現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

ベクトルの総量・長さ・方向・一点集中の威力

ココでは【貴方(アバター・Aの世界)】で変化をもたらすカラクリに迫ってみましょう。
それには【総量(キャパシティ)】の存在があります。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 自己育成・鍛錬・教育 > ベクトルの総量・長さ・方向・一点集中の威力

ベクトルの総量・長さ・方向・一点集中の威力

ココでは【貴方(アバター・Aの世界)】で変化をもたらすカラクリに迫ってみましょう。
それには【総量(キャパシティ)】の存在があります。


【この現実世界(アバター・Aの世界)】【貴方(アバター・Aの世界)】が成し得たいと願う時、必要となるのが【意志】の力とも言うべき【意図】が必要となってきます。

この【意思】・【意図】の力とは何なのでしょうか?
またそれを【貴方(アバター・Aの世界)】で表現するには一体どうすればよいのでしょうか?

この章において具体的に綴っていきたいと想います。


【貴方(アバター・Aの世界)】が何かを成したい、又は達成したいと願い・望み・行動した時に必ずエネルギー量(解りやすく言えば【情熱】とか【想い】のニュアンスが理解しやすいでしょう。)が関係してきます。

普段は何気なく生活している中で【私達(アバター・Aの世界)】がその時、何かの気付きで『こう成りたい!』とか『こう在りたい!』と【意思決定】又は【意図】する時、その時点でのエネルギーの【量】を図に表しますと…(レーダーチャートの様なものだとイメージされて下さい。)



また、人生において【私達(アバター・Aの世界)】が『これだ!!』と何かを目指したり、目的・目標が定まったりした時には一点集中の現象が稀に起こる事が多々あります。
その際には【総量(キャパシティ)】(図の場合は面積の総量)はそのままに1点特化の形となります。



となり1つの方向(ベクトル)に集中し始めます。

しかしながら事が起こり始めたり、変化が訪れる【壁】や【ポイント】があるゾーンに達するにはある程度のエネルギーの【総量】が必要となります。



【人(アバター・Aの世界)】によっては極端に1点集中出来る特殊な方も存在しますが概ね【私達(アバター・Aの世界)】は得手・不得手がありますし、日々の生活の中で【寝食を忘れる】程、1点集中する程に没頭するパターンはあまりないでしょう。

そして【大半の方達(アバター・Aの世界)】が興味を無くしたり想う様に変化のポイントを超えないまま諦めたり辞めたりします。
よく使われる喩えで…

【100回叩けば壊れて開く扉を99回で辞める人が大勢いる。】というのは、この事を指摘していると思われます。

それは過去に【トライした成果に結果が伴わなかった。】という事実に【私達自身(アバター・Aの世界)】の精神的ダメージを緩和するシステムが備わっているせいでもあります。

これは【各人各様(アバター・Aの世界)】の器に相当します。

中には世間一般に言われる【失敗】や【挫折】を数多く体験して克服する方や、それを全く恐れない稀な方も事実存在されますが【大多数の方々(アバター・Aの世界)】は基本的に嫌がる為に再トライする事は少なくなってしまう傾向が在る様です。

それは本能の防衛機能ともいえる【潜在意識下】での【プログラム(以下PRG)】システムの為です。

遥か太古の人間は生き残る為に【命の危険】に及ぶ事をしない事で生き長らえて来ました。
それは【記憶】のシステムを上手に利用している為です。

コレは【失敗とは何なのか?】の章に譲るとしましょう。


さて、この【エネルギー】の総量。
実はあるシステムが存在します。

従来の蓄電池とは違って【エネルギー】を使い切れば使い切る程に【総量(キャパシティ)】が増えるのです。



世間一般の蓄電池はある程度、放電→蓄電を繰り返すと劣化が進み、いずれは容量が機能しなくなり【総量(キャパシティ)】が結果的に初期段階の時に比べ明らかに減ってきます。

しかし【私達(アバター・Aの世界)】人間は違います。

実は【私達(アバター・Aの世界)】の能力の根源は【経験】や【体験】を通じた【情報】によって蓄積される【情報】の【質】が変化します。

そして【自分自身(アバター・Aの世界)】の【総量(キャパシティ)】をどの分野で使用するかで、その方向性や、それに伴った分野での経験値による耐性・応用・適応能力の向上にハッキリと【伸び】・【上達】・【向上】を垣間観(み)事に至るの結果になるのはこの為です。

皆様も聞いた事は1度はあると思います。

『戦争に行った事がある人は本当に我慢強い。』
『前職に培った経験とは別業種の人なのに結果が出ている。』
『部活動に従事していた子達が就職すると組織に即投入出来る人材に成りやすい。』
『挫折した人は人に対しても愛情深い。』
『ビジネスを起こした経験のある人は他のビジネスを起こす事も出来る。』
『多くの失敗をしている人は本当に粘れる。』

と数え上げたらキリがありませんが、この様にざまざまな経験を骨の髄まで体験し【総量(キャパシティ)】を何度も何度も空(カラ)にして自らの器を大きくして行く事が出来るのが【私達(アバター・Aの世界)】人間なのです。

本来、【私達(アバター・Aの世界)】は【体験】という人生の醍醐味を味わう為に設けられた存在です。
【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】はその【体験】を通し純粋に【遊戯(遊ぶ)】の為に【Aの世界(アバターでの世界)】で体験しているのですから、存分に【人生】というアトラクションを【満喫】し【遊び倒す(遊び尽くす)】のが【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】の意図する所でしょう。

【貴方(アバター・Aの世界)】にとっては…

とても苦難の続く事で在っても…
とても思うように行かなくても…
とても辛く身を切り裂かれる経験があったとしても…
人生に意味を見出せない事になったとしても…
理不尽な経験をしても…

全て【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】の見守る眼差しの元、【貴方(アバター・Aの世界)】【この現実(アバター・Aの世界)】で存分に生きています。

そして忘れないで下さい。
何時、如何なる時でも常に【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】は絶え間なく【貴方(アバター・Aの世界)】を静かに観(み)届けています。


話をこの章に戻しましょう。


さて、この各個人の【総量(キャパシティ)】に関してですが結局の所…
【電池】=【電気】とは全く異なり、実の所…【体験】・【経験】という【情報】で在る事なのです。
つまり【私達(アバター・Aの世界)】は【情報】を得て【全ての分野・経験により必ず特化して行く。】という事です。

裏を返せば【減る】という事が無いのが凄い所。

【貴方(アバター・Aの世界)】の世界ではマイナスになる経験となる(と感じている単なる錯覚です。)事柄に関しても間違い無くその分野を確実に伸ばしている事実と言えます。



結果的に【総量(キャパシティ)】が増えている事に御気付きでしょうか?
全ての【経験】・【体験】に関して遠まわりしているようでも実際には力を付けているのです。

【目先のメリット・デメリットを考え無駄を排除する。】という近代的な考え方も流行ってはいますが実際の所、【総量(キャパシティ)】を増やす意味では【自分自身(アバター・Aの世界)】の【力】を付けると認識する以上、安易に先の【無駄を排除する。】考えには賛同しかねます。

特に御子様を持たれている保護者の方々には『その様な想いをさせたくない。』・『遠回りをさせたくない。』と過保護に成られるケースも観(み)受けられますが実際は【無体験】での【無失敗】や【無経験】での【無挫折】が如何に精神的成熟期を迎える時期に【当人達(アバター・Aの世界)】を危険に晒す事に成るのかを自覚しなくてはなりません。

実際の所、【無駄を排除する。】と言った事の真の意味を理解している方は【実際にやって経験した。】方から出た言葉と言うのを我々は理解しなくてはいけません。

ほんの少し考えれば解る事なのですが【私達(アバター・Aの世界)】は【失敗】や【徒労】を極端に嫌がります。
その為に本来の【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】からの趣旨を理解せずに【体験】を恐れ、挙句の果てには無気力になり【人生の醍醐味】を味わえず、最終的には人生を恨む様になります。


しかしながら、この【人生を恨む】事にさえ【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】は何時も静かに観(み)守っているのが本当に偉大な事なのです。

この【人生】に対する偏った観(み)方を極限までに【体験】・【経験】する事も視野に入っているのが面白い所で、【総量(キャパシティ)】で観れば【1点集中】で経験している事に他なりません。
つまり【その分野】を味わい尽くしているのです。

世の中にはこの様な方々が実際に存在します…

重犯罪者から更正し社会貢献を生涯のライフワークにした人。
鬱から復帰し人生を謳歌する人。
五体不満足の逆境を跳ね返し、世の中に【勇気】と【希望】を与える人。
コンプレックスを武器にして人生を力強く生き抜く人。

全て【総量(キャパシティ)】のベクトルを一部に集約して経験し尽した【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】からの【ギフト】の様なものだと想います。


この事から【本当の貴方(純粋意識・Bの世界)】にとっては今現在の【貴方(アバター・Aの世界)】が経験する全ての出来事や生きている【現状】や【体験】に関して何一つ例外なく【総量(キャパシティ)】を大きくしているのです。

世間一般で言う【キャリア(経験値)】を具体的に数値にしてみれば大小はあれど伸ばしている事になります。

しかし【貴方(アバター・Aの世界)】から観れば【自分自身(アバター・Aの世界)】の行き先や特化したい能力、更には希望する能力に焦点を部分的に当てている為に『想った様には成らない…』と落胆してるに過ぎません。

確かに【人生】というジャンルで観ると目的に沿った生き方をするのは困難に想える様でも実際には【仕組み】を知る事で納得いく構造がそこには存在します。

もし【貴方(アバター・Aの世界)】がそれを心の底から望むのであれば、他の章も含め熟読され、なお且つ過度の【期待感】【希望】そして【焦り】【絶望】を手放して実践し続ける【勇気】を持つ事です。

【真実のカラクリ】を垣間見れば、このサイトで綴っている事が次第に【理解】・【体験】出来る様になります。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------