現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

正攻法が一番安全!

超初心者向けのアフィリエイトである【グ−グルアドセンス】を運営するに当たって一番大事な事を御伝えします。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > お金の仕組み > アフィリエイトについて > 正攻法が一番安全!

正攻法が一番安全!

超初心者向けのアフィリエイトである【グ−グルアドセンス】を運営するに当たって一番大事な事を御伝えします。


ココではグ−グルアドセンスを運営するに当たり、基本的な運営ルールと【私達(アバター・Aの世界)】が初心者向けのアフィリエイトに正面から挑んで行く上での一番大事な部分を綴って行きますのでシッカリとポイントを押さえて行きましょう。

先ず【広告】という収益化での【ルール】を守らなければなりませんが裏を返せば【ルール厳守】すればシッカリと資産形成を成せる事が出来るとも言えるのです。

その為、先ずはその【ルール】と【禁止事項】を覚えておくと良いでしょう。
今回はグ−グルアドセンス様からの動画を2つ程、引用しその後に私(卵P)から【陥り易い罠】の対処法を御伝えさせて頂きますので御付き合い下さい。

それではグ−グルアドセンス様の動画を2つ御覧下さい。

@ グ−グルアドセンスプログラムポリシー


A 違反例とポリシー対応方法(違反の実例集)



如何でしょうか?
実際に観(み)て観れば何となく解ると想いますが、全ての違反例をよく考えて欲しいのですが一番典型的な【己だけの利益】を追求すると必ず【広告の取り扱い停止を喰らいます。】

事実、【クリック広告】の最大手企業であるグ−グル様の運営ルールが厳しいのは当たり前なのです。
広告出稿側と広告運営側との架け橋を行うのは非常に大変なのです。
実際に過去、クリック広告のシステムを運営しようとした企業が直に撤退した理由の典型的パターンは【徹底した広告主の保護】にあります。

私(卵P)は経験上、新聞広告とアドセンスへ広告を出稿した経験があるのですが実際にやってみると非常に【広告単価】と【回数や範囲】に敏感になります。

テレビのCM等の単価が高いのは非常に効果が高い為でもあるのです。
一昔前はメディア媒体が限られていたのでラジオ・テレビという流れで非常に購買意欲をターゲットに充てられるというシステムだったのですが、現在は更に【効率的】且つ【効果的】に広告が打てる【グ−グルアドセンス】は画期的な広告方法でした。

何故なら【限界を追求し、徹底した効果が上がる広告手法】でも在るからです。
営業やマーケティングに関わる業種の方なら解るのですが、クライアントへ【購買コントロール】をするマーケティング(売り方手法の意)から【購買意志の在る方へのみ情報を提供するというスタイル】クライアント側が【選択権】を与える広告方法なのです。

これは現代のブロードバンドが成せる【検索】を主体とした画期的方法なのです。
現在、テレビ業界の芸能人へのギャランティ(報酬率)が低迷化になっているのは広告媒体の流れが変わって来た為です。
【視聴率】が解り易いのですが1ケタ代に属すゴールデンタイムが一時期問題浮上されて来る様になりました。

企業としては【広告対価に見合わないスポンサーには魅力が無い】と観(み)なされ【対価】を渋られるのは当然なのです。
テレビ業界の番組作りのスタッフ達は常に【視聴率】を上げる至極の努力をするのは当然なのです。

如何でしょう?
時代の流れが徐々に変化している事に御気付きでしょうか?
もう徐々にではあるのですが【検索エンジン】へ時代は流れ【広告媒体】がネットに流れているのです。

そこから考えると【スポンサー】という【広告出稿側】の意図を保護する観点に重点を置く事が如何に大切なのかを考えるのは当たり前なのです。
特にクリック型の最高峰である【グ−グルアドセンス】は非常に優れている運営方法である事が解ると想います。



B 最重要!【スマートプライシング】が在る事を忘れるべからず。

グ−グルアドセンスを運営して行く上で【私達(アバター・Aの世界)】はついつい下心を出しがちになります。

広告の配置を客観的に観(み)れば、そのサイトやブログ主の【感情】が観(み)えて来ます。
その内、自然と【何れ何らかの形でペナルティを喰らうな…】と解る様にもなります。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】では【その様な煩わしさ】を一番嫌います。
理由は全章共通している通り【全ての制限】を限りなくゼロにする意向がありますので【小手先のテクニック】の先にあるのは【破滅】と看做している為です。

少し固いですが【長期運営】する為には最初に【無駄な抵抗】を観念させる為、以下の事を告げておきます。
多分、これで【諦め】が付くと想います。


それは…【スマートプライシング】です。


以下の図を御覧下さい。



上の図の様に2つのサイトがあり、そして同じ広告を表示させると仮定します。
【甲】のサイトには広告を上下に配置。
【乙】のサイトには広告を記事中に配置。
…と仮に設置します。

理由は何となく御解りでしょうか?
【甲】はスタンダードに【広告】を【広告】として扱い…
【乙】は【広告】を【利益追求】として扱っている…

…という【感情】と【思考】が観(み)え隠れしています。
そこで今度は【広告出稿側】から観(み)て観ましょう。

【広告出稿主】の観点から観(み)れば【見込み】客に【情報】を提供したいのが【目的】なのです。
【見込み】というのは言わば【サービスを提供可能な御客様】を指します。
所持している【情報】を【必要としてくれている方々】や【御興味の在る方々】を探しているのに【広告】を強制的に誘導したりする行為は基本的に【見込み】が在るとは言いません。

全くそのつもりが無い方々は当然、クリックをした先の【情報】等、意に介さないのは当然であり【広告出稿主】から観れば【クリック誘導】や【クリックを誤作動】を企むアフィリエイターへ意味無く広告代金を流す行為になります。

グ−グルアドセンスの規約はこの部分に焦点を当てていますので内部ロジックにて【成約率】を把握し【成約率】が低いサイトの広告自体の【広告単価】を下げる処置が取られています。

上の図で説明すれば…同じ広告でもクリック率が大幅に違いが出る様になります。
それは【間違ったクリック】の回数が入るからです。



しかし、【成約率】から観れば当然パーセンテージに対して以下の差が出ます。



この様に【広告出稿主】と【広告運営者(アフィリエイター)】とのフェアな取引を厳格にする為に【広告単価調整処置】が以下の様に取られます。
それが【スマートプライシング】というシステムです。



もう、御解りですね。
結局、下心という小手先での運営が観え隠れした状態での広告掲載になってしまうと最終的には【警告】が促され最終的には【アカウント停止】になってしまう可能性が出て来ます。

そんな事より正々堂々とルールやポリシーを厳守しアクセス向上の為にサイト・ブログのコンテンツ(記事)に関わる全ての【質】・【量】の向上を図る事が一番の近道となる事を兎に角、頭に叩き込んでおきましょう。



C グ−グルアドセンスアフィリエイトは【努力が報われ易い】のが魅力!

昨今【真面目さ】や【実直さ】、そして【積み重ね】に関する事柄が軽視され易い【世の中(アバター・Aの世界)】でもあります。

どうしても【効率的】・【要領良く】・【無駄の無い立ち回り】が出来る生き方に損得勘定的に有利と想われがちですが、私(卵P)は一切その様には想えません。

確かに事実、【多数決】すらも場合によっては【企みの中での暴力】に成り得ってしまう経験も人一倍沢山しました。

ですが、別章【大衆の流れにもがき苦しむ方へ】【人間模様を観察し学ぶ】各章でも多少触れていますが、このビジネスに関して基本的に【アフィリエイト】は【個人活動】でもあり【個人事業主】でもあるのです。

全ての【努力】の恩恵を【自分自身(アバター・Aの世界)】で引き受けられるのです。
特に【グ−グルアドセンスアフィリエイト】に関しては群を抜いてPV(閲覧回数)が全て【自分自身(アバター・Aの世界)】に跳ね返って来ますので【誰にも邪魔されず、且つ努力が報われ易い事業】と言えるでしょう。

大変大袈裟に聴こえるでしょうが事実、会社経営されている方々やMLM事業に参戦された方等はこの意味が痛い位解ると想うのです。

それは【他人による不確定要素が非常に少ない】という点に在ります。
ネット環境やアドセンスのルールさえ遵守し、データの管理・維持さえ押さえておけば【積み上げ式ビジネス】は必ず【努力】に比例しタイムラグ(アフィリエイトは結果に時差がどうしても生じるものです)を通過した時点で【自分自身(アバター・Aの世界)】に勝利の微笑みを与えてくれるのです。

確かに【グ−グルアドセンスアフィリエイト】のネックは【量】と【質】が単純に外せない条件になりますがソレを上回る非常に手堅いビジネスです。
【皆様(アバター・Aの世界)】は取り組む途中経過で常に道半ば【罠】や【躓き】に100%出会う事でしょう。

それらに対して【自分自身(アバター・Aの世界)】【律し】・【立ち(つ)】続ける事が出来るかで【積み上げ式ビジネス】のビルが高く聳える可能性が広がるかを【示唆】しています。

【自分自身(アバター・Aの世界)】の建てたビル(サイト・ブログ)にどれ位の閲覧者が来られるのかは【量】と【質】に寄りますが、そこには【皆様御自身(アバター・Aの世界)】の【情報】という素晴らしい価値が存在する事実を必ず目の当たりにする体験をされる事でしょう。

この章では文言や文章にかなり厳しい表現部分も申しましたが是非とも【努力が報われる世界(ビジネス)】が存在するという事を【皆様(アバター・Aの世界)】に御伝えしたく綴りました。
また、既にトライされている【方々(アバター・Aの世界)】へはエールとして御伝え出来れば何よりも嬉しく想う次第です。

                         敬具。
                         卵P。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------