現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

人生のデパート

当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる悩みに対するヒントになれば幸いです。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > 人生の仕組み > 人生のデパート

人生のデパート

当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる悩みに対するヒントになれば幸いです。


当サイト【現実と人生のカラクリ】をいつも閲覧されている多くのユーザー様から不思議と寄せられる人生に関しての御質問が沢山あります。

基本的に人生相談という観点では綴ってはいないのですが【各人各様(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】では、どのように映っているのか【私(卵P)】には知る由もありません。

コレは別記事【自分と他人の世界は…】【現実の仕組み】各記事でも触れていますが情報という海に【私達(アバター・Aの世界)】は独自の【現実世界(アバター・Aの世界)】を展開しています。

それ故、当サイト【現実と人生のカラクリ】からの情報から【皆様各人(アバター・Aの世界)】の中に内在する【プログラム(以下PRGと表記)】に何らかの反応を示しているのでしょうね。

確かに【人生という現実世界(アバター・Aの世界)】を相手にした時に対峙するあらゆる出来事や問題、時には大きなチャンスやそれに関わる人間関係に至るまで様々な出来事やイベントが発生します。

人はその【皆様各人(アバター・Aの世界)】の中で発生する【個別の現実世界(アバター・Aの世界)】であらゆる対応を迫られます。

どの対応が良いのか?
どの行動を取れば良いのか?
どの処置を施せば良いのか?
どの考えを持てば良いのか?
どの方針を貫けば良いのか?
どの方向に目指せば良いのか?
悩みは永遠に尽きる事はなく、むしろ無限に沸いてくると感じるほどです。

ですが逆に考えれば、それこそが【現実世界(アバター・Aの世界)】の醍醐味とも言えます。

その流れを見極めるには時に盲目的な状態自体、観(み)抜くには今在る状態からホンの少しだけ離れる必要があるのです。


さて…そんな中で今回は少し刺激を提供したいと考え、1つの有名な寓話をアレンジして提供したいと想います。
少々御付き合い願います。


それでは始めます。


皆様はTVでよくある【テレフォンクイズ】のようなイベントを御存知でしょうか?


今現在は個人情報の関係上、公開TV電話での放送が少なくなって来ていますが昭和後期にはローカル放送には結構どこにもあったんですよ。

そんなドッキリイベントのように、もし【貴方(アバター・Aの世界)】丹波哲郎氏とかデーモン小暮閣下のような有名所のような2人組の神様がイキナリ現れ一言…。

↑(※あくまで単なるイメージですwww絵心が無くてスマソ。(-人-) 
ちなみに【私(卵P)】はどの宗教団体・ビジネス団体・その他の法人団体にも一切属していない一般ピーポーです。あしからず。)

怪しげな2人組神様曰く…

怪しげな親父神様(´・ω・`)
『イキナリだが、これからお前を1時間だけ特別なデパートに連れてってやろう。』

怪しげな閣下神様(`・ω・´)
『そこで好きなだけ貴様に対して無料の買い物をさせてやる。…良いか?1時間キッカリだぞ!』

…と上目目線ながら念入りに告げてくれました。

【貴方(アバター・Aの世界)】はワケも解らないまま指定のデパートに一瞬でワープされ、受付嬢の人にルールを再度訊く事にします。

とても可愛い受付嬢が親切に以下のルールを今一度説明してくれます。

【貴方(アバター・Aの世界)】はとりあえず納得行かないままではありましたが、何か特別な奇跡が起こった現象だとは理解していましたのでとりあえず質問しながら説明を訊く事にしました。

ルール
○ 制限時間は1時間ジャスト。
○ 各場所にあるカートとカゴが設置している。そのカートやカゴに入れたアイテムは全て無料。
○ カートが一杯になっても他のカートやカゴに入れてもOK。
○ カートやカゴに入れたものは放置してもOK。つまり次々とゲットすることが認められている。
○ カートやカゴに入らない大型の物は最寄の係員に言えばOK。
○ 時間が来たら一瞬でそのゲットしたアイテムと参加者(←【貴方(アバター・Aの世界)】)の身柄はこの受付場所に強制ワープしてイベントが終了する。
○ このデパートには地下~屋上に至るまで展示されているアイテムから食料まで全てイベント対象となる。しかも無料!
○ イベント終了後、参加した者は二度とこのデパートに参加する事は出来ない。
○ イベント終了後、このイベントを体験していない人へ内容は話せないし言葉にはならない事…つまり言葉にしようにも【他人(アバター・Aの世界)】には伝わらないとの事。逆にイベント終了後ならば話が出来ると説明を受けた。


そんな説明を一通り丁寧に話してくれました。
【貴方(アバター・Aの世界)】はルールをチェックし息巻きます。

そして受付嬢は『さあ!この自動ドアを通過した時点でスタートされます!良き夢のお買い物をお楽しみ下さいませ。』と深々とお辞儀をしてくれた【貴方(アバター・Aの世界)】は行き揚々と自動ドアを潜り速攻でカートとカゴを手に取り各フロアを駆けずり回ります。

【貴方(アバター・Aの世界)】はあらゆるアイテムや今まで絶対欲しかった商品等を片っ端からカートやカゴに入れまくります。

カートもカゴも一杯になると次のカートとカゴを手に取り息荒れる中で夢の買い物を時間を感じながら想いっ切り楽しみます。

エスカレーターですら普段は乗っているだけなのに時間が限られている事と無料条件が後押しされている状態ではあるものの、湧き上がる情熱が身体を突き動かして動いているにも関わらず駆け上ります。

もう【貴方(アバター・Aの世界)】は何が何だか解らないまま、思いつく限りのアイテムをチョイスします。

中には全く興味の無い高級貴金属や入り口付近にある百貨店の金券までもありったけチョイスしたり、必要の無い家具や大型電化製品までもチョイスします。

そんな夢のような1時間はあっという間に過ぎてしまいました。
その瞬間!受付にワープしてしまいます。

受付嬢は『如何でしたでしょうか?心行くまでお楽しみ頂けましたか?』と笑顔で【貴方(アバター・Aの世界)】に問いかけます。

【貴方(アバター・Aの世界)】は息荒れる中で満足げに…
『最高でした。疲れましたけど…』(*゚∀゚)=3ハァハァ

受付嬢は一言。
『それではこのイベントは終了です。』と手をヒラヒラさせると、その瞬間…【貴方(アバター・Aの世界)】の目前に自宅が現れ周囲にゲットしたアイテムがありました。

大量の荷物が溢れてしまい、片付けるのに買い物以上の時間を浪費はしましたが暫くは興奮状態が続き【貴方(アバター・Aの世界)】にとっては心地よい一時でした。

そして深夜にその片付けが終わり、床に就きます。
明日はこのアイテムを楽しんだり、貴金属や金券を売ったり、食料品を堪能したり、家電を交換したり、不要な物はリサイクルショップやネットで売ろうとか思案しながらニヤニヤします。


後日…目が覚めて周囲を確認したらシッカリとゲットしたアイテムが山の様にうず高く積まれていて『やっぱり夢じゃなかったんだ!』と胸を撫で下ろし、一週間の間に色々と行動を起こす内に貴方は何故か空しくなります。

不思議に想いました。

あれだけ凄い事が【自分(アバター・Aの世界)】に起こったのに…
何だかシックリ来ません。

暫く片付いた部屋と売り払ったお金と欲しいアイテムに囲まれて暫く考えました。

すると【貴方(アバター・Aの世界)】は幾つか気が付いた事がありました。
【貴方(アバター・Aの世界)】は考えます。

-------------------------------------------------------------------------
気付き①
『あの時、もっと時間があれば…』
-------------------------------------------------------------------------

【貴方(アバター・Aの世界)】は少し後悔します。
せめて5・6時間もあればゆっくり夢の買い物を楽しめたのに…。ε=(-公-;)
少し怒りも混じりながら残念に【貴方(アバター・Aの世界)】は想います。



さらに【貴方(アバター・Aの世界)】は気付きます。

-------------------------------------------------------------------------
気付き②
『楽しめていなかったなぁ…』
-------------------------------------------------------------------------

ココで始めて【貴方(アバター・Aの世界)】は時間の有限性と時間の瞬間、瞬間…を噛み締めないといけない事に気付きます。

振り返ってみて今までただ単に惰性と勢いで闇雲に欲望のまま飛び付いてしまい、本当に買い物を楽しめていなかった事を残念に想いました。
ただ『なんだか気持ちに余裕が無かったなぁ…』ε=(-公-;)



さらに【貴方(アバター・Aの世界)】は気付きます。

-------------------------------------------------------------------------
気付き③
『アレもコレも、もっと計画的に考えてチョイスしておけば良かった…』
-------------------------------------------------------------------------

【貴方(アバター・Aの世界)】はさらに後悔します。
たった1時間しかないのなら、もっと計画的に買い物すべきだった。
無駄な買い物や欲しくも無いものに時間を割き過ぎた事を後悔しました。

確かにイベントが終了してネットで売り捌いたり、リサイクルショップや金券ショップでお金に換金したものの、頭の隅に『もっと上手な買い物が出来なかったのか?』と自責の念が湧いて来ました。

暫くは、程度は大小あれど時間が経つに連れ手元にある現金の有限性に直面すると、その考えと感情は大きくなるばかりです。(#゚皿゚)o" クッソー!!!



数日後、さらに【貴方(アバター・Aの世界)】はある事に気付きます。

-------------------------------------------------------------------------
気付き④
共有出来ないから、何故か空しい…
-------------------------------------------------------------------------
数日間、この魔法のような奇跡とも言うべきイベントを友人や知人に自慢したくって仕方が無い【貴方(アバター・Aの世界)】なのですがそれが叶いません。

話そうとしても言葉が一切、音として発する事が出来ません。
筆談も試みましたが、この出来事を書こうとすると手が動きません。
ルール通りの事が自動執行されているのです。

それ故にその感動や興奮を自慢やシェアする事が出来ない悔しさとそれ以上に空しさが胸に抜けるのです。(´・ω・`) ショボーン

そしてそれ以上に、あの夢のデパートで友達や彼女…自分以外との買い物が叶わなかった事が何より悲しく想えたのです。(´•̥ω•̥`)



そんな悶々とした想いが時間を過ぎるに連れて薄くなった頃、突然!あの怪しげな神様2人組が【貴方(アバター・Aの世界)】の目の前に現れました。

【貴方(アバター・Aの世界)】はもう一度再チャレンジ出来ると虫のイイ期待をした時、神様2人組の口から一言。


『お前(貴様の)の同僚の山田…知らんか?』(´・ω・`)?(`・ω・´)?


毎度ながら前置きすらない怪しげな神様2人組の言葉に【貴方(アバター・Aの世界)】はガックリと膝を落として想い知ります。○| ̄|_
-------------------------------------------------------------------------
気付き⑤
チャンスは期待した時にはまず来ない。
しかも、チャンスは滅多に来ないし簡単に掴めないからチャンス。
-------------------------------------------------------------------------
怪しげな神様2人組によれば次のターゲットが会社の同僚の山田らしい。
【貴方(アバター・Aの世界)】はコレを機に、その人間を決めた理由とイベントをする理由を尋ねた所、怪しげな神様2人組は一言。


怪しげな親父(´・ω・`)『何となく…ただ退屈だから。』
怪しげな閣下(`・ω・´)『適当…単なる暇つぶしだ!』


ポカーン(; ゚д゚).。oO(何なんだこの2人組)
…などと想いながら会社の場所を教えたら怪しげな神様2人組は『おお!ありがとよ!そんじゃ2日後の土曜日に行く。』と言い残して消えた。

後日会社で【貴方(アバター・Aの世界)】は山田を見つけてアドバイスしたくなりますが言葉にはならないので、何とかイベントに役立つアドバイスをしたくて山田に世間話として『欲しいものは何があるか?』という質問をしました。

ところが当の山田は『そーだなぁ…一等の宝くじかなw』と笑いながらホザく。
それを訊いた【貴方(アバター・Aの世界)】は改めて気付くのです。
-------------------------------------------------------------------------
気付き⑥
人は望んで欲しているものを普段、具体的に考えていない。
そして準備もしてはいないし、それが手に入るとも腹の底から信じてはいない。
-------------------------------------------------------------------------
【貴方(アバター・Aの世界)】はそれでも山田に何とか来る奇跡のイベントまでに念入りな準備をと親切心と【自分自身(アバター・Aの世界)】の後悔から『欲しいもの』の準備や計画に役に立つ事を遠回しに説明しますが…肝心な事は教える事がルール上、叶いません。

暫くすると山田は露骨に『一体何なんだよ?!今日お前変だぞ?』と迷惑そうに言い放つ事になりました。

【貴方(アバター・Aの世界)】はせっかく、このチャンスを活かして欲しいと老婆心から一生懸命伝えようとしたのですが当の本人には伝わりません。

【貴方(アバター・Aの世界)】は気付きます。
-------------------------------------------------------------------------
気付き⑦
人の真意は何故か伝わらない。
それは渡し手と受け手の間に条件という隔たりがあるから。
それに今までの価値観が各々違うという事も複雑に絡んでいる。
-------------------------------------------------------------------------

仕方無く【貴方(アバター・Aの世界)】は御節介を諦めます。

そのまま土曜日を迎えました。
【貴方(アバター・Aの世界)】は体験上、荷物が凄まじい事になってると想い山田の自宅に手伝いに行きました。

イベントが終了すれば誤解も解けるし仲直りも出来るだろうと考えます。
そして行き揚々と山田の自宅へ赴きますが不思議な事に山田の自宅周囲には山のようなアイテムも家具も家電も一切見当たりません。

不思議に想った【貴方(アバター・Aの世界)】は扉のチャイムを押します。

するとあの時の可愛い受付嬢が出て来ました。
【貴方(アバター・Aの世界)】は呆気に取られていると、その奥から山田が出て来て…『おお!お前か!まぁ茶でも飲んでけよ!』と招き入れてくれた。

何から訊けば良いのか解らない状態を察してか山田は茶を出しながら『この子、俺の彼女になってくれたんだわ。よろしくな♪』

すると受付嬢が『お久しぶりです。今後とも宜しくお願いしますね♪』とあの時に見せた笑顔を見せてくれた。

訊けば一通り説明を受けたら山田は何を想ったかその場で受付嬢に頼み込んでから、彼女の手を引っ張って、一緒にショッピングをしたらしい。

山田曰く
『だって…こんなクソオモロイ奇跡的イベントを1人で回るのも味気ないだろ?…だから彼女に手伝って貰ったら意外と楽しかったわwww』とアッケラカン。

【貴方(アバター・Aの世界)】はデパート内に持ち込めるという発想すら気が付かなかった事に対して呆気に取られます。( ゚д゚)ポカーン

そして山田を見て【貴方(アバター・Aの世界)】は気付きます。
-------------------------------------------------------------------------
気付き⑧
人の価値観で気付き自体も世界観も全く違う。
ルール外の視点すら価値観が違うと見える人と見えない人が存在する。
詰まる所、自分の価値観は他人の価値観とは違う事を意味している…それ故にどんなに自分が正しいと想っていても相手にはそれが正しいとは限らない。
-------------------------------------------------------------------------
【貴方(アバター・Aの世界)】は山田宅に行く間に自分の経験から頭にアレコレと描いていた事を押し付けていた己を恥ずかしく感じた。


山田はさらに続けます。
『そーしたらな買い物の途中にお前の事をこの子から聴いたの。それでお前の行動の意味が解ったんだが俺にとって買い物は楽しいに越した事はないからイチャイチャしながら1時間を楽しんだよ。…そーしたら、この子がカートに入っているとカウントされてたみたいでなぁ~ハハハwww』と笑ってた。



【貴方(アバター・Aの世界)】はココで痛感する。
-------------------------------------------------------------------------
気付き⑨
今を素直に楽しめる者はいつでも何処でも楽しめる。
今を素直に幸せで在る者はいつでも何処でも幸せ。

結局、人は腹の中に在るものを常に手に入れる。
…それが幸でも、不幸でも、満ちても、乾いても、関係無く何であれ。
-------------------------------------------------------------------------

【貴方(アバター・Aの世界)】はデパートで有限なアイテムに目が行き過ぎて形の無いなものには見向きもしなかった事を嘆きます。

ちなみに山田に何を買ったのかを尋ねたら…
雑貨を買ったり、服を幾つか買ったり、最上階の飲食店で彼女と食事して最後にカートを一緒に押しながらウインドショッピングのようにただ店内やフロアを常に一緒に練り歩いたらしい。

山田曰く
『俺ね…この子とショッピングする時間を買ったのかもしれんわwww』と。
【貴方(アバター・Aの世界)】は何だが腹が立って来ます。(#゚皿゚)o"

一通り話が済んだら【貴方(アバター・Aの世界)】は山田宅を後にします。

夜の帰り道…何だか腑抜けになった身体がトボトボと歩くような感覚にも似た様な気がしたが、それでも何とか自宅に着いて部屋のベッドで天井を見ながら考えがグルグル巡ります。

そうしていると突然、あの怪しげな神様2人組が現れました。
【貴方(アバター・Aの世界)】は飛び起きて言い放ちます。

Σ(゚Д゚;)『うわぁぁぁぁァ!!!!!今度は何なんですかッ! 』

すると怪しげな神様2人組が言います。


怪しげな親父(´・ω・`)『お主はまだ気付かんのか?』
怪しげな閣下(`・ω・´)『貴様はまだ気付いていない!』


【貴方(アバター・Aの世界)】は意味がサッパリ解りません。
そこで尋ねます。

『意味がわかりませんよ!意味が解るように説明して下さい!』と。

すると怪しげな2人組の神様は…

-------------------------------------------------------------------------
気付き⑩
怪しげな親父(´・ω・`)『宿題じゃ…生涯を通して答えを観つけるが良い。』
怪しげな閣下(`・ω・´)『課題だ!…一生を懸けて答えを観るけるが良いわ!』
-------------------------------------------------------------------------
【貴方(アバター・Aの世界)】『一体誰に話してるんだよ!』(#゚Д゚) ゴルァ!!


                           おしまい。


今回はココまでです。
今までの【現実世界(アバター・Aの世界)】でのリアル部分での御質問や悩みに関しての返答としては少々乱文ではありましたが、今回の文章・文面・文言がどのように【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】にどのように映るかは正直解りません。

また、同じ人でも時が違ったり状態が違ったりすれば映る内容は【皆様各人(アバター・Aの世界)】の【PRG】を通して反映されますので、時期を空けて時々熟読されるのも良いでしょう。

叶うなら何かしら【皆様各人(アバター・Aの世界)】の答えでありヒントになれば幸いに想います。

今回は以上です。
良き【人生(アバター・Aの世界)】を。(´・ω・`)ノシ


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------