現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

忍耐を通り越した先にあるもの

【私達(アバター・Aの世界)】の人生における試練の数々…一体どの様な仕組みが存在するのでしょうか?


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 人生の仕組み > 忍耐を通り越した先にあるもの

忍耐を通り越した先にあるもの

【私達(アバター・Aの世界)】の人生における試練の数々…一体どの様な仕組みが存在するのでしょうか?


【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で様々な出来事が次々と起こる仕組みを紐解いてく上で、実際に体験しなければならない【腑に落ちる】というレベルに行かなければ【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が作り上げたカラクリさえ観抜け無くなってしまいます。

時には自暴自棄に成る事もある事でしょう。
ですが御安心下さい。
全て【各人各様(アバター・Aの世界)】という【貴方(アバター・Aの世界)】が存在するからこそ【体験】する事が出来るのです。



… … …



… …
























……… という言葉は【今をもがき苦しんで人生を生きている【方々(アバター・Aの世界)】にとってどれ位、救いになるのでしょうか?】と正直想ってしまいます。

それは、ごく当然の心境であり【その辛さや苦しみ】は誰にも理解は出来ません。
そして誰にも享受する事は不可能なのです。

別章【自分と他人の世界は…】【現実の仕組み】【意識と心の仕組み】各章にも多く触れる部分を今回は深く掘り下げて観(み)たいと想います。

ですが幾つか注意点を事前に提示させて頂きます。
その旨、何卒宜しく御願い致します。


先ずは【私達(アバター・Aの世界)】の意識上の仕組みでどうしても顕在的に注意深く意識してもなお、【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を通して観てしまうのは、やも得無い事です。
それでも少しずつでも結構ですので精神環境を落ち着かせて【何に反応しているのか?】を感じつつ読み進めて下さい。

【自分自身(アバター・Aの世界)】の中で【ザワザワとする部分】や【感情が騒ぎ立てる部分】があれば【自分自身(アバター・Aの世界)】の無意識下での【プログラム(以下PRG)】に付随する【感情】もセットになって独自に機能して【貴方(アバター・Aの世界)】を刺激している事を静かに把握して観ましょう。


そして、もう1つ。
【頭で納得しない事】です。
常に【腹で納得する】事を前提に読み進めて下さい。

何を言っているのかと申しますと、【私達(アバター・Aの世界)】はついつい【仮想メモリ】という顕在意識内でのバーチャル的空間で【無理矢理辻褄を合せる様に無意識にシュミレートをしてしまう生き物】です。

その経緯もあれば瞬間的には【妙に納得した】様でも、いざ改めて【体験】した途端に【無意識下では感情が付随したPRG】が必ず暴れ【貴方(アバター・Aの世界)】四苦八苦させます。

この状態は【器】とも言うべきキャリア(実経験)が無いからです。
【私達(アバター・Aの世界)】は常に【体験】を通じ、その【体験情報】を【感情】とセットで深層心理の部分に常時ストックして行くのです。

その過程で【自分自身(アバター・Aの世界)】の情報処理を【体験を通じず】に行うとジレンマ(矛盾)が生じ、どうしても【葛藤にも似たせめぎ合い】が発生します。

ピンと来ないとは想いますが、例を挙げれば子供が明らかに失敗するであろう行為とは大人の目線で在っても、子供は必ず【その失敗に向かう行為をやろう】とします。

この状況と似ています。
【私達(アバター・Aの世界)】は基本的に【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】の矛盾を【納得出来る形で解消したい】という生き物なのです。


ですから常に【※験解】を主体として【貴方自身(アバター・Aの世界)】が体験の中で【そのPRG】のシステムを掌握し観(み)詰直さなければ成らないのです。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】)

【私達(アバター・Aの世界)】という人間家業はついつい【頭で解った気に成ろう】と躍起になります。
ですが、その先に待ちうけるのは【身動きの取れない蟻地獄】が必ず待ちうけると断言出来ます。

それだけ【私達(アバター・Aの世界)】の深層下に存在する【PRG】とそれに付随する【感情】がセットになって稼働している多くの仕組み(マクロ化に成っている)を軽視する事は愚かな行為なのです。


今回の章は【私達(アバター・Aの世界)】の人生にとって【仕組み】というシステムから観(み)て一体どの様に【現象】が起こっているのかを先ず【知る】事で【自分自身(アバター・Aの世界)】が如何に【何かにフォーカスし具現化しているのか】を観(み)る事…

コレに気付き【自己責任】を取るという前段階での精神環境を培う準備を整える意味で気付きがあれば幸いに想います。


【私達(アバター・Aの世界)】はついつい【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に起こる【現象】からの【体験】に没頭しすぎて苦悩を抱きがちになります。

その途中経過では容易く【苦悩】や【苦痛】から自由を感じられる事は殆どありません。
そのシステムは非常にシンプルでも強力な没頭型の仕組みを【自分自身(アバター・Aの世界)】に施している為、観(み)抜くまではヒタスラ夢中になっているという【罠】を自ら実行して止まない程に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】は【体験】を欲しているのです。


それでは、これからその【仕組み】というカラクリを以下のイメージで紐解いて観ようと想います。



少し【皆様(アバター・Aの世界)】のイメージを御借りして説明して行きますので少々御付き合い下さい。

【私達(アバター・Aの世界)】の【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】をどの様な形で【現実世界(アバター・Aの世界)】に表現しているかを客観的に観ながら【自分自身(アバター・Aの世界)】が、どの様に【PRG】を刺激して【何を構築】しているのかを照らし合わせながら観(み)て下さい。

再度何度も御伝えします。
基本的に【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】と照らし合わせる事と【自分自身(アバター・Aの世界)】の罪悪感等を持ち出す事とは異なるので凹む必要はありません事を前提に読み進めて下さい。



イメージの世界で想像しましょう。
この空間に【ある特殊なシャボン玉】が在るとします。



この【特殊なシャボン玉】… 実はクセが在って【吹く】というより【ほんの少しの現象の偏り】で簡単に発生する性質が在るのです。

イメージし難い為、ココでは【ほんの少しの現象の偏り】という言葉を【情報の濃度】という言葉に置き換えます。

例えば【コップ等の器に砂糖や塩を溶かして混ぜる】と水溶液になりますが器が狭いので余り【濃度】という観点では差が生じませんが、この器が地球クラスの規模になると地域というエリアで観ると必ず【濃度】に幾らかの【差】が生じます。

実際には表現の誤差がありありますが【私達(アバター・Aの世界)】が言い慣れた言葉を使うならば【揺(ゆ)らぎ】という言語が親しまれていますのでココで少し使用します。(※実際には厳密的に違う言葉ですが御容赦下さい。)


この揺らぎは初歩的な段階では頻繁に起こっている【単なる現象】という事を先ず忘れないで下さい。

その段階では【実は現象自体も単なる無造作な力場で無限に発生している】だけに過ぎません。
現れては直に消え、そしてまた現れるのです。
【揺らぎ】の中では【単なる偏り】が表現されているだけで直に【中立的な均衡】という【標準値】に戻るだけなのです。

これは上記での水溶液の例に例えるなら濃度が平均値に戻る事を意味しています。
この喩えを表現しているイメージの世界(←ココでは単なる例題で説明している事で、その旨御容赦下さい。)では、この様な力場は常に【不安定を安定的に維持し続けている空間】が常にそこに在ります。

それは非常に【デリケートなもの】でもありますが非常に【粘く鈍行】的な場でもあります。(表現が非常に難しい…汗)


さて、この力場で発生する【特殊なシャボン玉】は基本的に【直に消えます】が【ある事】をすると【維持する】事が出来るのです。


それは何か?


その方法とは【フォーカスする】事で【その存在】を維持する事が出来ます。
【フォーカス】とは何なのか?

ココでの【フォーカス】を取り敢えず簡素にイメージする為に取り敢えず【意識を集めて観(み)る】とイメージして観ましょう。
そこには観(み)る事以外はありません。


そして【特殊なシャボン玉】を観(み)続けて行く事で何故か【早く消えるもの】や【遅く消えるもの】等の【差】が生じますが… … … 


… … … … …





… … … …





… … …




… …


















実際にはその【差】自体がありません。
【在る】様で実際は【無い】のが真実です。

要は【気のせい】なのです。

それを可能にするのは【錯覚】という認識のみ。
コレは【時間】というシステムに絡む事ですがココでは敢えて伏せておきます。
             (;´・ω・`).。oO(絶対質問来そうだなぁ…汗)


さらに話を続けますw

この【差】を更に集中的に【フォーカス】して行くと別の【維持方法】に辿り着きます。
その【維持方法】とは【分ける】事です。

【分ける】事で【同一】的…又は【表裏一体】的とも言うべき存在を安定させるには、この【分ける】事で互いを【対象】又は【相対】として保管し合う形が取られ【存在し合う】という仕組みを取ります。

これを【分離】と世間では解釈しても差し支えないと想います。
ただ【分離】と言った時点でその事項に関する関係者の意識には【知識】からの【情報】が溢れんばかりに羅列してしまうので、この【分離】という言語を避ける事をしています。


もし【知識】が出られた【方々(アバター・Aの世界)】は少しの間、傍らに置いて読み進めて下さい。

ちなみに【陰陽】という言語を使用した場合も同じで【その道】に携わっている、もしくは精通している【方々(アバター・Aの世界)】も上記の事に関わる意味でも少しの間、傍らに置いて読み進めて下さい。



続けます…。


【特殊なシャボン玉】のイメージを引用するならば以下の図を参考にされて下さい。
(※【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を持たせない為に今回のイメージ図では記号の☆・★を付けています。)



この段階に差し掛かると【私達(アバター・Aの世界)】は【ある種の色】という【条件】や【属性】を付けて(設定して)しまう特徴がありあります。(※厳密に言えば初期条件では【私達(純粋意識・Bの世界)】が基本システムを組み上げるのですが実際には設定上、その条件下で【自分自身(アバター・Aの世界)】が深層的に全自動で組み上げてしまう事により、それを体験する事になります。)


その形のイメージとしては【必ず相反する事が存在する】という形と表現すれば良いでしょうか…?
説明に大変、言葉の限界を感じますが伝わっているか疑問に想いつつ綴っています。

さらに話を進めます。


この形を取る事で【揺らぎの【差】という形】が現象化で安定する訳ではありません。
この段階では2つの特徴があります。


1つは【何時(いつ)でも簡単に消え失せてしまう】という点です。

【揺らぎ】の単なる【差】が生じて初期段階の【分離(陰陽)※以下分離で表記します。】では【ある種の維持するエネルギー】が付随されていません。

それでは【この力場】という【現象世界(アバター・Aの世界)】において【特殊なシャボン玉】は直に消えてしまいます。


もう1つは【片方のみを存在させる事は事実上不可能】という点です。

面白い現象ですが実際に【片方が消える】と【もう片方も消える】のです。
ちなみに裏を変えせば【片方を強制維持させる】と【もう片方も存在を維持させる事になる】という事になります。

常に【それは補完し合う】という特性を持っている為です。



この【初期段階での発生状態】が【力場】では常に頻繁に起こっています。
イメージとしては【空間】に小さくて無数(実際には空間に沢山…)の【特殊なシャボン玉】がヒタスラ【湧いている】状態であり…さらにそれと同等に【弾け消えている】状態を想像して下さい。



そしてココからが興味深い所なのですが【ある種のフォーカス】という【エネルギー】を【どちらか片方のみに集中】させると不思議な事に【色】が付きます。

その【どちらか片方に付いた色】の全く反対側に属す【色(相対色)】が何故か【もう一方の特殊なシャボン玉】に付くという奇怪な現象が必ず起こります。



この段階では【何時でも弾け消えてしまう】可能性があります。
しかし別の事も起こり始めます。

それは【色】がついた事で【ある種のエネルギー】が付加し易くなるという特徴が発生します。

先ず初段階として【結合度が増す】という【別種のエネルギー】が【色】を付けた事により、より一層【フォーカスし易くなる】事に成ります。
コレに付随しプラスαで【更に輪を掛けて呼び込んでしまう】点に在ります。

この【別種のエネルギー】が付加されると【特殊なシャボン玉】は初めて【独自の機能を表現する】という変化をする様になります。

先ず基本的な段階では【大きくなる】という点です。
しかも大きくなるにつれて【別種のエネルギー】も呼び込み易くなりますが結合度により【弾力】も備えてしまいますので変化も簡単にしてしまったり【形状】も変化し易いので、ココから先の変化は次の段階に成りますが【もう片方の特殊なシャボン玉】も同等に【相対する特徴は備えつつ同等のサイズや形状を同じ様に変化させる】特徴を維持・保持して行きます。



ココで【ある種のエネルギー】が徐々に付加する(し易くなる)という性質を備え始めます。
この【ある種のエネルギー】は付加されると結合度も増してしまうので【特殊なシャボン玉】の【耐久性と持続性】というものが途端に強くなります。

さらに【特殊なシャボン玉】自体が独自の意思を持ち始め独立稼働し始めるという性質を持ち始めるのもこの段階に差し掛かると顕著に動き始めます。

この様な状態に成ると【特殊なシャボン玉】自体が次々と【類似する特殊なシャボン玉】を自動生産・自動管理し始め大きな【うねり】という組織的な動きをし始めるようになります。

そしてこの先の動きには【基本的な初期のフォーカス行動】と【基本的な初期の【ある種のエネルギー】】が【基本原理の種】の様にシンプルに働いていますので組織的に【特殊なシャボン玉】が群を成す状態に成って行くと中心を取り囲む側から離れて行くにつれて外の部分は非常に多様化した状態に成っています。

その様な一見大きな塊で観ると【大きな泡の塊り】と判別しそうですが【泡の層】を一枚一枚剥がして行くと、その中心たるや非常にシンプルな【種】とも言うべき【最初の特殊なシャボン玉】と【ある種のエネルギー】がそこに垣間観える事になります。




さて…ココまで綴る文面はあくまでイメージです。
しかし、今一度よく御覧に成られて下さい。

実は【私達(アバター・Aの世界)】が各人各様の【現実(アバター・Aの世界)】の成り立ちがココに集約されています。

実際に量子という世界では【自分自身(アバター・Aの世界)】【フォーカスする】事により【形を成し色を付け】それを【ある種のエネルギー】を注ぐ事で【強度と結合性を付加】を設けています。

すると【その具現現象】自体の【※存続時間が長く】なります。(※実際には【単なる錯覚】です。)

【私達(アバター・Aの世界)】は各人各様の【Aの世界(アバター・Aの世界)】で、この現象をヒタスラ興味深く追求し、具現現象を【体験(実際には錯覚)】し【我々各人各様(アバター・Aの世界)】の感じ方は度外視(人生という視野を取り外して考える意)しても、ただ単にコレを愛して止まない状態に完全に入り込んでいるだけなのです。

実は【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】はこの【初期設定(仕組み)】を組み上げる事に最大限の努力(←【努力という表現が適切では在りませんが…】)を惜しまずに構築しています。

その真意は【【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】は遊ぶ事しか出来ない】という事なのです。



しかし、【現実世界(アバター・Aの世界)】で散々な日々・苦痛・苦悩…そして憤りを感じている【私達(アバター・Aの世界)】個人個人にとっては納得がいかないという現状に逐一襲われ、その事に違和感を必ずジレンマ(矛盾)として覚えてしまいます。

でも、今一度…【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を傍らに置いて、その【感情】を客観的に止めて以下の事を【情報】をして観(み)て下さい。



… … … … …



… … …








… …


















ココまで読み進め【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に一体何を感じましたでしょうか?
しかし、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】を熟読されて1つ観(み)落としている部分を伝えますのでココはその部分を今一度御覧下さい。


それは…【皆様(アバター・Aの世界)】が今現在、観ておられる画面に映っているのは【文字】です。
その【文字】をよく凝視すれば解るのですが【ドット(点の集まり)】による【形の形成】をパターン認識している事で【私達(アバター・Aの世界)】は【文字】を知覚しています。



この【文字】の組合せによる意志の伝達手法で【私達(アバター・Aの世界)】【何らかの意味付け】を行い【情報の共有化】を計っているのですが、実際にそれだけでは事は運びません。

何故なら、そこには【ある特殊な条件が付加されていない】状態なのです。
その状態が【無体験】という【特殊な状態】と成るワケです。

不思議な事に【私達(アバター・Aの世界)】は常にその【状態に慣れ過ぎてしまっている事】に殊の外、無頓着に成っています。

そして顕在意識の中で【シュミレート】という擬似体験でその情報を常に処理している為に起こる弊害に常に晒させていますが逆に、この部分(仮想現実での意識把握と言えば良いでしょうか?)に【ある処理】を施す事で【その現象を確固たる現象を確立する事が可能】と成るワケです。

それが【感情】という【特殊なエネルギーを付加する】という現象です。


その為、初めてこの【現象化】において【自分自身(アバター・Aの世界)】【Aの世界(アバター・Aの世界)】【貴方(アバター・Aの世界)】だけの確実で確信めいた【現象】と初めて確立する事に成るのです。


ですがココからが少々複雑な事が起こります。




伝わるかどうかは不明ですが何とかココから先を更に文章化してみます。




【私達(アバター・Aの世界)】は【一番初期の段階】では、この順序を踏んで【確固たる体験】を【自分自身(アバター・Aの世界)】の情報として取り扱い【確信】を得ながら【Aの世界(アバター・Aの世界)】を【体験】しています。

ですが【在る一定期間】を過ぎて行く内に次第に【予想の範囲で情報を仮想体験】に切り替えて【情報】を処理し、あたかも【体験】した様な【錯覚】を【曖昧な確信】に置き換える方針を取っています。

するとこの段階に【ある種の情報による袋小路】を体験します。


この状態に成ると【特殊なシャボン玉】は、どの様に成っているのでしょう?

それは常時、寝ても覚めても【自分自身(アバター・Aの世界)】の無意識の領域では【ヒタスラに情報処理】を【仮想段階のレベルで確信処理】が進められて【実際の体験】にすり替えられて行きます。

すると【私達(アバター・Aの世界)】【Aの世界(アバター・Aの世界)】では常にチャレンジや新しい行動に出る事が出来ず、常に身動きが取れないというジレンマが発生します。


これは平たく言えば【悩み】に相当し、そのまま時が経つ程に【苦しみ】に変化して行くのです。
また、不思議な事にこの【無体験の確信】というものは基本的に【自動処理】という部分において【ある種の自動情報収集】する能力を発揮して行きます。

私(卵P)が【無意識下でのプログラム(以下PRG)】というのは【この部分(PRG)】を指しています。
この【PRG】が群を成し大きな形成を果たすと【マクロ】という【PRG集合群】となり【自分自身(アバター・Aの世界)】【Aの世界(アバター・Aの世界)】を次第に支配して運営して行く様になります。



ココで【ある事にお気付きになる方】は大変素晴らしいです。



それは【相対する性質】に気付けるか?…という点です。
当然、その【マクロ(PRG集合群)】による【Aの世界(アバター・Aの世界)】への影響が多大に影響する反面、【その反対の性質もまた然り】という事実を想い出して下さい。


ある時に【この状態が反転する事がある】という点です。



それは意識的に出来る事は非常に【稀】です。
そして【稀】とは言いましたが【不可能】とは言っていません。

ある種の【特殊な条件】がキッカケとなってアッサリ現状が変化する事実があります。
すると以下の図の様な事が現実に【体験】出来ます。




その【特殊な条件】を無理矢理文章化して観ます。
何処まで伝わるかは解りません。

【私達(アバター・Aの世界)】は常に【体験せずに情報を仮想体験処理する】システムを備えていますのでこの種の【体験】という事実を常時【自分自身(アバター・Aの世界)】の【実際に体験している】数少ない情報の範囲で【予想可能な仮想体験でしか把握しようとしない】事実に本当に気が付いていません。

再度御伝えしますが、この事実を観(み)る時には【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】なものを極力一旦置きながらジックリと熟読されて下さい。

そこには【判断】は必要無く、事実【その仕組み上、やも得ない能力】という事実を観(み)る事が第一歩なのです。



ではこの【特殊な条件】を体験したいという方も事実おられると想います。

何故なら…



現状を変えたい…
人生を変えたい…
問題を解決したい…
今、助かりたい…
嫌な事から逃げたい…
脱出したい…
何かを達成したい…
何かを叶えたい…
この苦しさから逃れたい…


…等々、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】に寄せられる期待や情報を得ようと御訪問されて来られる方々も切実な事実です。

また、その部分においても当ホームページ【現実と人生のカラクリ】の主旨に叶っている為、少しでも情報を御提供出来るならばと想います。


さて…その【特殊な条件】をこれから一般的に使われる文言で文章にします。
あくまで上記にも記載しましたが【仮想体験】というシステムを突き抜けて【本当の体験】をするかどうかに全て掛かっています。

何度も何度も繰り返す事で【確信めいた体験を落とし込む】事が出来れば【貴方(アバター・Aの世界)】は、ある意味【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】から運営権を取り返せる事になり【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の存在と手を取り合える事になるのは必然となります。




それでは…【特殊条件】を無理矢理文章化します。


○ 仮想的情報処理に頼らず、実際に【体験】に身を投じる事。
○ 気の済むまで【体験】から来る【痛み】を飲み干す事。
○ 【痛み(実際には錯覚)】を飲み干す覚悟を実際に実行する事。


実は【PRG】による自動運営管理による【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に発生するものは【痛み(錯覚)】を何故か発症させ【体験】を呼び込みますが、実際の所…殆どの所では9割以上【幼少の頃の様な実相体験】とは程遠くなっている事に【私達(アバター・Aの世界)】は気付いていません。


裏を変えせば【本当に体験している事の方が圧倒的に少ない】というのが事実です。


その為、ヒタスラ【仮想現実処理による錯覚体験】が苦しみを齎す事に気付きません。
それが普通なのです。

【特殊条件】というのは非常に小難しく聴こえますが【私達(アバター・Aの世界)】の世界では聴き慣れた【キーワード】があります。


その【キーワード】とは2つあります。




一つは【観念】という言葉。

もう1つは【諦める】という言葉です。




両者ともネガティブなイメージが多分に【※漏汎(ろうはん)】しています。
特にパワー系自己啓発の類になると本来の意味が捻じ曲げられてしまいがちですが、本来の意味は全く異なります。(※造語です。【漏汎】とは一般的に本来の意味を塗り替えられて巷に蔓延する間違った情報を指します。)

実は両者とも当ホームページ【現実と人生のカラクリ】を熟読されている方には意味が少しずつではありますが御理解されている方々が増えておられる事に少し安心感を覚える次第です。

この【観念】や【諦める】という部分は別章【【観念】と【諦める】とは何なのか?】【心と意識の洗濯】各章を御参照下さい。

ココでは簡素に伝えます。


その伝える内容は非常にシンプルです。



それは…【無抵抗に痛みを自己昇華(消化)】する事に在ります。




実は【仮想的体験】の根本は【効率性の副産物】という事です。
この【副産物】とは何なのか?


それは【抵抗による単なる恐怖】です。
それに【抗っている】だけなのです。


この部分で心底【観抜ける】様になると【特殊なシャボン玉】の対極を反転し【それを体験】する事になるでしょう。

ですが【この段階で一喜一憂する】という事を【初めの内は固執しがち】になります。
それはどちらのパターンにおいても変わりはありません。

【良くも悪くも】⇔【悪くも良くも】という意味で【私達(アバター・Aの世界)】は常に【体験に没頭しがち】になります。
特に現状の【苦しみ】や【重圧】が一瞬で劇的に改善されたり、逆に【順風満帆】で事が順調に進んで来たのに、ある日突然【急転直下で悲惨な状況を強制的に歩まなければ成らない状態】に陥った時には人生の回復には多大な時間を必要とする場合も事実ある事でしょう。

ですが冷静に観(み)抜く事が出来ると上記に綴った何を【フォーカス】し、そこに【どれだけエネルギーを注ぐか?】がカラクリと成る訳です。

それが当り前なのです。
何故なら【私達(アバター・Aの世界)】は【体験】を享受する為の存在なのですから。



ある程度、この種の【体験】を何度か気の済むまで場数をこなす?(←この表現は正確ではありませんが…汗)と次第に【根本に興味を持つ】様に成って行きます。

何故なら【反転しても【その特殊なシャボン玉】は質が違っても結局は【特殊なシャボン玉】には変わりが無いから】です。

そして、この部分の気付きには個人差があり、一概には答えられません。

その確固たる理由は【私達各人各様(アバター・Aの世界)】は、独立した【Aの世界(アバター・Aの世界)】を独自所有していますので【自分自身(アバター・Aの世界)】の【情報】が【確信】で在っても総体的な【絶対基準】では無いからです。

この部分に範囲が及ぶと【矛盾】も当り前に発生しますので、この章では一旦置いておきます。



【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】【Aの世界(アバター・Aの世界)】をどの様に【フォーカス】し、何に【エネルギー】を注いでいるのでしょうか?

それは【自分自身(アバター・Aの世界)】にしか判断出来ず、【自分自身(アバター・Aの世界)】以外には絶対に判断出来ません。


ですが逆に【自己責任】の追求昇華への道に飛び込めるのであれば【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】を通して【始原の始まり】を【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に観(み)る事に成るでしょう。

そこには【自暴自棄】による【投げやり的ニュアンス】や間違った意味での【諦め】も存在しません。
逆に感喜の極みを始めて【体験】する事を確信します。

その時、他の人が『何故…』・『どうやって?』・『どうやったの?』という質問攻めをされている方々の心境が解る半面、その伝える言葉には【戸惑い】を必ず抱くでしょう。
それが【言葉の限界】なのです。


すべて【自分自身(アバター・Aの世界)】の【枠の外】に【元々在る】事なので気付かないのです。
この【自分自身(アバター・Aの世界)】の【枠の中】の処理の限界は全て【仮想的処理体験】なのですから、ある意味仕方の無い事実なのです。



実際に【今現在、【皆様(アバター・Aの世界)】が大変な窮地を御体験されている状況】であるのなら私(卵P)は常時伝えたいのです。


【自分自身(アバター・Aの世界)】の【内の部分】に眼を向けて下さい。
【自分自身(アバター・Aの世界)】の【痛み】を飲み干して自己昇華(消化)して下さい。
【自分自身(アバター・Aの世界)】の本当の【体験】を重視して下さい。


常にそれを願う事しか出来ません。
常にそれを祈る事しか出来ません。


『頑張れ』という無責任な言葉は掛けられません。
何故なら【私達(アバター・Aの世界)】は誰一人、例外無く全力で【Aの世界(アバター・Aの世界)】を【体験】している事実が在るのですから。
その意味では『頑張れ』という言葉が如何に【各人各様(アバター・Aの世界)】の方々へ【無理解からの失礼極まり無い言葉である】事が伺える事でしょう。

私(卵P)は以上の理由から、このフレーズを未だ安易に使用出来ません。


どうか1歩1歩…歩みを止めずに進み続けて下さい。
【貴方自身(アバター・Aの世界)】の平安を静かに祈っています。

今回の章は大変文章化に困難を極めています。
大変読み難いとは存じますが何卒御容赦下さい。



  ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------