現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

経済自由を得る為には資産を知る事

本当の経済的自由を得る為には資産が何かを知る事が優先事項となります。
知る事で初めて経済的自由の世界を知る事になるのです。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > お金の仕組み > 経済自由を得る為には資産を知る事

経済自由を得る為には資産を知る事

本当の経済的自由を得る為には資産が何かを知る事が優先事項となります。
知る事で初めて経済的自由の世界を知る事になるのです。


ココでは経済的自由を得る為に【貴方(アバター・Aの世界)】の意識(常識)への僭越ですが【地均し】とも言うべき認識を少しばかりテコ入れをしてみたいと思います。
楽にしてこの章を観(見)て観(見)ましょう♪

その前に注意事項があります。
それはこの章でチョットした【コツ】を知ると思います。
その中で一番覚えておかなければならない事・・・

それは【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】を持たない事です。
【私達(アバター・Aの世界)】は皆、オリジナルの人生を自由に生きています。

たまたま現代価値観は【お金】というものに基準を置きがちで【お金】を沢山持っている方を重要視したり反感を買ったりしていますが、
それは単なる【生き方】・【価値観】の違いだけです。
根本の存在という【私達(純粋意識・Bの世界)】には何も他者との違いは存在しません。

くれぐれも各位様の【価値観】を少し変化させる事になっても【自分自身(アバター・Aの世界)】以外への【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】を持たずして、この章を御覧になられて下さい。
今回は別章【2つのステージ。そして・・・】にも綴っている
【Aの世界】からのテーマを扱っていますが同時に皆様は
【お金】に関して抱く【感情】も大きな要因があります。
コレに関しては別章【心と意識の選択】を実践されてみて下さい。

では始めてみましょう。


まず経済的自由を得る為に3つの項目があります。
非常に
簡単ですので知っておくと良いでしょう。

@ お金を多く扱えるシステム。
A お金が流れ込むシステム。
B 自分と世の中に貢献できるシステム。
の3つです。

上記の3事項を押さえておけば実は簡単に経済的自由を獲得出来ます。
具体的な手段は別章【お金の仕組み】の各テーマに譲りますがココでは根本の部分を主軸に展開しておけば今後【皆様(アバター・Aの世界)】に大きな変化をもたらすでしょう。

さて1つずつ説明していきます。

@ お金を多く扱えるシステム。
実は世の中の【お金持ち】と言われる方々は何かしら【ビジネス】を所有しています。
【ビジネス】とは【生業】という【生きる為】の【仕事】ではありません。
【生きる為】に稼ぐ生き方とは言わば【ライスワーク(食べる為や生活をする為の行為)】と経済学的に判別されます。

また【ビジネス】とは自営業を指すものでもありません。
その判別基準に【レバレッジ(テコの原理)】が効かせられる事が出来るものを【ビジネス】と言います。

具体的には、会社や店舗経営をしていて会社や店舗の【数】を増やせる事になれば【レバレッジ】により収益は掛け算になります。

株・証券・FX等、システム上【レバレッジ】があり複利は掛け算になります。
その為、経営が【自転車操業】であれば【ビジネス】とは言えないのが分かります。
【ビジネス】とは【レバレッジ】で収益が出来るもの。と覚えておいて下さい。


A お金が流れ込むシステム。
これは【資産】という意味です。
【資産】とは何でしょうか?

金(ゴールド)?
ダイヤモンド?
貯金?
マイホーム?
芸術品?
骨董品?
車?

上記に記載しているものは経済学上、【資産】ではありません。
単なる【物(モノ)】です。
そしてこれらの【物】をどうするかで【資産】と【負債】に分別されます。

具体的には貴金属品・車を自分で購入してしまえば【負債】となります。
その貴金属品・車を他人にレンタルしてしまえばレンタル手数料を発生させて自分のポケットに【お金】が流れ込んでくれば【資産】となります。
マイホームも【自分自身(アバター・Aの世界)】で購入してしまえば【負債(ローンや維持費等)】となりますが、【他人(アバター・Aの世界)】に貸し出し賃貸契約から【自分自身(アバター・Aの世界)】のポケットに家賃収入が発生してしまえば【資産】となるのです。
【お金】も然り、貯蓄しておけばそのままではありますが実際には【貨幣価値の変動】のリスクがあります。

しかし利息を付けての貸し出しや投資運用を行えば【資産】となり【貴方(アバター・Aの世界)】のポケットに【お金】が流れ込んで来ます。
というよりこの場合は【お金】が【お金】を連れて来てくれる感覚でしょうか?

つまり、全ての購入代金が発生する=【貴方(アバター・Aの世界)】のポケットから【お金】が流れてしまえば、それは【負債】となり。
【貴方(アバター・Aの世界)】のポケットへ【お金】が流れ込める仕組み=【資産】となるワケです。

単純でしょ?

実は結構、【私達(アバター・Aの世界)】の周囲での世の中が変化している事に気付かないのですが水面下では今後新しい分野の【資産形成】が発生しております。


その媒体となるのが・・・【インターネット】の世界。


今後、販売側⇔購入者の距離が更に近くなりグローバル化されてくると【物販】は元より【知識】や【ノウハウ】も全て商品化の対象になります。

さらに日本は世界水準では国民の学力は世界水準レベルでも全世界屈指の学力を誇っています。
何故なら【義務教育】がそうさせるからです。
世界には【読み・書き】が学べない環境も多大にありますが日本は誰もが出来ます。
そしてこれからはネット環境がさらに上の知識を【学びたい時に学べる】といった事となるのですから凄い時代になったと思います。


最後に・・・
B 自分と世の中に貢献できるシステム。
昔は【仕事(好き嫌い含め)】=【労働】=【貢献】
といった図式の教育を受けていましたが、しかし現代では・・・
【自分のやりたい事を仕事とする】=【収益UP】=【貢献】となります。

実は過去の教育では【労働者】を生産する教育が主流でした。
高度成長期ではそれは【王道】でしたが現在では後進国がそれを担う事になり、先進国は【労働者】の教育から今度は【オリジナリティ(独自性)】を見出す時代に変化しないといけません。

今までの学校教育というより、今までの世間の常識である・・・
【良い成績】を修め。
【良い学校】に入り。
【優良企業】に入る。
事が人生の成功者と認知されていました。

それは高度成長期時代の方針です。
しかし現代は税金の関係上と経済成長でもシステム上、天井がある事に気付かないといけません。

何故なら世間一般での【学歴】は【学問】では無いからです。
【学歴】=ステータスという一つの物差しである以上、誰かに認めてもらう事が前提ですからその時点で【自分自身(アバター・Aの世界)】の為の勉強では無いのです。

殆どの中学・高校生に『何で塾に行ってるの?』と訊けば、
大凡返答は『将来の為。』とか『自分の為。』と言いますが結局は【就職】の為といったニュアンスがしっかり含まれています。

その点【学問】は純粋な【知識欲】からの情報摂取なので必ず【自分自身(アバター・Aの世界)】の【血肉】になります。
一番の利点は【独自性(オリジナリティ)】に拍車が掛る事にあります。
独自性が高まれば【交換】が出来ない人材なのでそれだけで付加価値が生まれます。
これからの時代には大変重要なキーメーカーになる事、請け合いです。

当然、その人の【独自性】は付加価値があるので他者に求められます。
【求められる】=【貢献度】と同義語なので多大な恩恵を受ける事となるのは当然なのです。


少し具体的にしてみます。
ほんの一例ですが・・・

ある村長さん(老人)がいました。


その老人はとても温厚で人徳者でもあります。
村人はとても信頼しており、村の方向性や決断を御願いしておりました。

老人には愛する孫娘がいました。
老人は孫娘に【人間関係】のコツを教えていました。
また【孫娘】はその話がとても好きなのと面白く話してくれるお爺ちゃんなので
いつも聴き入っていました。

その後、孫娘は社会人(OL)になりました。
とても人間関係は良好ですが職場に問題がありました。

上司がとても人間関係で上司と部下の事で悩んでいました。
孫娘は【お爺ちゃんのコツ】を上司に教えてあげました。
上司の悩んでいた【解決策】を探していたので即実践しました。
数ヵ月後、問題は解決し社員は生き生きと仕事に励み大きな成果を上げたのです。

上司を始め、社員は元より孫娘も昇給しました。

-----------------------------------------

【お爺ちゃんのコツ】=【学問】なのです。
【求められる解決策】=【貢献(その人を助ける)】といった仕組みです。
そこには【大きな付加価値】があり万人に対する【ニーズ】があればあるほど
提供する側には【大きな貢献度】が隠されている事に気付くべきです。

さてこのお話、まだ続きがあります。。。

------------------------------------------

孫娘は気づきました。
『この世の中、まだまだ人間関係に困っている方がいるハズ・・・』と。。。
孫娘はさらに思案します。
『このコツを【ノウハウ化】して世の中に提供すればもっと良くなるのではないだろうか?もっと皆が幸せになれるのではないだろうか?』と。。。

孫娘は今まで【書籍】を出版した事がないので一番敷居の低いブログにPDF書籍として500円で販売しました。
当然、決済はド素人なので今時の時代に合わない手法ですが
【銀行振り込み】の方法を取りましたが価格が安いせいもあり2000部も売れる
商材として大ヒットしたのです。
                                 おしまい。
----------------------------------------

【学問】とは人生を良くするもの。
【学問】とは世の中に貢献できるもの。
これが本来のあるべき姿だと思います。

そう見ると世の中のビジネスシステムは理に叶っています。
レンタル・賃貸・情報商材・書籍・運輸・投資・株等は全て社会貢献という眼鏡で見れば良くわかると思います。

またその収益からなる【税収】は国を潤します。
多く稼いで多く修める事になり貢献度は更に高まるでしょう。

私はあるMLMセミナーでジェームス・スキナー氏というコンサルティングトレーナーの講義を聴く事がありましたが彼も同じ事を述べていました。

-------------------------------------------

『自分の事だけを考えると人は【弱く】なるのです。
だけど皆の事を考えると人は【強く】なれます。
貴方の仕事を選ぶ基準が【自分が豊かに成れるだけ。】の事を考える人は【我がまま】な人が多いと私は思います。
だって・・・【他の人の事は考えていない】から。
だから稼げていないのです。

一応言ってオキマスガ、沢山稼いでいるからと言って自分1人では使い切れないし余り要りません!私だって腕時計は1個しかないしスーツなんて2着しかないのです。
ですが他の人に使う事が出来るのです!
どうせなら墓場まで持って行けないのですから楽しい事や楽しい方々と分かち合い【人生の思い出】を買いなさい!そのお金で人を助けなさい!

あの世に行って神様に報告する時に『銀行残高1億円。』て言うのは悲しすぎますよ!
どうせなら振り返ってみて『最高の人生だった・・・』と言いたいじゃないですか。』

-----------------------------------------------

ちょっと話が脱線気味になっていますが最後のジェームス・スキナー氏の講義は【資産】という隠れた特典を話しているに過ぎません。

資産形成の行き着く先は【貢献】なのですが・・・
実は【自分の心】を豊かにする事にも密接に繋がっているのです。

現代は経済的にも精神的にも苦難を強いられている方が多く見られますが根本の部分に【気付く】事で自分の人生を根底から変化させる事になるという事を知っておいて下さい。

そして経済的自由を得る為にはこの3つが基本と成るので覚えておきましょう。

それと元来、日本は資源がたった1つしかありません。
それは【私達(アバター・Aの世界)】、人間という資源しか無いのです。
それをシッカリと観(み)て行く事が大切なのです。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------