現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

現実世界での貴方の大切な人生観の出所

自分自身の人生観には必ずルーツがあります。それをしっかりと【観る】事が何より大切です。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 自己育成・鍛錬・教育 > 現実世界での貴方の大切な人生観の出所

現実世界での貴方の大切な人生観の出所

自分自身の人生観には必ずルーツがあります。それをしっかりと【観る】事が何より大切です。


【現実世界(アバター・Aの世界)】での【私達(アバター・Aの世界)】の大切な人生観の出所をココでは少し掘り下げて行こうと想います。

この章を綴るに辺り、事前に御断りしておかなければなりません。
この章においても他の章にも言える事ですが、私(卵P)の文面・文章・文言等、取り留めの無い文章になってきます。
【皆様(アバター・Aの世界)】が観(み)留めるには多少、各位様の【価値観】である【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】を一先ず置いて観られる事を御勧めします。


どうしても【私達(アバター・Aの世界)】は【価値感】を通して観てしまう本能的な生き物です。
全く知らない世界や体験外の事柄を自然と【拒絶】したり【否定】したりします。
でもそれすら世間一般ではフツーの通常現象なのです。

ですから今回、この章を御覧頂ける機会であれば是非、観るだけで結構です。
コツとしては【ボ〜…】と力を抜いて観るのがコツでしょうか?
ニュアンスとしてはそんな感じです。

さて、この章では【自己育成・鍛錬・教育】のカテゴリーでしたね。
今回はさらにそのカテゴリーでの細かい御話になります。

肩の力を抜いてボ〜…っと観て下さい。

この章を読まれる方はなんとなくですが【向上心】や【変化】を求められている方が多いと存じます。

まあ、そうでしょう。
タイトルからして当然なのでしょう。
ではココで質問してみます。


問。 【貴方(アバター・Aの世界)】の人生の目的は?
              又は、ゴールとは何なのか?


【貴方(アバター・Aの世界)】の答えと理由を御答え下さい。






色々と答えと理由がある事でしょう。
【皆様(アバター・Aの世界)】が答えと理由をあげた事を【自分自身(アバター・Aの世界)】の周りにある手頃なメモ紙にでも書いてとりあえず一旦置いておきましょう。

そして私(卵P)からは一言丁重にプレゼントしておきます。


それは…


【先程書かれた答えに関してはさほど気にしなくていいです。】



・・・いや。ホントに。マジです。
どーでもイイのです。

納得出来ない【皆様(アバター・Aの世界)】感情や批判が沸くコメントだと想います。

あえて理由を探すなら。
先程、【皆様(アバター・Aの世界)】がメモ紙に書いた理由が【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の御意見ではないのだから…

詳しく言えば…
【皆様(アバター・Aの世界)】の中の…
…【価値感】がそうさせているから。
…【人の価値感】がそうさせているから。
…【常識】がそうさせているから。
…【世間体】がそうさせているから。
…【他人の考え】がそうさせておるから。
…【恐怖感】がそうさせているから。
…【焦燥感】がそ
うさせているから。

他にもあるのですが、一応はこんな所でしょうか?

考えて観て下さい。

実際の所、【自分自身(アバター・Aの世界)】の【考え方】や【価値感】の根源となる【元(もと)】はいつから持ったのでしょうか?

恥ずかしながら私(卵P)の事例を挙げて説明してみます。
ココから取り留めの無い文面になり、かなり見苦しい上に多少無意識に綴り始めていますのでその旨、何卒御容赦下さい。


私(卵P)はこのメモというものに【自分自身(アバター・Aの世界)】の【価値感】に関する大きな事を洗い浚い書き殴ると70〜80個程出てきました。
その中を観ていると、大まかに分けて3つの目的に仕分ける事が解りました。

@ 確固たる揺ぎ無い巨富(お金・経済力)に関する事。
A マイナー競技に対して常にアスリートで在りたい事。
B 生涯に渡る伴侶や家庭環境に関しての事。

具体的な背景と理由を恥を忍んで晒して行きます…

@に関して。
私(卵P)のプロフィールにも綴ってありますが本当に経済的に辛く苦しい時期に見舞われた経験と他人との比較も相まって【自分自身(アバター・Aの世界)】の意識下で根強い観念として、そこにいつまでも(その場に囚われ続ける意)在りました。

文章にすると伝わり難いのですが、10代の頃とはいえ割り切るには不十分であり【頭では割り切っていても】無意識の底での【感情】レベルでは常に燻るどころかドロドロに煮え滾るマグマの様な【感情】で今でもハッキリ覚えています。

また、社会人になり20代前半で不本意ながら親族関係の問題で父の為に弁護士費用や土地の名義上の問題もあり、常に金銭面の問題に気を削られていました。
MLMで独立を考えるまでは本気で自営業をしようと考えていました。

双方とも【やる理由はお金を多く得る為】であり使い道は、経済苦から逃れたかったのです。
さらに本音で父を有料養老院等に入れて自分が自由の身になりたかったのです。

お金で『あれが欲しい。』『コレが欲しい。』ではなく単に『【自由】になりたかった』のです。

その上で20代後半には会社からも時間からも人間関係からも最終的には社会からも『【自由】になりたかった』のです。
この後半部分は後付けとなりますが強い感情を伴っていました。


Aに関して。
私(卵P)はどうやら【競争】に勝つ事と好きな事を【極める】事の醍醐味が混同していた時期が非常に長く、【誰かより優れたい】とか【自分が自分で在りたい】といった確固たるものに餓えていた事が当時、ハッキリと認識出来ていました。

私(卵P)は元々、好きでこのマイナースポーツの競技にのめり込んだ事もあり純粋に【極めたい】欲求の方が人一倍強かったのですが気付けば【人より優れたい】【アイツより抜きん出たい】といった競争に明け暮れていました。

まして選手としては【雑種】と言われる部類(特に現役時代、しっかりとした指導者から指導を受けていない選手の総称)でしたから、一般のチームに所属すると飲み会で【血統】と言われる部類(現役時代にインターハイ・国体等に出場した経験のある選手。またしっかりとした経歴のある選手)の自慢話に経験での煽りを受けるのが本当に勘に触っていました。

当時、我流で実力を伸ばしていた事と母校での外部指導の依頼もあり経験上から教えていたのですが大会に行くと『卵P(仮名)の癖が生徒に出ている。もっとちゃんと教えてやらないとアカンなぁ』と大会で頻繁に横槍がはいっていたものです。

コレには指導された生徒も【迷い】【嫌悪】を示していました。
何故なら、彼らもまた指導者がいない中で私(卵P)に懇願の上で【指導依頼】をされて来たのでその意向に批判されてしまうので本当に悔しかったのだと想います。


今となっては母校は地味に強豪校になってはいますが、当時の事というか結果的には【Aの世界(アバターでの世界)】での目的を主体とせず【Bの世界(本当の貴方での世界)】からの視野を意識している事が何より大きく、大きな流れと繋がりを以って取り組めるようになり、過去の経験が今となっては【比較対象】(光を強く照らせば影は濃くなるを参照)となって活かされています。


Bに関して。
伴侶に関しては20代半ば〜30半ばまで悩まされました。
@にも大きく関わるのですが自分の人生で大きなカテゴリーを占めていたからです。
箇条書きにしてみると…

・20代の頃は回りが結婚し出した事もあり。孤独を感じていた。
・経済的問題があり結婚して苦労する恐怖心が抜けなかった。
・このメモを書く時には気付き始めていたのだが30代前半まで両親を恨んでいた。
・自分の人生に自信と確信が持てなかった。
・結婚に人生価値を見出せない。
・父親の世話を伴侶に押し付ける事が何より嫌だった。
 (自分が嫌な思いをしたので経験させたくなかった。)

このような感情と判断基準がベッタリ心の底にあった事を自覚すらしていたのでかなり悩まされました。


ところで現在はと言えば、上記の悩みある事からは無縁の生活をしています。
残念?(笑)ながらこの記事を書いている現在は結婚はしておりませんが力を抜いて素直に言いましょう。


【 自由で幸せです。 】


この章に関して言えば、煩わしい原因である【全ての抱えている問題や悩み】の根本が理解出来た上で【手放す】事が出来たのは大きな変化と相成りました。

今となっては解って→実践して→体験してみると非常に面白い事ですが
全てが変わる。
…というと語弊を招きそうではありますが現実問題全てが変化しました。

言葉にするには大変、難しくしかも限界があるのですが深い所で言葉を変えるなら
【既に在った】ものを【経験し直した】と言えば解るでしょうか?



さて、話をココで本題に戻しましょう。


【私達(アバター・Aの世界)】の望む全ての【価値観】やその【根源(出所)】は以外にも【Aの世界(アバターでの世界)】での経験上からくる【刷り込み】やメディアからの【洗脳影響】によるものだとしたら?

意外とこの様な事には殆どの方には無自覚です。
皆様もこんな経験は一度はありませんか?

子供の頃、他人のおもちゃとか【欲しいものを手に入れた途端に興味が無くなった】という事が。

大人でも経験しているはずです。
例を挙げれば好きだった人なのにいざ付き合い始めると途端に興醒めした経験とか。

【自分自身(アバター・Aの世界)】の理想な【現実(アバター・Aの世界)】を成し遂げたのに何かしっくりこない…そんな事は日常茶飯事にありますが、これは偏に【外部からの情報を選ばされている】結果に過ぎません。

昔、何かのバラエティ番組で北野武氏(ビートたけし氏)が非常に参考になる昔話をしていました。

『俺はね、当時【売れて金持ちになって絶対あのポルシェを手に入れてやる!】って思ってて頑張っていた時期があってね。時が過ぎて何とか売れてポルシェを手に入れたんだよ。それでいざ乗ってみたら、【自分の乗っている姿】が見えないんだよ。仕方なく後輩芸人に【このポルシェに乗って高速を飛ばせ!】って言って自分はタクシーに乗り込んで『あのポルシェを追ってくれ!』って御願いしてタクシーで高速を追わせて運転手に『あのポルシェ。俺の車なんだよ。イイだろ♪』って言ったら運転手が『アンタ何であの車に乗らないの?』って言われた時、気が付いたんだよね。【夢】って手に入れた途端、【夢】じゃなくなるんだ…。自分が欲しかったものは【車】じゃなくて【あんな風に売れた姿】が欲しかったんだって思ったんだよね。』



このバラエティ番組でのトークでは非常に参考になる事が多く語られています。
【私達(アバター・Aの世界)】は生まれたと同時に多くの【情報】に晒されてヒタスラに偏った情報に刷り込まれて生きて来ています。

TVのコマーシャル等も昭和後期〜平成初期には消費時代と言わんばかりに生活ステータスこそが生きる醍醐味であるが如く、イメージ特化によるCM戦略が知らない間に飛び込んで来ます。


その弊害もあってか、一つの事例ですが…
現在の中高校生が学習塾に通う子達の大半にはある質問を実際に問いかけて見ると曖昧な答えが返ってきてしまいます。


それは【なぜ塾に通うか?本当の目的は?】と実際に私(卵P)は訊きました。
殆どの子達は…
『良い成績をとる為。』
『将来の為。』
『親が言うから。』
…といった具合です。

中には『将来こういう事がしたいから。』と言った子には【何故、その事がしたいのか?】と質問したら理由は曖昧。
【自分自身(アバター・Aの世界)】の意向を答える子は皆無でした。

さらに確固たる理由を言えた子に【何故、そう思ったのか?ルーツ(経緯)は?】と訊くと、もうその子はパニックになり本人でも解らなくなっていました。

この様な質問は果たして意地悪なのでしょうか?
私(卵P)はこう考えます。


本来なら【目的】よりも【動機】を自覚した上で【目的】を把握させる事が何より重要。
【他人(アバター・Aの世界)】に勧められた【目的】とは所詮、【第三者(アバター・Aの世界)】からの【要望】であって【自分自身(アバター・Aの世界)】の【人生の意向】ではないという事です。

つまり親であっても【【他人(アバター・Aの世界)】のエゴ】が【自分自身(アバター・Aの世界)】の【目的】と変えられているという事です。


ただし、特例で中には実際にこのような生徒もいました。


『実は親が『やりたい事が無いのならとりあえず大学に4年間遊んで来い。その為に出来るだけ多くの経験が出来る機会がある大学にとりあえず滑り込むだけの実力をつける為に、塾に通っとけ!』と言われたんです。だから我慢して勉強しています。入学したら4年間本気でやりたい事を探して見たいので今は頑張っています。親には感謝していますよ。マジで。』との事。


非常に面白い内容です。
このパターンは保護者からの【要望】ではなく、ある意味【提案】となっていますね。

その子供は【選択権】があるので無意識に【自由であって良い。】と個性の発揮をおのずと認められているのです。
これは非常に【一個人の尊重】である事に繋がります。

【自分自身(アバター・Aの世界)】の【選択権】を手にするという事は裏を返せば【全ての出来事に責任を持つ事】です。
それが出来る様になると本当に【私達(アバター・Aの世界)】は【強き人間】に在ります。(成るのではなく。在るのです。)

【自分自身(アバター・Aの世界)】の中身をしっかりと【観察】する事で【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に【組み込まれている物差し】(出所)に気付く事が、実はその【本人(アバター・Aの世界)】の【選択肢】を広げ【【他人(アバター・Aの世界)】の意向】から【【自分自身(アバター・Aの世界)】の意思での選択】へ切り替わるのです。

ではどうやってその【人生観】を自分
で把握したり、【自分自身(アバター・Aの世界)】を【観る】術(すべ)を身につけるかは【心と意識の選択】に譲る事にします。

ココでは【皆様(アバター・Aの世界)】の【人生観】に気付くキッカケとなれば幸いに想います。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------