現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

光を強く照らせば影は濃くなる

人生での問題発生の仕組みを理解しましょう・・・それは貴方の認識(フォーカス)する事で生まれるという原理に基づきます。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 意識と心の仕組み > 光を強く照らせば影は濃くなる

光を強く照らせば影は濃くなる

人生での問題発生の仕組みを理解しましょう・・・それは貴方の認識(フォーカス)する事で生まれるという原理に基づきます。


【皆様(アバター・Aの世界)】が【何】かについて考えると【現実(アバター・Aの世界)】では一体何か起こるのでしょうか?
今現在、【皆様(アバター・Aの世界)】が世間一般での【現実(アバター・Aの世界)】レベル…つまり五感を使用しての【リアル】と感じているもの全ては貴方の【魂】【心】で情報を処理し終えて映された現象結果です。

別章【現実のモデル図】でも説明しましたが、今までに蓄積された情報である【魂】とも呼べるものと、それを形作る【概念】【観念】とも言うべき【プログラムシステム(以下PRG)】で情報を処理した後に【心】という空間で映し出し【皆様(アバター・Aの世界)】が実際に【現実(アバター・Aの世界)】を体験しています。

今回はその【皆様(アバター・Aの世界)】の立場からの御話です。

【皆様(アバター・Aの世界)】が1つの事について思考したり想ったりしますとそれに付随した【情報】が出て来ます。
それに付随した【情報】というのは【皆様(アバター・Aの世界)】が今まで経験したり体験したり概念構築(それが常識と錯覚)したものです。
この【概念構築】とは実際に【体験】や【経験】をしていなくても出来るものです。
例えば【人形】を思考したり想ってみましょう。

人によってはそれが・・・
バービー人形だったり・五月人形だったり・マネキン人形だったり・剥製だったり・フィギュアだったり色々と想像します。
ですが中にはそれが全く【詳しくない】人もいるでしょう?

でも『ああ・・・こんな感じね。』と解かった様な気になります。
その方の概念では【概ねの形状】【概ねの仕様】【概ねの使用目的】等が既に概念構築されています。
それだけ【私達(アバター・Aの世界)】の思念は凄まじい情報処理能力を備えています。
この情報処理能力は現行のスーパーコンピューター(以下スパコン)等では太刀打ちできないスペックを持っており、その処理後の世界観といったら誰もが魅了される程にリアルを感じさせます。


と図にしてみると上記の様なイメージです。(本当はもっと複雑なのですが…)
つまり皆様が【現実(アバター・Aの世界)】と想っている世界は別章【2つのステージ。そして・・・】【視点A】の事になります。

この【視点A】の世界では【私達(アバター・Aの世界)】内での今まで蓄積された【情報】や【経験】という情報=コレを世間では【魂】と呼びます。
それらを【私達(アバター・Aの世界)】の五感へダイレクトに【現実(アバター・Aの世界)】と魅せる投影装置(映写機)の役割=コレを世間言われる【心】と呼びます。
最後に【私達(アバター・Aの世界)】に組み込まれた【情報】【経験】から【自己学習】や【状況反応】を含めた【判定基準】を担っている役割=コレを世間では【感情】と呼びますが実際には【情報】と【感情】が機能を持つ様になると独自の動きをする【プログラム(以下PRG)】となります。

これらについて詳しく説明しているのが別章【意識と心の仕組み】に記載されていますので其方を参考にされて下さい。
関連事項
【純粋意識とは?】【魂とは?】【心とは?】【感情とは?】

先程も少し触れましたが、この【体験ルーム】での情報処理スピードは現存するスパコンを軽く凌駕するほどのシステムを備えております。
【私達(アバター・Aの世界)】が何か一つの事を考える(想ったり・考えたり・フォーカスしたりする)と同時(実際には若干のタイムラグが存在するが脳内で誤差修正される)・及び瞬時に事態対応・事態展開していきます。

【私達(アバター・Aの世界)】はこの【体験ルーム】での【出来事】に対して無限の【ルーチンワーク】を行いますが、殆どある一定の【ルーチンワーク】の【枠】から出られません。
その【システム】にどうしても逆らえないものなのですが実は一つだけその【ルーチンワーク】から意図的に外れるヒントと手段があります。

それは・・・【自分自身(アバター・Aの世界)】が【ルーチンワーク】をしている事に【気付く】事。

【自分自身(アバター・Aの世界)】が【気付けば】何かしら【手段】が見つかり【変更】手順を踏む事が出来ます。


では【ルーチンワーク】にどうすれば【気付く】でしょう?
それは【現象】を支える【根底】を【観る】事でつかめる様になります。
以下の図を参考にして下さい。
                ↓

このアナログな喩えは分かりやすくするには良い事例です。
コレは貴方(アバター)の【ルーチンワーク】に組み込まれているシステムを実際に紐解く【大きなキッカケ】になります。
さて、話を戻します。

上記の図で【光】を強く当てれば当然、【影】は濃くなりますよね?
また【光】を弱めれば【影】は薄くなりますよね?

では事例を変えてみましょう。

例をいくつか挙げてみましょう。

○例えば人間関係で悩んだりします。
上の図【?】に【人間関係の悩み】を入れてみましょう。
貴方(アバター)がフォーカス(認識)を強めれば強める程、現象は色濃くなります。

○例えば人間関係で楽しんだりします。
上の図【?】に【人間関係の楽しみ】を入れてみましょう。
【自分自身(アバター・Aの世界)】がフォーカス(認識)を強めれば強める程、現象は色濃くなります。

○例えば経済問題で苦しんだりします。
上の図【?】に【経済問題に苦しむ】を入れてみましょう。
【自分自身(アバター・Aの世界)】がフォーカス(認識)を強めれば強める程、現象は色濃くなります。

○例えば経済状況で楽しんだりします。
上の図【?】に【経済状況の楽しみ】を入れてみましょう。
【自分自身(アバター・Aの世界)】がフォーカス(認識)を強めれば強める程、現象は色濃くなります。

【私達(アバター・Aの世界)】は目の先の【?】に焦点を当てています。
日々、色々な【問題】【悩み】【ストレス】に目を奪われています。
【私達(アバター・Aの世界)】が目の先の【?】に焦点を当てています。
日々、色々な【楽しみ】【生き甲斐】【自由】に目を奪われています。

一体、何が違うのでしょう?
コレは【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】の話ではありませんのでソコは外して下さい。
コレは【ルーチンワーク】の【仕組み】に【気付く】大事な場面です。
そろそろ御分かりになったと思います。

そうなのです。
【私達(アバター・Aの世界)】が幾ら【努力】しても、この【ルーチンワーク】のシステムを把握した上で【努力】するのとしないのでは全く現象が違って来ます。

世間でアファーメーションやイメージング、能力開発での【限界突破ワーク】をしても、どうしても【自分自身(アバター・Aの世界)】の影響は大きな【影(影響)】を残します。
この【影】は下手を打つと【体験ルーム】で【シグナル】として始めの内は【御知らせ】してくれますが、そのうち【御知らせ】が【警告音】に変わり・・・それでも気付かなければ【自分自身(アバター・Aの世界)】に相応の【試練】や【過酷な体験】を強いられる事となります。
逆であれば【自分自身(アバター・Aの世界)】に相応の【幸福】や【至福の体験】となるワケです。

でもこの喩えでは【幸・不幸】とか【楽・苦】を出して喩えている以上、またソレを考えている・認識している以上【本当のシステム】を【観る】最初の段階だと思って下さい。
何故なら、どちらも【光(認識)】をすれば【影(現象)】が現れる【事(システム)】には変わりなく、本当に【気付く】のはその裏でフルスピードで展開していく【仕組み】に【気付く】事が何より大切なのですから。

ソレさえ【気付く】事が出来れば、この【体験ルーム】内の【限界の枠】を飛び出てしまう事が可能になります。
それは【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】、根底から【人生をコントロール】する事に他なりません。(実際にはその必要すら無いのですが…)

これは何を意味するのでしょう?
この章の例えでは・・・

この様な感じになります。
元々、【情報の海】という環境の中で【私達(アバター・Aの世界)】は自由度の高い状態なのですが【ある目的】の為にこのような【システム(仕様)】にカスタマイズされています。
さてこの本来の在る形に【還る】事こそが【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】への最高のプレゼントとなるのです。

その具体的な手段は別章【心と意識の洗濯】に譲るとしまして、この章では【皆様(アバター・Aの世界)】の現状の把握である【体験ルーム】がどのような【システム】でどのように【働いているか】を【観(み)】て頂ければ幸いです。

この章では以上です。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------