現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

0と1と境界線

【私達(アバター・Aの世界)】の意識上、認識する上で欠かせないシステムとは?
      

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 意識と心の仕組み > 0と1と境界線

0と1と境界線

【私達(アバター・Aの世界)】の意識上、認識する上で欠かせないシステムとは?


【現実世界(アバター・Aの世界)】【私達(アバター・Aの世界)】が認識する仕組みを成す上で一つの仕組みを深堀して観(み)て観る事をして行きましょう。

【現実世界(アバター・Aの世界)】の設定された空間では初期段階での設定システム上、先ず取り上げられるのが基本的【5感】と言われる【センサー】です。

その【センサー】はこの【現実世界(アバター・Aの世界)】という場所に登場する時点で一番に【得られる】という部分においての【情報収集機能】を宿しています。


特に必須すべき点では【視覚】・【触覚】・【聴覚】・【味覚】・【嗅覚】と基本原始ともいうべきシンプル且つ、非常に機能的に優れた【センサー】を得ています。

ココからが本番なのですが…その【センサー】が反応した先には一体何が起こっているのかという点に今回は焦点が当てられるのです。



実は【センサー】というシステムには判別判定の基本概念には単純なものが設定されています。

それは【ON】か【OFF】という基本的過ぎる…というより純粋でハッキリとした認識を可能にすべき判定方法を採用しています。



そして【ON】と【OFF】という設定と共に【境界線】を同時に設定されます。
これにより【コレとアレとは別物】という【区別】が発生させられる仕組みが出来上が様になります。

コンピューターの世界ではデジタルの世界なので機械認識させる最も原始的な部分では【0(ゼロ)】と【1(イチ)】という世界に区分けされます。

情報処理関係の検定や資格を取得されたり、その分野での勉学をされた方には初歩段階で学んだろう事もあるでしょうが世間一般向けには【進数】という世界にはあまり御縁がありません。

少しだけ説明で引用しますが一番解り易いのでココでは【2進数】の説明を簡略化して説明に当てたいと想いますので少々御付き合い下さい。


機械に数字の【概念】を初歩的なレベルで与える為には【進数】を設定(←機械に教え込む意です)しなければなりません。

その為には機械の原始的レベルで【スイッチ】の【ON】と【OFF】を利用します。

その【2つの世界(2元性)】とも言うべきものを数字に当て嵌める事で【カウント】を教える事が出来ます。
図にすると以下の事になります。



…この様に【ON】と【OFF】の世界を多重構造にして行く事でより多くの【違い】を設定及び発生させる事が実際に可能になり【多様性】を増やす事により【センサー】の種類を増やす事が出来る様になります。

ちなみにこのスイッチを現物化してしまうと途轍もなく大きな装置に成る事に気付くでしょうがそれは人類への課題でもありました。

特に電話交換機やコンピューター等が最たる事例ですが人類はコレを小型化していく作業に心血を注ぎ克服して行ったのです。

有名過ぎる話ですが昔、電話交換機ではメンテナンスを行う際に24時間体制で真空管の交換を行っていました。

真空管は熱を帯びる為に当時空調には大変に気を使っていたと当時の技術者の方々はおしゃっていました。
確かに当時、電子機器の熱量は抵抗性が多分にあり効率性が悪い為…どうしても発生する熱には手を焼いてしまうのが普通でした。

また、真空管の耐久性も大変デリケートなものなので電話交換所のメンテナンスも多くの人員を割いていたのも普及率からすれば頷ける事実です。

ところが1970〜1980年代にある部品が爆発的に普及し始めます。

【半導体】という部品。
その革命的存在が【トランジスタ】です。



実際にはそれ以前に発明されていたのですがコストの面で普及するまでにタイムラグがありましたが生産効率の面や開発や生産技術面の大幅な躍進の変化により【小型化】に拍車を掛ける様になりました。
面白い事に部品を小型化すると消費電力も格段に軽減され、発生する熱量も格段に押さえられる様になります。

当然、耐久性も向上する事となります。
すると【小型化】&【耐久性】を手に入れると人員も空間も削減する事になります。
何故なら【交換所】の大きなスペースは代替えすると4分の1になり、変わりにバックアップ用のシステムを設置する様になれば緊急時の時にしかメンテナンスは必要無くなる為です。

今現在では個人でもサーバー機体を所持出来る様な時代と技術に来ている為、通信関係や交換所関連の心配事はバックアップやトラブルへの補償位で普及率だけが競争基準と成る訳です。

そこに人件費をどれだけ削減出来るかが伺えると想います。



さて、話は少し機械的な話を続けます。

【0(ゼロ)】と【1(イチ)】この【区別】を概念化(←ココではルール設定と解釈して下さい)すると非常に利便性に富む仕組みが出来上がります。

それは【殆どの基本的概念が共有化している世界では応用が効いてしまう】という点にあります。

つまり、【1つのルールを決めたら後は同じなので、ソレを利用する】という事です。
そうすれば1から作らなくても寄せ集めで新しいものを創れるので、その根底を削減出来るというものです。

【私達(アバター・Aの世界)】の意識が創り出したモノは面白い傾向が在るのですが、基本的に【意識の成り立ち】をモチーフにしている部分が多分にあります。

その一番解り易いモデルにもなるのが【集積回路】です。

単体の【回路】が集まったものを世間では【集積回路】と呼びます。
有名なフレーズで【ICチップ】とか【LSI】という言葉を耳にしたことがあると想いますが、実際には結構目にしているものです。

携帯電話やスマートフォン、パソコンの中身を覗いたらこんな部品を目にした事はあると想います。




これは簡単に説明すると【判定(ONとOFF又は0と1の区別するカラクリ)】の集合体なんです。

ちなみに2つ程、関連する面白いネタがありますw

それは【電卓】ですw
1980年代にはこの回路の普及により、数十万円した【電卓】が5000円前後に成り現在では100円ショップでも売られる時代に成った事。

もう1つはプログラムの世界で【集積】の概念が意識概念の模倣だと気付き始めた科学者が多く現れた事です。

何せ【プログラム(以下PRGと表記)】の世界では【設定】しない事には何も出来ない演算装置の箱なのですから初期段階で【ルール設定】をしなくてはならないのです。

その為、【基本概念】の積み重ねと【引用】&【応用】という【PRG】の集合体を作り上げる事により【マクロ概念】という仕組みを意識する様になる技術者が当時多くなりました。(現在では常識の考え方)

冷静に考えれば人間の意識の成り立ちを再確認する大きなキッカケとなる訳ですが現在では人工知能の分野にも発展し急成長しているのは、ある意味【人間の意識というもの】を通して【現実世界(アバター・Aの世界)】の追求を科学的に考えて観ても射程距離に入れて考えていると観るのが自然なのでしょう。

確かに海外では国家プロジェクトレベルで【量子実験装置】を建造している位なのですから【現実世界(アバター・Aの世界)】で今や【私達の世界(アバター・Aの世界)】【私達の意識世界(アバター・Aの世界)】を【宗教チックなレベル】や【哲学レベル】で簡単に線引きし片付ける事が出来なくなる時代が来るかもしれません。

多分、その時代が来る事で【私達(アバター・Aの世界)】の【自己責任】や【自己の教育】を真意段階で考える事が科学によって考えさせられる事になるのかも知れませんね。


さて…話を大幅に戻し、今度は【0(ゼロ)】と【1(イチ)】を存在させる部分を観(み)て観ましょう。


【0(ゼロ)】と【1(イチ)】を【存在させ認識させる】には2つの存在が必要になります。
それは【境界線】とそれを認識する【※センサー】が最低限必要になります。

注意※ちなみにココで説明する【センサー】は外部刺激による話から内部判定による領域に話が進むのですが、この章である【0と1と境界線】の成り行き上、意識に蓄積された判定区分に入ると【PRG】による判定になるので具体的には【判別・識別・認識基準】の言葉が妥当と想われます。
ですが話の流れ上、とりあえず一貫又は併用して【センサー】という判定言語を使用しますので予め御了承下さい。


この【境界線】は互いの存在や情報を意識上に存在させるには無くてはなりません。
何故なら比較対象が無ければ【混じり合う状態】になり判別する所か認識すら出来ないのです。

コレは【ある問い】を投げかけると非常に理解し易くなります。



問。
『【白】というものしか存在しない世界で【白】を認識するにはどうすれば良いか?』



…という問いです。
答えは【白】以外の【色】を知覚・認識する事です。
すると比較対象があるので【白】という存在が解る様になります。

例えの話ですが…
『魚に水が解らぬのなら水から出してみるがいい。それと同時に水の存在が解るだろう。お前に空気が解らぬのなら水の中に入ればよかろう。』という逸話があります。

【私達(アバター・Aの世界)】にもその様な比較体験での情報の得方は多分に在る筈です。

イキナリ一人暮らしをすると家庭環境の有難みが知覚・認識する事が出来たり…
親に成ると親の観えなかった苦労が知覚・認識出来たり…
海外に行くと日本の安全性や治安の高い事が知覚・認識出来たり…

例を挙げればキリがありませんw


そして【センサー】ですがその【存在】や【情報】を知覚・認識する初歩の段階で【自分自身(アバター・Aの世界)】の意識に違いとして反応する為には絶対に取り込む【装置】が必要になります。

そうする事で【仮想スペック】の空間に情報を【ある種】の【存在(形)】として取り込む事が可能に成るのです。

面白い事にこの手の【情報】を完全に知覚・認識し【情報を補完(保管)】した時点で【私達(アバター・Aの世界)】はその【情報】や【存在】を再認識する事は無くなるのが面白い仕組みなのです。

【私達(アバター・Aの世界)】の意識はそれだけ【情報収集】を効率化し常に類似情報よりも【違い】のある情報を24時間体制且つ年中無休で得続けている為に同じ情報は仮想スペックの範囲で処理されているのです。

【現実世界(アバター・Aの世界)】【私達(アバター・Aの世界)】は進化する過程において過去に得た情報を【パターン化】し、そこに情報を固定化する為に【定着媒体である感情】を張り付けてデータ照合を行って来た結果、現在の繁栄を築き上げて来ました。

人によっては『一部の挑戦者の犠牲や努力によって可能性を拡げて来たので全員ではない。』と意見される方がいらっしゃるでしょうが、実際には事実は違います。

それは何故か?
物事の進化を考えると【総体】を外せないからです。
これは【現実世界(アバター・Aの世界)】の基準から考えると簡単に解るのですが、皆同じ【コピーパターン】を成すと絶滅するからです。

非常に参考になる生物が昆虫の【蟻】や【蜜蜂】なのですが人間の基準で【パレート法則】を当て嵌めると不可解な現象がハッキリ解ります。

この手の文献はネットを検索すれば幾らでも出て来るので割愛しますが実際に【コピー】による模倣を追求すると情報は薄れ絶滅の可能性が出るのが誰でも解る事実です。

その中で【トライ&エラー】をする輩により【多様性】が生まれる事になり進化の形態が安定化する結果を生むのです。

この事実が解れば【境界線】の扱い方も… 御分かりですよね?


【私達(アバター・Aの世界)】は初期段階で【センサー】を駆使してある種の【壁】という【境界線】を多く創るのは【言わば制限の製作の延長】と認識して良いでしょう。

【延長】と題したのも実際には【現実世界(アバター・Aの世界)】に自己意志でトライして来た事実を裏付ける決定的な足掛かりが其処には存在するからです。

この章では割愛しますが【私達(アバター・Aの世界)】はこの【現実世界(アバター・Aの世界)】に生まれて来なければ一体どの様な世界に存在したのでしょうか?

【私達(アバター・Aの世界)】は封じ込められた今までの経験上のスペックを仮想現実のエリアでしか知覚・認識出来ません。

それも当然なのです。
何故なら【境界線】を多く設ける事により【体験】を得る事に成功したのですから。
先程の【白の問い】でも解るとは想いますが境界線の全く存在しない世界では一体どの様な状況なのかは現段階の【私達(アバター・Aの世界)】のスペックでは知る由もありません。

またこの現感覚での理解は先ず間違い無く【矛盾】に嵌るでしょう。


ですがその部分に【自分自身(アバター・Aの世界)】の深い洞察と探求を求める事が足掛かりの存在を知覚・認識出来る事は先に伝えておきます。
また、この部分の追求は【他人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を余り必要としない事を先に述べておきます。


【私達(アバター・Aの世界)】【この世(アバター・Aの世界)】に出現した時点で【冒険】に相応しい【制限】という名の【境界線】を設ける事である種の【不自由】を獲得する運びになります。

胎児に意識がどの期間で宿るかはココでは考えないとして、実際に【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】に存在した時点で大変な【事】を起こして【ある事】を手に入れたのです。


それは【比較対象】という名の【境界線】を設定して【体験を手に入れた】という事。
この時点で【手に入れた】という決定的な【比較対象】を実現する結果となった訳です。

つまり【全ての現象を知覚・認識出来る】というかなり面倒で大掛かりな【世界(アバター・Aの世界)】に自主的に来た事になります。

コレは私(卵P)個人の感覚ですがw
生まれて一生懸命泣く姿を観ると…

【喜んでいるのか?】←『やったぞ!体験の世界に来て嬉しい!』
【嘆いているのか?】←『期待して来たけどエライ事をしてしまった!』


…ナドト考えたりもしますw
             (;´・ω・`)ゞ・・・スマソ


しかしながら、幼少期に【制限】や【境界線】をヒタスラに構築し【限界】を覚え、それでもトライ&エラーを繰り返し、少しずつ【自分自身(アバター・Aの世界)】と向き合い、【自分自身(アバター・Aの世界)】との【理解】と【和解】を経験し【境界線】を抽象化していく事で可能性の範囲を広げて行く様になるとある時に【その変化に気付く】時が来る様になります。

それは…


【自由度が広がっていないか?】


              …というもの。


年齢を積み重ねると【境界線】も在る様な…無い様な…。
【センサー】も多様性が増して【察し】が鋭敏になったり、逆に意図的に【削ぎ】を習得し不要な情報に動じなく成り、追求性や粘りを培ったりする事である種の【回還(造語:本来の自由度へ還る)】感を覚える事も増えて行く様になります。

人は折り返し地点(個人差による)であらゆる習得量と引き換えに不自由を得ます。
一つの事例では身体能力の低下を得る代わりに経験が手に入ります。

その経験が他人への洞察力が高まり【協力】のスキルや【察し】のスキル。
その他諸々の情報取得へと繋がります。

その時、【老い】と引き換えに【削ぎ(シンプルさ)】の習得が養われる事が【ある種のヒント】に成り替わる事が多々あります。

古人の言葉を引用すれば…【上善水の如し】と言えば良いでしょうか?



当ホームページ【現実と人生のカラクリ】から言えばコレは【回還】のスキルと言えます。
巷では【格言】として取り扱われますが、実際には【自分自身(アバター・Aの世界)】の内部【PRG】を解放し【削ぐ】手段と考えています。

それは【境界線】を緩和し、時には任意で外したりする事でもあり…
【センサー】を多様化し【情報】をより細部まで得られる手段でもあります。
それにより【察し】という【センサー】の鋭敏化が可能になるものと考えます。

それもその筈。
【理由】や【経緯】の把握無しで【情報】を掴む事が出来るからです。
この能力やスキルが人間関係で特化して行くと、世間ではその様な方々を何故かしら【人格者】と言われる傾向が強い様です。

また、このスキルが【教育】関連に精通していくと【指導者】に向く傾向が強くなります。

人は【制限】や【壁】という【境界線】の【現実世界(アバター・Aの世界)】であらゆる【体験】や【苦難】、そして【経験】をして行くと次第に【回還】し【情報】を得られる【質】や【量】が膨大に変化して行く様になります。

その為、この種の【冒険】は大変なトライである半面…とても目的ある行動なのだと気付くには在る程度の場数と年齢と思慮の経験が時間を追って来るのを待つ事が必要なのでしょう。



【待つ】と表現したのは経験上、【追う】と得られない事が何となく感じられたからです。
どうやら【私達(アバター・Aの世界)】の意識の構造上、この【境界線】という創造物は【手に入れる】という概念に深く深く…とても深く関わっており…

また、逆に【比較対象】の構造上、【手に入らない】という概念にもリンクしているのだという事実が浮かび上がる事を表現している事が解る事でしょう。

この章で何かしら【皆様(アバター・Aの世界)】の気付きがあればとても幸いに想います。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------