現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

MLMとはどの様なビジネスなのか?

MLMとはどのようなビジネスなのかを説明しています。
基本的にMLMビジネスは流通販売網構築権利版権獲得を目的とした仕事です。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > お金の仕組み > MLM(ネットワークビジネス)について > MLMとはどの様なビジネスなのか?

MLMとはどの様なビジネスなのか?

MLMとはどのようなビジネスなのかを説明しています。
基本的にMLMビジネスは流通販売網構築権利版権獲得を目的とした仕事です。


とうとうこのカテゴリーについて綴る事にしました。
本当に気乗りがしないのですが今回はビジネスというカテゴリーにつき注意点がありますので各記事へ必ず冒頭に申し上げておきます。

まず【私(卵P)】は現在【アフィリエイト及び投資】での個人での経済活動を生業としていますので一切の関係各所の所属団体とは関係を持っておりません。

そして何故か解りませんが未だに当サイト【現実と人生のカラクリ】への勧誘メールが来ておりますが全てスルーしております。

この現代においてビジネスとしての基盤は今後【個人レベルにまで進化する】と【私(卵P)】はハッキリ断言出来ますし、何よりビジネスとしての盲点として人を介在するリスクというビハインドを骨身に染みて体験しているので現在の業種を選択した次第です。

その為に今後一切のビジネス勧誘や起業コラボに付きましても全て御遠慮願います。

その上で今回、【私(卵P)】が提示するMLM情報にはあくまで【システム的な面での仕組み】を情報として公開しているに過ぎません。

そこに何かしらのあらゆる価値観・倫理観・儒性・道性・徳性を始めとする【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を持ち込まずして閲覧されて下さい。

何卒宜しく御願い致します。

そして今回は【私(卵P)】の体験を交えての綴りになります為…多少、文面・文言・言葉が乱れる事を事前に伝えておくことも併せて後容赦願います。



さて…始めますかね。(;´-ω-`)=3 (←葛藤中w)


MLMビジネスにおいてネックになるのはイメージですが基本的に【『その手ののね〜』という悪質なイメージ】を持っていると想います。

【私(卵P)】から言わせれば実際の所、【MLMビジネスは流通販売網構築権利版権獲得ビジネス】であり、その流通権利から発生する報酬が欲しかったのが根底にあります。

その成功報酬とは【お金】と【時間】という双方が得られるビジネスというのがスグに解りました。

大半の方がコレに気付かず…また気付いたとしても【【他人(アバター・Aの世界)】にどう想われるか?】に酷く怯えてビジネスを展開される人が99%を占めています。

具体的に説明します。
まず一番分かり易いのが流通経路からの価格配分システムが一般流通と異なる点にあります。

以下の図を御覧下さい。


(※問屋と代理店が入れ変わったり問屋や代理店の数が多いものもあります。略式図にしていますのであしからず。)

上記の様な流通システムをSLM(シングルレベルマーケティング)と言います。
経済学的上【マーケティング】という名において1850〜2000年代前後まで主流になった販売方法です。(特にラジオやTVが登場した時代が顕著。)

解り易く言うと…

メーカーは企画し、商品を提案し、CMを準備します。
そして商品は自社で開発したり、研究所に委託したりして商品化します。
現代では殆どがOEM(委託製造・委託開発)が殆どでよく解る一例を挙げると気付かれる方が多いと想いますが、コレを期にビジネス視点を持たれる良い機会になると想います。

○ 例:車。
例えば軽四で有名なスズキやダイハツというメーカーは御存知だと想います。
ですが他の車メーカーにある軽四シリーズをパンフレットとかネットとかで観た事はあるでしょうか?

観られた事のある方はピンと来たと想いますが…『何だか形が似ているなァ…でもロゴが別メーカーだしな。』と感じた事でしょう。

実はメイン以外の車種は売れ筋ではない為にコスト的に自社に専用の車両製造ラインをワザワザ設備するメリットがない為にあえて正規メーカーから買い付けてロゴだけ変えて(実際には細かく変えている)ホンの少しの経費を乗せて販売している。

その為にOEM商品をディーラーで買おうとすると『値引きが出来ない』と露骨に渋られるのはこの為なのです。(差益が出ないから。)
つまりアフィリエイトの世界で言う【せどり】と同義なのですね。


さて次は問屋です。
昭和時代にこの問屋から直接買い付けるのが代理店…そして代理店から買い付けるのが小売販売業や小売店となります。

つまり最終的に消費者である【私達(アバター・Aの世界)】が一般的に目にするスーパーやコンビニ等で俗言う【定価】というのは全ての流通に関わるコストが全て乗っているのが現状なのです。

ちなみに【オープン価格】というのはこの設定価格が変動している証であり、裏を返せば上記のSLM(シングルレベルマーケティング)の流通システムを中抜きしているのを示唆しています。

ココで気付くでしょうが口コミ(バイラルマーケティング)に属す昭和のヒット商品とかは不思議と安価なもので良質なものが多かったのは理由がココにあります。

それはSLM(シングルレベルマーケティング)流通システムには【広告(CM)費用】が定価に含まれている点にあります。

昭和後期〜平成初期には莫大なCM料を支払ってでも大きな利益になりうる時代でした。

ソレが現代では低コスト化や情報過多によるメディアや端末の発達で情報の【質】が価格にも反映され始めているからヒット商品が出難い時代にもなって来ています。

が…しかし、昭和中期に手練の商人魂を持ったビジネスマンが【中抜き】という手法を自らの行動力で表現し始める人達が出て来ます。

上の図で言えば小売店が問屋に買い付けるという図式です。

昭和生まれの人は割と知られているとは想いますが【城南電機 宮路社長】等はコレを実践した有名な人です。

その為に広告チラシに【オープン価格】と当時は珍しいキャッチコピーで集客を呼び込んで財を成した有名人でした。

その中でも日本は更に交通網や流通網が更に確立され、金融機関の発達により送金や受金のシステムが構築され通信販売が俄かに水面下で発達しつつあったのが昭和中期から後期に掛けて次第に姿を表し出しました。

当時深夜放送でこのような番組を目にした事があるでしょう。

○動画リンク:日本文化センター cm

当時は通販業界は『怪しい』とか『代金支払いが返って来ない可能性が…』とか真面目に囁かれていました。

今では信じられないでしょうが当時は普通に現金封筒での送金や現金為替等を利用して雑誌の通販を利用した昭和生まれの人も沢山おられました。

コレを一気に払拭したのが【ジャパネットたかた】です。

このレベルになると合理的且つスピーディーでオマケに低コスト化に成功した代表的中抜きマーケティング事例となりました。

何せメーカー直で数量を限定しての大量買付けを成した上で全ての中間マージンよりも自社利益を乗せてカット調整してもなお、問屋直販型よりも安いのですから。

しかも2代目の高田社長は大変優れている点はCM経費を極限まで押さえ、逆に最大にレバレッジを利かせている点にあります。

自社で撮影したVTRを深夜枠の安い広告時間帯に目を付けて放映して販売していたのです。

しかもターゲットの絞り方が非常に素晴らしく、当時は深夜〜早朝付近のターゲットは年金が割と豊かな中流層をターゲットに家電や健康器具を販売し、当時のデジタルカメラの販売トークも『コレならお孫さんを簡単に撮影出来ますよ!』とか『御家族の思い出に是非!』というフレーズをあの甲高い特徴ある説明で購入者のハートをガッツリ掴んでいたのです。


(ビジネス視点で観ると解るのだがターゲットを誰に絞るのかは非常に大事なカテゴリーである。コレが解っていないと『味で勝負すれば』とか『価格で勝負』とか単純な経営基準で潰れる会社は多かった。マーケティングは今後は必須科目となるのは明白である。【ジャパネットたかた】に出演している高田社長は群を抜いての素人大根役者でありながら、この辺りのマーケティング手腕には非常に優れているのが解る。)

コレを境に金融機関やクレジット会社が一気に流通業界を後押しする運びに成りました。

そしてITの向上やネット環境やインフラの構築も相まって通販流通が進化するともう問屋とか代理店のシステムが崩壊して行くのです。

そう…丁度日本では小泉内閣で規制緩和という経済政策を推進した時期でしたね。

自由競争が消費者にとって大変便利であり、価格も競争し非常に生活に密接になる反面、雇用という分野においては流通業界を始めとし…ひいては飲食業界にもマーケティングの余波が広がり本質部分を日々追求していない店を構えているだけの経営ではたちまち閉店&閉鎖に追い込まれる事となるのです。


さて…ココからが本題に入るのですが、1800年代後半から1900年代にある進化と普及が経済面において普及し始めます。

それがIT。
つまりパソコンです。

コレにより業務管理や顧客情報という一括しての総合管理が大幅に向上します。
アメリカでそれに纏わる新たなゲリラマーケティングが展開されて行きます。

詳しくは割愛(ネットで調べれば幾らでも出て来るぐらいマーケティング業界では有名な話です。)しますが【とある電話会社】が大手の電話会社とは天と地の差がある業界に『どうすれば普及させる事が出来るだろうか?』と考えた末に【広告費を広めてくれた人に権利として支払う】というものでした。

コレが世に言う【ネットワークビジネスの報酬プラン(正式名称:ユニレベル方式と言います)】の原型です。(※当然、段階的な仕切りがあります。)

コレが出来たのはITの導入による徹底した顧客管理システムとCMコストを完全フルコミッション式還元にした御蔭でCM手数料が一切無駄にならなかった事が挙げられます。

それに気付かれたとは想いますがビジネス観点で言えば【通話料は消耗品】というカテゴリーになります。

その為に利便性に富んだ当時の通信手段である【電話】は画期的であり、全ての経済における通信手段になり一般家庭に普及すればするほどコストも下がり普及に拍車が掛かるようになります。

そのゲリラ的マーケティングで【とある電話会社】は全米でトップシェアを取るまでに飛躍するのです。

実は日本でも携帯電話普及でポケベル事業があっという間に廃業に追い込まれたのはコレに似ています。

オマケに携帯事業での権利で大きな資産形成を成した人も実際にはおられます。(有名人としては所ジョージ氏とか。)


コレが【MLM=マルチレベルマーケティング】と言われるもので日本では【マルチ=イメージが悪い】為に【ネットワークビジネス】と言われているのです。

ちなみにビジネスに疎い人や知っていない人が【マルチ】というフレーズに拒絶反応する人がいるのですが実際には【マルチ】という言葉の意味とは【多方面】や【多様性】を指す意味です。

【マルチタレント】や【マルチな才能】という意味が正式な使い方です。
海外では極一般的にビジネスで使われている言葉です。


ココで改めて図式にすると…



…という図式になります。
よくネットワークビジネスを知ったような方が『何故広告を打たないのか?』とか『そんなに有名ならTVでしないのか?』という人がいますが、【私(卵P)】から言わせれば全く経済に無知な発想意見でしかありません。

何故ならCMや広告というのはバイラルとは全く【質】という公式に当てはめると解るのですが…

○ CM・広告 < バイラル

コレが結果として実証されているのが沢山あります。
広告宣伝費に掛けた対象商品は全ての人が購入するワケではありませんし、CM購入したアイテムには何らかの形で経費をプラスして価格に設定されています。(※上の図で言えばピンクで囲った部分と広告料が無駄という事になります。)

つまり購入者からしてみれば無駄な費用をワザワザ支払ってまで【無駄なお金を乗せられている】という現状があるのですが、MLM流通製品は製品に【無駄な広告宣伝費用は価格に乗っていない】という事実がそこにあります。

つまりMLM製品を【知らない人は当たり前】であり【知る人ぞ知る製品】とも言えるのです。

そしてもう1つ。
【無駄な経費が掛からないと製品原価が上げられるという利点がある。】
…という特徴があります。

どうしても有名CMを打つと製品価格が高騰しやすい傾向があります。
有名なのは化粧品でしょうか?(S●-Uシリーズとか)

ビジネスの観点から言えば当然です。
原価を厳選すれば当然、広告手数料も始めからあるので結果としては【MLM方式】の方が絶対に原価に経費を割ける割合が多いのは当然です。

それ故に品質や使用感は比べ物にならないものが消耗品には群を抜いて多いのが現状です。

現在は各日本メーカーもネット通販を主流としてこの原価に割く割合が大きくなりつつありますがやはり【MLMビジネス】の普及率とコストの向上は流通量に依存している為に製造コストへとモロに反映されるのは仕方の無い現実です。

ちなみに【私(卵P)】は製品には全く興味はありませんでしたが、製品のコンセプトが【コレは確かに流行る】と言う位の情報でしたのでビジネスとして取り組みました。

当時、製造業では当たり前のように危険物に関わる液体や洗浄液、そして可燃物塗料を扱っていましたから有害系のものは大凡日用消耗品に含まれている事と現代の皮膚病やらの原因を知っておりました。

だからこそビジネスになると踏んだ次第です。
実際に【ドレーズテスト】と検索すればスグにネットで公開されています。

○ 検索一覧:ドレーズテスト

【私(卵P)】がビジネスに携わり、その後ブラック就労時代の訪販(住設機器販売)時代に一度だけウサギの養殖?…のような農家に出くわした事があります。

もしかしてと想い農家の方に『この大量の白兎はどうするのですか?』と訊ねたら『ああ…コレね。売るんよ。』とそれ以上は教えてくれませんでした。

ちなみにウサギは基本的に繁殖率が非常に高い動物ですから養殖が簡単だと教えて貰ったのもこの時でした。

余談ですが、その後のコンビナートでの製鉄現場管理業務をピンチヒッターで数ヶ月担当した時に知ったのですが、製銑(せいせん)作業という一番最初に鉄を作る作業で発生するガスは可燃性があり再利用するのです。

そして必須すべきは、その後使い切ったガスには【タール】が含まれています。

それを集めるラインがあり、さらにその先でケミカル工場に集められアスファルトの原料や化粧品の原料になる事は一般的には知られていません。

コンビナートに勤めている人で無いとこのケミカル工場の存在すら知らないのですから。

よく子供が母親の口紅をクレヨン感覚で紙にお絵かきして、怒られる事があるそうですが【私(卵P)】から言わせればクレヨンも口紅も変わらないもので有害なものとして認識しています。(実際に皮膚呼吸レベルからすればかなりしんどいというのが御理解出来ると想います…実際に化粧をしたまま寝てしまい、朝起きたら肌がボロボロになったという人はいるのではないでしょうか?)

現代では次第に原材料に価格が流れている傾向があり、これもCMの形態が変化している結果だと考えられますし、海外では動物実験等の禁止は割と早くからされていました。

そして海外MLM商品がビジネスとは無関係に契約出来る傾向にあるのは日本が通信インフラが普及した結果だと考えられます。

面白い事実で今現在、MLM各社ネットで個人的に愛用者ディストリビューター(登録)が出来る所が増えましたね。

【私(卵P)】としては大笑いです。www
当時、あれだけネット広報リクルートが禁止されていたのですが…これも時代なのでしょう。

まァ…この世に人体に安全なコンセプトで普及するというのは次世代にも有益な事なので各社頑張って頂ければ結構です。特に海外製品(アメリカが割と優れている業界。MLMメッカでもあるし。)は人気ブランドですね。



話がかなり脱線しましたが流通の話に戻りますね。

実際にMLMビジネスというのは【扱う商品】によっても販売促進活動は分類されます。

簡単に言えば大きく3つあります。
@ 耐久商材
A 消耗商材
B 権利商材

…と大きく分けるならこの3通りに分類されます。
順に説明します。


@ 耐久商材
基本的に一度購入したらまず当分の間は【壊れない】【無くならない】という代物です。

特に車・家・不動産等が典型的な事例です。
車に関して言えば解り易いと想います。

原材料は数十万円ですが加工→組立→運送→販売(ディーラー等)を通すとコレが数百万単位に跳ね上がります。

コレがSLM(シングルレベルマーケティング)であり、1度購入したが最後。
そこから事故でもしない限り3年〜10年の間は購入はありません。

家等の物件なら20年以上は購入は無いでしょう。
耐久商材というのは基本的に高額な商材が多いです。
その為に莫大な広告手数料や人件費が乗っていますがコレを不動産としてMLM(ネットワークビジネス)の流通に乗せてしまうと莫大なコミッション(紹介料+グループからのパーセンテージ)が発生します。

ですがリピートが無いので一回こっきりの報酬となるのが欠点です。
よく世間で言う【浄水器】等のMLM(ネットワークマーケティング)がコレを指します。


A 消耗商材
消耗商材と聴けば大半が『その手のね〜』とか『洗剤?』と言われるでしょう。
ですが【私(卵P)】から言わせれば【全くビジネスセンスの無い発言】になります。

何故なら【どんな生活をしていても髪は洗うし、歯は磨く】という事を全く理解していないからです。

経済世界においてこのリピート行為がどれだけ凄まじい経済効果があるかを【一般人(アバター・Aの世界)】は知りません。

それは年齢性別に関係無く、無意識レベルでお金が動いているのです。
そのレベルは家賃とかの権利収入レベルの話ではありません。

家賃や土地に関しては立地条件・使用目的・年数・経過年月に左右されますが、日用消耗品に関しては何時の時代でも変わらない流通量がそこに展開されています。

その証拠に東証1部には名だたる化粧品メーカーや日用品メーカーが重鎮の如く日経平均を支えているからです。

MLMビジネスでは消耗品を扱う最も大きなポイントはココにあります。
それは【リピートによる権利報酬+グループパーセンテージ】です。

伝えられた契約者が四六時中何を使おうが使うまいが無くなればリピートする日用消耗商材。

それを伝えた側から広告料は僅かではあるが収入が発生するのですから【ある種の権利的なもの】になるのです。

コレがバイラル(口コミ)で広がるとなると可能性は無限大(ある程度の仕切り範囲があり、後は安定になる仕組みが殆どの会社のプランベースになっているケースが多い。つまり、ある一定限度を超えると今度は逆に変動がなくなるという安定型に変化する。)に広がります。

この収入の特徴は固定資産税金が掛からないのも魅力です。
それに顧客が気に入って直接メーカーに発注(通信販売)しますからメーカー側も品質には絶対の【何かしらコンセプトが必須となる】のは当然で、その経緯上からも高品質で適正価格になるのはMLM(ネットワークマーケティング)メーカーとしては当たり前なのでしょう。

それ故に【何か商材を売り捌く】というイメージは間違っているのが分かると想います。ちなみに【私(卵P)】はMLMビジネスで商材を小売した事はただの1度もありません。

では何故【販売】というイメージが付いたのかはプランと報酬の形態を覗くと解るとは想いますがココでは割愛します。


B 権利商材
コレは保険外交員の方が詳しいと想います。
保険の職業メリットは何をおいても【時間のリピート】が挙げられます。

先程の消耗品リピートとは異なり【何かが起こらない限りはその権利に支払い続けてくれる】のが特徴です。

昭和前期〜中期の保険外交員と呼ばれる【セールスレディ】の方々の年収は少々の男性経営者では太刀打ちが出来ない程の稼ぎでした。

日本の生保関連の会社はその莫大な資金を一等地にビルを立てて運用したりと非常に幅が広い経営が出来るのは外交員の御蔭と言っても過言ではありません。

ネット動画でマツコ氏の裏話的な【生保レディの伝説ネタ】は事実であり、【私(卵P)】も過去訪販時代にマネージャークラスの女性陣から何人も聴かされたものです。

それ位、保険という業務のリターンは大変な分、大きい業種なのです。
ちなみに外交員はネットワーカーと同じく【個人事業主】に分類されるのは余り知られていません。


…とまァMLMビジネスとしての触りをこの章では綴りました。
【私(卵P)】はビジネスとして多くの人には伝えたのですが商品のバックボーンや情報の質を武器に【あくまで人生を変えるビジネス】として取り組みましたが【他の人(アバター・Aの世界)】にはそこから何が観えるのか?

そこが現在のビジネスに至る大きなヒントと【現実の仕組み】を知る運びとなりましたのは言うまでもありません。

人はビジネスの教育や経済観点の視野を持っていないと【情報が歪んで観える】というのを経験した大きな体験ビジネスでした。

その経験がアフィリエイト投資という分野へ存分に活きたのは言うまでもありません。

まだまだ表面上でしかこの章は触れてはいませんがこの辺りで止めます。
ココではとりあえず【流通の仕組みからなる時代の変化】を感じて頂ければ幸いに想います。

今後はITの進化と更なるビジネスの距離感とが融合を果たし、視野を広げられる人がドンドン増加する傾向が強くなるでしょう。

それ故に価値観の交換という敷居がより一層低くなり、組織や会社に従事する事なく個人レベルで経済活動が出来る時代が来る筈です。

そうなると【『嗚呼…その手のね〜』というフレーズ】=【無知】という事が露呈する傾向になると考えられます。

その為に本来の【学問】という価値が更に高くなり、今までの【就職のための学歴】との格差がそのまま【経済人生(アバター・Aの世界)】の格差にもなりうるやも知れません。

是非ともコレを期に興味のある分野に精通しマネタイズを学んで観るのは如何でしょうか?

何かしら【皆様各人(アバター・Aの世界)】に気付きがありますよう願っております。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------