現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

ボタンの押し合い&ボタンの自押し

私達が他人との関わり合いで内部的に一体何が起こっているのでしょうか?


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > コミニュケーション > ボタンの押し合い&ボタンの自押し

ボタンの押し合い&ボタンの自押し

私達が他人との関わり合いで内部的に一体何が起こっているのでしょうか?


先ずはこの章を熟読するに当たり別章【先ず一番の基本を冷静に理解しましょう。】を御覧下さい。
また…【矛盾】の章も並行して閲覧される事を御勧めします。

【皆様(アバター・Aの世界)】の中には人生という【現実世界(アバター・Aの世界)】との関わりに多少疲弊されている方々も事実おられる事と存じますが多少力を抜いて、しばしの客観的視的を持ちつつ閲覧されて下さい。


特に【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】な観点を併用し【自分自身(アバター・Aの世界)】の内部処理にヤラれてしまった方には特に当ホームページ【現実と人生のカラクリ】を閲覧される上で自己の【葛藤】や【重圧】…そして【自己嫌悪】から幾らか距離を置く事で冷静に観る事を強く御勧めします。



【私達(アバター・Aの世界)】は特に人間関係において非常に過敏になりつつあります。
大人に成って行く内に【自分自身(アバター・Aの世界)】の枠の外に興味を持ち始めて次第に中心軸が外の世界に向いてしまい時には楽しかったり・嬉しかったり…逆にそれがキッカケで苦しかったり・悲しかったりしてしまいます。

その確固たる理由を知る人は意外と一握りだったりするものです。
一体、【私達(アバター・Aの世界)】個人個人の中にどのような影響を及ぼし【現実世界(アバター・Aの世界)】で何が実際に起きているのでしょうか?


世間や一般常識で基本的概念とする認識は他人との関わり合いにおいて【礼儀】や【作法】…そして【他人は鏡】と揶揄されて知識を得ます。

子供の頃は同じ経験をしてもコンプレックスを持ったり・持たなかったり。
教訓になったり・トラウマになったり。
経験値に変化したり・傷になったり。
絆が深くなったり・今生の別れになったり。

一卵性双生児でさえ同じ環境化で育っても人生において同じ生き方をしないのがこの【現実世界(アバター・Aの世界)】の不可思議な部分でもあります。

不思議な事ですが大人になっても【ケンカ上手な人とケンカ下手】な人がいます。
この表現では語弊がありますが優劣や勝敗の事を言っているのではありません。

事を起こしている最中やその後の処理の過程の事を言っています。


人によっては【事の運び方】や【仲直り】の上手な人が事実大人になって非常に上手な人がいます。
中には大人になって【その修復が非常に下手な人】は争いを避ける傾向が人一倍強い事が挙げられます。

子供の頃は何時でもケンカしても時間を置くとケロッとして一緒に遊んでいる事が出来ましたがコレを大人がしているのは殆ど観掛けなくなりました。

古い世代の人達は結構多かったのですが現代ではその修復能力や交渉能力、人間間での適正距離の取り方も非常に不慣れになって来ています。

それは経験値が足りない事と【事の内容】に対して仮想認識レベルに重きを置き過ぎて【自己現実(アバター・Aの世界)】の器が耐えられない(実際は錯覚なのですが)痛みを事前回避する事で関係を持ち難くなっています。


さて当ホームページ【現実と人生のカラクリ】では今回、観方を常にロジックに捉えている為、内部的に何が変化しているのかを客観的に観(み)たいと考えています。

でも御断りしておかなけれはならない事もあります。

それは【知識】のみで【実践】に活かさないのは本末転倒という事です。
【私達(アバター・Aの世界)】は非常に【現実社会(アバター・Aの世界)】に埋没し過ぎて非常に過敏に成り過ぎてしまった部分があります。

【本来の私達(純粋意識・Bの世界)】の目的を忘れてはなりません。
ソレをする為に【私達(アバター・Aの世界)】は生きていますので、先ずはリラックスして【現実世界(アバター・Aの世界)】を吟味し、シッカリとした足取りで歩んで行く為に学ぶ必要性があります。

そして【学んだ】と言っても自己実践こそが一番大切ですので決して周囲に情報シェアしたり騒ぎ立てたりしない事が大前提です。
つまり【タブー】をしない事が大切です。
【タブー】に関しては別章【ワークの実践中にタブーをしない。】を御参照下さい。


前置きが何時も通り長くなりましたw
少しずつ深く今回の章に準じて綴ります。


先ずは当サイト【現実と人生のカラクリ】での別章【5つの欲求】をベースに考えて観ましょう。
【私達(アバター・Aの世界)】の人生のおいて多くの人間が生きており現実的に関わっていますが実際に【自分自身(アバター・Aの世界)】へ関わる方達はほんの一握りです。

現在グローバル化が持て囃されていますが【情報共有化】での関わりであっても実際の所、共に時間を共有したり…同じ空間を認識し合うという関わりよりも深い繋がりを【得合う】という濃い繋がりを体験するという事は数える程しか存在しません。

実際に【現実という人生(アバター・Aの世界)】において上記のレベルで体験するキャラクターは基本的に家族や血縁が最も代表的な存在です。

年齢を重ねるに連れて仕事関係や友人クラスにも成りますが基本的に家族ぐるみの付き合い等は殆ど数える程しか無いのが現状ですし、実際にその様な御付き合いをしているのならばそれは本当に貴重な体験であり、人生の宝とも言うべき【縁(えにし)】です。



さて…【私達(アバター・Aの世界)】の深い深い部分に宿る【始原のプログラム(以下PRGと表記)】には生きるというシステムに【5つの欲求】が深く関わるのですが、先ず初めに【このPRG】は幼少の部分において基本的に【むき出しの状態】で解り易く成っています。

始めて家族以外の人間関係において【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を学ぶ前段階でもあり…そしてこれから【各人各様(アバター・Aの世界)】のオリジナルでのシステムを育むという人生に最も醍醐味を持つ事が出来るプロセスでもあります。

厳密に言えば【私達(アバター・Aの世界)】は【PRG】という形においては基本的にオリジナルは存在しません。
それは【ベース】という【型】があります。
その【型】を習得し、最初の【パターン】を形成して基本概念が完成します。
その基本形に沿う形で【情報収集】を行い【PRG】を集積し創り上げて行き…最終的には【マクロ化】して運行して【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実社会(アバター・Aの世界)】を形成して行くのです。

この部分に関しては別章【自分と他人の世界は…】を御参照下さい。


【私達(アバター・Aの世界)】はその【ベース】を習得しながら、あらゆる【情報】を振り分け【成長】し続けて行く分野へ非常に特化していく生き物なのです。

その中で【オリジナル】を観(見)い出して行くという何とも矛盾に満ちた不思議な生き物なのです。
何せ、【自分自身(アバター・Aの世界)】がオリジナルと豪語しても使用している【言語】・【風習】・【常識】・【価値観】・【社会性】・【住んでいる場所】・【環境】・【考え方の基本概念】etc…は全て何処かに【ベース】という既存基本が存在しており誰一人として【現実世界(アバター・Aの世界)】の情報を【得た時点】で【オリジナルではない】という確固たる証拠と成るのです。

例えるなら【オンラインゲーム】がその代表格になるでしょう。
どのオンラインゲームに属しても【その世界】に参加してどの様な【アバター(キャラクター)】を纏ってカスタマイズしても全てそれは【その世界で用意されている既存のもの】であり、それは誰もが共有可能なもの(難易度はあるが)なのです。

但し、オリジナルというには微妙なのですが…どの様な選択肢を選ぶかは千差万別ではありますがかなりの低確率でも無限では無い限り何処かで同じ行動を取る確立がある限り【その固有性】は無いのかもしれません。


ココでピンと来る方は居られるでしょうか?
『じゃあ…ホスト(←ココではその世界での所有権や所有者の意)ならどうなの?』と。

そう考えた方は本当に鋭いと想いますw
つまりオンラインゲームであれば【製作者側】を指している…という事になります。


しかし…実はそれも半分正解で半分は違うのです。
何故なら…【ベース】の部分を観ると解りますね?
コレがヒントであり答えです。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】からのジャンルから考えると【私達(アバター・Aの世界)】の世界では参加している全ての方々は【オリジナル】からの産物でもあり、これらからの発生する多様性を示唆していますが【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】を観る事で何処が【オリジナル】かは線引きが非常に曖昧な世界に属します。

そこから考えると【自分自身(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】も実際には【オリジナル】という部分においてはまだ別次元の部分に秘密が隠されているのだと考えて良いでしょう。

これらについては【現実の仕組み】【人生の仕組み】【意識と心の仕組み】で綴りたいと考えています。



さて…今までに無い位に話が逸れてしまったので戻します。

【私達(アバター・Aの世界)】のコミニュケーションの基本は【対人】が基本形となります。
いくらネット上のSNSやあらゆる手段を使用しても基本的に【その先には相手が在って】のものなのです。

つまり【自分自身(アバター・Aの世界)】以外の別の方が在っての【変化作用】なのです。
その中で先ず覚えておかなければならないのは【5つの欲求】を刺激し合っていないか?を視野に入れておく事が大切です。

先程の話が逸れる前で説明した幼少の時期にはこの【5つの欲求】がガードされている事が少なくて解り易い状態ですが成長するに連れて色々と解り難くなる様になります。

先ずは以下の図を御覧下さい。



上の図の様に【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】おいて【相手】という【自分自身(アバター・Aの世界)】以外の【者】や【情報】とをやり取りしています。(←かなり表現に限界を感じますw)

ちなみに【者】は理解出来ますが【情報】となると意外に意識しないと解りませんが単純に【手紙】や【メール】等でも変換(置き換える)すると解り易いと想います。

その【やり取り】をして行くと【ある種のフィルター(上の図で言えば【?】になります。)】を通過して【5つの欲求】の各【ボタン】を刺激してカウントして行きます。

その【ボタン】とココでは例えていますが実際に【私達(アバター・Aの世界)】はこの様な事を無意識に四六時中行っているのです。
大人に成るに連れて次第に基本的ルールを覚えて【ソフト&ハード(やんわり・ハッキリ)】に情報を伝えたりしますが基本的に【何かしらの意志伝達】を計っています。

その際に必ず相手の五感を通し→【フィルター】を通過し→【5つの欲求】という各ジャンルのボタンを押しているのです。
実際には【押している】という行為は相手では無く【自分自身(アバター・Aの世界)】に権限が在るのですがココでは【相手】が押していると仮定して話を進めています。

そのカウントを図にして観るとこの様になります。



ココで総合的なプラス&マイナスによって大まかな好き嫌いが判定されますが成長するに連れてある種の判断が大まかに解釈される事となります。

ですが前者での【幼少時期】と成長した【成年期】そしてメンタル的に安定して行く【成熟期】においては【フィードバック機能】が付加されて行くので総合的判断も多種多様性を持ち多角的に捉える様に成って行きます。

それが以下の図の様に成ります。



この【経験】を【フィードバック】するに当たり次第に【?】や【5感】にも影響が出て来て【感覚がキメ細やか】に成ったり、人が幼少期又は成長期に気付かなかった部分にも目が行く様になります。

【皆様(アバター・Aの世界)】も頻繁に耳にする事が在りますが…

『若い時には気付かなかった事が気付く様になった。』
『年を取るに連れて穏やかになった。』
『ケンカをする事がメッキリ少なくなった。』
『若い頃は血の気が多かったなぁ…』
『親になって親の苦労が今わかった…』
『逆の立場になって解った。』
『相手の気持ちが今頃になって理解出来た。』
『あの人はこんな感じになっていたのを今理解出来た。』

etc…

この様な事を感じられるのはこの【フィードバック機能】が在るからです。
【私達(アバター・Aの世界)】は常に【体験】を通じ【経験】を積みながら【※験解】をして行く生き物なのです。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】)

さて…ココまでは【私達(アバター・Aの世界)】が基本的な【現実世界(アバター・Aの世界)】での一般的な生き方に成ります。


何故【一般的な生き方】と称されるのかは御解りだと想います。
それは【全ての原因や発生は外部刺激によるもの】だと判断するからです。

ココで半分ぐらいの方々は【自分にも原因がある】と【頭では理解している】という世界に属します。
何故なら【その確固たる証拠】を提示するとハッキリ解るからです。

それは…






【皆様各人各様(アバター・Aの世界)】が【悩んだ】時点でそれを証明しているからです。


(基本的に現実世界や対人にて悩む事はその世界を完全に解っていない事で起こる。その不理解とは一言で言えば自己都合の処理世界のみに拘る事が原因。)

【悩み】や【苦悩】という現象には複合的産物現象が常ですが一つ一つ観て突き詰めて行くと非常にシンプルなものが肥大化して現象化して行く事に初めて人は気付きます。

ですが【理解】だけのレベルではソレを解消する事は出来ません。
当ホームページ【現実と人生のカラクリ】にてあらゆる章でヒントや答えが散りばめられている創りに成っていますが基本的に【頭では無く腹で理解する】というレベルに実践して行かなければ答えを出す事も、まずあり得ない事を先に提示するのは仕方の無い事です。

実際に【私達(アバター・Aの世界)】はそれだけ【自分自身(アバター・Aの世界)】の仮想空間でのシュミレーションに頼り過ぎてしまい【その外の世界で体験する】事を極端に恐怖しています。

その為に別章【無実践からの知識欲】の様なジレンマに襲われて最悪な場合、【虜に成ってしまう】現象を体験し【自分自身(アバター・Aの世界)】の可能性という【枠の外の世界】を体験し難くなってしまいます。


上記全般の段階では【外の刺激によるストレートな反応】が最初のボタン押しになります。
その為、【生活基準による概念】や【常識による概念】…そして【世界観の相違】による刺激にとかく敏感に反応してしまいます。

余りの価値観の違いや、現段階のニューエイジによる【新感覚】や【概念に属さない生き方】に角が立つのもいた仕方無い所もこの段階によるものです。


ココから少し深く掘り下げて行く事になりますが…実際にボタンを押すのは【外によるもの】ではありません。

そこに気付く段階において【?】部分を始めて垣間観(み)る準備が整います。
この段階に成るには不思議な事ですが【年齢】や【経験】を積んで行く事で自然と解るようです。

昔からの格言で【苦労は買ってでもしなさい】とか【経験は積んで損無し】という言葉はこの部分を指しています。


昭和初期〜後期(バブル時期)までは基本的に【道】や【儒】の部分を義務教育レベルで学んでいました。
今現在は成果主義による部分が色濃くなっています為、非常にこの意部分が感覚として鈍化しているのが寂しい所なのですが、これも時代の流れなのでしょう。

話を多少戻します。

上記の【?】に眼を向けて行く様になるとある種の【判断基準】に気付く様になります。
それは【皆様各人各様(アバター・Aの世界)】全員違います。

成長するに連れて情報を次々と共有化しオリジナルを形成して行きます。
(実際にはオリジナルから離れて行くのですがココでは解り易くして説明する為に自己個人性の観点からオリジナルを謳っています。)

その際に【方向性】や【特化性】という部分において適正や不慣れ、得意や苦手が現れ始めます。
面白い事にそれぞれの歩む道は違えど次第にこの【判断基準】に対して【外部刺激に眼を向けていた時期】から【内部刺激の根源を観る】様になります。

平たく言えば【キリの無い世界】から次第に離れて【根源の部分に興味が映って来る】傾向が年齢・経験を通じて次第に高くなってくる様です。

その傾向が強く現れる様になる特徴を上げると幾つかポイントが挙げられます。

・年齢相応で落ち着いた域に入る
・過去の出来事を振り返る
・他人の情報と自分とをダブらせる(比較では無く)
・過去の自分を許せる時期に入る
・他人を許せる時期に入る
・年の離れた者と穏やかに関わる
・ある程度の経験を気の済むまで積んでしまう段階に入る
・未練が少しずつ減る状態に入る(反抗的なものでは無い状態の意)
・自分自身と現実を客観的に視察出来る時期に達する
・怒りや悲しみと次第に和解出来る領域に入る
・年齢的にも愛情深くなる段階に入る(過保護という意味では無い)
・許容範囲が薄くなり次第に無くなる段階に差し掛かる

etc…


人によっては年齢に関係無く【経験】をダイレクトに積み過ぎて理屈抜きにこの段階に差し掛かる方も実際におられます。

そんな方々は決まって【正直】であり【素直】な方が多いです。
中には【色】が際立ってしまっている方も多く観られますが【あるルール】を纏っているのでよく観ればその違いが良く解ります。

ちなみにその【あるルール】を纏っていない方は不思議と【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】に絡め取られてしまい、酷い場合には雁字搦めに合う事が多く成ってしまいます。

それは決して外部の要因では無く【自分自身(アバター・Aの世界)】の構築した世界の矛盾性に嵌っているだけの事なので【その部分に気付く】事でアッサリ抜け出せますが実際には本当に気付くまでには多少骨が折れる経験をされます。


御気付きでしょうか?

【?】とは【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に培う【PRG】なのです。

そして幼少期→成長期→成熟期に意識が経過して行くに連れ、ある時期に弊害が訪れます。
それが【【PRG】内で処理しようとしてしまう】弊害です。

以下の図を御覧下さい。



この様に次第に事に対して【取り掛かる前に事前予想をシュミレートする】行為になります。
するとコミニュケーションでのカテゴリーにおいて外部の刺激以上に【5つの欲求】ボタンを【自分自身(アバター・Aの世界)】で刺激を過多に行ってしまう傾向が顕著に現れます。

現在、非常に問題視されているのが電子端末の代表格である【スマートフォン】のアプリである【ライン】です。
【私達(アバター・Aの世界)】が幼少期という部分において対面式というコミニュケーションを通じ、昔では【手紙】から【メール】に進化した時期も【ネチケット】に対して免疫が少なかった時代がありました。

スグに【返事】を期待し、内部処理でヤキモキした若き時代も誰もが経験した事でしょう。
特に恋愛等を経験不足の思春期時代に【私達(アバター・Aの世界)】は誰もが経験しています。

現代の子供達は基本的に感情の【器】が未熟な時代に速効性がある【ライン】という情報伝達端末があるので感受性・情緒が未熟で多感な時期に対面無しの状況で一方的なやり取りを行う上である種の【自己都合】が拍車を掛けます。

上の図に照らし合わせると理解が容易に成るのですが、その背景には【コントロール欲求】が隠れている事を気付くのには情報先のリアルな認識が必要不可欠です。



ソレを飛ばしてコミニュケーションを取ると言う事は全て【自己都合の仮想範囲での行い】と成る事に気付いていません。
詳しく例を挙げれば上記の例題で【ライン】等のネットでのやり取りを題材にして観れば一目瞭然です。

相手の状況を観れば就寝時間という概念よりも観(み)て観れば寝ている相手に声を掛けようとは想いません。
臨海学校&林間学校や御泊り、そして修学旅行等で友人が熟睡しているにも関わらず実際に無理矢理起こして話しかける人は基本的にいません。

それは基本的概念という【PRG】がそうさせるものでありますし、実際にそれをしてしまうとリアル現実でトラブルになるのを本能的に察知するからです。
これが【PRG】と【外の刺激】という【世界】をバランス良く両立している最低限度の状態です。

ですが面白い事に幼少期〜成長期という【思春期】を含めた未熟な時代に、この【当たり前】の分別を外れる要因としては【自己PRG】内での世界で判断している事と【自己都合のコントロール欲求】が混じり合って判断が欠落している事にあります。

実際にはその様な【手痛い失敗】も経験値として人は学んで行くのですが、傍から観れば稚拙な事も酷くなると歯止めが利かない現状もTVのニュースではちょくちょく観(み)受けられます。

そう言えば…昔トレンディドラマで田原俊彦が主演していた 【教師びんびん物語】 でこの様な題材を扱っていた記憶があります。
ある意味、未熟な本能の成せる現象がそこにはありました。

古過ぎて時代錯誤かも知れませんが近年で言えば週刊誌マガジンに掲載されていた 【GTO】 もその部分においては解り易い例題だと想います。


さてココまでは単なる【ライン】ネタを題材にしていますが場や形を変えると如何でしょうか?
【私達(アバター・Aの世界)】は意外と【実際に起こっている事】と【内部処理での世界で起こっている事】とのバランスはコミニュケーションレベルでは取れていると断言出来るでしょうか?

意外とその【PRG】や【構築したPRG内での世界】の存在を区別出来ずに【自分自身(アバター・Aの世界)】【5つの欲求】を刺激してはいませんでしょうか?

【そのコミニュケーションレベルでの【悩み】の根源は一体何処から来るのか?】を観ていますでしょうか?
最終的には【PRG】の構築や【5つの欲求】の刺激のホスト(主導権)は【自分自身(アバター・Aの世界)】の筈なのです。

そこに気付くにはどうすれば良いのでしょうか?


実はその【答え】たるやこの章で既にハッキリと提示しています。
そこに気付けるかどうかが鍵になります。

巷では方法論や書籍に関しては多く出回っていますがこれらは基本的に【【各人各様(アバター・Aの世界)】の体験から綴られている世界】がそこにはあります。

そして古来から日本では【現実(アバター・Aの世界)】との御付き合いの【作法】は常に存在していました。
【禅】の世界では典型的な【作法(具体的手段)】として提示されていました。
そこには【宗教】という枠組みに一切属さない【体験】を通じたカテゴリーを確立しています。

そして義務教育レベルでも昭和後期まで【道徳】という授業は採用されていました。
実際には【道徳】というのは一般的に【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を【躾】というレベルにおいて【分別する】というニュアンスで一般的に認識されがちですが実際には違います。



少し深い部分に差し掛かると【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実(アバター・Aの世界)】とのバランスを取る【作法】を次第に解き明かす様になっています。

【私達(アバター・Aの世界)】はそんな身近な【作法】をただ【時代の流れに置き忘れた】だけなのかも知れません。


でも嘆かないで下さい。

それは何時でも何処でも【貴方(アバター・Aの世界)】の傍らに在ります。
ソレを落ち着いて観るだけなのですから。

先ずは落ち着いて【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実(アバター・Aの世界)】を静かにジックリと観(み)る事です。
静かに観(み)続ける事が出来れば次第に【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】が姿を現して来る事でしょう。

今回は大変解り難い文面・文言になっております事、何卒御容赦下さい。
ですが可能な限り文章化したものではあります。

その為、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】内でのあらゆるページとリンクしている内容が多々ある為、熟読して行く内に…また【皆様(アバター・Aの世界)】があらゆる【体験】をして行く内に次第にパズルのピースがハマる様に気付かれると確信しております。


時を置いて閲覧される事も非常に観方が変化して別角度から気付かれる事と存じますので、この章を心ばかりの片隅に留めておいて頂けるなら幸いに想います。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------