現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

プロでもアマでも

生きる上で【人生を通してやりたい事】を追求する事が生業になるまで極める事の大切さ。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 自己育成・鍛錬・教育 > プロでもアマでも

プロでもアマでも

生きる上で【人生を通してやりたい事】を追求する事が生業になるまで極める事の大切さ。


この章では【人生を通して本当にやりたい事】で経済力を得る事について、少し掘り下げて綴っていきたいと想います。
特にこれからの時代にとって皆様がしっかりと学ぶキッカケとなれば嬉しい限りです。

また【Aの世界(アバターでの世界)】【Bの世界(本当の貴方での世界)】の両面からこの事に関わる事でもありますので皆様の視野が広がる事になれば幸いに想います。

更に別章…
【卵P的【陰陽・分離】の解釈】
【人生の仕組み】各章
【意識と心の仕組み】各章
【自己育成・鍛錬・教育】各章も併せて閲覧されて下さい。




私(卵P)はこの章を書くのには少々想いがあります。
私(卵P)のプロフィールにも綴られていますが、この【Aの世界(アバターでの世界)】で生きていくには何かしら【お金】=経済環境がマネーゲームとしての大きなウエイトを占めている人生を送ってきたので仕方の無い所でもあるのです。

今でこそ【自分(アバター・Aの世界)】の立ち位置から多少は、この人生(【Aの世界(アバターでの世界)】)を振り返り落ち着いて観る事が出来る様になるまで、常に不安に駆られ【幸せ】や【安定】という望みを始めとする概念があり大変な生い立ちも手伝って、自らの【人生観】にしっかりと【執着心】でプロテクトが施され確立していました。


そして常に脳裏には、ある考えがあったのです。


それは…【お金持ちになれば、人生をエンジョイ出来る…幸せになれる。】と。




今に想えばピンずれの概念です。
(恥ずかしい限りですが、当時はこの事について疑いもなく心底想っていました。)


人は初期ステータスとも言うべき生い立ちが違います。

生まれた場所。
両親。
遺伝子。
健康状態。
生活環境。
経済環境。
全てが違います。
(↑初期ステータスについて真実は【自ら(純粋意識・Bの世界)】が設定している。)

ましてや生まれた直後は積み重ねてきた【Bの世界(本当の貴方での世界)】でのデータは表面上から顕在出来る部分にはなく潜在意識の最深部に仕舞われて【Aの世界(アバターでの世界)】に再チャレンジしている訳ですからそりゃ…大変な冒険体験なのです。

その中で【四苦八苦】しながらあらゆる体験をして行く訳ですから…【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の立場では大変スリリングなアトラクションでも【Aの世界(アバターでの世界)】の私達にとっては迷惑な御話でしかありません。(何度も言いますが真実は【自ら(純粋意識・Bの世界)】が選択している。)

ですから【Bの世界(本当の貴方での世界)】から人間家業を観る時に【如何にして人生を謳歌(アップ・ダウンの体験を)するか…】が本来のテーマになり、また【私達(アバター・Aの世界)】も、それに納得出来る生き方が重なりあうのが必須となります。
この事に関しては人生経験や体験を踏んで行くと【皆様(アバター・Aの世界)】一様に心当りが在る様です。


結局の所、【私達(アバター・Aの世界)】【本当の私達(純粋意識・Bの世界)】も行き着く先は【幸せで在る事。】なのでしょう。
トータル的な深い意味で【幸せで在る事(A)】【本来の状態で在る事(B)】は切っても切り離せないテーマなのです。

そんな中でこの【Aの世界(アバターでの世界)】で経済力に関しては大きな…


【想い違い】


…を招く大きなハードルや難所になっています。
それは先程、私(卵P)が申しました錯覚…【お金持ちになれば、人生をエンジョイ出来る。幸せになれる。】という部分です。

それは生まれた時の初期ステータス情報によって【足りない(不足)】を自己概念化(アイデンティティ)として次第に疑いなく自己として確立しています。
それは恰(あたか)もボードゲームにある人生ゲーム・億万長者ゲーム・モノポリーの様な【概念】そのものです。

【私達(アバター・Aの世界)】は幼少の頃、必ず何処かの教育者・指導者に決まって良い程にある質問を投げ掛けられます。
それは…



【将来成りたいものは何ですか?】と。




【私達(アバター・Aの世界)】は当時大変幼く、このリアルゲームの厳しさの【概念】がまだ潜在意識下のプログラム(以下PRG)が少なかった頃。
元気一杯で答えていた筈です…

『私はお医者さんになりたい!』
『僕は野球選手!』
『僕は学校の先生!』
『ケーキ屋さんになりたいです!』
『私はお母さんに!(←お嫁さんと言う事でしょうか?)』
『私は警察官!』
『僕は車掌さん!』
『私はアイドル!』
『僕はお金持ち!!!!!』(←これ私(卵P)でした。当時保育園児…泣。)

… … …(;´・ω・`)ゞ スマソ・・・

… …

…。


めげずに続けますw


ですが成長するにつれ、外部の情報環境にも染められ【私達個人(アバター・Aの世界)】がその情報をメディアや他人から受け入れ、次第に潜在意識下にPRG構築し【概念】化して自己を制限し定義(アイデンティティ)していきます。

幼少期から多感な時期を過ごし、限界を諭され次第に成人を迎える頃には社会人という名の限界設定を【自ら(アバター・Aの世界)】へ自主的に想い込ませて世に出て行きます。


ですが勘違いして頂かないで欲しいのですが、私(卵P)は【日本の義務教育】の批判をしているのではありません。
それは全くの逆で、むしろ賞賛に値します。

何故なら人が読み書き・世の慣わし・理(ことわり)・躾・生活習慣の徹底。
これ等は最低限度【私達(アバター・Aの世界)】が生きていく人生ゲームの基盤と成るからに他なりません。

【私達(アバター・Aの世界)】が情報を得るのも、発信するのも、自主世界を広げるのも…最低限度の情報端末が必要となります。

ココで言う【Aの世界(アバターでの世界)】での情報端末とは何か?
それは偏に人の五感を基本ベースとするものです。
実際に義務教育の水準の高さは初期ステータスのツールを純粋に強化するものとなるからです。

具体的に言えば海外に仕事や僻地に赴かれた方はリアルに解ると想います。
本当に読み書き・世の慣わし・理(ことわり)・躾・生活習慣の徹底が成されていないと人は可能性をキャッチする初期ステージを極端に持たなくなり原始的な本能と感情のみで生きて行く様になります。

例えば読み書きが出来なければ【文字媒体】の本や情報誌、ネットの文字媒体等を始めとする取得情報を得る機会を多大に失います。
まして自分から情報発信の初歩である【自己表現(アバター・Aの世界)】の初期段階にも大きなハンデを背負います。
日本は本当に海外から観れば大変恵まれた国です。
実際に成人するまでに文字の読み書きが漏れなく出来るのですから…

義務教育での集団生活で世の慣わしとはその【国の文化】・【風土】・【流れ】を体験する事。
理(ことわり)とは人と人がコミニュケーションを学ぶ架け橋であり初期コンタクトの体験を学ぶ場所でもあります。

躾に至っては【他人様(アバター・Aの世界)】の存在との関わりを円滑に行う為の【スキル(技術)】です。
日本はある意味、この【スキル】が以前は世界最高峰の水準でした。
各諸外国にも好評で他を尊重する対人スキルは裏を返せば【自分自身(アバター・Aの世界)】を大切にする事であり、その【スキル】を通じて【自分以外の相手(アバター・Aの世界)】も良くする(向上させる)事にあります。(厳密に言うと若干違うのですが…)

生活習慣の徹底とは1日の時間管理〜週〜月から年間に至る管理とも言えます。
この大切さは学校に行かなければ体験出来ます。
未成年であれば夏休みが良い例でしょう。

規律がなければ、いとも簡単に体調を崩します。
体内サイクルが一定しないと情緒が不安定になり代謝が狂います。
生活習慣基準が狂いだすと面白い事に人間関係に支障が直ぐに出ますし、集中力や持続力に影響が顕著に表面化します。

成人になればビジネスの世界で多く観られた現象ですが、逆にストレスの要因にもなる事があります。
生理学的上にも無刺激の空間で人間を放置すると人は例外(※)を除き発狂します。

ある一定の刺激サイクルがあると正確に人は機能する事は現代医学の常識です。
ある意味、学校に通ったり会社に通うのは生活基準から言えば健康上のサイクルだと認識出来るのは在り難い事なのです。(※例外=瞑想や強制瞑想等でPRGを停止させる事で心の健康を取り戻す場合など。)


現代の小・中・高の方々はその【義務教育の恩恵】が当たり前に施されていますので余り感動は無いでしょうが【自己選択の意思】のベース基盤から観れば本当に現代の日本の子供達は世界的に観れば非常に恵まれている事に気付いた方が良いでしょう。

【自己選択の意思】とは自分が【どうしたいのか?】という問いに答えが出せる【権利】や【選択】が出せるチャンスがあるという事。
つまりは【自分の人生を作ります】という事が出来る事です。
その基礎が【義務教育】にはあるのです。
少年・少女の皆様…、反抗している場合ではありませんよ?本当に。www


元来日本人は【共存共栄】の【究極の農耕民族】でもあります。
他を育て自立を促し、一緒に成長し共に人生を謳歌していく種族です。
過去の歴史にも埋もれていますが現代は情報を得る事が容易になりネットを検索すれば色々と動画サイトや文字メディアが出て来るはずです。(例… 親日国 パラオ トルコ共和国 バングラデシュ 山田寅次郎 )

中には【戦争】をテーマにしていくと批判が起こりそうですが実際には戦争を起す仕組みは【経済戦略】にも関わるので私達一般人的には表面の批判事しか染まれない事実が在る事を頭の隅に置いておくと良いと想います。




かなり脱線しました。戻します。


幼少〜成人に向かうにつれ、少しずつ【人生とはマネーゲーム】=【食う為に働く】といった方程式が外部から刷り込まれて(実際には【私達(アバター・Aの世界)】自身が勘違いしているに過ぎません)行く様になり、【人生とは辛いもの】という想い違いといった【錯覚】に嵌ります。

その弊害からか成人に至るまでのステータス作りに躍起になったりドロップアウトしたり多種多様に【私達(アバター・Aの世界)】の意識基準に差が出ますが大半がココで【生きる本来の意味】を忘れます。

そして【働く事】=【生きる事】=【ライスワーク(食べる為に働く造語)】と成って行く傾向にあるようです。



ですが私(卵P)はそれ(遠回りする事)もアリだと想うのです。


別章
【卵P的【陰陽・分離】の解釈】
【自己育成・鍛錬・教育】
【純粋意識とは?】
でも取り扱っていますが【体験】や【比較対象】があるから解る事も事実あるのです。
そして先程脱線した御話の内容でもある【義務教育】でも培った【自己選択の意思】が今までの【生きる為に働く】といった【概念】に一石を投じる事にも成る筈なのです。

別章【人生のエンカウント】でも少し触れていますが、人生という【Aの世界(アバターでの世界)】であらゆる出来事に遭遇する中で【生き方】を純粋に【私達(アバター・Aの世界)】に問う出来事も起こる【ある種の仕組み】が【自分自身(純粋意識・Bの世界)】のギフトとして粋に施されています。

そんな時、本来の【生きる目的】=【体験】を垣間観る様になります。



しかも【自分自身(純粋意識・Bの世界)】からの粋な計らいである【出来事】
御丁寧にもかなりパンチが効いてます。

時にはKO寸前にまで追い込まれる時も在る事でしょう。
【四苦】や【八苦】に絡む事が非常に多く、【ある種の痛み】を通じて【私達(アバター・Aの世界)】に手荒く痛感させてくれます。



さて、この章では【経済面】に重点を置いての綴る文面なので多少フォーカスして更に続けてみたいと想います。

更に綴る文面上、大雑把にニュアンス的に綴って行きますので解らない方もおられるとは存じますが、あくまで【体験】を中心に綴っていますので【皆様(アバター・Aの世界)】【Aの世界(アバターでの世界)】で活動されている内容は多種多様と御見受けしますが振り返りながらチェックして観(み)て下さい。

必ずや【ハッ!!】とする事もあるでしょう。


……… 続けます。


始めの内はバタバタしてかなりピンずれの事を行いがちに成り易く、数多くの失敗を重ねる事でしょう。
中には挫折したり、諦めたりもする事があるでしょう。
それが大半であり【よく在る事】とまずは先に申し上げておきます。

その為、【貴方(アバター・Aの世界)】が目指す先の先人に必ずと言って良い程、その道の【プロ(プロフェッショナル)】と呼ばれる方々が居ます。
そして逆にそうでない者を【アマ(アマチュア)】と呼ばれ差を感じさせられます。

そんな中で以下の【概念】が生まれます。


上手く行っている・成果が出ている・結果が出ている=【プロ】
上手く行ってない・成果が出ない・結果が伴わない=【アマ】


と言うもの。。。
しかしカラクリ(仕組み)の見方から覗けば一目瞭然の真実があります。
それは…



【意図】の領域に入っているかどうか?


  ↑
たったコレだけなんです。
            ( ゚д゚) ポカーン…



別章
【深く深く…更に深く。】
【現実の仕組み】各章
【意図の領域】
にもヒントではなく答え自体が提示されています。
【私達(アバター・Aの世界)】は基本的に【Aの世界(アバターでの世界)】がリアルの体験(錯覚)をしています。
始めの内はコレに関してはやも得ません。観念して下さい。

その為、【Aの世界(アバターでの世界)】ではどうしても【根を詰める】事が必須と成るのは仕方の無い事です。
別章【反復は極意であり奥義。そして極みへ…】にも記載していますが数稽古等を通してどんどん深い位置で集中していくと容易に自然になってきます。

ある一定の【度を越した】所まで行くと【三昧の領域】に入り、最終的には【意図】の領域に踏み入れる事になるのです。

その領域を目指して深く追求していく過程で人は【その差】を言葉で表す時に便宜上、【プロ】とか【アマ】と言うだけに過ぎません。

まして、それを言うのならば良いのですが残念な事に【私達(アバター・Aの世界)】【概念】まで拵(こしら)えて可能性を消してしまいます。

私(卵P)はそんな方々を観て常に想います。



【もったいない。】と。



そこで一言、私(卵P)の失敗経験を元に幾つかコツを御伝えします。
特に経済的にもチャレンジしたい方に朗報でもあります。
時には【ハッ!!】(#゚Д゚) !!
…と気付かれる事も在りますが、決して皮肉でも忠告でもありませんので少し振り返って軌道修正の足しにして頂ければ幸いに想います。



それでは些細なチェックリスト項目を5つほど…。


1.数稽古の果てしない道のり(量)に屈しない為に
 【自分が寝食を忘れる】程の好きなジャンルで挑戦しよう。



理由はそのまんま。
【目的】を達成する手段が好きでも無い事だと深くは沈めない為。
結局、点々とするだけなら良いが最悪の場合は諦めてしまいます。

オマケに【お金】だけの手段に目を奪われると更に挫折率が万倍以上に上がります。
人は心の底から取り組む深遠の数稽古の世界には【腑に落ちる程】の【コレ】といったものが無くてはなりません。

そこがピンずれしてると【対価判断】でしかトライしないからです。
【対価判断】で数稽古に入ってしまうと【成果】を求めてしまい、結果…【成果が出ない】→【挫折】といった方程式に急転直下してしまうのです。

くれぐれも覚えておいて下さい。
【意図】のレベルまで【貴方(アバター・Aの世界)】が深く追求しなければ結局の所、【現状【Aの世界(アバターでの世界)】は何も変わりません。】コレだけは押さえておきましょう。

逆を言えば、そのレベルまで深く沈めば後はどうにでもなります。
その時まで【期待】や【成果】は手放しましょう。
アテにするだけ無駄ですし、【自分自身(アバター・Aの世界)】を潰す材料にしかなりません。



2.取り組む時に【条件】をつけない。



良くあるパターンで【〜が無いから】とか【〜が出来ない】といった条件を【自分自身(アバター・Aの世界)】に言い聞かせない事。

一番大切なのは【まず考えうる限りの【自分自身(アバター・Aの世界)】の枠】でも良いから形に拘らずトライする事が何より大事。コレは実益を兼ねた真実で現代では意外と直ぐに形になってしまうのが世間に知られていない本当の実態なのです。
実際に今現在の環境は急速に進化して来ています。

データ通信速度の向上は元より、信号変換の領域がミクロから素粒子へと技術が移行されており近い将来、情報の伝達速度が別次元のクラスに昇華され個人が世界と繋がる時代へと突入する事でしょう。

その為、実際のチャンスと言うのは昔も今も、そしてこれからも【概念】の観(み)方や扱い方がキーポイントになっているのは基本的な事なのです。

いかに世間での常識と言った【概念】で個人のチャンスが捨てられていくか…
本当にもったいない事です。



3.とにかくやった事は詳しく逐一【記録】に残しておきましょう。



理由は簡単です。
現代のシステムを利用すれば自ずと答えが出ます。
実は【私達(アバター・Aの世界)】が見えない所で活動していてもヒタスラ根詰めで集中していると例外無しに【ある種の達人】になって行きます。(【プロ】・【アマ】といった概念を飛び越した純粋な極みの世界。)
さらに意外な事ですが、無駄に想えても【他人様(アバター・Aの世界)】は興味を持つものです。

そして中には『それに関しては【お金を払ってもイイ】という方も必ず出てきます。』ですから【貴方(アバター・Aの世界)】は数稽古を通しての深さを純粋に追及しましょう。

昔から【メモを取る人は伸びる】と言われますがコレは誰もが実績を出されています。
いかに【自ら(アバター・Aの世界)】の中身を観察する事が大切なのかを物語っている
格言だと想います。
また【己を知る】という意味においても非常にアウトプットは有益な事です。



4.キャッシュポイントを知ると更に経済力を得るのは非常に容易い。



昔と違い、現代では世界中の方々と繋がれる便利な世の中。
本来の【Bの世界(本当の貴方での世界)】にどんどん近づいています。
その為、【貴方(アバター・Aの世界)】の【寝食を忘れる位の好きな事】を追求し、その事に関して周りが圧倒される程の【意図】のレベルまで昇華させておきましょう。

その材料さえあれば後はキャッシュポイントを観(み)つけるだけの作業です。
具体的なヒントと言うより答えは別章【お金の仕組み】に随時綴っていきますので御参照下さい。

なお言って置きますが【材料】がショボいとキャッシュポイントがあっても意味を成さない事は前もって断言しておきます。



5.とは言っても始めの内は我慢して【就労】で目の先の経済力を平行して行う。



一番タブーとする事を伝えておきます。
それはイキナリ会社を辞めて行動したり、借金して行動を起したりする事です。
本来あるべき姿でトライしなくては絶対にいけません。
どんなに【寝食を忘れる程に好きな事】でも別の重圧(プレッシャー)を負荷付けしていくのは愚の骨頂です。

純粋なものに【ノイズ(雑念)】が入ると情熱を殺(そ)ぎます。
逆に日々の就労にもめげず【時間も暇も無い】状態でも【寝食を忘れて】するからこそ深く入れる【証明(本当に好きな事)】と確信されて下さい。

毎日ホンの数時間の積み重ねが時が経つと途方も無い結果を生みます。
成功した方の殆どの人が【その圧倒的な結果】を体験され始めてこの事実を腑に落として行きます。

面白い事実で、最初に【煩わしい】事が無い状態で根を詰める事をすると作業自体が全く進みません。

コレは事実です。
この事に関しては多くは語りませんが、パソコンやスマホの画面の先でこのページを閲覧されて納得し、首が千切れる程に上下されている方は【実践体験】が在るのでしょうねwww



さて段々とこの章も長くなってしまいましたので最後に綴らせて頂く事があります。
誤解の無い様にココも押さえさせて頂きます。


もし、【就労】という面での語弊に関してですが…
【皆様(アバター・Aの世界)】が就かれている業種が【天職】であるならば大変に素晴らしい事です。
是非ともそのやりがいのある御職業を【生業】とされて下さい。

また、当初は【好きでもない業種】に就かれていたとしても御縁があり何かのキッカケで【天職】となる場合も実際にあります。
その場合も同様にその【生業】を生涯愛して下さい。


私(卵P)は【生業】の大切さを痛い程に体験しました。
人生を輝かせる出来事の大半に携わる【生業】。
一言ではとても言い表せません。

ただ言えるならば【人生を掛けて楽しみたい】・【人生を通じて携わって生きたい】という【仕事】が【生業】であるべきと想うのです。

そんな【生業】がこの世である【私達(アバター・Aの世界)】に持つ事が次世代の方達に【夢】を与えるのだと願って止みません。

そして【生業】を【私達(アバター・Aの世界)】に表現した瞬間に経済的問題が瞬時に消えます。

それは結局の所、【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】に還る事であり同時に【自由】に還る事にもなるからです。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------