現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

投資について先に知るべき事。

投資の実践前に知るべき事を伝えます。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > お金の仕組み > 投資について > 投資について先に知るべき事。

投資について先に知るべき事。

投資の実践前に知るべき事を伝えます。


今回は【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】での投資という世界について綴らせて頂こうかと想います。

【大半の方々(アバター・Aの世界)】が基本的に陥り易い罠みたいなものが在りそうなのでとりあえず通達しておきます。

実践前だとは想いますので出来れば興味段階での範囲で構いません。
先ずは知識レベル段階で以下の事を必ず覚えて置いて下さい。

中には既に実践されている人もいらっしゃる事でしょう。
その場合は参考程度に読まれて頂ければ幸いに想います。


投資を志す【私達(アバター・Aの世界)】にとって【目的】は1点に尽きると御察しします。

それは…


資産を築く為の利益追求。


…コレに尽きるでしょう。
当然ですね。
その為にする行為でありビジネスなのですから。

その他、人によっては若干付随する名目はあるでしょうがココでいう投資とは単に【トレード】のみを指しますので誤解無き事を願います。

それ故にもっとも陥り易い部分を知識レベルで知っておいて下さい。
実践になるとその【知識】が【認識】レベルへと知覚出来るようになる筈です。

そもそも【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】において【お金】とは労働収入という【世の中の大半の方(アバター・Aの世界)】が【労働】を提供し【お金】というものを交換して得た人が多いのではないでしょうか?

中には【労働対価】以外の手段で獲得された人も居るでしょう。
しかしながら【投資】という世界で精神に傷を負う人の大半が【寿命(労働時間)】と引き換えに獲得したものを【投資】するのは非常に恐怖を覚える理由がココにあります。


(お金というものに【感情】が付与されている以上、この苦しみを溶くのは単純ではないし、このカラクリを実践レベルで認知するまでは必ず付いて回る苦しみです。)

ですが【現実世界(アバター・Aの世界)】で【ビジネスを起す】という部分においても何かしらの【準備】や【構築】を必要とする世界がありますが【投資】というジャンルにおいてはビジネスにおける【準備】や【構築】というものが皆無な点と【一個人(アバター・Aの世界)】で資産を複利構築出来るという点においてはビジネス世界でも極端に突出しているカテゴリーです。

それ故にレバレッジという【テコ(梃子)】を数字上で化けさせる不思議な経済世界でもあります。

その反面、リスクというピーキーな側面も表裏一体となっております。
ほんの僅かな時間を待たずして軍資金を泡の様に帰してしまうのも【投資】という世界の残酷さ。

コレがあるから【私達(アバター・Aの世界)】は始めから安全な橋を渡ろうとしがちになる極端な例として『儲かる手法を教えてくれ』という人は後を絶ちません。


(実はこの手の誤認識が最も破滅を呼びます。それはリスクを【知性】ではなく【感情】で判断し、全ての判断基準が無意識に改竄されて錯覚の中でトレードしている証拠です。)


そもそも【私達(アバター・Aの世界)】は生まれた時点において初期設定段階で【想う様にはならない現実世界(アバター・Aの世界)】】に存在しています。

この点に気付かなければ何を学んでも【矛盾】で身を滅ぼしますし、精神上の観点でも【私達(アバター・Aの世界)】は非常に脆い存在です。

まして現代教育上、【正解こそが真実】と誤認識し過ぎている為に些細な失敗で【人生(アバター・Aの世界)】が絶たれてしまったかの様な錯覚に堕ち入り易いのも【投資】の世界の特長とも言えます。

ですがそもそも【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】では生きる事でさえ【リスク】が付き物なのに、ソレ【投資】となると判別不能な【運】や【過去のデータ】を過大評価して利用する事がありますが、基本的に何ら根拠は一切無いという事が科学的にも証明されているのも事実。

コレに関しても現段階では知識レベルですので実践を通じて【自分自身(アバター・Aの世界)】の体験と経験を積み重ねた中で獲得して下さい。

ソコには【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】というものが一切存在しないリアルな数字オンリーで情報だけの流れが渦巻いています。

【私達(アバター・Aの世界)】はその流れに何らかの【ルール】や【意味を付けだがる】習性があります。


【私達各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】においてあらゆるデータは無意識レベルで関係性を繋げられインデックス化されます。トレードにおいてはコレが顕著に現れて来る事を認識するでしょう。)


コレは別章カテゴリー【価値の仕組み】【意識と心の仕組み】でも多く書いていますが【私達(アバター・Aの世界)】は【記憶の関係性】や【記憶の改竄(かいざん)】を無意識レベルで執り行って【矛盾】の起きない状態を規則正しく保存する機能が備わっていいます。

当サイト【現実と人生のカラクリ】ではこの【仕組みの存在】を提示していますが【私達各人(アバター・Aの世界)】は人生における【こだわり】を後生大事に持っていないと【恐怖】や【自己保存を脅かす】ジレンマを極端に嫌う傾向が強くなります。

その傾向の根底を観る人は圧倒的に少なく、【大半の人達(アバター・Aの世界)】は気付かない場合が殆どです。

実は【投資】に限らず、この点に着目され…実践を通して【※験解】されて行く過程においては単に【システム上の構造のみである。】という事が解るようになりますと【人生を完全に掌握する】事に繋がります。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

そうなると完全に【現実世界(アバター・Aの世界)】という【人生(アバター・Aの世界)】をプレイヤーとして縦横無尽に楽しみ尽くす事が可能となります。

ですから【投資】というものを【感情】で執り行う事を先ずは放棄されて下さい。

実際には『解っている』というレベルがスグに解る筈です。
ソコには【痛み】という幻想を錯覚するシステムを【自分自身(アバター・Aの世界)】で治める事が実は【投資】の近道となります。

そしてもう1つ。
実践で解って来るでしょう事実。
それは【コントロール欲求】の存在を【自分自身(アバター・Aの世界)】で治める事です。

【私達(アバター・Aの世界)】は必ず本能的にも生理的にも【安心欲求】という本能があります。

コレは別章【5つの本能】という部分でも触れていますが【辻褄】が合わないとか【矛盾】に対する誤認が多く存在します。

この部分をガッチリ掴んでおかないと精神衛生上…何らかの弊害を受けるでしょう。

投資】や【ビジネス】に関わらず【現実世界(アバター・Aの世界)】における全ての憤りは【コントロール出来る】という誤認にあります。

それが成されると本能的に【安心を獲得出来る】からなのです。
ですが実際には単に【現実世界(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】の反映された景色でしかなく、それを【コントロールするというのは無意味】でしかないという側面があります。

知識レベルではシックリ来ないでしょうが実践レベルとなると【験解】するに連れて解る様になって行く事でしょう。

それは【運用】という形で初めて解る世界なのです。
【運用】とは基本的構造上【コントロール】のシステムを持ち合わせていません。

(運用とは全ての現象バランスを活用する意味であり、細部までの意図するものではないと言う事。つまり総括での大局観が必須スキルとなります。)


コレは【釣り】・【狩猟】・【漁】そして【農耕】にも通じます。
色んな要因を含めての現象を総合して【確率を上げる】というニュアンスが最も近いでしょう。

上記の例えで言うならば【潮の流れ】や【生き物の習性】そして【天候や気象】は【コントロール不可能】です。

ですが【システム】である以上は必ず出目があるのです。
ソレが解っていないと【自宅付近のドブ川で鯛を釣る行為】をあたかも正しい行為と誤認し、釣れないと逆上して相場相手に逆ギレをするという結果となります。

コレが知識レベルで認識すべき段階なので頭の隅に留めて置かれて下さい。
実践レベルになると誤認が【痛み】として認識する様になりますが、その際には【感情】で判別しない事を願っております。

この章ではココまでです。
何かしら投資でも人生においてもヒントになれば幸いです。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------