現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

先ず一番の基本を冷静に理解しましょう。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】でのコミニュケーションで一番基本となる部分を必ず押さえてゆっくりと紐解いて行きましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > コミニュケーション > 先ず一番の基本を冷静に理解しましょう。

先ず一番の基本を冷静に理解しましょう。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】でのコミニュケーションで一番基本となる部分を必ず押さえてゆっくりと紐解いて行きましょう。


当ホームページ【現実と人生のカラクリ】にて【コミニュケーション】のカテゴリに入る前に必ず押さえておかなければならない事を知覚して理解し、実践において体験して【※験解】へと昇華して行きましょう。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】)


少し小難しく聴こえますが非常に基本となる部分ですので熟読されて下さい。


では始めます。


当ホームページ【現実と人生のカラクリ】でのネックとなる…

【現実の仕組み】各章
【人生の仕組み】各章
【人間関係の仕組み】各章
【価値の仕組み】各章
【意識と心の仕組み】各章

…を熟読されている方には幾つか疑問点が出て来る事と存じます。
そして別章【矛盾】も並行されて熟読された上で以下の要点が浮かび上がっている部分を先ず御説明してクリアにしてから進めたいと想います。



先ず以下の要点をピックアップします。
それは…

@ 【自分自身(アバター・Aの世界)】が体験する全ての【方達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】が設定した【区分けという独自性】という【プログラム(以下PRG)】で映し出されている。

…という点を押さえておく事です。

【私達(アバター・Aの世界)】【各人各様(アバター・Aの世界)】での【現実世界(アバター・Aの世界)】では基本的データを【自分自身(アバター・Aの世界)】の意識へ一旦ダウンロードした後、それを基本骨子として世界を創り上げ、【自分自身(アバター・Aの世界)】の【基本ベースPRG(初期設定という意)】を設定する事により五感に反応出来るレベルで体験出来る世界を構築します。

その為、大変リアルに創り込まなければなりません。
そうしなければ【リアルな体験】は出来ず【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が望む【リアルな遊び】が叶わない事になるからです。



A 【Aの世界(アバター・Aの世界)】が幾ら【創りもの】といえ絶対に【疎かに扱わない】という絶対的な部分を外さぬ事が大切です。

それは【PRGに飲み込まれる可能性が非常に高い点にある】という事です。
当ホームページ【現実と人生のカラクリ】に訪れた方々の中での御質問に以下の様な事項が少なからず出て来ます。

それは…

【自分自身(アバター・Aの世界)】の創った世界ならば何をしても良いのではないか?】という関連の御質問です。


実際の【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】という部分にリンクすれば答えは確実に【正解】ですが、その場合…実際には【本当に解った状態であれば【現実世界(アバター・Aの世界)】を更に丁重に扱う様になります。】と断言します。

上記の質問に関しては別章【5つの欲求】に関わる状態であるか?そうでない状態か?…という【自分自身(アバター・Aの世界)】の観えない部分を根気よく観(み)定めなければ十中八九、自己構築した【PRG】にアッサリ絡め取られ手痛い御体験を余儀無くされる事でしょう。

ほんの一例ですが世間で言う【逆恨み】・【無差別での事件】・【テロ】・【自暴自棄による事件】等がその部分に該当します。


(↑自由に振舞っている錯覚に陥るが最終的には【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】に絡め取られてしまう現象が起きてしまう。)


一見、【【自分自身(アバター・Aの世界)】の世界で何をやっても良いのでは?】と感じられるでしょうが結局の所、この部分に関しての【動機(行動理由の根底)】は【【自分自身(アバター・Aの世界)】の抑制という自己の器から溢れ出た感情】が成せる行動に成るからです。

その為、【自分自身(アバター・Aの世界)】の姿を観抜けない状態で行動する事で最終的には【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】という世界で【PRG】のシステムを存分に体験するという仕組みになります。


世界情勢を観れば解ると想いますが、殆どの紛争や軍事における経済動向等は基本的に【5つの感情】が、かなり複雑に絡んで大きな流れを形成しています。

そして世界レベルで観ると実際に同じ人間世界でも【階級世界】を未だに存続させている地域もあるのが現状なのです。

その【歪(いびつ)なルール】の一例である【カースト】や【聖戦(ジハード)】でもありますがルーツを辿れば誰もが呆れる程の【5つの欲求】を垣間観る事でしょう。

それだけ【私達(アバター・Aの世界)】という人間は【ある種のコントロール欲求】を強力に抱ける生き物であり、逆に【その欲求】を絶対昇華し解放する事の出来る生き物なのです。


(コントロール欲求と解放は紙一重の存在。)

以上の基本的2点を押さえておく事で以下の様な構図が出来上がります。



それは…


【Aの世界(アバター・Aの世界)】【Bの世界(純粋意識・本当の自分)】の存在を認知しつつ、どちらも近づかない位置での距離感をキープしつつ【自分自身(アバター・Aの世界)】の人生という【現実世界(アバター・Aの世界)】を歩む事。


…となります。

         (´・ω・`)y−~


事実、【自分自身(アバター・Aの世界)】の中を静かに観(み)続けて行くと【現実世界(アバター・Aの世界)】は勿論の事…【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の目的を徐々に【理解】し【験解】へと昇華して行く様に成って行きます。

すると【本来の自己責任】という【重苦しさ】というニュアンスから解放され【自然体で受け止める】態度を自然と取る様に成ります。



その時、初めて【【自分自身(アバター・Aの世界)】と闘う事】から無縁と成ります。



傍から見れば(一般的観(み)方からすれば…)それはとても【※鈍光(どんこう)】に映る事でしょう。
ですが、その様な形で【身を修める】事を仕出すと、次第に【身を治め】…何故か不思議な程に平安を体験する様になります。
(※【鈍光】造語です。『鈍く光る』事から目立たない様(さま)や状態を指します。)

この様な状態に成ると本来の【在る】という状態に還る様になります。




それは何を意味するのでしょうか?

少し前に綴った記事で【忍耐を通り越した先にあるもの】で【特殊なシャボン玉】を例題に出しましたが、そのパターンで言えば【両方のシャボン玉を統合する】事を意味します。

元来、【元々1つだったもの】を【分けた理由】として【私達(純粋意識・Bの世界)】はそれだけ【体験したい】という目的があったと言う事に気付かなくては本当の意味で観(み)抜けません。

その為、【私達各人各様(アバター・Aの世界)】が偏った判別をする事で【もう片方の存在】の価値を深める大きな体験をしているに過ぎないのです。


その観点からも解るとは想いますがアンバランスな価値観を余りにも持て余すと【自分自身(アバター・Aの世界)】が蓄積し、構築した【PRG】に絡め取られてしまうのは至極当然の事なのです。


ですから【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を体験しているという【験解】を深め、それを押さえた上で【自分自身(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との距離感を保ちつつ【観(み)る】事を丁重に行う事はとても大切な事なのです。

少し難しく聴こえるでしょうが簡素に伝えるならば…



【自分を大切にする事。そして全て(自分以外も)を大切にする事。】



              …と言う事です。


【私達(アバター・Aの世界)】はそのバランスが余りにも【現実世界(アバター・Aの世界)】に偏り過ぎている為に【ただ、それを忘れているだけ】なのです。

また、【5つの欲求】が混じった状態で【Bの世界(純粋意識・本当の自分)】に関わると途端に【Aの世界(アバター・Aの世界)】に引き込まれ【自分自身(アバター・Aの世界)】で【構築したPRG】に手痛い体験を被るでしょう。


実際に【Bの世界(純粋意識・本当の自分)】に差し掛かると静かに【私達(アバター・Aの世界)】を受け止めてくれる【絶対の安心感】がそこには在ります。

そして【静かに【Aの世界(アバター・Aの世界)】を楽しんで来る】という促しを前提として手放して常に自由選択を与えてくれます。


それも当然の事なのです。

何故ならば【【私達(純粋意識・Bの世界)】はそれを望んで【現実世界(アバター・Aの世界)】に来たから】に他ならないからです。


本当の意味でこの事実を【験解】して来ると【自己責任】という重苦しさは羽の様に軽くなり【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で静かに満喫出来る様に成る事でしょう。


以上の意味を熟読されるとこのカテゴリーで【【現実世界(アバター・Aの世界)】での登場人物という【他人】とのコミニュケーション】を通して【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】を丁重に扱える運びに成ります。

加えて【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の目的を次第に理解し【体験】を通して【験解】出来る様になるのは当然の事に成って行くのです。


その事実が次第に【腹に落ちていく経過】を通じて【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】の人生というドラマをより昇華体験して行く様になります。

今回は【コミニュケーション】のカテゴリーに差し掛かる前提での【勘所】を提示しました。
ですがそこには【成功も失敗も無い世界】という事実を忘れないで下さい。

そして何も【恐れない】で下さい。
時には他人との摩擦や衝突で多大な精神的ダメージを受けたりする事もある事でしょう。
逆に時には他人への摩擦や衝突で多大な精神的ダメージを与えたりする事で【自分自身(アバター・Aの世界)】が傷を受ける事もある事でしょう。


でも上記で簡素に伝えた事を忘れないで下さい。




【自分を大切にする事。 そして全て(自分以外も)を大切にする事。】




それは【体験】を重視し目的でもある【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】からのギフトなのです。



以上がこの【コミニュケーション】での基本ベースとなります。
また別カテゴリーでもある…

【人間関係の仕組み】
【意識と心の仕組み】
【心と意識の洗濯】

各章も御参考になって下さい。


この章では以上となります。
【皆様(アバター・Aの世界)】のより良い人生の向上になれば幸いに想います。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------