現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

人間模様を観察する前に、先ずは御了承下さい。

実際には自分以外、そこには存在しません。貴方が観るものは全て本当の貴方が構築したものです。
それを観てみましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 人間模様を観察し学ぶ > 人間模様を観察する前に、先ずは御了承下さい。

人間模様を観察する前に、先ずは御了承下さい。

実際には自分以外、そこには存在しません。貴方が観るものは全て本当の貴方が構築したものです。
それを観てみましょう。


この章では私(卵P)が今まで生きて来た人生で出会った【Aの世界(アバターでの世界)】での人物行動や出来事を観つつ、私(卵P)の中に展開する【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の中で一体何が潜んでいるのかを観る事で、何かしら皆様にも大きな気付きとなれば良いと考えています。

内容的には批判めいた部分もあり多少見苦しい部分もあるでしょうが拙い文面に私(卵P)の真意が【皆様(アバター・Aの世界)】に伝われば幸いです。


なお、この章で私(卵P)の実体験を当時の記憶と現在の【観る】心境を綴っていますが私(卵P)の中での【現実(アバター・Aの世界)】で起こっている事であり、その情報が【皆様(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】では別の認識を構築される事と存じます。

その為、【皆様(アバター・Aの世界)】にはどの様に映るかは正直解りません。
何故なら私(卵P)と【皆様(アバター・Aの世界)】…というより全ての方は常に別々の世界に点在しており、隣人や家族でさえ【現実世界(アバター・Aの世界)】で存在している様に観えても【Bの世界(本当の貴方での世界)】では別世界にいるのです。




その為、【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】は自らのフィールドに情報を得て【現実世界(アバター・Aの世界)】を瞬時に創り上げています。

その為、全ての【他人(アバター・Aの世界)】と認識している出来事や行動というのは全て【現実世界(アバター・Aの世界)】では【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】が創り上げている壮大な【ドラマ】であり大変、手の込んだ【人生ゲーム】という表現になるのはこの為です。

ですが、この【観る】という行動や作業に大きなヒントがあると思うのです。
その大きなヒントとは【人生】の縮図。
そしてその【縮図】から【現実世界(アバター・Aの世界)】の構築している根源を知覚出来ると考えています。

別章【心と意識の洗濯】に詳しく記していますが【貴方(アバター・Aの世界)】を認知し、知覚する事で【現実】というもの。
そして【人生】というものを具体的に認知・知覚出来れば【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】に出会える事になるのです。

それが【今】に生きる事だと腑に落ちれば、この世の全ての理(コトワリ)が【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】になるのです。

この章で閲覧されている全ての方に気付きがあります事を念頭に綴ってみたいと想います。

このサイトを閲覧される方に私(卵P)から一つ念頭に御伝えしたいのは以下の事を押さえて御覧頂ければ幸いです。

@ 【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】等の判断は一時、据え置いて【観て】下さい。
A 価値観を一時、据え置いて【観て】下さい。
B 私(卵P)の当時の判断や、価値観も表現されていますが【皆様(アバター・Aの世界)】の世界とは別のものなので客観的に【観て】下さい。
C もし【…なるほど。】と【気付く】所があれば、それを【観て】下さい。
D もし、皆様の御気に召さない文面・文言があったり【勘に触る(腹が立ったり)】する事で感情が揺れる事があれば、それを【観て】下さい。
E もし、皆様が【同感】されたり【感銘】を受ける事があれば、それを【観て】下さい。


以上です。
閲覧されている全ての方々に大きな【気付き】があります事を願っています。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------