現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

基準を設ける事で実際には何が起きているのか?

【貴方(アバター)】が【基準】を設ける事で意識の中で一体何が起きているのでしょうか?
今回はそれを観(み)て観ましょう。


   ------------------------------------------------<広告>-----------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 意識と心の仕組み > 基準を設ける事で実際には何が起きているのか?

基準を設ける事で実際には何が起きているのか?

【貴方(アバター)】が【基準】を設ける事で意識の中で一体何が起きているのでしょうか?
今回はそれを観(み)て観ましょう。


御久し振りの更新となります。
各カテゴリーの題材の記事がなかなか埋まらずにメールが届くようになりましたが意外に当サイト【現実と人生のカラクリ】を観て頂く方がいらっしゃるのには大変嬉しく、少々驚いている次第です。
誠に有り難い次第です。

今後も出来るだけシッカリとした内容に綴って観(み)たいと想います。
ただ、綴る際には殆ど文面は心のままに指を動かして綴っていますので自分でもビックリする様な記事になってしまう事もよくありますのでその旨、御容赦下さい。

では本日は【基準】の事について綴って観(み)たいと想います。

とても大きな気付きがあると想います。
私(卵P)は何かしら人生に大きなトラブルやハプニングが無いと気付かない鈍感な所がありましていつも考え事が絶えません。

そんな浮き沈みの激しさの中で次第に【自分自身(アバター・Aの世界)】の中を観(み)る事に恵まれたのは不幸中の幸いなのか今を以ってしても不思議な経緯でもあります。


では綴ってみます。
さて、【基準】とそもそも何なのでしょうか?

国語辞書では…

----------------------------------------------------------

【基準】
き‐じゅん【基準】
物事の基礎となるよりどころ。また、満たさねばならない一定の要件。
「作品評価の―」「設置―」→標準[用法]

ウィキぺディアでは…

【基準】
基準(きじゅん)とは、行動や判断の拠り所となる物や数値である。
何かを比較するときに用いる。規準、水準、標準、尺度ともいう。
規準は、哲学において信仰や思惟、評価、行動などの見習うべき規則のこともいう。
水準は、もともと水平面からの高さを意味したことから、レベルなどの高さに関しても言う。標準は、一番普通である状態についても言う。
また、基準は、キリスト教では聖書のことも指す。

なお、物質はセルシウス温度0℃、1気圧の時が標準であるとされる。
また、しばしば社会的に望ましい水準を指すこともあるほか、統計心理学では、テスト得点等の分布特性を示す指標として用いられる。

------------------------------------------------------------------

とあります。

どうやら【基準】というのは【何か認知したいもの】の存在を【知る】又は【認知】したい為に比較対象として【基準】が無ければならないようです。



比較対象が解かる事で【認知したいもの】の存在を発現させているようですね。
コレが他の物を比較から発現させるという根源となるワケです。
では、逆を観(み)て観(み)ましょう。

以下のイメージ図の様に1つ基準線を引いて観ましょう。
何かこの線に【貴方(アバター・Aの世界)】の意識上の【価値感の基準】を設定して観(み)ましょう。
するとどうなるか?



あらゆるものの所在や比較が出来る様になります。
するとどうでしょう?ある事も同時に現れ始めます。
それは【好むもの】と【好まざるもの】が現れます。

それはどういう事なのか?

基準線を儲ける事により【【自分自身(アバター・Aの世界)】の立ち位置】が解かると同時に【自分自身(アバター・Aの世界)】に近い存在、又は似たような存在が【自分自身(アバター・Aの世界)】の【好む存在】になっていきます。

そして【自分自身(アバター・Aの世界)】にとって遠い存在、又は掛け離れてる存在が【自分自身(アバター・Aの世界)】の【好まない存在】になっていきます。



基本的には別章【5つの欲求】にも記載していますが【等群の欲求】や【自己重要度】に密接に絡む事となります。

また【自分自身(アバター・Aの世界)】の基準設定からは外れるのですが【自分自身(アバター・Aの世界)】にとって離れた存在であるものにも魅力や興味をそそられる事や惹き付けられるのも別章【5つの欲求】での【自己重要度】や【好奇心】等から【手に入れたい】・【憧れ】・【ああなりたい】といった欲求にも繋がります。

今回の章では基本的な【基準を設定する事で何が起こるか?】に焦点を当てて
綴りますので、この辺りは保留しておきましょう。
                  (´・ω・`)y-~


さて…話を戻しましょうか。

【基準線】を設けるとある事に気付きます。
それは【敵・味方】とか【好き・嫌い】が設定される事です。

たった1つの基準…
その1つの基準によって【私達(アバター・Aの世界)】の世界でその存在が発現する事になるのです。
多少、具体的に説明していきます。

一番身近な例で行って観(み)ましょう。
くれぐれも断っておきますがこれからの話は【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】の価値感は持たずに観(み)て下さい。

そうしないと全く偏った内容になり人によっては『いや…それは人道的に受け入れられない。』とか…『この思想は哲学だな。』とかという感想や感情をもって真実を観られなくなってしまいます。

平たく言えば、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】では何を言っているのかと言うと…【人の心理や意識の仕組みや構造】をただ多角的に観察して【自分自身(アバター・Aの世界)】を正確に観(み)る事が何より重要になってくるからです。

【自分自身(アバター・Aの世界)】の事が客観視出切れば本当の現実におけるカラクリが観(み)えて来ます。すると【ある事】に気付くのです。

その【ある事】は物事の根本を見抜く事に繋がります。
そうするとどうなるか?
これはまた別の章で多くの部分で綴られていますので御参照下さい。。


……・・・スイマセン。また話が逸れましたね。悪い癖ですwww


えーと…そうそう。。。基準線の身近な例でしたね。( ̄_ ̄ i)ゞ

ではこんなのはどうでしょう?

例題は<順位>です。
義務教育課程でも人生でも一番本能的に関わる概念でコレほど強力無比な概念は無いでしょう。
コレを例題にして説明して行きますので【皆様(アバター・Aの世界)】の【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】の基準を今はホンの少し傍らに置かれて以下の文面を眺めて頂ければ幸いです。

何かしら多人数でルールの下、競い合う事をしてみましょう。
何でもいいです。


…そーですね。。。 (-"-;A  ←考え中。

小学校のマラソン大会でも中高校の期末テストでもいいでしょう。
結構、思い当たる節があると思います。

すると、どうでしょう?

自分を基準としたある感情が芽生えますね。
自分を基準とした近い人間が親近感が沸き遠くの人間が異端に感じられます。
コレが基準を設ける事によって起こる感情の仕組みなのです。

ちょっとその立場の感情に浸ってみましょうか…

マラソン大会でよくあるパターンでは『一緒に走ろうな。』とか言われると安心しますね。(この手の声を掛けてくるヤツって結局、言われる側は遅いヤツになるのはナゼでしょうかね?w)


ついつい連帯感が沸いて来ますwww

でもレース中には先に行かれるパターンがよくありますwww
少し悲しくなります。

また、こんな感情もありますね。
『絶対上位に食い込んでやる!』 (#゚Д゚)ヨッシャ-!!!
とか…
『嗚呼…やっぱ仮病で休めばよかった。』 (;´・ω・`)ショボーン…
なんてありますね。

自分の基準を設ける立ち位置による感情変化であり別章【5つの欲求】にもある影響を色濃くさせています。

またこの【基準】は人生全般に関わってきます。
それは…
【会社組織】に属したり。
【お金】に関する事で他人と比べたり。
【結婚】に関する適齢期も心当たりがあると思います。
【世間体】等の他人の目の【基準】もありますね。
私(卵P)は過去MLMビジネスや今現在マイナースポーツの外部指導に関わっているので…【自分の意識や経験】から比較する事で随分と【自分自身(アバター・Aの世界)】【他人(アバター・Aの世界)】の可能性を潰した痛い経験をさせて頂きました。

しかし、ある時期から私は疑問が沸いて来ました。
そして【基準】を採用しない方法を採用したのです。

するとどうなったでしょうか?


私は晴れて【自由】の身に成れたのです。
【成れた】というのは表現がおかしいですね…
【在った】という方がシックリします。
そう…【自由】に【在った】のです。

まぁ…これは別章【心と意識の洗濯】に譲りますが、この人生における【基準設定】は人が何かを【認知】する方法としてスタンダードに【皆様(アバター・Aの世界)】の意識にインストールされている仕組みです。

そこに【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】はありません。

ですがあくまで【仕組み】となっている以上、アンインストール(外す・消す)事も事実、出来るのです。

その【仕組み】が外れるとどうなるか?
【皆様(アバター・Aの世界)】にとって大変、(良い意味で)驚く事になるでしょう。

全ての不安が無くなり。
全ての事が自然に変わっていく。

【皆様(アバター・Aの世界)】にとって何も必要とせず。
【皆様(アバター・Aの世界)】にとって全て得る事になります。

そこで気付くのです。
もともと【在る】のだと。

頭で考えても無駄です。
何故かと言えば本来【体験】するのが、この当ホームページ【現実と人生のカラクリ】の本意ですし、何より【私達(アバター・Aの世界)】が【体験】する事が何より大切な事なのです。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------