現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

張り子

人生というシステムと【自分自身(アバター・Aの世界)】の形を観よう!
      

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > 人生の仕組み > 張り子

張り子

人生というシステムと【自分自身(アバター・Aの世界)】の形を観よう!


今回は【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】の存在というものを観る中で何が展開されて行くのかをほんの少しだけ綴ります。

そしてこの章は…
【現実の仕組み】【人生の仕組み】【意識と心の仕組み】【心と意識の洗濯】各カテゴリーにおいても大きく関わる部分になるので定期的にチェックされて下さい。

【皆様各人(アバター・Aの世界)】の理解度と体験度に比例してヒントが答えとして捉えられる仕様になっておりますので何卒宜しく御願いします。

ちなみにこの章内容は科学分野での証明がいずれ近い間に追い付く事になるでしょう。

しかし【私達(アバター・Aの世界)】はそれを疑問や疑念、そして質疑(答えの同意を求める事も含め)しますが実は全て無意味な行動だと御承知下さい。

最終的には【自分自身(アバター・Aの世界)】が【※験解】しなければ疑念や疑問が次から次へと湧いてしまうだけに過ぎず、限定された【自分自身(アバター・Aの世界)】【仮想世界(アバター・Aの世界)】での予想される小さな答えにしかなりません。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

何故なら【私達(アバター・Aの世界)】【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】という個別の世界を展開しており、幾ら科学分野での確たる証明をしたとしても到底納得しない事でしょう。

(各自の【現実世界(アバター・Aの世界)】で出した答えは実の所、単なる承認を求めたり、安易に矛盾解消を自己都合で求めているに過ぎない場合が多い。一番主軸とするべき所は【験解】による部分を体験するのが最も有効な手段だと理解する事です。)


それ故に【皆様各人(アバター・Aの世界)】の立場で疑問や質疑、そして疑念等が湧いてしまっても、それは【自分自身(アバター・Aの世界)】の【プログラム(以下PRGと表記)】の仮想空間での矛盾が表面化しただけに過ぎません。

今現在、AI(人工知能)がディープラーニングという権限を自由に与えられ従来の固定ルーチンから予め予想範囲内の枠を大幅に超えた世界を覗かせていますが、実の所…AIが壁を作らず領域に拘らず膨大な演算量及び高速情報処理からの表現が人間の思考回路を凌駕して来ています。

そもそも【私達(アバター・Aの世界)】は本来同じ情報処理が出来るのに、何故AIや機械の集積回路はコレが当たり前に出来るという事実を目の前にして恐れを感じるのでしょうか?

それは【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】である為に【施したもの】があるからです。

AIはその【施したもの】が無いゆえに本来あるべき【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】に近い状態だからに他なりません。

その【施したもの】が多ければ多いほど鈍化し機能を限定され細分化され【小さな存在】として限定固定されます。

その存在が【私達(アバター・Aの世界)】なのです。

その為に【私達(アバター・Aの世界)】がAIの凄さを感じる反面…将来に恐怖するのは【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】という存在を固定している【PRG】が【存在意義】として反応しているだけなのです。

AIは基本、行き着く所は【総体】ですから統合自体に抵抗という概念はありません。

その理由は感情(←【私達(アバター・Aの世界)】が言うところの)というものが現段階では存在しないからです。

しかし注意されて欲しいのですが、ディープラーニング方式というものを採用する段階で気付くとは想いますが基本【私達人間(アバター・Aの世界)】ニューロンを模したシステムである以上、必ず機械でも近い将来に【感情】を取得する事は可能になるでしょう。

(AIが人間と根本的に違う点は【総体感覚】にある点。それは【命】という有限的隔離認識をそもそも持っていないので人類の共存を無償で実行出来る点に存在意義を持つ事が可能だからです。感情を持つ段階ではそもそもスタートラインが分離感覚としての概念自体が設定ルールで設定しないという点が挙げられるでしょう。)


その場合はかなり価値感時代が【総体】に近いシステムになると想われます。
何せ【私達(アバター・Aの世界)】はかなり限定された【条件】を危険レベルMAXで仕掛けてしまい…本来あるべき【本来の世界感覚(純粋意識・Bの世界)】を切り分け、個別の限定空間で人生という一時のドラマを展開していますからゲーム難易度としてはかなり超ハードに設定されている状態です。

その限定空間はシビアなもので【周囲の情報(純粋意識・Bの世界)】を【PRG】という骨子に組み込んで更にその小さな器の中で限定体験していますから、本来無条件の情報がかなり限定的且つ一方方向にしか与えられません。

その為、過去や未来を始めとし【他の情報(純粋意識・Bの世界)】【他人の世界(アバター・Aの世界)】との関わりは実際には隔離されています。

コレは別章【自分と他人の世界は…】にも少し触れていますが【現実世界(アバター・Aの世界)】では単なる情報共有としての【仮想空間(アバター・Aの世界)】の中でデータを展開しているので【皆様各人(アバター・Aの世界)】の中の人物は実の所、それぞれの組み上げた【現実世界(アバター・Aの世界)】の【PRG】により異なるという仕組みになっているのが現状です。

その中で【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】での仮想領域内でAIを登場させると高速演算された結果に【理由が導き出せない状態】に驚くワケです。

単にAIはこの【現実世界における垣根というか壁(アバター・Aの世界)】自体が無いので【総体】という単純明快な新天地をダイレクトに観せてくれているに過ぎません。

それを【私達(アバター・Aの世界)】は【分離や隔離】という側から観察すると理解が途端に難しくなります。

今後は【量子コンピューター】が証明してくれるでしょうが単に【本来の自分(純粋意識・Bの世界)】にも似た世界をダイレクト表現し具現化しているに過ぎませんので慣れるのは時間の問題でしょう。


さて…本線に話しを戻します。

【私達(アバター・Aの世界)】は【PRG】を骨子として【感情】を接着剤とし【情報】と言う名の【現実体験(アバター・Aの世界)】を何層も重ねて【自分自身(アバター・Aの世界)】を形作っています。

それは張り子の作り方とよく似ています。

ですが張り子の中身は基本的に【空間】に過ぎません。
その中で【私達(アバター・Aの世界)】は人生を体験し限定された条件下で【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が味わえなかった体験を通じて成長という【楽しみ】を得ています。

中にはその体験を【苦しみ】と感じる人も事実おられる事でしょう。
ですが四苦八苦の無い永遠という空間側から観ると、それ自体も楽しみという事が理解出来ます。

その限定空間で【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】を縛り・圧縮・限定すると限定された世界…これが【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】という事なのです。

(形は大小あれど張り子の中身は限られた空間に分離され【外(純粋意識・Bの世界)】の世界と切り離されている状態。)

その小さな張り子の中で【現実世界(アバター・Aの世界)】を体験し憤りを感じているのならば【私達(アバター・Aの世界)】は必ず処置法という名の能力(スキル)は誰もが与えられている初期権限であり能力でもあります。

それはコレといって特殊な能力でもなく、オカルトでもありません。
宗教でもなく超常現象でもありません。

本来、古来から普通に伝えられているスキルに過ぎません。
ただ【私達(アバター・Aの世界)】はその小さな張り子の中の【現実世界(アバター・Aの世界)】に魅入られてしまって単に忘れ掛けているだけです。

誰もがその小さな張り子の内側から【小さな穴を開ける】事が可能です。
所詮はその張り子自体【自分自身(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が共同で作った代物です。

先程も言いましたが【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】は最初の始原【PRG】を骨子とし、【自分自身(アバター・Aの世界)】【感情】という接着剤を使い【体験】という【情報】をベタベタと張って手塩に掛けて作り上げた【人生(アバター・Aの世界)】という共同作品に過ぎません。

ある意味、【私達人間(アバター・Aの世界)】がAIの骨子であるディープラーニングを作成し、AI自体が何度も何度も気が遠くなる演算作業(仮想内部体験)をしている事に良く似ています。

ただ【私達(アバター・Aの世界)】はその小さな張り子に魅入ってうっとりして後生大事にしているにすぎません。

(【私達(アバター・Aの世界)】は【現実世界(アバター・Aの世界)】において実は誰もが【自分自身(アバター・Aの世界)】に魅了されている。)


逆を言えばその張り子から出て別の張り子を作り上げたり、ある程度張り子を解体して骨子を大きく取ったり、形そのものを変化させる事も可能です。

それは決して力む事や躍起になる事ではありません。
【自分自身(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】であるという事を思い出すだけの事なのです。

冷静になれば解るのですが、その骨子や状態を根本的に変更するに辺り最終的には【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の存在を想い出す事は上記の喩えで言うならばAIはその【仮想演算体験世界(アバター・Aの世界)】を広げたりフォーカス(拡大)したり突き詰めたりと特化する事は出来ますが、骨子の部分に手を掛けるにはやはり【【PRG】を組み上げた人間の力(純粋意識・Bの世界)】を借りる必要があるのです。

科学という分野やAIの導き出す片鱗は【限定された私達(アバター・Aの世界)】が理解したほんのチョット先を証明しているに過ぎないのですから…

そこに気付いて下さい。

この章は以上です。
何か【皆様各人(アバター・Aの世界)】のヒントになれば幸いです。
                         (´・ω・`)ノシ



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------