現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

私がアフィリエイトや起業、そして投資を薦める理由

【私(卵P)】がアフィリエイトを始めとする起業や投資を薦める理由を綴ります。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > お金の仕組み > 私がアフィリエイトや起業、そして投資を薦める理由

私がアフィリエイトや起業、そして投資を薦める理由

【私(卵P)】がアフィリエイトを始めとする起業や投資を薦める理由を綴ります。


今回は【私(卵P)】が私的な経験上から【現実世界(アバター・Aの世界)】及び【仕組み上の実相世界(純粋意識・Bの世界)】とを織り交ぜて綴ってみます。

多少の矛盾【皆様各人(アバター・Aの世界)】には抱く事でしょう。
その為、その他の鍵となる記事【矛盾】【自分と他人の世界は…】を始めとする各記事及び【現実の仕組み】【意識の仕組み】【お金の仕組み】等のカテゴリーも併せて熟読下さい。

そして一番肝になる部分ですが、ただ単に知識欲の部分で楽しむ感覚で読まれるのは一向に結構なのですが実際の変化を【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で反映させるには【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】の【プログラム(以下PRGと表記)】内を十分に把握し【※験解】を積んで変化させる必要性が発生します。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

そうしなければ必ずジレンマを体験し、十中八九【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で迷いに迷い結局は執着を強化させ【体験真っ只中の現実世界(アバター・Aの世界)】アンカーを打ち込んでしまい頭だけの幻想として再体験してしまう事でしょう。

【私達(アバター・Aの世界)】は自分の構築した【皆様各人(アバター・Aの世界)】の世界での体験者であり【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】とのコラボレーションにより、【オリジナルの現実世界(アバター・Aの世界)】を体験しています。

それを意識レベルで解っていても完全に担い手を【PRG】から【自分自身(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】に帰さなければ詰まる所、ヒタスラに鏡に映った【自分自身(アバター・Aの世界)】に文句や苦言を言っているに過ぎません。

それどころか没頭度が深まり本当の意味で自由を放棄してしまいます。
実際にはそれすらも【自分自身(アバター・Aの世界)】の選択肢でもあり【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】からの自由選択の賜物なのですけどね。

前置きが長くなりましたが再度伝えます。
今回は【私(卵P)】の意を少しテイストした文面・文言・文章の色が出ますので参考程度に読まれて頂きますよう何卒宜しく御願いします。


それでは始めます。


【私(卵P)】が幼少より環境や経済状況が極貧的な部分において、早い段階から経済世界の厳しさというハードルを知覚しておりました。

その為、経済世界でのルールを知ってか知らずかは今となっては済んだ話ですが…当時は【その攻略法や方法論があれば知りたい】と常々感じておりました。

それ故に中学〜高校時代には肉体労働を主体として景気に任せあらゆる肉体労働業種で荒稼ぎをしていましたが、その過程で沢山の業種に関わる人達との意識差と経済観念や概念、更にはビジネス意識による収入の差を知る程度に至ります。


(収入の差はビジネスシステムの差とは言われるが実際にはその人の意識の差によって収入が変化して来る。選ぶシステムや数字の差は人の内部のPRGにより選別され選択されるからに他ならない。)

就職した途端に独立も視野に入れながら出世との天秤を測りつつ、ダブルワークでの飲食店経営を視野に行動するも人生とのバランスが問題に上がり計画を頓挫…次第に【ビジネスとは何ぞや?】をテーマに出世街道を歩む事になるのです。

丁度ビジネスを意識し、人生は時間という【寿命】の有限性を視野に入れ始めると業種が様々な角度から観えるようになりました。

ココでダブルワークでの飲食店裏事情を眺める経験が生きたのか当時、大ヒットした書籍【金持ち父さん貧乏父さん】【金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント】の2冊を読めば読むほど納得したのを今に覚えています。

最初の前者の書籍は発売当初に購入していたのですが【私(卵P)】が飲食店経営の裏事情を知ると同時期でしたか?…丁度方針転換する時に読んだものタイミングも手伝って読んでいる内に腹が立ってしまい破って棄てしまった事がありました。

冷静になると【腹が立ったのは図星を突かれた証拠】なのは【私(卵P)】自身もよく解っていたので結局、敗北感を抱きながら再度購入し熟読したのを覚えています。

その後、後者の書籍を更に熟読し稼ぐカテゴリーというのは4つの世界があると気付く様になりました。

そんな事を考え日々、怒りやストレス、そして【自分自身(アバター・Aの世界)】への今後の計画が立てられないイライラを会社業務にぶつけていました。

幸か不幸かは不明ですが実績と結果を出してしまい出世コースと共に収入が同期ではトップを張る様になって行き、残業もピーク時に200h/月を越えるようになって更に給料が跳ね上がっていった頃…マイナースポーツの関係者からMLMの話が迷い込んで来ました。

実の所…【私(卵P)】はMLMの存在を未成年時代(成人直前)に一度トライし掛けた事があります。

当時、営業という世界の実務経験や他人とのコンタクトを始めとするスキルや就労概念とビジネス感覚が全く育っておらず【権利的収入】という仕組み自体を理解はしているものの【自分自身(アバター・Aの世界)】の置かれた人間関係もたかが知れているのは一番分かっていましたので諦めました。

ですがある程度の年齢になり周囲や人間関係も当時の比ではなくなっており、MLMの可能性と価値が提供する需要にマッチしているのも理解出来ました。

問題は一点集中の部分において残業200h/月を差し置いてもダブルワークの辛さや空しさを骨の髄まで知っていたので3日間悩みましたが辞表を提出してからMLMに没頭したのです。

当時の会社の状況も残業手当をカットされ【私(卵P)】が人事査定の一部を付けていたので退職者年齢の引き下げで55歳の人達から切っていた為に多くの恨み辛みを買いました。

ココで会社組織での価値感や労働力観点からの人材扱いや仕組みを目の当たりにして退職の後押しとなり、オマケを付けるなら退職エピソードで別記事に綴りますが直属の上司との乱闘騒ぎで仲裁に入って頂いた部門長からの本音を訊いて仕組みを知る大切さを学んだ次第です。

会社では労働組合という組織内での視野と、組織外の視野とは一線を違えている事に初めて触れ、上記の書籍の真の意味で体験を通し【験解】する事になります。

そしてMLMビジネスをスタートさせ背水の陣で望む【自分自身(アバター・Aの世界)】の経済構築に足を進め早急に組織を構築する運びになります。

ですがある組織図を構築すると不思議な事が起こりました。


それはビジネス本来の目的や視点…方向性を違えて別の事をビジネスに取り入れなくてはならなくなった事です。

それはMLMビジネス特有でもあり、【現実世界(アバター・Aの世界)】の経済世界で人間を扱うという事実において避けては通れない縮図を体験します。

簡素に訊き慣れた言葉で言えば【雇う側と雇われる側の意識の差】と言えば伝わるでしょうか?

人は成果や競争においてあらゆるグループ形成を伴います。
コレはビジネス面において全ての経済世界の根底を示唆するもので【自分自身(アバター・Aの世界)】が映し出す全ての分野で一切の例外無く人間の不可思議さをビジネスは複雑に組み始めます。

サービスやビジネスの分野では【価値と価値の交換】を始めとする【売り手又はサービスの提供する側】と【買い手又はサービスを受ける側】とのシンプルな構造ですが、その組織を仕組みで組み上げる時に人間を組み込むと始めの小規模な時には問題は簡単に解き解す事が叶いますが、組織が大きくなるとムーブメントという渦が大きくなると少々のテコ入れでは全く歯止めが利かなくなります。


(起業してもその組織や仕組みの中に人間を入れてしまうと規模に比例して方向転換が容易に出来なくなるばかりが意思疎通にかなりの労力を割く様になり、ビジネス以上に余剰な作業や業務…最悪の場合、ビジネスとは無関係な業務が増えてしまう。)

【現実世界(アバター・Aの世界)】では政治・経済・組織・団体という人間がある一定の団塊になりムーブメントが起きる事を【私達(アバター・Aの世界)】は頻繁に目にします。

こうなると全ての感情や情報に関して執着心というアンカーが抜けてしまうまでその渦は消える事はありません。

一個人ならまだしも大勢の人の管理はトップダウンでもかなり労力と時間が掛かります。
ましてMLMは全ての参加されている【皆様各人(アバター・Aの世界)】は自己責任&自由意志の下、及び個人事業主でもありますが…実際には本気モードでの完全自己責任を【験解】している人はまずいません。

もしも居られたらその方はハイタイトルホルダーを獲得しているか【自分自身(アバター・Aの世界)】でビジネスを所有しています。

【私(卵P)】はこの時点で当時、その実力不足が初期タイトル獲得後に自己確認してしまい周囲を見渡すとビジネススタートした当初とは掛け離れた方向にビジネスが向いていた【現実世界(アバター・Aの世界)】を突きつけられ挫折したのです。

今なら良く解るのですが当時は【現実の仕組み】【人生の仕組み】頭で理解している程度でしかありませんでした。

その為に腹が拒絶反応して【現実世界(アバター・Aの世界)】の現状を観た時に納得が出来ず本当に身体に異常が出てしまう事になりました。

その後、挫折から半年ほど自宅に引き篭もる事になります。
その期間、あらゆるビジネス書籍や経済書籍を始めとする学問を熟読していた事を今に想い出します。

その時にアフィリエイトに出会い暫くの期間は悶々としていました。
半年後、派遣や夜間の業務〜ブラック就労に勤しむ事にはなりますがアフィリエイトを始めると次第にビジネスの質がトライ&エラーの連続で本来の仕組み上での自己責任真価を【験解】するようになります。

その間はヒタスラ大量の作業を完全に浮世を絶って行っていました。
そして就労⇔アフィリエイトの往復の日々を送っていましたが不思議な事にビジネスをやればやるほどすればするほど不安とは縁遠くなって行く感覚でした。


(アフィリエイトは孤独な作業の連続だが、それも一時的なもので一旦作業が構築してしまえば(←ココまでが膨大な作業量で大変だがw)全て自分の管理下で運用が可能な上に24時間365日体制で自分の代わりにサービスを提供し続けてくれる。)


アフィリエイトがビジネスの基本原理において大変優れている点は上記でも記載しているシンプルな構造【売り手又はサービスの提供する側】と【買い手又はサービスを受ける側】の一番基本を最初から最後まで貫徹し徹底する事が叶うからです。

この原理を積み重ねる内に今まで熟読してきたビジネス書籍や経済書籍で学んだ意味がリンクするようになり【現実世界(アバター・Aの世界)】での経済事情でオートメーション化移行や集客を始めとするマーケティングの奥深さを肌身で感じる様になりました。

【現実世界(アバター・Aの世界)】の経済世界において【売り手又はサービスの提供する側】と【買い手又はサービスを受ける側】とは企画する起業者の意向が100%の純粋無垢な状態で一方通行であればあるほど抵抗が少ないものです。

そこに余計な付加価値たる人間の想いが入り出すと方向修正を余儀無くされてしまい起業者及び経営者は翻弄されムーブメントという労働組合やストライキが起こると企業の存在価値や利益の確保が危うくなるのだと【験解】するようになりました。

現代の経済世界で自動化やオートメーションというロボット分野を経営者や起業者達が注目するのは上記の理由から【売り手又はサービスの提供する側】と【買い手又はサービスを受ける側】への摩擦を極限に減らす手段とも捉えられるでしょう。

それだけ人為が間に噛むとビジネスが歪んでしまうという側面が滲み出ています。

世間では【人間はロボットとは違う】と意見が溢れていますが、冷静に観れば全くもってその通りに過ぎず機械化やオートメーションはビジネスにおいて不純物を除去する効果があるのです。


(機械化及びオートメーション化は自分の構築したビジネスをスペック内の能力をフルに使って遂行する。故に指示通りの事以外の余分な事も不要な事も一切しないからビジネスが濁らず澱まないのが魅力。もちろん人件費もストもデモも無い。)

そしてその事実を知ると同時に過去…【私(卵P)】は始めに就職した会社を退職する時に部門長と話した会話に関して腹の底から意味が解ったのでした。
その意味を腹の底で【験解】するのに10年以上も掛かるとは当時全く想像も及びませんでした…恥ずかしい限りです。

アフィリエイトで徐々に地味ながら成果を出せるようになり確定申告が必要になった頃でしょうか?…当時、ブラック就労から離脱し派遣就労として徐々に人生を回復しつつある時に今までの経験を全て生かそうと考えてビジネスを複数本の形に移行したく投資分野に再度首を突っ込む事にしました。

実はMLMから挫折して半年間、僅かな資金ですが証券口座を開設して投資運用をしていました。

当時は時間がかなりありましたのでザラ場をフルに張り付いてデイトレーディングをしていましたが非常にキツイものだと身を持って体験しましたし、多くの情報と【自分自身(アバター・Aの世界)】感情に翻弄されてしまい投資資金を溶かした教訓もありました。

同時に【現実世界(アバター・Aの世界)】との付き合い方も考えて悶々とした時期でもありましたのでそれを教訓にアフィリエイトの自己責任観点を起点として【自分自身(アバター・Aの世界)】の経済変化を観てみたい一心でもありました。

計画としては上記にも触れた【金持ち父さん貧乏父さん】【金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント】とを実践移行する為と先ほどの半年間での運用で僅かでもありましたが投資資金を溶かしてしまった教訓を活かした手段を取る為にアフィリエイトで得た余剰金及び、生活資金とを区分けして注ぎ込んだ次第です。

その間はアフィリエイト投資【自分自身(アバター・Aの世界)】の分身(←感覚としてはダブルワークではない状態になっていました。つまり仕組みとお金に働いてもらう感覚です。)に利益を運用させ、【私(卵P)】はリアル就労をして生活費を生産する形を取りました。

コレならば元々、空気からお金や資産を生み出していたものと想い込んで余計な想いの不純物をビジネスに付加せぬ様にする事が叶うものであり極力、【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】でビジネスに対して影響を受けぬかを実践して【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】からの恩恵を変化させようと実践検証&実験検証が出来ると確信があったからです。

アフィリエイト投資に関して当サイト【現実と人生のカラクリ】に多くの御質問が寄せられる中でも結構な割合を占めている分野が『どうすれば良いですか?』と言うものと『手法を教えて下さい。』というものが割と多いのですが【私(卵P)】は常に【【自分自身(アバター・Aの世界)】の中を観て下さい。】と同じ囁きを繰り返し伝えるのはこの実践結果から体験し【験解】したからに他なりません。

【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で【PRG】からの写し出された世界という確信レベルの事実を腹ではなく頭だけで理解したとしてもそれは自己責任ではありません。

例え一瞬上手く行ったとしても単なる一服の清涼剤程度でスグに【PRG】に喰われてしまうのがオチです。


(依存心丸出しでノウハウを使用すると使用者のPRGを通じて現実に反映される為に意図した事とは異なる結果になる為、想うようにはならない体験をしてしまう。だからジレンマや矛盾に悩まされて自滅や破滅を招いてしまう。ノウハウは単なる情報であり、その反映させる根本のPRGをまず先に手入れする必要があるのはこの為です。自己責任とは言い換えればPRGの創り手が自分自身である事を取り戻す事に他ならない。)

同じ手法でも運用する【PRG】が違えば全く違うものを体験するのが【各人各様(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との体験世界です。

その為、【私(卵P)】が再三に渡り【ノウハウには罪が無いもので単なる情報の塊でしかないもの】という確固たる理由となるのです。

【私達(アバター・Aの世界)】は個別の世界で常に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との繋がりで体験世界を遊んでいます。

その具現化した体験世界は設定し構築後には常に世界を広げるように【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】は補完し合いながら完全に運用されます。

その時には単に【自分自身(アバター・Aの世界)】が振り向くだけでその【現実世界(アバター・Aの世界)】を体験出来ます。

ですが【私達(アバター・Aの世界)】は常にアンカーを打ち込んだ【現実世界(アバター・Aの世界)】から【自分自身(アバター・Aの世界)】を解き放とうとはしません。

それは【四苦八苦】という愛して病まない【感情】の成せる離れ業でもありますが【私達(アバター・Aの世界)】はそれを止めませんし没頭する余り気付きません。


【自分自身(アバター・Aの世界)】の周囲を観て下さい。


【自分自身(アバター・Aの世界)】が観ている【現実世界(アバター・Aの世界)】は全てにおいて【PRG】の反映された存在世界であり創造世界です。

でも殆どの方は【夢のようなノウハウや頭だけの想い込み】で【PRG】と向かい合おうとはしません。

その為、【自分自身(アバター・Aの世界)】で拵えた【現実世界(アバター・Aの世界)】の【PRG】に絡め取られます。

それは偏に【自分自身(アバター・Aの世界)】と戦い疲れ果ててしまう事を意味します。

【PRG】と向き合うのも【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】と戦うのも労力は変わりません。

違いがあるとするならば自己責任を取るか取らないかです。
そこにはアンカーを抜くかそのままにするかだけです。

【私(卵P)】が今回ビジネス面に関してアフィリエイト投資を薦める理由はコレに尽きます。

【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】において【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】と向かい合い不純物を全て削り落としてしまうと単なる仕組みしか残りません。

そこには余分な付加価値も社会的な意味も存在せず、単なる流れでしかありませんし単なる経済の仕組みしか存在しないのが体験出来るでしょう。

始めの内は確かにトライ&エラーの連続で嫌気が差す事も数多く体験する事でしょうがその時に自己責任さえ取る事が叶うなら次第に【自分自身(アバター・Aの世界)】のビジネスが抵抗無く【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】へと反映される事を受け取る事でしょう。

そのシンプルさを数多く体験すると【貴方(アバター・Aの世界)】が所属する分野の世界は非常に身軽になり次々と体験度合いが広がるのを併せて腹で確信される事でしょう。

今回は以上ですが何かしら【皆様(アバター・Aの世界)】のヒントや気付きとなれば幸いです。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------