現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

アドセンス以外の類似方法とノートレンドの強み

今回もアドセンスアフィリエイトに関しての御質問に御答えさせて頂きます。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページお金の仕組みアフィリエイトについてアドセンス以外の類似方法とノートレンドの強み

アドセンス以外の類似方法とノートレンドの強み

今回もアドセンスアフィリエイトに関しての御質問に御答えさせて頂きます。


前回アドセンスの御質問に付き更に別件での御質問が殺到しましたので、この場を御借りして御質問に御答えさせて頂きます。

何かしら【皆様(アバター・Aの世界)】アフィリエイト活動にてヒントとなれば幸いです。



さて、先ずは御質問から…


********************************************

私もつい最近、アフィリエイトに興味を持ちましてワードプレスでのアドセンスアフィリエイトを始めました。

ですがアドセンスの審査に中々通りません。

辛抱強く修正しながら審査結果を待っているのですが、その間に別のサイトも立ち上げてアドセンス以外のアフィリエイトをしたいと考えています。

そこで卵Pさんに質問なのですが広告の張り替えを必要としない方法はありますか?

アドセンスのみたいに自動更新の広告があれば教えて下さい。
成果報酬型のものになると突然、販売打ち切りのメールが頻繁にくるので面倒臭い為です。

何かアイデアがあれば教えて下さい。


ハンドルネーム たぬかわ。

********************************************


以上の御質問に似た類似件数が6件。
そして別件にて次の御質問。


********************************************

いつも、拝見しております。
○○○ ○○と申します。(←本名なので伏せさせて頂きます。)
卵P様のサイトは現実的に見ても非常に実のあるサイトだと日々感心しております。
私も副収入が欲しいと素直に思い行動に移してみたいと考え、アフィリエイトブログを立ち上げました。

そこで質問なのですがネットで調べると卵P様の手法は基本的にトレンドアフィリエイトを一切使用していないようなのですが何かコレといった理由があるのでしょうか?

あえて流行に乗らない方向という印象を受けるのですが…
ネット上ではトレンドアフィリエイトの方が簡単という情報が多く出回っているので御意見を頂きたく質問させて頂きました。

********************************************


以上の御質問に似た類似件数が2件。



今回の御質問を纏めますと…

@ アドセンス以外の自動ローテション広告の方法を知りたい。
A トレンド記事製作に手を出さない理由。

…の2点となります。


それでは具体的に説明して行きます。
少々、長く成るのですが御付き合い下さい。




先ず、@に関してですがアドセンスは基本的に【超!規約に厳しいアフィリエイト】と認識されています。
裏を返せば【ルールさえ厳守すれば非常に成果に繋がり易くサイトやブログメンテナンスが必要最小限になる】という長期運営というメリットがあります。

ですがページが膨大になり何かの拍子に規約違反に掛かる事もあるでしょう。
すると全てのサイトのアドセンスにも影響が出る為にリスク分散によるASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の広告をサイト単位で分けるアフィリエイターさんも事実おられます。

実際に1サイトの収益がある程度見込める様になれば次のサイトを構築する方が結構おられます。
それは殆どのアフィリエイターさん達は自分の構築したサイトなりブログなりを【資産】として扱っている意識によるもので基本的に手塩に掛けて創り上げているのです。

その為、広告表示には特に目的に沿ったものを選んでいるようです。
コレに関しては作業を進めて行く内にネット上のあらゆるサイトやブログを閲覧されると次第に見分けが付く様になります。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】では基本的な部分で【永続的資産】を視野に説明している為、どうしても【急がば回れ】的な方法を推薦しています。
その為に莫大なアクセスを集めた上でのアフィリエイトを推奨しています。

決してアフィリエイトは【儲け話(一時的なもの)】では無く【築き上げるビジネス(積み上げ式で永続性のあるもの)】だと御認識下されば幸いに想います。


さて、直球的に御質問→御回答と行きます。
自動ローテーション広告の系統は基本的にアドセンスだけではありませんが種類が違います。
アドセンスは基本【クリック系課金】のシステムを採用していますので非常に優れたASPと言えますし初心者が広告選びをする、もしくは広告の張り替えが不要という手間の掛からないメリットがアドセンスの魅力です。

その為、サイトやブログの記事中心に構築するという【ルールを順守した上での自分流の世界】を集中して創り込めるというとても良い面があるのです。

その為、営業経験やマーケティング経験の無い大半の方々が頭を悩ませる【売り込み】を一切掛けなくても良い点が最大の魅力です。


(現実世界でもネットの世界でも売り込みに関してはハードルが非常に高い)

ココで別のローテーション広告を2つ御紹介します。

ただ欠点としては【クリック系課金】では無い点にあります。
具体的には【自動ローテーション広告】により、【広告の張り替えは不要】なのですが【成果報酬型】の広告だという事を事前に覚えておいて下さい。

これから御紹介する【自動ローテーション広告】は物販系に属しますのでその旨、宜しく御願い致します。



先ずは…

【アマゾンアソシエイト】による【おまかせリンク】です。
【ウィジェット】と呼ばれる表示のカテゴリーに属します。
サイズも様々に用意されています。
表示をすると以下の様な表示になります。
規定により【広告】の表示をしておきます。

--------------- 広告 ---------------

--------------- 広告 ---------------

アドセンスの様にマッチングシステムを採用しているので非常に便利です。
当然、張り替えの必要がありません。
報酬ルールはクリックした先で購入があれば平均で総流通量(購入金額)の3%〜5%がアフィリエイト収入になります。

但しアイテムの種類によってはパーセンテージにバラつきはあるのですが、そこはアマゾンさんの膨大な商品群の数にカバーされています。
つまり、家電製品から生活必需品…雑誌に本・DVDに至るまであらゆる品揃えがそこには用意されています。

現代では基本的にネットで買い物が定着しているので店頭に行かなくても良いという事を反映している証拠と言えます。

そして必須すべきは【クッキー】という機能です。
初心者には聴きなれないでしょうがクリックしたら【ある権利】が表示しているサイトやブログに与えられます。

それは24時間以内にアマゾンに訪れた方々の御購入した全ての流通金額にアフィリエイトのパーセンテージが与えられます。

例えば【貴方(アバター・Aの世界)】が構築したサイトやブログに訪れた閲覧者の方々が広告表示しているアマゾンのリンクをクリックした上で時間を置いても24時間以内に再度購入したら纏めてアフィリエイトのパーセンテージが発生します。


【貴方(アバター・Aの世界)】が手塩に掛けたサイトやブログに多くのアクセスが集まり、その中でリンクをクリックしてアマゾンで御買物をされたら収入が発生するという図式が出来ますね。

物販で嬉しいメリットとしては客単価を選ぶ必要が無い事が挙げられます。
人によっては【本やDVD】を1つ御購入される方や…中には【大型家電】を御購入される方も事実居られます。

そのトータルを考えれば物販も中々捨て難いものなのです。



あともう一つの【ローテーション広告】は有名所の【楽天アフィリエイト】です。

正式名称は【楽天モーションウィジェット】という、コレも張り替え不要なローテーション広告に属します。
サイズも様々に御用意されています。

表示をすると以下の様な表示になります。
規定により【広告】の表示をしておきます。

--------------- 広告 ---------------

--------------- 広告 ---------------

アマゾンと楽天も同じ様に観えますが条件が若干異なります。
それは【アフィリエイト報酬が総流通購入金額の1%】と規定されている点です。

つまり一定期間中に100万円の総流通金額があったとしてもアフィリエイト報酬は1万円という点にあります。

アマゾンよりは相当低いですが、それを【補うメリット】も存在します。
それは【クッキー】の期間がアマゾンよりは長い点にあります。

なんと【30日間】のシステムを採用しています。
例えば閲覧者が【貴方(アバター・Aの世界)】の構築したサイトやブログの楽天リンクをクリックした場合、その時点で【アフィリエイトの権利を獲得】する形になります。

その後、御客様が再度【楽天サイト】で買い物を30日間の間でされると全て【貴方(アバター・Aの世界)】の報酬に繋がる結果と成ります。

但し、他のサイトやブログでの【楽天リンク】をクリックした時点で権利は【リンクをクリックしたサイト】に書き換えられるので【貴方(アバター・Aの世界)】の【クッキー】は消されてしまうという点は覚えておきましょう。

あと1点注意事項があります。
楽天アフィリエイトでは基本的に報酬形態がポイントで支払われます。
楽天カードを作ると3000ポイント以上は現金化が可能になりますので楽天アフィリエイトでの運営をされるのであれば作っておくと良いでしょう。
(※楽天カードの作り方はコチラです。→ 楽天カード


アマゾンも楽天も【パーセンテージ】や【クッキー】期間において一長一短ですが非常に魅力のあるシステムだと想います。

それは当ホームページ【現実と人生のカラクリ】で推奨する方式で【売り込みを一切する必要性が無い】という点に尽きる事です。

後は【皆様(アバター・Aの世界)】が取り組む上でどれだけ【質】と【量】を追求出来るかがポイントになります。

------------------------------------------------------------------
※ 2017年06月04日追記。
今現在の検索エンジンアップデート事情によるものと併せ、ヴィジット系バナーの精度が余り正確でない為にグーグルインデックスからブロックされ易くなっています。

アフィリエイトは確かに可能と言えば可能ですが効率的に見ると検索エンジンからの流入を目指す方法を主体としてはオススメ出来ません。

物販サイトならコンテンツ内に導線からの紹介を目指した方が無難と思われます。
それと雑記からのブログ系アフィリエイトならば、やはりアドセンスが王道と思われます。

------------------------------------------------------------------

それでは次の御質問に関して。

Aですが一言で言えば【長期的】なものに成り難いからです。
この意味する所は【流行(はやり)】は【廃れ(すたれ)】がセットに成っているからです。


(廃れてしまうと資産としての価値が全く無くなってしまう現象が起きる)

これは経験上の事なので生々しく聴こえるでしょうが、事実私(卵P)も以前(グ−グルアップデート系以前)にトレンドアフィリエイトに取り組んでいた時期がありました。

目先に惑わされキーワード選択に躍起になり、SEOを徹底的に拘り、サテライトをヒタスラリンクしたサイトは確かに成果はありました。

しかし、アップデートが来る前には既に【廃れて】しまったのです。
基本的には【飽きられてしまった】と言えば御解りでしょう。
内容も薄く、ヒタスラ【己の利】だけを追求した愚かな結果です。

その為、その後のアップデートで検索エンジンインデックスにすら表示されなくなれば存在すら無いも同然です。

それもその筈。

グ−グルを始めとする検索エンジンの方針は基本的に【価値ある情報を提供する】事に尽きるからです。

つまり【己の利】よりも【他の利】を最優先にした上で【その貢献度により最終的に己の利】に繋がるという基本原理に則っているからに過ぎません。

今現在の筋金入りのアフィリエイターの方達は基本的にこの部分を大事にされています。
そして作業をやって行く内に解るのですが【情報】というものには【価値】と【質】とが同居しているのだと気付く様になります。

芸能人がブログで多くのアクセスを集めるのには基本的にバックステータスがあります。
そのバックステータスは【知名度】と【人気】です。

【私達(アバター・Aの世界)】一般人にはソレ自体がありません。
ですからサイトやブログの【デザイン】や【見た目の派手さ】には必ず【永続性】とは全く無関係で【飽き】が必ず訪れます。

特に時事ネタやニュースは基本的に【その時の旬】をフォーカスしているので時間と共に必ず【廃れて】しまうのを覚えておかねばなりません。
日本の諺でも【人の噂も四十九日】と言う位ですから…(つдT)

そして【キーワード】を選び出すと非常に文章面で制限を受けます。
例えば人気のキーワードを選定し必死に記事にしても当然他の人達も狙って来ている事実に必ず気付く事でしょう。

非常に競合が多いのです。

人気キーワードに関しては検索エンジンにインデックスされるのは基本的ルール(一概に言えませんが…)として【新しい】という【更新履歴】と【サイトの強さ】という訪問率というアクセス数にも関係される為に殆どが圏外に最初の内は弾き出される結果と成ります。

それに対抗するには結局、遠回りなので王道的手法なのですが【オリジナル】しかありません。
【自分自身(アバター・Aの世界)】の価値をシッカリとサイトやブログに込めるしか無いのです。

そうする事で【価値】が生まれ【何時の時代でも末長く愛される情報】として取り扱って頂ける事となるのです。
それが【価値ある情報】に変化し、検索エンジンの意向に沿う事になるのです。

言い換えるならば【老若男女問わず、いつの時代も読み続けられる情報】である事が大切なのです。


(良質な情報というのは基本的に性別や年齢、そして時代をも越える)

コレに関して現実レベルで御参考になる御話をします。


とある方面の関係者の中で長年アパレル業界に属したキャリアウーマンの方から教えて貰った御話です。

昭和中期にある生地から成る製品が爆発的にヒットしたそうです。
その中の1つの製品である【デニム】という素材が大きな流通を占めていた時期があったそうです。

参考資料 ウィキペディア 【デニム】

当時、九州方面や四国方面の集団就職者がアパレル業界へと流れ込み【金の卵】と言われる高度成長期時代の事です。
大量生産で流行にも乗り、非常に売れに売れた素材です。

その後、流行も廃れ多少産業も縮小しましたが今現在も非常に安定的な需要があり製品自体の存在は消える事がありません。

その女性が言うには以下の素晴らしい性質があるのだと教えて頂きました。


特徴としては…

頑丈である事。
安価である事。
風合いが良い事。
そして購入後のメンテナンスが掛からない事。

という4点が優れていると言われました。


更に詳しく訊くとこれらは基本的に産業的側面・流通的側面・ビジネス的側面においても大変優れているとの事です。

【頑丈さ】は基本的にそのアイテムの使用方面を選ばないという事です。
男女を問わず世間一般に私服という【普段性】、そして使用方面を選ばない【汎用性】に富み、デニム特有の色落ちすらファッション性が大衆に受け入られている点にあります。


(年齢・性別・使用方面を選ばない汎用性の高い素材が魅力。)

【安価】というのは基本的に製造工程から販売に至るまでという意味で基本的に太い糸を使用し製造します。
【布(ぬの)】の製造に至っては繊細な細い糸を使用するより、頑丈且つ太い糸の方が早く簡単に生産出来るという特徴があります。

逆に細くデリケートな糸は切れ易く同じ面積でも糸の密度が高くなる為に非常に手間と時間が掛かる事と成ります。

そして【風合い】というのは余り聴き慣れないとは想いますが、それには多くの基準があり一般的には肌触りをよく指します。
(詳しくはウィキペディア → 【風合い】を検索)

デニム系は人体に非常に優しい素材が大半で余程の事が無い限りアレルギー反応が出難い素材と一般的に言われています。


最後に購入後のメンテナンスが掛からない事とは、一例を出すと【デニム】の代表格【シーンズ】が挙げられます。

洗い晒しで乾すと独特の着心地の良さを発揮します。
人にもよりますが基本、柔軟剤や漂白剤を必要とせずアイロンすら不必要です。
世の主婦の方々からすれば非常に洗濯し易いという結果に繋がりました。

長持ちし長期的に愛用出来る…そして時代を選ばない。
この4点に大変優れているとの事です。

ちなみに上記の【デニム】とは逆にバブル時代にある生地が流行った事も教えて貰いました。
その生地はシルク並みの細さとデリケートさを兼ね備え、肌触りが大変に良く一時爆発的ヒットを生んだ生地だそうです。

ですが直に大衆から廃れて行ったそうです。

その理由は【頻繁に使えない】という決定的な理由だそうです。
デリケートな生地の為に痛み易く・色合いが落ち易く・自宅での洗濯が困難との理由で殆どがクリーニングに出された生地だそうです。

つまり【着る度に維持費がかかる生地】なのだそうです。

製造部門においては基本【需要=生産数】に依存する為に在庫が捌けなくては利益になりません。
ですから大量生産の世界では消費者のニーズを最優先する事が非常に大切なのです。

その大衆のニーズが汎用性に特化した4点と言う事を教えて貰いました。


この事から【私達(アバター・Aの世界)】アフィリエイトにトライする意味で以下の事をシッカリと認識しておかなければならない事実があります。

それは…

【ベストセラー】ではなく【ロングセラー】を採用しなければならないという事実です。


(資産的価値を目指すなら【ロングセラーに勝るもの無し】という事実)

世に言う【ベストセラー】は一時のものですが、中には【ロングセラー】があるものです。
トータルで観(み)ると一目瞭然だと認識するに容易いと想われます。

コレは優劣では無く、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】での【アフィリエイト】という【資産的位置付け】で観(み)ると答えは【ロングセラー】を目指す方向となるのは仕方の無い答えとなるので御容赦下さい。

とはいえ基本的に【アフィリエイト】は自由度が高いというビジネスモデルなので【皆様(アバター・Aの世界)】がトライする方法や手法に強制力は全くありません。

【皆様(アバター・Aの世界)】がどの観点で取り組まれるかは私(卵P)には強制する権利は始めから無いのですから目的に合った取り組み方を御薦めします。


以上の2点が今回の御質問の回答と成りますが中には言葉足らずで御気に障る部分も多々あったでしょうが平に御容赦の程、何卒宜しく御願い致します。


                        敬具。

                        卵P。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------