界)】の体験シナリオを決める事が出来る。
○ その体験シナリオは概略である程度、【緩めのファジー】にしても【ガチガチの筋書き】にする事も各自の意識で任意決定する事が可能。
更にはシナリオ中の選択決定事項もまた同様。
○ 体験をする際には記憶を【一時消去(体験中に思い出せない様にする)】される。
○ プレイジャンル(サーバーの世界で)でその世界の基本ルールに準ずる事になる。(今回は地球人なので基本データから基本ルールは4次元での人生体験となる。)
○ プレイルール上、その【自分自身(アバター・Aの世界)】が死亡するまで体験ルームから【基本的】に任意で出られない。(途中下車が出来ない、一発勝負)
○ 体験が終了したら、体験の記録(記憶データ)は保存され貯める事が可能。
そして先程の体験も含め、体験前の記憶(記憶データ)も閲覧可能。
再度体験トライする時は【一時消去のルール】が施工される。
○ あくまで
基本ルール上、【クリア条件が無い】事が上げられる。
○ しかし、実の所【4次元人生体験シュミレーション(アバター・Aの世界)】には
クリア条件】が隠されている。
それは、【シュミレーション体験の目的という【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】】を【想い出し】て【体験を満喫】する事。

つまり、【何故【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】は体験をしたいのか?】が解かれば、おのずとプレーしている事自体に気付き、心の底から『嗚呼・・・私は何の為に体験をしているのかを思い出した。ならば、この体験を十分に満喫しよう。』と想い出すのです。

そこには【恐怖】も【悲観】も【苦悩】もありません。
また、『そろそろ飽きたから別のパターンを実行してみよう。』と完全にシナリオを【書き換える作業】をしたりする事も稀にあります。
これはまた別章に譲るとして、この章の続きを綴るとしましょう。

今回は【現実のモデル図】の話なので、今度はサーバーのスペックや情報を観て見ましょう。

○ サーバ名は【地球】
○ ジャンルは【人間(ヒューマン)】から【動物】【鉱物】【植物】と様々。
○ サーバーには他の体験意識もリンクしている。裏を返せば【自分自身(アバター・Aの世界)】の周りには誰一人いない事になる。
○ サーバー経由しての総合合作のシュミレーションバーチャル世界である。
(喩えるならオンラインゲームの【セカンドライフ】の様なものだと思って下さい。)
○ 基本的にアクションリプレイの様にコードを弄った無法プレイ【チートプレイ】は禁止。
○ 但し
【クリア条件】を発見し条件を満たすと上記の【ルールを変更】する事が可能。

・・・・・・・と、こんな所でしょうか?
               (´・ω・`)y-~


さあ。
この章ではあくまで【皆様(アバター・Aの世界)】に解かり易いモデル図を話して来ました。
他の章ではあらゆる方面から【現実と人生のカラクリ】を発見出来ると思います。
どうか【皆様(アバター・Aの世界)】の意識に【気付き】が訪れ、人生体験が豊かになりますように。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------