現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

アフィリエイトとは何なのか?

ココではまずアフィリエイトの仕組みを具体的・多角的に観(み)て観ましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > お金の仕組み > アフィリエイトについて > アフィリエイトとは何なのか?

アフィリエイトとは何なのか?

ココではまずアフィリエイトの仕組みを具体的・多角的に観(み)て観ましょう。


ココではアフィリエイトについて【予備知識】としてどのような仕組みなのかを理解する為に御興味のある方は熟読されて下さい。

特に将来的に経済補助的手段や独立性的手段等を検討されている方には非常に有益な情報ですのでシッカリとした中立的立場にて捉えて下さい。

【私達(アバター・Aの世界)】はどうしても【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】な線引き(観念概念)を以って物事を測るシステムを装備していますので可能な限りフリーな立場にて熟読されて下されば幸いに想います。

なお、2点注意点があります。

1つ目は当ホームページ【現実と人生のカラクリ】にて全ての情報は無料です。
有料にする理由がありません為、御安心されて閲覧されて下さい。

2つ目は常に申しておりますが【あくまで手段の1つ】です。
可能性の1つとして拘る必要性は全くありませんので御注意下さい。


それでは始めます。


【アフィリエイト】って何ですか?
と訊かれると私(卵P)は必ずこの様に答えます。


『広告の御仕事であり資産を創る御仕事です。』と。
                   (´・ω・`)y−~


具体的に言えば【皆様(アバター・Aの世界)】が何かしら友人・知人に『コレイイよ!』と商品を勧め、仮にその方が購入や興味を持った時点で【勧めた貴方】に商品を扱う企業から報酬が貰えるという仕組みです。



ちなみに上の図は【口コミ】という専門用語では【バイラルマーケティング】と言います。

アフィリエイトでは、それを【ネット上】で不特定多数に行う事です。
ネット上で行うと以下の図の様になります。



この様になります。


特徴としては…

@ 24時間365日【自分自身(アバター・Aの世界)】では無く
  媒体(サイトやブログ)が仕事をしてくれる。
A 営業を一切掛けなくて良い。
B 興味のある方しか集まらない。(ニーズの拡大や把握が必要無い。)
C 新規開拓が一切不要になる。
D 資産形成になる。(媒体使用の為です。)
E 維持費が信じられない程、低い。
F 商業圏が無限大。(ネットに繋がっていればOKだから。)

これらの事が挙げられます。
この@〜Fを観ただけで飲食店経営者や自営業者、そして営業に従事される方等は驚き飛び上がります。

何故かと言うと@〜Fを体験され1番御苦労されているからです。
具体的に綴ります。驚かないで下さいねw


@ 24時間365日【自分自身(アバター・Aの世界)】では無く
  媒体(サイトやブログ)が仕事をしてくれる。

特に自営業や営業をされている方は基本的に時間が一般の製造業やパート・アルバイトをされている方々よりも実際には【拘束時間が長い】事が挙げられます。

理由は【クレーム対応】や【購入意欲があるクライアント】の方々に時間を合わせないといけない所に理由があります。
この2つの理由は営業人脈や新規開拓には無くてはならない必須事項だからです。

時には土日を削られ、連休等に仕事が食い込む事なんてザラにある話で体験した方にしかわかりません。
つまり終了時間のルールが在って無い様なものなのです。

そしてもう一つ知って置かなくてはならない事。
不時の出来事で【自分自身(アバター・Aの世界)】がダウンしたらビジネスが止まるリスクが在ると言う事です。

【私達(アバター・Aの世界)】の一般的仕事というのは病気や葬祭等の不幸事が起こる事で仕事が機能しなくなる事が多々あるのです。

ですが@の理由が凄いのは【私達(アバター・Aの世界)】が何処で何をしていようがいまいが一切関係がないのです。
これが如何に凄いか想像するに容易いと想います。




A 営業を一切掛けなくて良い。

私(卵P)は幸いなのか?どうかは不明ですが【比較する経験がある】のでこの恩恵は非常に有難いです。
何故なら自営業者や営業をされた方は最も御苦労されるカテゴリーである【集客】。

この【集客】が非常に奥が深く【私達(アバター・Aの世界)】の世界では【自分(アバター・Aの世界)】【他人(アバター・Aの世界)】の境界線が非常に強固で、それを越える事に非常に困難を極めます。

【世の中(アバター・Aの世界)】の職業で【営業】という業種の収入が比較的高いのもこの為なのです。
平たく言えば【営業が出来る人が少ないしセンスが必要】になるからです。

よくサークルやクラス替えとかで【直ぐに友達になれる人】とか【なかなか友達になれない人】っていますよね?
それが仕事を始めとする【損得勘定】や【利益】が絡むと途端に難易度が高くなります。

特にバックボーン(会社の肩書や社会的地位)が無い状態では【この現実社会(アバター・Aの世界)】でのリアル営業(フェイス to フェイスで)ほぼ無力と言っても良いでしょう。
まして知っている方々よりも知らない方達の方が多いのですからその点でAはとても重要な意味を持ちます。

そして何より【【相手(アバター・Aの世界)】を一切コントロールする必要性が全く無い】と言う事が大きいのです。
本来【私達(アバター・Aの世界)】は自由で在るべきなのでその点に苦しまれている業種に携わる方には非常にこの部分が大きく響き、なお且つ凄いシステムという違いが分かる事でしょう。




B 興味のある方しか集まらない。(ニーズの拡大や把握が必要無い。)

これも自営業者や営業に関わる方が一番御苦労されるジャンルの1つ。
クライアントが望む部分と【私達(アバター・Aの世界)】が提案する部分の双方リンクする所を探し出し、如何にその部分を深堀りしていくかが制約の鍵になる手間があることでしょうか…。

これは安価なものであればハードルは低いのですが耐久商材の代表格である【車】や【家】であれば非常に時間と打ち合わせの期間が即決になりにくい事なのか容易に想像が付くと想われます。

耐久商材を扱う各社メーカーは広告や宣伝に多大な労力を費やし、見込み客を集め、そして市場調査・アンケート・マーケティングを施して後、やっと顧客との面談に漕ぎ付けるのです。

その部分を【検索エンジン】に任せ最初の広告から面談までの手間を一気に省く事がアフィリエイトの優位性という部分で非常に優れている点にあります。




C 新規開拓が一切不要になる。

ルート営業ならで消耗品ならば別ですが基本的に一定の流通販路なら【永久性】というものと【オンリーワン性(他で扱えないという意味)】が無ければ顧客は基本的にメリットの多い方へ流れて行きますので常に新規開拓をして裾の御を拡げる事が必須と成って来ます。

まして耐久商材ならリピートはほぼ短期間では皆無なのでその部分が大変な事になります。
例を挙げれば住宅等は1度販売すると基本的に25年〜35年は先ずその顧客には売れません。

逆に消耗品なら無くなれば購入が可能ですが、顧客もサービス性や価格によって業者を選びますので1つのルートからリピートする保証は無いのです。
まして現代はネット通販の時代なので店舗販売に頼る時代は既に薄くなったと言えるでしょう。

それに自営者や営業職の方々が痛切に手間が掛かるのは基本的に新規開拓です。
これは紛れも無い事実であり途方も無い労力が掛かるのです。
(※格言で【クライアントにとって営業は招かざる客】なのです。)




D 資産形成になる。(媒体使用の為です。)

これも非常にアフィリエイトの典型的特徴ですが2015年現在ではサイト・ブログ運営に関して固定資産税的処置がありません。
しかも運営コストが非常に安価(激安どころではなく)で半年〜1年の運営でアッサリ運営に関わる諸経費が全て賄われる程です。

実際にレンタルサーバー(各社平均)で1年運営すると下から2〜3番目のクラス(データ容量や転送量に余裕を持たせるクラス)でも年間5000円もあれば十分に御釣が来ます。

コツコツ積み上げ年間1万円にでも累計アフィリエイト代に稼げばプラスマイナス5000円の利益になりそれが今後もずっと続くのです。
しかも【継続性】に優れると言う事は今後も構築すれば【積み上げ感覚】で資産を形成出来るのです。

一旦手を休めても【形成したサイトやブログ】は維持さえすれば半永久にネット上で仕事をしてくれるので【資産】と言っても過言ではないと断言出来ます。

これが急がず慌てずキッチリ創り込むとどうなるか?
1年〜3年はジワリジワリと数千円単位で収益が上がってくるのですが5年…10年となるとある意味、アパート収入みたいに毎月収益に跳ね返って来るのです。




E 維持費が信じられない程、低い。

資産を所有する観点から考えればアパート経営やマンション経営などの不動産経営が筆頭格に挙げられます。
ですがアパートを1棟(4世帯ブロック)建てるのに土地や材料費、人件費で都心でなくとも数千万円掛かる所から考えれば如何に初期投資が楽か分かると想います。

そして固定資産税金やメンテナンス費用が如何に掛かるか解ればアフィリエイトの維持が如何に優れているのか伺えると想います。

あとはアフィリエイトで稼いだ分の中での所得税金だけシッカリ払えば一切誰にも知られる事無く、且つ誰に文句を言われる事無く運営出来るのです。

現代は田畑を管理する土地所有者が固定資産税金の維持に頭を悩ませアパート経営されるというパターンがありますが人口が激減している現在で結局維持出来ず土地ごと手放す事例も多く観(み)受けられます。

それは偏に観えない維持費(税金)によるものが殆どなのです。
アフィリエイトは基本的に稼いだ分の所得税金だけなのでその部分のリスク性が一切無いものと御考え下さい。

客観的に観てもこの資産は劣化もメンテナンスも一切必要ありませんし、ただ単にレンタルサーバー代金とバックアップさえ押さえて置く事で永続性を確保出来る点にあります。




F 商業圏が無限大。(ネットに繋がっていればOKだから。)

これも非常に見落しがちな非常に有益な所なのです。
商業圏と言うのは御客を確保出来る地域範囲の事です。

昔は代表的な部分として理容店等が推奨していました。
それは理容店を【開店するのには隣の理容店との距離が何キロ以上でなければならない。】という暗黙のルールです。

昭和初期までは結構この様な他者との利益を円滑に且つ仁義的に厳守されていましたが自由競争になり商業店舗が乱立する様になりました。

特にコンビニエンスストア等が一番競争が熾烈でサービスルールがフランチャイズで定められているのでスーパーの様に見切り品や時間割引が出来ないので【差】というものが一切つけられません。

その為、商業圏内に乱立すると顧客は基本的にどのコンビニも同じ(メーカーが同じなら)なので最寄りの所に通う訳です。

そうなると商業圏内の顧客のパイ(顧客数)は決まっていますのでストア同士での生き残りを掛けた消耗戦になるだけなのです。
経営者は商業圏内の乱立やパイ(顧客数)の確保に頭を悩ませるという図式に囚われる様になるのです。

さらなる商業圏のパイ(顧客数)の確保の為にサービスを考え宅配業も視野に入れなければならなくなり自らのキャパシティ以上のパフォーマンスを迫られるので利益率が更に低下して行く現状になるのです。

その点、ネットのサイト・ブログの運営は基本的にこの【商業圏】と言うものは一切ありません。

何故なら日本はブロードバンド普及率が世界的にも圧倒的に高くネットに繋がっているのであれば全ての人に繋がっている可能性があるからです。

これが何を意味しているのかと言うと1個人がネットに繋がっている全ての人を相手にするのです。
【貴方(アバター・Aの世界)】という個性を磨き上げ注目される事でアクセスが増えるのです。

その距離も壁も一切を飛び越えて繋がるのです。
ライバルが多いと嘆く必要は一切無いのです。

競合性を感じるのであれば先ず【個性を磨く事】に尽きます。
アクセスが少ないと嘆くのであれば【コンテンツの質を上げる事】に尽きます。
それが無限商圏を理解して実践していると言う事を絶対に忘れないで下さい。



さて、次にアフィリエイトの大まかな種類と分類を説明しておきます。
ザックリ行きますので粗方の説明です。

本当はあらゆる組合せが存在しますが基本的な部分を押さえておけば応用は幾らでも利きますので覚えて置いて損は無いです。

それでは始めます。


まず報酬形態を知っておきましょう。

報酬形態とは【どのようなシステムで報酬が支払われるか?】と言う事。
広告やリンクによって形態が違いますので【皆様(アバター・Aの世界)】が紹介方法を知らないと運営方法がかなり変わって来ますので御注意下さい。

@ 成果報酬型
A クリック報酬型
B その他

基本はこの3つです。
順に説明して行きます。



@ 成果報酬型

これは情報商材でも物販商材でも基本的に【紹介】しただけでは収入になりません。
顧客がその商材を購入した時点で広告事業主に金額が上がった時点で【紹介】した方へ【販売紹介料】が入るという仕組みです。

【Aの世界(アバター・Aの世界)】では【バックマージン(紹介手数料)】という方が耳慣れしている事でしょう。

つまり【紹介】や【斡旋】しても【購入】しなければ一銭にもならないといった具合ですが非常に単価が高いのも特徴で検索エンジンやDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と組み合わせる事で非常に成約率を高める事が出来るのです。

【マーケティング】=【要は売り方・手法】と御考え下さい。



A クリック報酬型

初心者にとっては非常にハードルが低くアクセスに基づく統計で【売り込まない営業】と言えば解り易いでしょう。

露骨に営業しないこの【ストレスフリー】が魅力です。
何故なら【広告】という表示のみで興味がある方のみクリックする形が取れるからです。

クリック報酬型の良い所はクリックした時点で報酬が発生する事にあり、クリックしたリンク先で成約されようがされまいが関係が無いという点です。

つまり【売り込む必要が無い】という点が必要無いので【私達(アバター・Aの世界)】がアフィリエイトをする上でアクセスを集める為にヒタスラ自分の持っているサイトやブログの内容(コンテンツ)を充実させ質を高めれば良いだけなので不器用な方には打ってつけです。

特に研究職や製造業の方には効果テキメンで【自分自身(アバター・Aの世界)】に没頭してサイトやブログを創り込む方や【【自分自身(アバター・Aの世界)】の好きな事で稼ぎたい方】には非常に資産形成に向いていると想います。

デメリットとしては単価が@に比べて低い事です。
1クリック平均30円〜40円程度(中には10円クラスもあれば100円クラスもある)なので相当数のアクセスが必要になりますがあくまで苦労は最初の内だけです。

手塩に掛けたサイトやブログは個性を輝かせ魅力が出てくれば次第に永続的な収益を叩き出し資産として【貴方(アバター・Aの世界)】を支え続けるでしょう。



B その他

これは特殊な形のアフィリエイトですからあまり気に掛けないでも良いです。
種類としては表示回数による収益化です。

【何回表示されたら幾ら】というものがありますが非常に単価が低く平均1表示に換算すると0.0001銭の世界のものもありますのでアテにしなくても良いです。

他にはドロップシッピングの様に【無在庫】での販売に属すものもあります。
アフィリエイトとの線引きがある様な無い様な部分ですがサイトショップ運営に特化したものとなります。

あとは【無料オファー】での広告報酬です。
よくある【無料案件を手伝ってくれたら1件に付き数百円】と銘打ってアドレスリストを集めるアフィリエイトがありますがコレに当たります。

但し、期限付きやらリンクした先が再販情報商材が多く折角アクセスした方々に良い思いをされる方々が少ないのであまり御勧めはしません。

リンクに飛んだ先でDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)が待っているのが関の山で結局、販売に結び付かされるので情報商材にゲンナリされている方には非常に御気の毒な結果が待ってる事もありますし、折角【貴方(アバター・Aの世界)】のサイトやブログに来てくれた方々に要らぬ出費(商材による販促)をさせかねません。

特に広告と銘打つのは最初から興味がある方がクリックするものなので納得ずくですが販促系になるとDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)による教育的販促に飲まれて視野が狭くなるので閲覧者の自由を奪う事になりかねません。

基本的に【私達(アバター・Aの世界)】は各人各様の【Aの世界(アバター・Aの世界)】で自由で在るべきです。

ですからその【選択】の自由は最低限度、マナーとして厳守しなくてはなりません。




以上の@〜Bの報酬形態を覚えて置いて下されば然程仕組みの面から観る事に疑問を抱く事が無いと想います。

これらを基本とし各ブロードバンドメディアに絡ませる事で千変万化します。
サイト運営・ブログ運営・SNS関連・ツイッター・ライン・フェイスブック等に絡めると非常に広範囲で運営を行えるようになりますがガイドラインに触れる運営をされると直ぐにスパム扱いされるのも事実です。

つまり【ネチケット(ネット用語で御迷惑を掛けないネットルールの意)】を厳守される事が必須となります。



最後にアフィリエイトに関して基本的手法と特徴を幾つか挙げて終わりにします。
非常に簡素化して伝えておきますので覚えて置いて下さい。

代表的手法としては以下の通り。

@ サイトやブログ運営
A メールマガジン運営
B SNS関連
C 動画関連
D その他

これらを基本として単体もしくは絡めて複合体で運営されるものです。
順に説明して行きます。


@ サイトやブログ運営

読んで字の如く単なる【サイト・ブログ】にてアフィリエイトを行うというもの。
手法も多様性があり基本的にコテコテに創り込んだ個性的で独創的なサイトに広告を載せたり、又はペラサイト(コンテンツ量の薄いサイトの意)にアフィリエイトリンクを乗せたりと幅が広いです。

成果報酬型になると制約しないと意味が無いのでどうしてもセールス文章が必要になりますがクリック報酬型になると自分のサイトとして内容を充実させる傾向になります。

【自分の好きな事をして稼ぎたい】と言う方にはサイト・ブログ運営に【クリック報酬型】のアフィリエイトを組み合わせて自由に個性を出されてコンテンツを徹底すると良いですし、
【成果報酬型】ならばヒタスラ文面を巧みに組み合わせて成約までの流れを創る事に特化すれば良いと想います。



A メールマガジン運営

これはステップメールを使います。
コレを使用する事で段階を創り集めたアドレスリストから見込み客にDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を効果的に仕掛ける事が出来ます。

現在では映像のリンクをメールマガジンに組み合わせる事で長文を映像で臨場感溢れるリズムで仕込まれる方法が主流になっています。



B SNS関連

昔は一時、古参SNSサイト等で試験的に実践されました。
非常に批判を買われた手法ですが効果は絶大で如何にSNSが集客性に優れているのかと証明した結果と成りました。

現在は企業も目を付け広告提携に乗り出していますがアフィリエイターにとっては大変関門値が高く手を出そうものなら1発アカウント停止にも結び付きますので非常に攻め難い牙城なのも事実です。

世間で『かんたんです!(←平仮名で表現するのもマーケティングの手法w)』と情報商材を歌っていますが実は結構スレスレのものが多く基本的にSNSではコミニュケーションの集まりが原則なので中々ビジネス成約に結び付き難いのが現実です。

ある意味、この分野で成功を収める方は手錬れと言っても良いでしょう。
さらに引けが早い(この手のアフィリエイトは一時的なものが多く永続性に乏しい)のも特徴です。



C 動画関連

2015年現在、ユーチューブが筆頭格に挙げられていますが参入率が高くなり非常に安易に稼げるという時代は過ぎた様です。

それもその筈、広告主は基本的に効果的で且つ少ない広告料で最大限のパフォーマンスを期待していますので動画を純粋に観られる方にとっては余りCMには興味がありません。

現在、大手メーカーのスポンサーは規定時間流れるCMを多大な出費を費やしてCMの出稿依頼をしていますので効果はあるのですがその他のリンクユニットでの出稿は単価が低くなるのは当然の結果だと言えます。

下手を打つとサイト・ブログ運営のクリック広告よりも単価が低くなる恐れがあります。
まあ数(アクセス)にモノを言わせる為に魅力ある動画を作れば一切問題が無いのも事実です。



D その他

コレには幾つか【スキマ】を狙った部分が存在します。
誰も考え付かない様な伝達方法を駆使した方法を使用しますが面白いもので誰か1人がその方法を発見し利益を挙げ出すと他の人がマネを仕出し結局、後発組が取り組む頃には情報商材化して宣伝され【手法】を販売されています。

しかも時代は巡る様にブームが去り過ぎた頃にこの手の手法が再度脚光を浴びますがヒタスラこれのローテーションを繰り返すといった具合で永続性が無いのも特徴です。



という具合に@〜Dを単体でするアフィリエイターもいれば各部分を組合せハイブリッド化してアクセスを集めリンク先へ流すという形を取られて運営されているアフィリエイターもいますので概念をある程度理解されると良いと想います。

ココではザックリとアフィリエイトの仕組みを綴りましたがある程度イメージ出来ましたでしょうか?
私(卵P)が特に押さえて置いて欲しいポイントを御伝えしましたが基本的に【私達(アバター・Aの世界)】が一個人でビジネスをスタートするに当たり低コスト且つ低リスクで始められ、そして自分の個性とスタイルでシッカリ魅力ある仕組みを構築出来るのが腰を据えて気長に出来る最大にして唯一無二のものを創られるのです。



そして実際にアフィリエイトは有料で教えられる所もあるようですが基本的に情報は沢山ネット上で浮いています。
【私達(アバター・Aの世界)】はそれを掻き集めてスタートすれば何も無い所からビジネスをスタートさせる事等、造作も無い事なのです。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】では基本的に【無料】を提示する(広告は別です。広告は広告なので。)のも実際には【有料】にする程のものではないからです。

実際にやるかやらないかは【私達(アバター・Aの世界)】の自由なのですから。

この章では以上です。

          (´・ω・`)y−~



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------