現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

贅沢を観(み)てみよう。

人生における【贅沢】とは何なのか? ジックリと多角的に観(み)て行きましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 価値の仕組み > 贅沢を観(み)てみよう。

贅沢を観(み)てみよう。

人生における【贅沢】とは何なのか? ジックリと多角的に観(み)て行きましょう。


世間一般において【贅沢】とは何なのでしょうか?
このフレーズを提示した時に【私達(アバター・Aの世界)】の世界では【感じ方】には幾分誤差が生じます。

それは【自分自身(アバター・Aの世界)】にとって【比較】によって感じる【感情】での【反応】と【自分自身(アバター・Aの世界)】の【定義】による【【人生(アバター・Aの世界)】を味わう】事の2通りを観(み)る事が可能になります。

もう少し具体的に説明して行きます…


【反応】を前者。
【人生(アバター・Aの世界)】を味わう】を後者。
とするならば【前者】は【私達(アバター・Aの世界)】でいう【Aの世界(アバター・Aの世界)】を【比較】から成る【差】や【隔たり】をモロに体験するでしょう。

そこには副産物を生成します。
【孤独】【寂しさ】【悔しさ】【怒り】【憤慨】【悲しみ】…
過去の経験に置ける【情報】に付随している定着媒体…【感情】【トリガー(引き金)】となり、【アンカー】の先に在る【過去に経験した情報】をフラッシュバックさせるのです。



その際にフラッシュバックした【既に経験している情報】を再度【感情】でコーティング(まるで接着剤で固めたものを更に接着剤で固めるかの如く)し【情報】と【感情】をより強固に固め、更に【他の情報】を【張り子】の如く、次々と貼り付ける作業を無意識に自動構築して行くのです。

これは厄介な事に【私達(アバター・Aの世界)】は意外と気付きませんが【その情報自体の世界】を肥大化させる要因となる事を知っておかねばなりません。


さて【後者】を考えて観(み)ましょう。

【人生(アバター・Aの世界)】を味わう】…。
それは偏に【自分自身(アバター・Aの世界)】が体験した総編集を観(み)るという事にも繋がります。
この【味わう】という事自体が同じ【感情に付随する情報】【定着媒体である感情】とを観(み)る事にも一役買っているという事は実際の所、余り知られてはいません。

さらに詳しく掘り下げて行くと【味わう】作業(実際には無意識に行われる事が殆どですが意識していく分野においては人生に大きな変化が現れます。)には【ある条件】が必要になります。

その【条件】とは主に2つあります。

@ 比較対照が無ければならない。
A その対照量が過剰でなくてはならない。

(※ この【対照】に関しては別章【意識と心の仕組み】各章を御参照下さい。
あらゆる角度から観(み)方を変えて綴っています御参照されると気付きが多くなります。)


@に関しては当然ですが比較する【基準】を創らなければ【それ】自体を知覚する事は不可能です。
【何(なに)】を以って【之(これ)】を知ると言えばよいでしょうか?
例を挙げればキリが無いのですが【私達(アバター・Aの世界)】は【この世】と呼ばれる【Aの世界(アバター・Aの世界)】を体験しあらゆる経験データを蓄積し全ての情報を検証し知覚しています。

物事に対して【私達(アバター・Aの世界)】が【コレ】とか【アレ】そして【ソレ】と知覚しているのは【それに反した(逆ともえいる)】対照の存在を既にデータとして意識下に保管運用しているからです。



別章【光を強く照らせば影は濃くなる】【思考の根幹】にも触れていますが、全てこの基本原理で【私達(アバター・Aの世界)】は生体五感を駆使してデータ収集を常時行ってるのです。

しかも、それ以外にも膨大な体験データを意識下においてデータを【リンク】させ思考原理の下で【体験していない事】にも予想しうる【仮想体験というデータ】として、あたかも【自ら(アバター・Aの世界)】が本当に体験したかのような【経験・体験データ】を再構築し日々積み重ねているのです。

【私達(アバター・Aの世界)】は全く気付きませんが【初めて行う作業】も見様見真似で辻褄を合せて行くのは、この様なシステムを常時使用している事に気付く方は稀です。

ちなみにスポーツや競技の分野でこの能力があればある程、コピー能力(真似る)に優れており内部感覚(取得情報の改善→昇華…平たく言えば自己の情報として取り扱う処理能力と言えば解り易いと想います。)が鋭い人を比較する際に使用する基準が【センス】と言われています。


さて、Aに進みます。

対照となる【データ】…
つまり【過去の経験】や【体験】、そして【情報】が過剰でなければならないのは言い換えれば【無駄な余剰データ】と言えます。



【私達(アバター・Aの世界)】は事実意外に聴こえるかもしれませんが気が遠くなる程に【不必要】とされる【情報】が無限で際限無く潜在的、且つ無意識に詰め込まれ続けています。

困った事にその様な要らぬ【取得データ】すらも自動リンクされ【新たな仮想体験】として意識下にデータを別構築され積み重ねられます。

…とはいえ悪い事ばかりではありません。
【私達(アバター・Aの世界)】がこの【Aの世界(アバター・Aの世界)】で進化する過程で【霊長類の最たる存在】になれたのも、この【データ】の自動構築により危険を未然に回避したり、わざわざ未経験の【危険】を体験する必要性を避ける事で進化・繁栄した事は事実です。

ですから要はその【事の真意や仕組み、システム】を如何に把握しておくかが重要なだけなのです。

現代において【私達(アバター・Aの世界)】が精神的にも人間的にも悩みが尽きず憤りを感じるのは【新鮮さ】が感じられない【内部の情報処理】の仕組みに気付かず、日々【仮想の体験】が行きつく先を【自分自身(アバター・Aの世界)】に即答し、それを鵜呑みにして日々生きる事が過剰な事に気付かなくてはなりません。



多少話がズレてきたので戻します。


… … … … …



… … …






何を話したのか解らなくなってキマシタネ。
          (;´・ω・`)ゞ スマソ・・・


少しブレイクしましょう。
以下のフレーズを検索してみて下さい。

ユーチューブ → 【贅沢微糖 おニャン子】で検索w
(※まだ動画があれば良いのですがw)


まるでこの章の為にある動画ですwww(言い過ぎw)
【私達(アバター・Aの世界)】は【贅沢】をどう捉えるか?
この【贅沢】を【自分自身(アバター・Aの世界)】の外で捉えれば忽ち無意識に【比較】や【対照】としてあらゆる経験データや体験データを用いて【判断しよう】とします。

この【判断する】という事を詳しく観(み)て行くと【善悪】【貴賎】【美醜】【正誤】【難易】【長短】【高低】【麗汚】という自己価値観を用いて多角的に【私達(アバター・Aの世界)】【概念】【観念】を通して観(み)ているのです。
実際に無意識間において【アレ】・【コレ】・【ソレ】という形で【自分自身(アバター・Aの世界)】と【他】とを【分離】して行きます。

これが【自分自身(アバター・Aの世界)】以外の【何者(第三者的)】かに当て嵌めると途端に【善悪】【貴賎】【美醜】【正誤】【難易】【長短】【高低】【麗汚】という【概念】【観念】で縛り上げて行きます。

しかも無意識に…

ですがココでもある域に目を向けて行く方も事実おられます。
それは【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に向かって観(み)て行く方々です。

すると面白い事に【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に眠るシステムを観(み)る事で気付き、興味が尽きない分野に手を伸ばして行く様になります。

その中で【自分自身(アバター・Aの世界)】の【善悪】【貴賎】【美醜】【正誤】【難易】【長短】【高低】【麗汚】といった【概念】【観念】という物差しや選別基準を垣間見る事に繋がって行くのです。


始めの内は【自分自身(アバター・Aの世界)】の【顕在意識】や【考え方】の表層的部分を足掛かりとして深い部分での【ロジック又はルーチン等(思考決定)】に気付く様になります。

次第に深くなるにつれ、【自分自身(アバター・Aの世界)】【一体何を観(み)ているのか?】という本来の在るべき姿に気付かされる傾向になります。

そこで初めて【現実と人生】に気付くのです。


【私達(アバター・Aの世界)】はある意味その【贅沢】をする為にこの【Aの世界(アバター・Aの世界)】に居るという事に初めて気付くのです。

【贅沢】をする為には【対比】となる経験をしなければならず、また膨大な情報を得なければなりません。
もし仮に必要最低限度の【情報】しか得ていなければ、そこには【敷かれていたレール】のみの戦略的にも劣る【面白味の無い予想しうる体験情報】しかない事になるのです。



この意味がシッカリ吟味し理解出来るようになると如何に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が【何をしたいのか?】という真意を掴む事が叶う様になります。

言い換えるなら【本当の自由】がそこに実在し【本来のダイレクト世界】で叶わなかった【体験】が出来る様になる事実が【私達(アバター・Aの世界)】の存在なのです。

そこから確実に解る事…。
それは【【私達(アバター・Aの世界)】各人各様の人生は全て【贅沢】をする為に在る】という事になるのです。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】を閲覧されている方で今現在…

現状に苦しんでおられる方
人間関係で苦しんでおられる方
経済面で苦しんでおられる方
人生に苦しんでおられる方
健康に苦しんでおられる方
悩みに尽きが無く苦しんでおられる方

全ての【四苦】・【八苦】に苛まれる方々にハッキリ事実として言えうる事。


それは…

何故【私達(アバター・Aの世界)】は【苦しむ】事が出来るのか?
何故【私達(アバター・Aの世界)】は【苦しむ】体験が出来るのか?
何故【私達(アバター・Aの世界)】は【苦しむ】事を認識する事が出来るのか?

という事です。


それは【私達(アバター・Aの世界)】の中で既に【対比】となる【情報(可能性ではなく)】と【体験(事実的な)】が存在しているからに他ならないのです。

【私達(アバター・Aの世界)】は【生まれる】という事を通して【死ぬ】事も常に1セットで【Aの世界(アバター・Aの世界)】を【体験】しています。

この【対比】が無い世界というのは【全てが無い(※注意 【無い】というものが【無い】という意味です)】世界です。
この意味が本当に解れば【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】はある意味【孤独】感を慰めるかの様に【遊ぶ】事をしている事実に気付くでしょう。


もし、【皆様(アバター・Aの世界)】【四苦】・【八苦】に手を焼いているのならば常に想い出して下さい。

【私達(アバター・Aの世界)】は絶対【大丈夫】なのだと。
【私達(アバター・Aの世界)】の人生はあらゆる事が【体験】出来る事自体、【実り】なのだと。
【私達(アバター・Aの世界)】は人生において【贅沢な体験】をしているのだと。



常に答えは【私達自身(アバター・Aの世界)】の深い部分に在ります。
【自分自身(アバター・Aの世界)】の中を静かに観(み)る事です。
コレについては別章【心と意識の洗濯】に譲ります。


日々、皆様の平安を草葉の蔭より静かに願っています。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------