現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

観渡せば…自分だらけ。

現実世界での景色は詰まる所、自分の中身です。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------
サイト内検索↓


トップページ > 人間関係の仕組み > 観渡せば…自分だらけ。

観渡せば…自分だらけ。

現実世界での景色は詰まる所、自分の中身です。


今回は少しショッキングな事実を明かします。
当サイト【現実と人生のカラクリ】のヘビーユーザー様で実際に実践レベルで取り組まれている方ならば何となく感じ始めている事でしょう。

当サイト【現実と人生のカラクリ】を訪れている閲覧者の【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】では各々の人間関係を展開されていると存じます。

【人生(アバター・Aの世界)】における問題の大きなウエイトを占める事項…

それは人間関係だと言っても過言ではありません。

ですが当サイト【現実と人生のカラクリ】を閲覧され【自分自身(アバター・Aの世界)】内面を静かに観(み)る事を訓練を通し、習慣化すれば次第に【【現実世界(アバター・Aの世界)】というものが実の所、【自分自身(アバター・Aの世界)】が投影した【リアルな虚映世界(アバター・Aの世界)】である。】事が次第に解る事でしょう。

コレは【頭で理解するレベル】で納得しても単にフラストレーションが溜まるだけです。

コレは【私達個人個人(アバター・Aの世界)】【人生という現実世界(アバター・Aの世界)】を生きる上で何を推しても大事な部分です。

何故ならばこのキーポイントを【理解だけ】ではなく【※験解】の領域で掴まなければ衝動的に感情に振り回されるでしょう。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

もう少し【シックリ来る表現】で表すならば【運命は決まっているのか?】という事に憂いを持つ事と同義的な煩わしさを抱く…それは最早【絶望】や【苦悩】を抱える事になります。

『そんな事は受け入れられない!』…と。


(運命という概念や観念は非常に限定された観(み)方です。実際には【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が設定したシステム上で【自分自身(アバター・Aの世界)】の自由意志に委ねられて【現実世界(アバター・Aの世界)】を生きているに過ぎません。)

ですが【自分自身(アバター・Aの世界)】の内面に沈み静かに観る事に慣れて行く過程に順応し出すと、次第にノイズや濁りが落ち着き…己の中でどのような【プログラム(以下PRGと表記)】を組上げ、それがマクロ化を経て【自分の現実世界(アバター・Aの世界)】に何を映し出しているのかが次第に【験解】して行く体験をモロにする事でしょう。

【私(卵P)】はこの事に気付き、実際に実践を展開して行く過程で…始めは『まさか…な。』とは想いましたが実際に【【自分自身(アバター・Aの世界)】の中身が映し出された【現実世界(アバター・Aの世界)】での登場人物達】を目の当たりにしてしまうと…流石に否定出来なくなりました。


【現実世界(アバター・Aの世界)】で登場する人物全て実の所…【自分自身(アバター・Aの世界)】の内面で構築した【PRG】による【マクロ】からの投影されたものに過ぎません。言い換えるならば全て【自分自身(アバター・Aの世界)】の【情報と感情】の一部でしかありません。)

その中で【過去の線引き(価値観や観念・概念)】が【PRG】を構築し【マクロ】化して登場人物として現れた時には驚きと同時に…【身を隠したい】という気持ちになりました。

それはそれは…恥ずかしさ・悲しさ・虚しさ・後悔・怒りを通り越した懺悔にも似た想いです。

何故ならば、この真実が【験解】すればする程に【現実世界(アバター・Aの世界)】における人間関係【自分自身(アバター・Aの世界)】の一部がクローズUPされて目の前に次々と現れてしまうからです。

【私(卵P)】の場合は、それぞれの【現実世界(アバター・Aの世界)】での登場人物達は全て【自分自身(アバター・Aの世界)】の【何かを反映した【PRG】を抱えて】登場していました。

トドメとして最終的に顔までソックリ(年齢はちがっても考え方のパターンや、仕草等の行動さえも過去の人間関係で登場した方まで瓜二つの状態)な登場人物が職場を変えてもなお【私(卵P)】の目の前に現れて愕然とした程です。

そこから【自分自身の過去(アバター・Aの世界)】を振り返って記憶を辿れば沢山の【登場人物達(アバター・Aの世界)】…特に【私(卵P)】自身の人間関係で精神を煩わせる人ほど【自分自身(アバター・Aの世界)】の内部制作【PRG】による反映だと痛い程に気付いてしまうという皮肉ぶり。

特にブラック就労時代にビジネス展開する中で【外に目を向けず己の中に目を向ける過程】を淡々と行い、同時に【現実世界(アバター・Aの世界)】で関わる人間関係を観る度に思い知らされました。

当然、ソレを観抜く中で取る実践は…【ただただ静かに己の中に沈み、観る】事しか出来ませんし、ソレ以外何かをする気も起きませんでしたが…結果として【現実世界(アバター・Aの世界)】の変化は徐々に…その惰力的積み重ねが加速度的に変化して行く事がハッキリとし…そして遂には着実に変化してきました。


実践を継続して行くと次第に【験解】するのですが、最初は【現実世界(アバター・Aの世界)】コントロールしようと躍起になってしまいます。実は大きな落とし穴なのですが…次第に執着から離れ、己の中へと実践を費やす事で次第に投影されている【現実世界(アバター・Aの世界)】が徐々に変化する事に気付く事でしょう。それが感じ取られる様になると更に己の内面に意識が向くようになります。この過程になると【現実世界(アバター・Aの世界)】が加速度的に変わって行く事でしょう。)

その実践課程で【験解】し…感じ…出た結論としましては【現実世界(アバター・Aの世界)】で登場した人物達は【何らかの【PRG】と【感情ルーチン】を色濃く構築し、【私(卵P)】の投影した【現実世界(アバター・Aの世界)】に出演した。】という事でした。

ですが同時に【ソレに執着や焦燥感を持たぬよう】にもしました。

ただ1人、アフィリエイト投資によるビジネスを通じて【結果を目指す事はあっても何かを執着したり焦燥感を持つ事を一切手放す】という言わば【目の前だけ】に取り組んだのです。

人はどうしても【現実世界(アバター・Aの世界)】に目を奪われ魅了される程に【意識(具体的には思考の部分ですが…)】はフルスピードで対応処理します。

ソレが【現実世界(アバター・Aの世界)】のシステムであり【自分自身(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作であり、ゲームで言えば近年の【VR技術】以上の【フルダイブ(没頭型・体験型)】並みの作品です。

ソレが【験解】していると実践者の初期的悩みである【自分は出来ていない】という悩みにも非常に寛容的になりますし、何よりも【実践には最大限の寛容さ】が必要不可欠なポイントというのを実践者達は体験上知られています。


(実践経験や体験が豊富になると解る事…それは【全ての【現実世界(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】から始まる事が【験解】する様になります。】という事実。次第に【成功も失敗も同じ現象でしかない。】という真実も理屈抜きに解るようになり【寛容さ】を得る様になります。逆に【こうでなければならない!】というコントロール欲求がある間は単純に【苦しみや苦悩】に苛まれるでしょう。)

ココで少し話を【現実世界(アバター・Aの世界)】レベルに戻します。

【私達各人(アバター・Aの世界)】の【現実世界(アバター・Aの世界)】では【各人各様(アバター・Aの世界)】の登場人物が存在されている事でしょう。

ですが【その登場人物は【自分自身(アバター・Aの世界)】だけの唯一無二のオリジナルの出演役者】です。

【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が台本を設定し、【自分自身(アバター・Aの世界)】の組上げた【PRG】から【マクロ】を構築し、【現実世界(アバター・Aの世界)】で演じさせているだけです。

上記でも述べましたが【私(卵P)】の場合は【何処に行っても同じ問題を起こす人や、何処に行っても同じ問題が起きてしまう【自分自身(アバター・Aの世界)】に気付くハメになった。】事で解った事です。

ただ、その【出所】が解らず【自分自身の人生(アバター・Aの世界)】のテーマとなるわけですが、ソレを無視するワケにも行かなくなりました。

何か【自分自身(アバター・Aの世界)】の中からリンリンと電話がなる感覚が何故か消えないのです。

本能的にも解っていたのでしょう…【この問題の根本が解れば全ての問題解決の鍵になる】…と。

結果として【私(卵P)】の場合は正解でした。

根気よく実践に取り組み…気付き…更に実践、そして【験解】を何度も積み上げて行くうちにビジネスも人間関係も生活環境も全て変化してしまいました。

改めて振り返ると…【単なる悪夢だった】…と寝起き感想程度のものだと。
(まぁ…改めて観たい夢では無いですがwww)

【私達(アバター・Aの世界)】は表現に困難を極めますが…厳密に言えば【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の創造役者であり、同時に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】がフルダイブしたような存在でもあります。

ですがソレは【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が単体では絶対に成し得なかった事…つまり【体験や経験が出来ない世界】という【無いものが無い世界】故のものです。

退屈で仕方が無い世界というものは、ある意味【拷問】なのでしょう。

それ故にスリリングな【体験世界(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】にフルダイブして挑戦したのでしょう。

つまり【私達個人個人(アバター・Aの世界)】は生きながらにして【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との再会を果たさないとならぬ部分を要します。

それは【現実世界(アバター・Aの世界)】の【創り手】であった事を【験解】の中で想い出す事に他なりません。

ですが【絶対】ではありません。
それは【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の目的が【体験】であるが故です。

実践においてこの大切な部分である【寛容さ】が【執着と観念・概念】に捕まらぬ精神環境と言えます…コレは実践において非常な大事なポイントです。

【私達個人個人(アバター・Aの世界)】は生きる過程で各々の【物差し】という【観念・概念・常識・想い・執着・基準】を始めとする【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を実装し、【内面世界(アバター・Aの世界)】で独自に【PRG】を組上げ、【マクロ】化し、【現実世界(アバター・Aの世界)】で表現展開を自動的に行っていきます。

その【現実世界(アバター・Aの世界)】をどのようにプレイするのかは【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】から【自分自身(アバター・Aの世界)】に委ねられています。

この事実が解っていれば【運命】とか【自由意志】という【観念・概念】に振り回される事も無くなるでしょうし、易学や運命論…果てにはセラピストに頼るという事にも無縁になるでしょう。


(全ての【現実世界(アバター・Aの世界)】における答えは全て【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に在ります。何かしら【外の世界という現実世界(アバター・Aの世界)】に探し求め、彷徨う必要性は一切ありません。)

この事実を改めて、情報システム的に述べるならば…【システム環境ある以上、ソレを扱うのは千差万別】…という事です。

どのように【現実世界(アバター・Aの世界)】を扱うか…
どのように【現実世界(アバター・Aの世界)】でのフルダイブ体験をするか…
どのように【現実世界(アバター・Aの世界)】を改善し人生を謳歌するか…
そして単に【現実世界(アバター・Aの世界)】感情のままに生きるか…

全て【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】との合作(システムUPし体験するという意味で)上…『御気に召すがままに…』という事になります。

決して絶対攻略を【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】は望んでいるワケではないのですから【焦燥感や執着】する必要性は一切ありません。

今回はココまでと致しますが何かしら【皆様各人(アバター・Aの世界)】の【験解】への助力になれば幸いです。




サイト内検索↓

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------