現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

経済的自由人を観る

【現実世界(アバター・Aの世界)】での自由人とは一体何なのかを観(み)て観ましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > お金の仕組み > 経済的自由人を観る

経済的自由人を観る

【現実世界(アバター・Aの世界)】での自由人とは一体何なのかを観(み)て観ましょう。


【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で経済的に自由人とは一体何なのかを紐解いて観ましょう。

そもそも昭和中期までの退職条件に【還暦基準】が設定されておりました。
事実、還暦で御退職され【セカンドライフ】又は【第二の人生】という本来の人生メイキングを真剣に考えていた時代が本当に存在しておりました。

会社勤めを晩年に迎え、【自分自身(アバター・Aの世界)】の野心がシフトする御経験が在る方々は事実居られました。

【自分自身(アバター・Aの世界)】のポジションや培った技術…そして若手を育てるという【自分自身(アバター・Aの世界)】の野心が愛情に変化し【与える】という行為に成って行った御経験をされいます。

それは【自分自身(アバター・Aの世界)】が御退職し【会社勤め】という【柵(しがらみ)】が無くなり退職後の第二の人生を真剣に考える様になって来る為です。


約40年の勤続を誇らしげに【寂しさ】と【期待】が入り混じる御経験をされる時であり、シッカリとした【退職金】と【確立した年金制度】により今後の本当の意味での【生き甲斐構築を御計画】されるという楽しみと期待が在るからです。

過去の日本制度では【その恩賞】が用意されていました。
しかし、バブル崩壊後は状況が一変します。


昭和中期までの【積立式】の恩恵が適応しなくなって来てしまいました。
その為、大幅な人生計画が狂って来てしまう方々が出て来る訳です。
とてもガッカリした方々も数多く、現在では年金引き下げや満額受給までの期間が引き延ばされたり退職金減額…早期退職を企業が募るという事も【現実(アバター・Aの世界)】に起こって来ています。

現代では【現実世界(アバター・Aの世界)】の経済ルールでの一大変化は人生ゲームの状況を一変してしまい柔軟に対応しなければならない事を否応無く迫られます。


(バブル崩壊後は経済ルールが激変し易くなっている状態)

しかし、【私達(アバター・Aの世界)】は理不尽にその【現実(アバター・Aの世界)】に引っ搔き回される事しか選択肢は無いのでしょうか?

私(卵P)は決してそんな事は無いのだと想います。
何故なら経済という部分を真正面から【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を持たずして静かに観(み)る事で対応策は無限にあると想うのです。

人は【チャンス(機会)】という部分に非常に【ピンチ(窮地)】にも捉えられるのが普通なのです。
何を言っているのかと言えば人は基本的に【安全・安泰】の状態である意外に【チャンス(機会)】も【ピンチ(窮地)】も意識反応しないからです。

そのシステムの基本概念に【恒常性(ホメオスタシス)】という【プログラム(以下PRG)】が無意識に組まれているからです。

その為、【私達人間(アバター・Aの世界)】という生き物は【変化を深層的に求めていない】という事実に突き当る様になります。


世間では【変化出来る人】と【変化出来ない人】と一般的に言われますが私(卵P)から観ると実はその【状況が変化をさせる要因がある】と想うのです。

現に会社員時代・MLM時代・ブラック企業就労時代・アフィリエイト時代での様々な関わる方々を数多く観(み)ていてこの部分が色濃く証明しています。

人は本当に深層的に【変化を求めていないという始原のPRG】がシッカリ働いているのが手に取る様に観れます。

コレに関しては【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】な観方を捨てれば自然と解る様になります。

ですから【私達(アバター・Aの世界)】は時代に応じて事前…もしくは変化した時点で緩やかに準備と対応を柔軟にしていかなければなりません。

でも義務的な事は一切無く、【各人各様(アバター・Aの世界)】に委託されている状態でもあり【各人各様(アバター・Aの世界)】の選択自由でもあります。

出来るならば経済面での【教育】を今からでも自主学習するのは非常に有効な手段に成り得るのですから余力が在る内に【自分自身(アバター・Aの世界)】への情報を蓄積する事が望ましいと想います。


ただ御注意されて欲しいのは【批判】という行為には御注意されて下さい。
その矛先にはよくあるパターンですが…

国政だったり…
政治家であったり…
会社であったり…
他人であったり…
年金制度であったり…
世間であったり…
新聞内容であったり…
メディアであったり…
【自分自身(アバター・Aの世界)】であったり…

                    …等々

数え上げたらキリがありません。
【私達(アバター・Aの世界)】の生きている【自分自身の人生(アバター・Aの世界)】へ石を投げ付けたくなりますが、幾ら石を投げ付けても変化しないし空しくなるだけですが時にはそんな時もある事でしょう。

【私達(アバター・Aの世界)】【人生劇場(アバター・Aの世界)】ではその様な【期待】【不安】は常に起こり得る事です。


(経済世界に生きる上でお金には兎角、生活に大きな要因になる。)


その【感情】という先を目指して越えて行かなくてはいけません。
実は【石を投げ付けたくなる】という【感情】をシッカリと【自分自身(アバター・Aの世界)】で受け止めなければ【現実世界(アバター・Aの世界)】の起こり得るシステムに飲み込まれ翻弄されるのがオチなのは次第に解ると想います。

如何に【私達(アバター・Aの世界)】はこの【現実世界(アバター・Aの世界)】でどれ位【自己責任】という部分で【痛み】を飲み干せているのでしょうか?

そこには【人生(アバター・Aの世界)】という【体験】の中で【器の拡大と柔軟な深み】を構築しなければ【自分自身(アバター・Aの世界)】に対してとても粗末に扱う行動に成りがちになります。

あたかも【自分自身(アバター・Aの世界)】が映っている鏡に文句や要求をしている様なものなのです。
ココに気付くだけでも大きな進歩と言えるのは【自分自身(アバター・Aの世界)】をシッカリ観た方々には笑顔で御納得されている事実でもあります。



それでは大変、前置きが長くなりましたがココからジックリ【経済的側面から自由人】を観(み)て観ましょう。


上記にも説明しましたが還暦ゴールとも言える【保障面】=【退職金】+【年金制度】が確立していました。
【会社勤め】という勤続年数約40年という実績は大変に称えられる事で在り、人生の手本となる概念でした。

【継続は力なり】という格言を【自ら(アバター・Aの世界)】の立場で実現した本当に凄い事なのです。
冷静に考えて観れば【私達(アバター・Aの世界)】の人生の半分を【会社】や【社会】に貢献した事は世間的にも評価に値するのが【人の恩賞評価】されるのは【それだけの事をしている】という【会社側や社会性からの正当な評価】なのですし、何より【会社側や社会性から【私達(アバター・Aの世界)】が大切にされているというシステム】に愛情すら感じます。


ですが現代ではその様には感じられなくなって来てしまいました。

【私達(アバター・Aの世界)】の存在は【人材】として看做され【労働力】という【資材(※適切な表現では無い事を何卒御了承下さい)】にまで多少扱われ方が急激に変化して来たのです。

全部が全部とは言いませんが【人】の価値観が【利益追求】の波に変化を強制的に促されて来ている事に事実性がシフトしてきているのです。


それまでは【積み上げ式】という【恩賞ゴール】が在る為に約40年のマラソンマッチにも挑む事が出来ました。

その中での過程で【自分自身(アバター・Aの世界)】の存在価値や成長を噛みしめる事も出来たのですが、積み上げ式のルールが通用しない事になると意義が失われて仕舞います。

しかし【現実(アバター・Aの世界)】には積み上げ式のルールが根強い分野が存在します。

それは何か…?



実は【権利】を有するものや【資産】という部分において【キャッシュポイント】を絡めたシステムを個人が有する世界が昔からあるのです。

これは1馬力の個人的力量を【レバレッジ(テコの原理)】を効かせる事で【現実的(アバター・Aの世界)】に大きなリターンを得られるのが特徴です。

別章【稼ぎ方には4つの世界がある】にも多少触れていますが【レバレッジ(テコの原理)】と【キャッシュポイント】を絡めるには何を投資するかが大きな鍵に成ります。

一般的に【投資】と言われると【軍資金】を想い浮かべるとは想いますが実はそればかりではありません。




実は…


【時間】と【情熱】も投資対象に成り得るのです。




例を上げたら以下のジャンルになります。

作曲や作詞による印税システム。
著作や権利の印税システム。
広告の印税システム。
不動産による権利運営システム。
ノウハウによる権利システム。
肖像権による印税システム。
漫画やアニメによる原作印税システム。

             …等々

意外に【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】には数多く存在しています。

これらに関しては必ず意見が交錯し、飛び交います。
それは…


『流行や廃れがあるじゃないか…』
『一般向けでは無い…』
『私には出来ないし現実的に無理…』

             …等々

無限に類似意見が湧いて来ます。


ですが【そこに至る過程を無視している事でビジネス面を観(み)ていない】という事実を【自分自身(アバター・Aの世界)】で暴露している事に殆どの方々は気付いていません。

これが視野の狭さを物語っています。
それは何故か…?


上記の業種ジャンルは【無報酬期間】を越えて恩恵を受けているという点と【最初のトライでは達成している方々は初めは皆ド素人】であるという事実です。

別章【レベル上げ】【自己教育・鍛練・教育】各章…そして【このハンマーを振り続けられますか?】にも数多く取り上げていますが【私達(アバター・Aの世界)】はビジネスや経済面において非常に教育不足です。

【純粋な学問】という面に置いての【教育】には非常に無頓着で【世間的な自己評価というステータスレベル】だけの基準で知識を詰め込む時代は終焉を迎えています。

これからは【純粋な学問】を如何に【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】に表現するかが本当の再現力であり【教育のスタイル】と成る訳ですが、冷静に考えれば【自分自身(アバター・Aの世界)】の学んだ事は必ず血肉に成り得るのは過去の教えから不変のスタイルだった事が挙げられます。

いつの間にか過去の【本当の学問のスタイル】が【安易なノウハウ化】という【進学する事だけの目的】にすり替わっていた事に気付く時代に成ったのでしょう。


経済教育やビジネス面を繋ぐ【キャッシュポイント】と【積み上げ式】の概念を実現化する事で【私達(アバター・Aの世界)】の独自性や表現力の幅は多岐に渡りますし、オリジナル追求を通じて【社会性の確立】や【評価の付属の仕方も依存性から皆無】となる事で【柵(しがらみ)】からも常に自由になれます。

そして【積み上げ式】に移行して行く過程で在る事に気付く様になります。



それは【次第に労力が減る】という部分において【気持ちの余裕】が生まれると言う事です。

これはとても大切なカテゴリーです。
何を行っているのかと言いますと力を持つ過程で主に2つの方向性が体験出来るからです。

1つは【野心】を通じ【大きな失敗を経験出来る】という点と…
1つは【失敗】を通じ【次第に学んで自由を得る方向へシフトする】と言う事。


経済面やビジネス面を【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に観(み)出す事で【必ず何度か失敗】をします。

【積み上げ式】の良い所は【過去に大切にされていた教え】を地で経験出来る点です。
折角、苦労に苦労を重ね成功し何度か【自分自身(アバター・Aの世界)】に潰され精神的にも強くなり磨かれ、更に成熟して次第に本来の【成功】を修める様になります。

これは必然です。
何故断言出来るのかと言うと【経験や体験】による目算が【自分自身(アバター・Aの世界)】の中で【確信】に変わるからです。

ですが【積み上げ式】の対極に存在する【消費型のスタイル】は目先による対処ビジネスなので【流行】や【廃れ】そして【時代の変化によるルール変更】に目算が通じない事が【私達(アバター・Aの世界)】【絶望感】【不安感】を底無しにさせる事に繋がるのです。


如何に【積み上げ式】が素晴らしいかが解る事例だとは想いますが特徴的に険しい道のりでもあります。
それは【無報酬期間】が存在する為に誰もがしない事だと言う点にあります。

漫画家…
作詞家…
作曲家…
ビジネスオーナー…
発明家…

どのジャンルにおいても多大な【時間】を御投資されているのが解ると想います。
ですが長期的運用を目指すのであれば避けては通れないのが特徴です。


(この業種に挑戦するには無報酬期間に絶えなければならない特徴がある。)

現代では有名ではありますが 【ナポレオンヒル著書】【それに属すプログラム】 も着手当時のナポレオンヒル氏は【鉄鋼王、アンドリューカーネギー】に厳しく釘を刺されたそうです。


その釘を刺された内容は【君はこれから20年間無報酬だが、この事実を体系化し形にし、世に表現した時点で君は巨富を得るだろう。】と断言したそうです。



実際に積み上げ式のビジネスを達成された方々はこの様な【無報酬期間】を必ず御経験され、【自分自身(アバター・Aの世界)】の人生に【お金という存在自体】を薄れさせている事実があります。

この状態こそ【経済的自由人】なのです。


この事実を冷静に真正面から観(み)て下さい。
【私達(アバター・Aの世界)】は【継続の恩恵】をどの様に体験するのか?
そして【本来の学校教育】で何を意識して学ぶのか?

私(卵P)は母校での外部指導者という学校の外側に位置する人間であり、浮き沈みの激しい人生を歩んでしまった人間です。

決して他人様に誇れる様な事等は一切ある訳でもありません。
ですが近年、生徒達の【生きる欲求】が余りにも意欲的で無い状態で卒業し20代~30代に家庭を持たれたり眼の先の楽しみや日々の仕事や業務に眼を奪われ奔走する卒業生を観て想う事があります。



それは…【とても忙しく今と明日を知覚していない状態】である事です。



これも経験なのか…と感じつつも手出しは出来ません。
全て【私達各人各様(アバター・Aの世界)】の人生なのですから。

でも情報だけは提示しておきたいのが心情なのでしょうか?
こうして情報公開をして何かしらヒントになればと願うばかりです。



【積み上げ式】のビジネスにおいて隠された本当の姿は…


実は【時間持ち】に成る事なのです。


【私達(アバター・Aの世界)】は本来時間持ちだった事を忘れている。)

【私達(アバター・Aの世界)】が忘れかけた【夏休み】の感覚です。
初めの内は体内時計が狂い可笑しな健康トラブルも成熟期を過ぎればラジオ体操ですら心底ライフワークとして身体が喜びを感じる様になり【衣・食・住】の有難味(ありがたみ)も年齢を重ねると心底喜びに変わります。

野心が次第に消えて本来の人生を得られる様になると【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】と常に共存できる様になります。


これが【真の自由人】と言う事に気付けるのが大きいのです。


私(卵P)は皆様へ、この経済面やビジネス面での気付きを願いつつ情報を提示する事しか出来ませんが、この章を閲覧される方々へ常に草葉の蔭より真の自由を願っています。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------