現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

価値の提供・数の脅威・マネタイズの考え方

ビジネスとは何なのか?1つの指標として今回の考えを取り入れましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > お金の仕組み > 価値の提供・数の脅威・マネタイズの考え方

価値の提供・数の脅威・マネタイズの考え方

ビジネスとは何なのか?1つの指標として今回の考えを取り入れましょう。


今回は【現実世界(アバター・Aの世界)】でのビジネス系に特化した部分を綴りますので【皆様御自身(アバター・Aの世界)】で掴み取って下さい。

更に、今回綴る章では【皆様各人(アバター・Aの世界)】の意識レベルや実践経験の数や体験量にも比例するので定期的に熟読される事を念頭に置いて下さい。

人によってはよくあるパターンで『解っている』という事が危険な落とし穴にもなりますので別章【無実践からの知識欲】【【妄信】の落とし穴 】も併せて熟読されて下さい。

【私達(アバター・Aの世界)】は実践と体験とを通して【※験解】を何度も行う過程でしか深める事が叶いません。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

仮想空間での【頭】の理解力には限界エリアがあります。
ですがその部分において【行動】という事に絡む事になる…と結論付けますが実際には全く異なる世界です。

【私達人間(アバター・Aの世界)】は実際には不確定要素が強い存在です。
その状態を安定させる事は一直線的な言語で説明するならば一言で【情報の取り込み】からなる【プログラム(以下PRGと表記)】の構築に尽きます。

さて…前置きが長くなりましたが、先ずは以下の動画を御覧下さい。



今回の武井壮氏の話す内容には体験談から実践に基く内容が多く含まれています。
この内容を引用するに当たり、カテゴリーが【現実の仕組み】【人生の仕組み】【お金の仕組み】【価値の仕組み】【意識と心の仕組み】【自己育成・鍛錬・教育】【人生ゲームの離脱】…あらゆる分野に繋がる内容になるのですが【実践】に基く内容に敬意を評し、このカテゴリーとして扱う事にしました。

この【現実世界(アバター・Aの世界)】では【自分自身(アバター・Aの世界)】の事を含め、ジックリと観(み)る作業が遠回りなようで実は近道になる場合が多いのです。

実際に【自分自身(アバター・Aの世界)】が取っている行動が【現実世界(アバター・Aの世界)】でどのような効果が反映されているのか?…という事を純粋に突き詰めていくと、あるエリアを突き抜けていくと周囲には理解し難い世界に突き当たります。

その理解を【頭】でしてしまうと全く理解出来ません。
行き着く所は残念ながら御他聞に漏れずオカルト関連や表面上のスピリチュアル系に属すようになります。

つまり頭で消化出来ない【知識レベル】で留まる為に【腹】の部分が拒絶してしまうので無理矢理納得したいと消化した姿は【各人(アバター・Aの世界)】のフィルターを通して集合認識としたものがオカルト分野や表面上のスピリチュアルな世界となる訳です。

本来の在るべき情報の姿を確実に認識すると純粋な【仕組み】として捉えられる様になります。その場合は純粋な情報や仕組みという世界がシンプルに【腹】に拒絶反応無しに全て治まります。

その時に初めて【自分自身(アバター・Aの世界)】の体験している【現実世界(アバター・Aの世界)】が全く違う世界となり【自分自身(アバター・Aの世界)】の人生に変化が起こります。

実際には【起こった】のでは無いのです。
【自分自身(アバター・Aの世界)】の情報の構築自体が変化しただけで投影されている【現実世界(アバター・Aの世界)】が変化しただけの単なる現象に過ぎません。


さて今回は【お金】に関するカテゴリーですから武井壮氏の話から幾つかポイントを提示してみましょう。


数がモノを言う占有率という威力を観て観ましょう。
コレは別章【アフィリエイトについて】【お金の仕組み】各章にも通じる事ですがアクセスとは基本的に【価値観を求めている】又は【価値観の共有】そして【意識に触れた】というものです。

ちなみに【意識に触れた】というニュアンスは【気になる】という部類も属しますのでネット特有の【炎上】や【粘着系】も含まれます。
実際に全くの無関心であれば早々にそのページから離脱するものです。

そしてリアルビジネスでも店内に入っても意に沿わなくなれば退店するものです。

さて、ココで数の占有率を知る事で【現実世界(アバター・Aの世界)】での経済活動で非常に役立つ事を知る事が出来ます。

それが【シェア】という市場性です。
平たく言うと【占有率】です。

一番身近な例が自動販売機の事例です。
かなり有名な話ですが、昔自動販売機が登場した時代の事です。
当時はUCCコーヒーが有名でした。(実は当時、他のコーヒー取り扱い業者もいましたが自販機の普及によりUCC一極化になってしまい次々と淘汰されて行きました。)

【私(卵P)】が子供の頃、UCCの自販機が普及の最中で当時は缶コーヒーはロング缶しか存在していませんでした。

しかも当時の製鋼技術は冷間転圧加工技術が現在の様に向上していないので今の様な300mml以上の容器には多少時代が掛かったものです。

その後、製缶技術が向上し容器が巨大化。
ビール等が1000mmlを超えるものが自販機で販売される様になりました。
それまでは基本、ビンが主流だったのです。

昔は売店で飲料関連は購入していたのですが自販機の手軽さと人件費や場所を選ぶ兼ね合いが容易な事もあり、瞬く間に全国に普及して行きました。

今から思えば水面下で新たなビジネスモデルに気付いた方が普及に一役買ったのでしょう。
その時に自販機の関係者は今回の内容に関しては常識だった事が【私達(アバター・Aの世界)】が一般的に教育レベルで習った事とは全く違う分野としてビジネスとしての常識として確率していたと想われます。


当時、自販機は普及していたものの【ある種のジャンル】には全く商品としての価値が見出されていませんでした。

それは何か?
【皆様(アバター・Aの世界)】は解りますか?

久々にシンキングタイムを取ってみたいと想いますw
音楽が欲しい人はコチラを→【シンキングタイム】

… … … … …


… … …








答えは【お茶】そして【水】です。

当時は【お茶】や【水】というのは売り物として看做されていませんでした。
ですが当時から何かしら【味】が付いていない飲料水というものを求める声はあったのですがメーカー側…というより【商売理念】として【お茶】や【水】を有料で販売するという事に大層抵抗があったそうです。

多分深層心理で公園の蛇口を捻れば出る無料のものをワザワザ販売する価値があるのだろうか?という見えない風潮があったのでしょう。

あと、技術的な問題もありました。
【お茶】に関してですが時間が経つと味が【渋み】が強く残りすぎて売り物にならないという欠点がありました。

事実、当時駅弁でのお茶は当たり前の様に【苦いもの】とした認識はありました。

(容器の中にお茶のパックが入っている。時間が経つと超苦い。)

そんな時、伊藤園から長期保存に対しての改良に改良を積み重ねた【缶のお茶】が販売されたのです。その年の販売数は凄まじいものだったのですが、コカコーラ側がスグに追随するが如く【お茶】を販売。

すると販売実績があっという間に逆転してしまったのです。
その開きは雲泥の差でした。

理由は全国に広がる自動販売機数が圧倒的にコカコーラの方が上だったのです。
本来、自動販売機というメリットは【お手軽】・【24時間何時でも】・【好きなものを!】がメインのマーケティングなので当然と言えば当然です。

この時代に差し掛かると次第に顧客側に変化が起きます。
今までは単品を大量消費させる事が出来た時代でしたが、それからはあらゆる耐久商材や消耗商材が多様化して顧客側の選択肢が広がった事にあります。

それにより今まで【定価】という概念がかなり変化してきました。
この頃でしょうか?【私(卵P)】はビジネスを起業する段階で時代を紐解くと解って来た事ですが当時からマーケティング戦略というものが囁かれて来ました。

実はアメリカではこの頃には常識的にビジネス関連の経済学では頻繁に取り扱われるジャンルです。

日本ではまだ情報というメディアや広告は限られた業界のみにしか権限がありませんでしたし概念すら無かったのですから当然と言えば当然なのです。

その限られた情報網をフルに生かしたのがCMとなる訳です。
実は限られた情報網はとても恐ろしい反面があります。
それが【シェアのコントロール】という情報操作です。

つまり、固定された情報をどれだけの人口数に流す事が出来るかで莫大な収益を上げるかという現実レベルでの威力を知る人はホンの一部でした。

その為、有名人の起用や高額のギャランティを叩いてでも広告費に費やすのは【必ず収益としてプラスになる】という事が解っているからです。

ですが今現在の広告原理からは過去の手段は非常にリスキーです。
何故なら【情報の操作や占有率をコントロール出来ない】点にあります。
その問題を徹底的に合理的にしたのがグーグルのアドワーズ広告なのです。
コレによりビッグワードや個人ビッグデータにマッチした広告表示及び、クリックした時点で広告費が掛かるシステムにした画期的なものだったのです。

そして時代は更に変化して広告と販売の架け橋を担うサービスが登場しました。
それが【アフィリエイト】です。

コレは【集客】という凄まじく膨大で大変な作業を第三者に委託して多くの人達に広告して頂くという事で何らかの対価を提供する事により双方が利益を得られるシステムです。

この事により【個人レベルでマーケティング】や【マネタイズ】を学ぶ機会が普及する結果となります。
それまではビジネスとか経済学とかという大学でも中々学べない、実践を伴った学びの機会が提供される事になるのです。

時代は個人レベルで経済を取り込む事が出来る時代に突入した。…という事です。


現代の【経済世界(アバター・Aの世界)】では企業自体に依存する時代は既に終わる傾向が顕著に現れて来ています。
それは海外貿易や国内での生産と消費に多様化や定価と言う設定に意味を成さなくなって来ている事と個人レベルでの情報取得権限がマイクロ化している事で消費動向が変化しているという事実が露呈しています。

何故【情報】が多様化すると企業の収益力が下がるのかと言えば理由は簡単です。

以前は一極集中化によるものが【磐石で安定】という企業が多かったのですが今現在は情報が簡単に取り寄せられる時代です。

一つの事例ですが…
ネットで最安値を探し取り寄せる事も事実可能です。

それにより店舗販売が減少します。

定価がなくなれば他メーカーの値段も利鞘が取り難くなります。

同じ性能なら何処の商品も特化した能力が無い限り値段で判断する。
…という事になり、結果経営リスクが一番高いのは人員が一番多い企業が先ず間違いなく倒産確実となる訳です。

昨今の日本電機メーカーが続々と倒産に追い込まれるのは記憶に新しいでしょう。この逆を行ったのがアップル社です。

自社で開発した製品を完全委託生産(OEM)で生産し世界中に販売しています。コレにより製品自体のクオリティを追求出来るというシステムを実現しました。

委託製造先は台湾の製造専門に行っている業界ではコレを完全フルオートメーションでクリアしました。
それだけ人件費のコストたるや凄まじいものなのです。

日本もコレに追随していくと行く先は人件費の問題どころか人員すら必要としません。こうなると企業依存という概念すら今後は必要性が見出す必要も疑問視される事でしょう。


その反面、個人レベルでのビジネス起業は水面下で盛んになります。
早い段階でビジネス感覚やマネタイズという【どのようにして価値を観(み)出し、どのようにして価値を提供し、その価値をどうやって収益に結び付けるか?】というスキルが必須となります。

この【現実世界(アバター・Aの世界)】での【経済世界(アバター・Aの世界)】で生きると言う事は事実上と言っても過言ではありませんが【お金を扱うスキル】を習得する事で人生の選択肢は確かに増えます。

人によっては聴こえが悪く感じられる方も事実居られる事でしょう。
ですが【私(卵P)】はこの様に考えます。


【経済世界(アバター・Aの世界)】での制限を外す事が出来るスキル(術)として今回の武井壮氏の話は極めて具体的な1つの手段であるという事。

如何でしょうか?


そのような視点感覚や情報の捉え方を習得するとマイナー競技に関しての普及も考えると単にオリンピック競技で躍起になって取り扱う事だけでは選手各位の将来性は極端に薄いという事実が浮き彫りになります。

【私(卵P)】はマイナースポーツや競技で生活するよりもプロとしての最前線に立つのならば【自己起業でのビジネス所有】を特に勧めるのはこの理由からです。

そうすれば誰にも依存せず、スポンサーからのプレッシャーも感じず、自己修練の道に没頭出来ると考えるからです。

コレは上記の【自己価値からのマネタイズ】を直接競技とは結び付けず【自己の経験や価値の提供をマネタイズ】する事で自己の人生に関する道を確立する考えです。

アスリートは基本的に人生経験が偏った歩みを逆に特化させて武器にすれば必ず多くの人達に【価値を提供出来るものを多く所有している】事だと【私(卵P)】は考えます。

もっと言えば【皆様各人(アバター・Aの世界)】の人生にも深く【自分自身(アバター・Aの世界)】を深く観て行けば多くの情報を所有しています。
それと平行してビジネスや経済学を学ぶと途端に視野が広くなるものです。

それだけ【私達(アバター・Aの世界)】は何らかの情報を積み重ねた存在であり【皆様各人(アバター・Aの世界)】は価値が必ず内在している存在なのです。

今回は簡略的に綴るのはココまでにしますが、何かしら【皆様(アバター・Aの世界)】の中で少しでもヒントになれば幸いに想います。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------