現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

お金に返還・変換するには?

経済学での客観的なキャッシュポイントを観(み)て観ましょう。
その部分を詳しく観定める事でビジネスの仕組みを知る事が大切です。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > お金 > お金に返還・変換するには?

お金に返還・変換するには?

経済学での客観的なキャッシュポイントを観(み)て観ましょう。
その部分を詳しく観定める事でビジネスの仕組みを知る事が大切です。


今回は初歩的な部分で経済学という観点からビジネスに繋がる基本的観点を学んで観ましょう。

これから綴る事は普段から知っている事や知らない事を含めた上でのレベルから具体的にどの様に【現実経済社会(アバター・Aの世界)】で【お金】というものが流れているのかをシッカリと観る事で学校教育レベルの外の【キャッシュ】という不可思議を知りましょう。


さて…【私達(アバター・Aの世界)】が知っている様で知らない。
知らない様で知っている…というレベルの【お金】の創り方には幾つか盲点があります。

それは【お金】という距離感がブラインドに成っています。
余りにも近過ぎて空気の様に成っているからです。

私(卵P)は出来る限り【お金】という教育において初めの内は【道教】と【儒教】とのトリプルセットで学ぶのが非常にバランスが良いと考えている次第です。

どうしても【損得勘定】や【パワーバランス】そして【人間関係】【人格形成】に反映され易く、酷い場合には【人生での仮初(かりそめ)の権威】に翻弄され易くなる為です。


(人生において力を持つと老若男女問わず誰もがハマり易い盲点や罠がある)

その為、本来の在り方が【5つの欲求】に接点を繋げてしまうと【ある種の苦悩と苦しみ】を苗床に人生を狂わせる道を歩み易く成るようです。

その為、このトリプルセットでの教育は初歩的段階では知識レベルで先ずは学ぶと無難とは考えていますが次第に実践体験を積み【※験解】を多く踏んで行くと次第に【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を絡ませずにビジネスを展開して行く事になるでしょう。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】)


それは【5つの欲求】との距離感を適度に取り、【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】【人生(アバター・Aの世界)】との付き合い方が非常にリラックスした状態で歩めるという、言わば自然体の状態で生きられるという事です。

如何に生まれた時から〜死ぬまでに生涯関わる【存在】のリストにあるのが【お金】というのがココでの内容に集約されているのか御解りだと想います。

【現実経済社会(アバター・Aの世界)】ではココを観(み)落とす事で【私達各人各様(アバター・Aの世界)】の生き方が非常にスリリングになるか拒否反応を示すか、そして自由に生きられるかが多種多様に変化する事は【人生ゲーム】と客観的に考えると御解りに成ると存じます。


その為、基本的な事をこれから綴ります。
『解っているよ』…というレベルが体験を通じると変化して行きます。
閲覧される方々には【ビジネスを起業したい】方や【経済的テコ入れを模索している】方も事実居られると存じます。

ですが少し衝動を押さえて【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を傍らへほんの少し置いて御時間を割かれ熟読されて下さい。


大変、前置きが長くなり申し訳ありませんが始めます。



ココでは【お金の成り立ち】の部分は省いて行きます。
この【お金の成り立ち】に関わると非常に大変な世界であり【私達(アバター・Aの世界)】がどうこう出来るレベルではありませんので、ココでは【私達(アバター・Aの世界)】で言う【現実経済社会(アバター・Aの世界)】での総体を綴ります。

【お金】とは何なのか?
【実務レベル】で【私達(アバター・Aの世界)】が押さえておかなければならないのは一言で言えば…


基本的に【お金】というものは【サービスを交換する為の手段】です。


(余りにも普段過ぎる出来事も経済学的に観ると交換手段を頻繁に行っている)

【私達(アバター・Aの世界)】が何か【欲しい】とか【手に入れたい】という意味での基本的認識は【買う(購入)】とか【払う(対価)】に関しての意識が根強いです。

ですがコレは視野の問題であり【自分自身(アバター・Aの世界)】からの観点です。
経済学の基本的な視野は【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】の部分を外した外の観点で観なくては【キャッシュフロー】という【お金の流れ】が全く掴めませんし、【チャンス】すら観えません。

そこで【外の観点】から観るとこの様に観えます。

【私達(アバター・Aの世界)】は【買う(購入)】や【払う(対価)】という結果の先にある【実務レベル】という【結果】に対しての【交換】をしているに過ぎません。
それが【現実経済社会(アバター・Aの世界)】での【お金】の役割なのです。

別章【お金は価値でありエネルギー】でも詳しく触れていますが、【お金】自体に実際の【価値基準】は実はありません。

コレを知っている人は一般的に殆ど居られません。
コレを完全に解っている方は実際に【無から有を創る】仕組みを根本から理解しています。

事実、【お金】は【紙(紙幣)】であり【鉱物(コイン)】です。
一つのアイテムを【現実世界(アバター・Aの世界)】での大多数決採用ルールで【決められた価値】を設定されると、そこに始めて【価値という付加】を与えられます。

そのパワーバランスが崩れると【デフレ】や【インフレ】が起きますし【○○ショック】や【恐慌】等の経済破綻が実際に起きるのです。

海外旅行に行かれた方々は解ると想いますが単位基準が大きい通貨もある事が実際に解ります。
日本もその一つで昭和初期まで【銭】や【厘】という単位と硬貨が実際にありました。

海外に行くと単位が【10000★】とか【1000★】のクラスが在り、そこで日本円に換算して旅行者は【価値】を体験するのです。
(※ ★にその国の通貨単位をいれて御考え下さい。)

TVで中東やアジア諸国にリポーターが取材されると必ず『日本円で…120円です!安い!』とか頻繁に言われています。
でも現地通貨の単位で桁数が多いのは、その国の経済歴史に何らかの脈絡が伺えると想います。


話が要らぬ所に逸れました。
戻します。


一言で【お金】というものは【サービスを交換する為の手段】と言っても【私達(アバター・Aの世界)】にはピンと来ません。

本当に解っていても【お金を創る】という【起業】感覚が無いので仕方がないのです。
【私達(アバター・Aの世界)】の殆どの大多数がスタート時点での選択肢で【就労】の世界に属して【現実経済社会(アバター・Aの世界)】のスタートを切ります。(※ 詳しくは別章【稼ぎ方(変換)は4つの世界がある】を御参照下さい。)

そこで【あらゆる情報】を付加されます。


ココで再度御断りさせて頂きます。
【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を常に持ち出さない事です。
コレを併用すると同じものを観ても全く違うものを映し出してしまいます。
十分御注意下さい。


…続けます。

基本的に【就労】という世界では【労働力】という【企業側からの対価】を交換する事になります。
昭和中期の時代では【メイドインジャパン】ブランドには世界中からの品質価値が認められ無資源国での高度成長期では【企業成長度】に比例して【対価交換】もバブルでした。

つまり【一生懸命働く】そして【より良い品質】も相乗して【対価】のレートが跳ね上がって行ったのです。
日本は基本的に【組織的生産】や【創造生産】に非常に特化しています。

国を挙げて【技術向上】や【最高品質】を目指す事がとても自然でした。


ですが【対価交換】のレートバランスが崩れると当然、企業成長に比例して【対価交換】もレートが下がります。


御解りですね。
【価値は常に変動する】というのが【対価交換】というものにリンクしている事が。


過去の高度成長期間では現代の情報に多様性があまりありませんでした。
現代の様に誰もが端末(携帯電話やスマートフォン等)を所持し、街頭でのストアやTV以外の値段レートの情報戦。

そしてディスカントや100円均一ショップでの乱立で価格の設定も多種多様です。
ソレを選ぶ選択肢が非常に多くなり、あらゆる価値観が認められているのが普通に成りました。

過去の日本は【便乗】での産業も多いのが特徴です。
別章【マーケティングを知ろう!】でも触れていますがコレには色々な面白い仕組みがあります。

婚礼儀式があれば総出で花嫁家具や衣装、そして結納アイテム等があらゆる一大イベントに向けて【必要とされる一般的風習】である種、不必要な経費が要る時代があったのです。

それは日本特有の産業活性による仕組みなのです。
御高齢の方々に訊かれるとその部分には沢山の情報を持たれていると存じます。

実際に葬祭に関しても【昭和中期〜後期】には客単価が半端ではありませんでした。
マンションやアパート住まいが増え核家族化が大半を占めた状態では実家で葬儀等は事実上不可能です。

その為に葬祭業が凄まじい勢いで伸びて来ました。


しかし、現在では【マイクロ葬儀】というカテゴリーが出来始めています。
世間で言われる【小規模での葬儀】です。(一般的に【家族葬】とか言われています。)
コレにより客単価も細分化され大きな単価を狙えなくなり企業も変化を問われている状態です。

この様に【対価交換】の細分化が起こると…

【どのタイプへ合わせるか?】
【どのサービスをどのターゲットへ御提供するか?】
【そしてどの様に集客して情報を流すか?】

…等のポイントを探らねばなりません。


細かい部分は省きますが基本的に【サービス】と【顧客の等価(その価値に支払う意志)】がイコールになると初めて【交換】が起こる可能性が出て来ます。

ココで【交換が起こるポイント】を【キャッシュポイント】と言います。


(キャッシュポイントとは対価とサービスとの交換のやり取りが起こる事)

もし【皆様(アバター・Aの世界)】が【起業】を考えるのであれば最初にする事は主に3つの点に集約されます。

@ サービスを創る。
A そのサービスは誰に御提供するのか?
B マーケティング。(平たく言えば【売り方】・【提供の方法】)

…になります。
Bに関しては別章【マーケティングを知ろう!】に触れていますので御参照下さい。



この視点から観れば、普段から【私達(アバター・Aの世界)】は基本的に【就労】という【労働力(人手という意)】を【時間単位】で御提供して【キャッシュポイント】を通じ【お金】に変換しているという実態に気付きます。

その様にして【現実経済社会(アバター・Aの世界)】を観て観ると非常に多くの【キャッシュポイント】が情報として飛び込んで来る様になります。

ガソリンスタンドでの清掃サービスや自転車の修理サービス(パンク修理等)、そして外食に行った時に支払う代金等にあらゆる【等価交換】を観る事でしょう。

その【キャッシュポイント】を通じての【等価交換】に深く注目すると【このサービスに対して【自分自身(アバター・Aの世界)】が支払っても構わない額】という仕組みが初めて体験出来る様になります。

その他にもソレを【験解】レベルで体験する方法が幾つかあります。

それは業者任せにせずに【自分自身(アバター・Aの世界)】でやってみる。
…という事。


(実際に他人任せ・業者任せにせずに手間暇掛けてやって観ると解る)

実際に【自分自身(アバター・Aの世界)】の身の回りで修理や製作をやってみる事です。

自転車のパンク修理…
書類作成…
スポーツ用具の修理…
家の修繕…
日曜大工…
プログラミング…
料理…

意外と手間暇が掛かるものです。
特に不慣れであればある程、『確かに金を取るだけはあるなぁ…』と感じる筈です。

実際に私(卵P)は幼少の頃から【もの創り】が好きな方なので色々とやっていました。
洗濯機のパーツ交換(ベルト交換)は小学校低学年でやっていましたし、廃材の分解は遊びでやっていました。
中学に成ってはパンク修理や靴の修繕等もやっていました。
(スポーツシューズは本当に高価なものだったので…。・゚・(つдT)・゚・。)

就職後は何故か裁判書式の作成、そして会社での改善提案案件作成等。
結構、色々とやったもんですw
(実際には不本意で仕方無くせざるを得ない状態でしました。(#゚д゚)、ペッ)

御蔭?でその気付きは途轍も無く起業感覚を磨いたのは言うまでもありません。


ココで少しリアルな事例を伝えますw

私(卵P)が就職当初、片道15q〜20qの通勤をどうしようかと考え最初の3日は公共の交通手段を取りました。

しかし、時間通りに通勤する苦痛とラッシュの苦痛。
そして製造業での制服の汚れを身に纏ったままでの恥ずかしさもあり断念しました。
当時、18歳の春ですw

とても学生達と一緒に乗れず、後輩に出会うのが嫌な気分という小さなプライドからの意地があったのでしょう。
仕方無く、その後1カ月は自転車通勤と変更しました。

自宅からアップダウンの坂道を繰り返し片道約1時間を我慢したのです。
当然、パンクはするし会社に到達した時点で汗だくのクタクタです。

帰宅は帰宅でコレマタ過酷で出勤自体が苦痛にしか感じませんでした。
会社にて先輩が不要なスクーターがあるので3万円で譲って貰い名義変更をして通勤をしたのです。

その時、初めて価値を心底感じました。

1つは公共機関での運賃。【確かに払うだけの価値がある。】
2つはこの中古スクーターの重要性。【十分過ぎる価値がある。】

もう言葉になりません。
あっという間に通勤負荷が無くなったのです。

雨天には確かにカッパを着ていましたが、自転車となると濡れぬ為のカッパが会社に到達した時点でサウナスーツになり衣類が汗だくになる事が辛かったのを覚えています。

ですから約8年の間は、その3万円の投資?が通勤時間が4分の1になり就労までの体力の温存…そして移動距離の範囲拡大に非常に貢献してくれて有難かったのを覚えています。

またコスト的にも税金面やガソリン+2サイクルオイルに関する全て経費という維持費も安価で有難い存在でした。

その後、少し貯蓄も出来たのですが不本意な出来事や軽自動車の購入でコスト面も同時に苦労した事でイヤイヤながら【経費】というコストを身近に感じた悲しい経験もしました。
                (´TωT`)=3

当時、バイク通勤になると渋滞ラッシュ(工場付近は何故かしらラッシュになる)の為、道路の縁(へり)を走るので釘やガラスによりチューブレスタイヤと言えどパンクを頻繁にします。

終いには修理費も掛かるのでホームセンターに行ってキットや補修材を購入する事で経費を押さえました。
悲しいかな…結局、学生時代のパンク修理も社会人になってチューブレスタイヤになっただけの事…www

たまに会社の同僚や先輩の車やスクーターのパンク修理をしてあげたりする事で色々と奢って頂けたりもしました。

さらに数年も乗ると中古の為もありバッテリー交換やパーツの交換対価も馬鹿に成らず結局出した結論は…


【自力で直す!(#゚д゚)ゴルァ! 】という結果になります。

(こうやってワケの解らないスキルが次第に身に付くんだろうなぁ…)

幸いにもその頃にはネットで修理情報も趣味で掲載されている方もいましたので検索した情報を元に手順公開されていました。(当時携帯電話のネットや会社のPCを無断閲覧で調べた。)

最近は動画で修理や交換の手順も公開されて非常に便利です。


特にスクーター等は数年でマフラーやバッテリーがダメになるので交換が必要です。
純正マフラー等は工賃も併せると優に15000円を超えますし、バッテリーの交換も工賃併せると純正品でも5000円は超えます。

ですがネットで取り敢えずマフラー(純正品以外のパーツ)を発注し自分で交換するとコレが3000円クラスで済みます。
バッテリーに至っては1500円クラスになりますw

それだけ人件費という工賃は高いし、純正ブランドは高いのです。
でも純正品にはそれだけの耐久性や品質があるのですし工賃に至っても、責任持って業者が修理して頂けるのですから手を汚さないというメリットから観れば【そのサービスに対する等価】がそこには存在します。


そして20代後半に不本意ながら自分事以外の事で詳細は避けますが裁判書面を作成しなければ成らず約1年半年間、書面を作成し続けた事もありました。

裁判費用も実際には非常に安く、特に民事訴訟での簡易裁判は印紙代と書式ルールさえ押さえておけば誰もが起こせる事と弁護士が無くても出来る事が解りましたが実際に仕事の合間を縫って何度も何度も裁判所の書記官に書面のルールを聴き込んだり、古本屋で二束三文で購入した専門書を数十冊読み漁りパソコン主流の時代にリサイクルセンターでワープロを1000円で仕入れ中学以来のキーボード操作は不慣れな状態で打ち続けた事もありました。
結局そのワープロはカスカスに成るまで使い込んだ後、壊れてしまいました。

書面の量で言えば昭和後期の電話帳4〜5冊程でしょうか?
自分でもよくもココまでやったなぁ…とも感じましたが、反面【弁護士を雇う対価価値】も学んだのです。

とある弁護士が私(卵P)に記憶に残る言葉を残してくれたのもこの頃でした。



『争いや揉め事は確かに良くないが、それが在る事で私達は仕事になる』


                 …という事です。


自分が調べながらやって観るとこの意味合いが本当に【験解】出来たのです。
それだけの値打ちが弁護士という職業には、そこには存在したのです。
まして忙しい弁護士の方になると案件は尋常では無い位になり処理能力も必要になって来ます。
本当に大変で金額も大きくなるのは自然の流れなのでしょう。


話を戻しますが以上の観点から【キャッシュポイント】というものを、どの様に観(み)極め【私達(アバター・Aの世界)】が起業したり副収入を得るにはどの様にするのか?

その観(み)極めという部分においてはある意味、ドライで冷静な判断を必要とします。
ソレを難しくさせるのは【自分自身(アバター・Aの世界)】の価値観に大きな【鍵】と【壁】があるようです。

それは…

【向き不向き】
【選り好み】
【適正】
【無経験】
【リスク】
【未知の分野】
【不安】
【勇気】
【面倒】

あらゆる不安や恐怖という感情と向き合いながら【現実の現状(アバター・Aの世界)】を変えていかなければダブルワークや起業…そして副業も叶わない部分も事実あるでしょうが冷静に伝えておかなければならない事が2つあります。

1つは【人の数だけニーズがありキャッシュポイントは存在する】
もう1つは【誰もがキャッシュポイントを実現する権利がある】

…という事です。


【この世(アバター・Aの世界)】では人が存在するだけで等価交換が自然発生しています。
何度も何度も起業経験のある方、そして失敗しても失敗しても起業出来る感覚的確信が在るのは【この事実を【験解】している】からです。

【自分自身(アバター・Aの世界)】以外が存在する事自体がその仕組みの根源ですから人の数だけ仕事があり、また人である事という自体が【お金】を得るという【権利】があるという事になります。

言うなれば【稼ぐも】【借金するも】そのレベルの分野においては同じ事をしているに過ぎません。
同じ権利を行使して向かう方向が違うだけの事なのですから当然と言えます。

その【感覚】を事実【私達(純粋意識・Bの世界)】は本来持っているのですが、何故かしら忘れてしまっています。
そこに気付いて頂きたいのです。

この章ではビジネス面において初歩的な経済的側面を綴りましたが何かしら【皆様(アバター・Aの世界)】に気付きがあれば幸いに想います。



  ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------