現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

運命の取り扱い説明書

運命や人生とは何なのか?それはルールという仕組み。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > 人生の仕組み > 運命の取り扱い説明書

運命の取り扱い説明書

運命や人生とは何なのか?それはルールという仕組み。


この章では【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】での付き合い方…と言えば言いでしょうか?

より具体的な姿勢を学ぶ必要があります。
何故なら【私達(アバター・Aの世界)】は何故か【自分自身(アバター・Aの世界)】の事をよく解っていません。

それ故に【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】な尺度や【概念・観念】で物事を計りがちになり、時には【儒(儒教)】や【道(道教)】を都合良く使う巧妙な意識構造に気付きません。

最悪、何かしらの宗教からの【不立文字(ふりゅうもんじ)】から逸脱した解釈を取りがちです。

その意味では当サイト【現実と人生のカラクリ】も厳密に言えば含まれているかもしれません。

それ故に常に【※験解】が最も大切な事項になるという事が解るでしょう。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

何故なら全ての証明とは最終的に【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】において展開されているものなのですから、その取り扱いをマスターする事が実は真の意味で【生きる(アバター・Aの世界)】という【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との共同作業が【体験】を通じて【人生(アバター・Aの世界)】楽しむという目的となるのです。


ですが解らぬ事を【私達(アバター・Aの世界)】が追う時に大まかに3通りに分岐を取る場合があります。

1つは仮想範囲で答えを導くという愚行に走る場合です。
コレに陥ると非常に危険で感情に結び付き易くなり、それを核として新たな【プログラム(以下PRGと表記)】を作成し始める事になります。

そうなると次第に【PRG】はパターンを集積し【マクロ化】に発展し最終的には新たな条件下の【現実世界(アバター・Aの世界)】に振り回される事になります。

【私達(アバター・Aの世界)】【意識構造(アバター・Aの世界)】というのは非常に興味深く、知識欲が旺盛な側面があります。

コレは単に勉強好きとか勉強嫌いという事ではありません。
全て本能のレベルよりも【始原レベル】の段階において【私達(アバター・Aの世界)】が根源的に【現実世界(アバター・Aの世界)】を構築するシステム上に存在する段階で次々と泡の様に【情報を構築し反映するシステム】として存在する様に組み込まれています。

それ故に【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界という現(うつつ)(アバター・Aの世界)】を連続展開させるとても魅力的なものを常時描き出しているのです。

それを連続的に惹き付け止まないのも【PRG】の核の部分に最初の【感情】とが密接に関わっています。

そしてその理解を超えた範囲になると【仮想空間(アバター・Aの世界)】としての【辻褄合わせ】という【矛盾ストレス】と伝えればニュアンス的に合致するでしょうか?…【解らない事をそのままに出来ない感情】を【【自分自身(アバター・Aの世界)】が納得出来る仮初のレベルにまで取り込む行為】によりフラストレーションを沈めようと躍起になるのです。

それが時には不可思議なスピリチュアル系・超常現象・儒教・道教・ジンクス・宗教(←※組織的契約としての制約の意)・心霊…etc。

…数え上げたらキリがありませんが時には【神】という存在に委ね理解を超えたものに答えを束ねる行為に及びます。

そしてその情報は更に大きなムーブメントとして流れを収束してしまうという愚行を【現実世界(アバター・Aの世界)】では世界中で表現している事でしょう。


さて2つ目ですが実際にその【現実世界(アバター・Aの世界)】での現象を科学的根拠に基づいて実践レベルの方向性を【現実系(時には唯物論系とか科学論系)】で突き詰めるというものです。

つまり与えられた【現実世界(アバター・Aの世界)】でトコトン掘り進めていく方法です。

それは【現実世界(アバター・Aの世界)】の根源を辿るという意味では1つの大きな展開でしょう。

【現実の仕組み】各章でもその分野から説明していますが数学者達や科学者達はコレに世代を超えて挑戦しています。

それはロジックを超えたその先にある根源への挑戦でもあります。
それ故にこのクラスになると【運命】とか【人生】という取り扱いをよく弁(わきま)えています。

大半の人は無理解という世界を意識上で認識出来ないとなると途端に【感情】からの【PRG】に反応し意識のインデックスを特別に作り上げ強制的に【不可思議】というものに区別を置きオカルトめいた存在を確立しがちになりますが、学者はこの分野に追随を許しません。

これは非常に困難な道筋を辿り尽くします。
そこから導き出す答えは実は非常に大切で【運命】の仕組みを極めて根源的に提示してくれています。

今回はそこにフォーカスする話にはなります。


最後の3つ目は2の逆で【解らないという事をそのままに】というスタイルを通して体験から理解を放棄し、条件を外して行くという実践です。

理解を超えるには先ず【現実世界(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】が何を観ているのか?…これをシッカリ観極める必要があるからです。

実は2も3もどちらも実践の話になりますがコレばかりは体験しなければ話になりません。

図にすると…


便宜上のイメージ図ではありますが科学は既に枠を突破し始めています。
ですが【私達(アバター・Aの世界)】には今イチ、シックリと来ないでしょう。

それは体験量や実践量に比例して【験解】が積み重なるという意識構造ですから仕方のない事なのです。

ですが不思議と1に依存すると途端に上記の不可思議なスピリチュアル系・超常現象・儒教・道教・ジンクス・宗教(←※組織的契約としての制約)・心霊…etc。

…をツール(使用上としての道具)として意識処理してしまいます。

例えるなら自転車に乗った事がない子が乗れる大人のアドバイスを聴いて【乗れた仮想現実を作り上げている状態(実際には体験していないので乗れない状態)】に近いでしょう。


さて、話を冒頭に戻します。
【私達(アバター・Aの世界)】は【運命】というものを上記の内用に照らし合わせて観ると取り扱い方が非常におかしい使用方法になっている事に気付くでしょう。

そこには【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】の最初の【体験】を核として【感情】を関連させ【パターンの元】を確立し次第に【マクロ形成】をしている事に気付かれる事でしょう。

その事に気付くと【運命は変えられる】という意見と【運命は始めから決められている】という意見とを観極める事が可能になります。

ココでは2のシステムから客観的に提示しますが最終的に【私達各人(アバター・Aの世界)】はこの情報をどのように【現実世界という人生(アバター・Aの世界)】で活かすのかは【私(卵P)】の知る由もありません。

ですが2の条件下で説明するのはある意味【ツール(道具)】としての使用に適している為です。

その部分を先に御理解の上、熟読されて下さい。
そして冒頭でも申し上げた通り【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】というものを極力一時的に外して観る事を強く念押ししておきますので併せて宜しく御願い致します。


【私達(アバター・Aの世界)】というより【自分自身(アバター・Aの世界)】の本来の目的とは基本的に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作からの【体験】が全ての根源です。

情報の揺らぎから発生した意識というものは悠久の産物。
それ故に余りにも【無いものが無い】という存在です。

それを分離し比較対象を構築させる事で【遊んでいる】という表現が最も適している現象を表しています。

それは意識の根源という認識下において【始原レベル】と共通認識でもあります。

ココではこの内容を避けておきます。


そしてこの意識のシステムを場に表現する事で【体験】という事を確立しました。
それが現行の説明(ツール使用の説明)として【量子】の仕組みです。

【量子は観察者が認識する事によって初めて決定される表現存在】であるし、【その影響は逆の存在をも表現する。】という仕組みです。

その範囲は膨大な空間にまで作用します。
各空間の数はその乗数が天文学的な数字となりますが現代においてはその内に量子コンピューターにより演算される範囲で表現されるでしょう。

世間ではその別空間のシステムを【パラレルワールド(別世界・平行世界)】とも言われています。

昔の偉人からの経典(最初は口伝。後に文字で確立される。)で引用するなら俗に言う【三千世界】という事でしょうか?

まぁ…【私(卵P)】はその関係や宗教家ではありませんから興味があれば【皆様各人(アバター・Aの世界)】で調べて下さい。(´・ω・`)y-~

興味ないので続けます。www

そのシステムという【場】=【遊技場】というものを【体験の場】とした時に、そのフィールドに入れば当然、分離からなる比較対象だらけの【現実世界(アバター・Aの世界)】があらゆるものを【私達(アバター・Aの世界)】に展開させてくれます。

そこには【自由意志】の下で好き好きにプレー出来ます。
全ての決定事項は【私達各人(アバター・Aの世界)】にあり【全ての自己責任】と【自由決定】がそこにはあります。

さて…そこで【運命】というものの観方を全体像から観れば…



…と簡素な図ですがニュアンスは伝わると想います。
つまり【体験】というシステムを与えられてはいますがコレ自体、【私達(アバター・Aの世界)】変えられませんが自由意志の権限は【私達各人(アバター・Aの世界)】へと委ねられています。

何を【PRG】として構築し、どのように反映させて【体験】するのかは自己責任なのです。

『巷のノウハウには罪が無い』という点においても通じるのですが同じ【ノウハウ】でも各自の反映させる【現実世界(アバター・Aの世界)】では同じ体験が出来ないのはこの為です。

仮に映し出される現象が似ていても実は【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】というのは実の所、全く違う世界で【体験】しているので在る点と共有感覚という認識という点においては単なる情報共有として【皆様各人(アバター・Aの世界)】が繋がって表現している点に集約されます。

コレは現時点ではインターネットのオンラインゲームと似ていますね。
つまり【個人(アバター・Aの世界)】が情報等や条件に繋がらなければソレを認識出来ないという事になり、現在…脳科学分野で【錯覚や盲点(ストコーマ)】と表現され研究が進んでいます。


ですから巷に溢れる生き方や関連するノウハウという分野においてよく使用される文言である【委ねる】や【手放す】…そして【諦めない】や【一生懸命もがく】etc…という部分をシッカリ凝視し観て行くとそこには【皆様各人(アバター・Aの世界)】【感情】が垣間観える筈です。

運命の取り扱いという世界において【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】の取り扱いに関して余りにも無知過ぎます。

【私達(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との相互の創り手により【体験】を成す為に【人生を創る】事を承認されています。

それ故に創り挙げる【人生】に本来は【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】は無い反面、どのように色付けても良いのです。

その中でも調和が取れていない状態にムリヤリ【感情(正確には衝動的な行為)】を優先させて表現してしまうと【自分自身(アバター・Aの世界)】で構築した【PRG】に絡め取られるという事になるのはこの為です。


この章では以上ですが常に【験解】を主体として取り組まれる事を御勧めしておきます。

そして期間をおいても尚、熟読し直して下さい。
場合によっては内容が変化するのは【皆様各人(アバター・Aの世界)】の何かが組み変えられ映る情報が変化して観えているのでしょう。

それでは【皆様(アバター・Aの世界)】【人生(アバター・Aの世界)】により良い体験の場が在る事を御祈りしております。




   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------