現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

空間を創ると埋まっていく

貴方が何かを成したい時には空間である【場】を設ける事によって現実【事】が成って行きます。
ココに気付く事が現実を創り出すのです。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 現実の仕組み > 空間を創ると埋まっていく

空間を創ると埋まっていく

貴方が何かを成したい時には空間である【場】を設ける事によって現実【事】が成って行きます。
ココに気付く事が現実を創り出すのです。


【皆様(アバター・Aの世界)】は御引越し・・・・した事はありますか?

した事ある方はこんな事を思った事、1度はあるでしょう。
荷物が無くなった部屋を見ると『広いなァ〜』って。

実際の所、家具や荷物その他で部屋のスペースは3割〜4割程スペースを埋められるのが普通なのだそうです。意外ですね。

ちょっとこの世の中の景色を観ると面白いもので新築のマンションやアパートを観るとよくある事です。

何もない土地が更地の宅地になるや否や、あっという間に分譲看板が立ち基礎工事が始まりそして住宅を組み始めて1ヶ月もしないうちに内装が始まります。
現在の住宅工法は工場生産の現場組み立てが主流で品質を安定させ組み上げるものが多く、鉄筋コンクリートさえ組み立て式のものがあるほどです。
技術の進歩は凄まじいものですね。改めて驚かされます。 (゚听)ヘー…


話を少し戻します。

空間というものは【空ける(設ける)】事で【埋まっていく】性質を持っています。
コレは何も住宅や引越し等の【物質】に限った話だけではありません。
【情報】も然り。

ビジネスの世界では【スケジュール管理術】とか【形から入る】等と言われています。
何を言ってるのかと言えば【箱を作る】のです。
空の【箱】を作るとソコに何かが入ってきます。
その入るものは【私達(アバター・Aの世界)】のフィルターを通した【何か】が入ってきます。



例えば『この様な仕事がしたい!』と【貴方(アバター・Aの世界)】が想ったとしましょう。
そんな時、殆どの人が何らかのアクションを起こします。
その【仕事】の勉強(資格等)とかをしたり、調べたりします。

【私達(アバター・Aの世界)】には【恒常性(ホメオスタシス)】という機能がありますのでその範囲から出たがらない真理が働きます。
判断基準は【自分に出来るか?!】という【恐怖】や【リスク】との駆け引きをし始めます。
結果、中々事が進行しない現状が出てきます。

ココまでを上の図とのコラボで説明してみますと・・・
【箱】=したい事、今回は【仕事】ですね。
【フィルター】=【自分自身(アバター・Aの世界)】の【恒常性】ですね。
そして【箱】に入るのは【結果】となるワケです。(ほんの一例ですが本来はもっと複雑に演算処理されています。)

【私達(アバター・Aの世界)】は『何かしたい。』とか、『こんな風になりたい。』と願ったり描いた瞬間から【箱(空間)】が出来ます。
これは専門用語で【フィールド(影響の場)】とも言われます。

1度【箱(フィールド)】が出来たらイヤでも何か情報・現象が入ってきます。
その現象は【自分自身(アバター・Aの世界)】の【フィルター】から通過した情報が【箱】に入った時点で形(結果)を成します。
どんな形であれ例外なく何か出てきます。


中には【望んだ通り】に成ったり、【全く意向とは異なった結果】に成ったりします。
コレ・・・実は【フィルター】がミソなのです。
もしこの【フィルター】が無かったらどうなるか?

答えは簡単。
思った事が時差なく実現します。
【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】に関係無く。100%に。

ちなみにこの【フィルター】は【自分自身(アバター・Aの世界)】ではなく【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】からのプレゼントですから、手放しで感謝しましょう。
いずれはこの意味が分かります。

時にはこの【フィルター】に手を焼いたり、腹が立ったりしますがいずれ分かります。

また話が逸れましたね。
戻します。


この【箱】を意識すると自然に【私達(アバター・Aの世界)】が取組む事にも【頑張り】や【気合】を必要としなくなります。

何故なら【自分自身(アバター・Aの世界)】の意思や意識が【形】になる事がハッキリ掴めると後は【フィルター】をどうするか?が鍵になってくるだけの事だからです。

私(卵P)事ですがMLM時代にタイトルホルダーのUPラインの皆様や他系列のミリオンクラス(月収100万円…このクラスはまだ不労所得には成っていないクラス)の方々はその【箱】の存在を気付いてセミナー講義をしていましたが聴いた人達が実践や実践前に足が出ない状況を私は疑問に感じていました。

そうなのです、誰も【フィルター】の存在を指摘していなかったのです。
その為、何故【結果を出せないのか?(ココでは理想の結果の意)】がミリオンクラスの人達は分からず【各人各様(アバター・Aの世界)】のペースを押し付けていた事が非常に印象深かったのと、エラソーにいう私(卵P)もその1人でした。

しかし、後になって【自分自身(アバター・Aの世界)】を観(見)つめ直し、思い出せばこの分野の指摘をトリプルミリオンクラス(月収300〜500万円クラス…完全に不労所得を発生させている方)以上のタイトル者の講演やアドバイスは頻繁に語っていたのです。(実は当時の講演ビデオや録音媒体が残っていてたまに聴き直すと確かに指摘していた。)


まとめると・・・
@ 【箱(フィールド)】を作ると間違いなく何かしら【情報】が入り【形】を成す。
A 【形】を成すのは【フィルター】を通過した【情報】を元としそれが【形】を作る。
…の2つ。

つまり【フィルター】をしっかり管理して手入れをしておけば【形】に成りやすく、【フィルター】に理想の細工を施しておけば当然、【箱(フィールド)】に入る材料である【情報】もコントロール可能という事になるのです。


この【フィルター】の手入れは別章【心と意識の洗濯】に譲るとしてココでは空間である【箱(フィールド)】の仕組みを説明した章ですが、この【フィルター】内に組み込まれた【恐怖】や【思い込み】を除去され、どうぞ【皆様(アバター・Aの世界)】の人生に大きなキッカケと気付きがあればコレほど嬉しい事はありません。

そして手段はどうあれ結局は【皆様(アバター・Aの世界)】が望む【空間】に本当に望むスタイルが描ける事になれば自然とその【フィルター】にも注目し観る事が可能になります。

今回は【場という表現空間(フィールド)】と【フィルター】に関して簡単に概要を説明しましたが実はこの【フィルター】とは【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に組み上げた【情報】と【感情】を幾重にも織り合わせ自動的に機能した【プログラム(以下PRGと明記)】を指します。

また、この【PRG】が集合体になると複雑に組み込まれ【マクロ】を形成し出します。

この【情報体】の組織が【フィルター(自動選別)】の基本形態となっています。
コレに関しては当ホームページ【現実と人生のカラクリ】のあらゆる章で綴られていますので閲覧下さい。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------