現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

本能からの躾も仕組み上から観れば実は合理的

能からの躾は実は合理的なものです。【私達(アバター・Aの世界)】も動物も実はその部分において差はありません。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > 自己育成・鍛錬・教育 > 本能からの躾も仕組み上から観れば実は合理的

本能からの躾も仕組み上から観れば実は合理的

能からの躾は実は合理的なものです。【私達(アバター・Aの世界)】も動物も実はその部分において差はありません。


この章では【私達(アバター・Aの世界)】で起こる行動原理の部分において、本能と直結している仕組み上でのカラクリをほんの少々綴って観(み)たいと想います。

さて、ココで質問です。

ザックリ過ぎる質問ですが【貴方(アバター・Aの世界)】が最初に覚えた印象的なルールは何ですか?



実は殆どの方が答えるパターンで大まかに2種類に分類されます。
ただしその他は別としてですが…。

その2つとは…

@ 【快】の部分から発生したもの。
A 【不快】の部分から発生したもの。

上記の2つに分類されます。
具体的には…

親に褒められた。
自信に繋がった。
他人に認められた。

…という何かしらの【欲求】に付随するものです。


反対に…


親に酷く怒られた。
怖い体験をした。
怪我をした。
他人から仲間外れにされた。
他人にされて腹が立った。

…という具合です。


如何でしょうか?
別章【5つの欲求】にも繋がる部分ではありますが【私達(アバター・Aの世界)】の身の回りでは常に【体験から成るデータ】に【感情】がセットになっている事実に気付きます。

特に【不快】によるデータは【快】によるデータより多い事に気付かれると想います。


昨今、現代の教育では【躾】のレベルが非常に劣化してきております。
学校等の教育機関では非常に頭を悩ませている現場が多く、ありえない状態が多々観受けられるのです。

その部分において保護者からも御相談(クレームではなく純粋な御相談)が挙げられるのですが取るに足らない問題が外部指導者へ寄せられるので少々驚いています。


実際に昨今であった事例ですが教育委員会や市役所等の公共事業所へクレームや文句のメールや電話が来る事は増えて来ています。
ですが一昔とは違い、実際に保護者や関係者が足を運んで口頭でのクレームや文句をされる方々は驚くほどに激減しているそうです。

それだけ、安易に面を合わせずに一方的に感情をぶつけ易くなっているのが現状です。
その為に実際に三者懇談をすると不思議な位に生徒と親との情報共有によるズレが驚く程に露呈されてしまう傾向が強く、懇談中にも関わらず保護者が生徒を怒る事や恥ずかしくて情けない想いをされる方々も事実おられます。

(不思議な事に面と向かって話すと驚くほど問題が起き難い。逆に通信機器等でのコミニュケーションにおいては非常に問題が頻発に起き易い。情報共有の原理では総合判断の材料が対面式であればあるほど膨大な為です。)

これは一体何が起こっているのでしょうか?
実は保護者と生徒のコミニュケーションが原因では無く、【躾】の提供の仕方や手段に原因があると想われます。


昨今、【躾】は褒めて伸ばす。


…という考えが【※漏汎】しております。
(※造語です。【漏汎】一般的に本来の意味を塗り替えられて巷に蔓延する間違った情報。以下【漏汎】と表記)

実はこの考えが非常に弊害を起しています。
【私達(アバター・Aの世界)】は生物上のカテゴリーで区分けすると哺乳動物に含まれる霊長類の頂点に立つ生物です。

その進化過程において【快】と【不快】という2種類の状況下で環境による脳の発達速度…簡素に言えばどちらが生き残る確立が高いでしょうか?


割合で言うならば【快】:【不快】で表すと…


何と!
【0.01】:【100】の割合なのです。
【私達人間(アバター・Aの世界)】という生き物は【絶対にあってはならないもの】としてデータを概念化しているので【躾】における部分に関しては【不快】に属す事で感情面とのタイアップがし易いものと成りえます。

所が面白い事に【褒めて伸ばす】という部分に偏ると【5つの欲求】にもリンクされますが度が過ぎると非常に【自我が際立つ】様になります。

(【褒めて伸ばす】というものを過度にしてしまうと自己愛を基本とする【本能(専門用語で言う所の【全能感覚】が顕著に突出してしまい易い)が理性をも超えてしまい、場合によっては抑えきれない様になってしまう傾向が強い。精神性長期(10歳後半)〜成熟期(30歳前半)にかけて全能感覚を抑える理性を鍛えておかないと人生においてストレス耐性が無い状態であればあるほど、自我防御のシステムにより、非常に攻撃的なキレ方をしてしまう。それが出来なくなるとアルコールやドラッグ、DV等の行為に逃避したりもする場合がある。)

実際に【自我が際立つ】人間であればそれに伴った【実力】を付け、社会的にも独立し生産性そしてそれ自体が支持される貢献度の高い分野において実力を発揮すれば問題はありません。

が…しかし不思議な事に【躾】を施されていない状態で世に出ると大半が【口先】のみの半端者になる傾向が顕著に表れます。
これは大変に悲しい事です。


そして必須すべき点がもう1つあります。
それは【保護者(親)が友人に堕ちてしまっている】事実が挙げられます。

(親は友人ではありません。人生の先輩であり保護者なのです。自分の欲求を満たす為に友人感覚で隣人になる事は控えましょう。最終的に親という立場は次世代に託す存在であり、【自立&自律】して生きていく術を次世代に伝える貴重な存在です。)

何故か共通点がそこに結び付く場面を多く観ました。
私(卵P)は基本的に外(外部の関係者であり教員ではありません)の人間です。
その為、大変残念ですが観えてしまう傾向として学校側が近年保護者や外部指導への依頼により学校に立ち入る方々が増加しています。

本当に不思議な事です。
と同時に教員の方々からは口に出したくても出せない事情が痛い程に伺えるのです。


高校にもなると手の施しようがないレベルの状態でやっと気付かれる保護者が全国でも後を絶ちませんがこれも仕方の無い事です。


私(卵P)の経験上の話ですが結局の所、情報を受け取れるにはフィルターの掛かっていない時期を観逃さない事が大切です。

【三つ子の魂、百まで】とは良く言ったもので一番初めの時期が実は一生を左右する時期でもあるのです。そしてもう1つは人生の中間地点でその教訓の反対をする場合があるという事も実際に起こります。

今までは本当に真面目すぎる人だったのに定年退職をした時点で人が変わったようになった…とか。
不良で人生を投げていた人だったが結婚して子供が出来た途端に良父になった…とか。
勉強しなかった人生だった者が晩年に大学に通いだした…とか。
遺産を相続したら人生を破綻した…とか。

これらは【施された部分での抑圧からの不快による鬱積】がモロに現れてしまった典型実例です。

その為、長い人生で節目節目による大きなイベントで気付きながら【プログラム(以下PRGと表記)】を保管しあいながら【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に内在する【PRG】を安定なさなければなりません。


その為に足掛かりとして最初の時期にしっかりとした【愛情(快)】と【恐怖(不快)】を長期プランを定めて施すのは、ある意味【愛する我が子への大きな財産】となるのは御理解される所だと存じます。

現代の保護者様達が最終的に施しようが無くなる傾向が特に強い特徴を挙げるならば以下の特徴が挙げられます。


・ 愛情と可愛がりを履き違いえている。
・ 要望を表面でしか捉えられない。
・ トラウマによる弊害教育。
・ 恐怖や畏怖を使えない。
・ 他人に関わらせられない。
・ 自分以外を信じられないので子供を囲う。

他にも細かい部分があるのですが上記の部分の傾向を観るとある事に気付かれると想います。
それは【コントロール欲求】が先行している点が挙げられます。

全てとは言いませんが当事者の方針がモロに施されているので、反抗期等に起こる【自分(←親)の範疇外の事が表現される】と途端にパニックになるのです。
最悪、子供の御機嫌を取る様になる場合があります。


私(卵P)が過去…外交員の職に就いた時代に、とある用件で百戦錬磨のセールスマンの御自宅に御伺いした時に面白いものを観ました。

そのセールスマンの御子さんは非常に自発的でハキハキした物言いで部活に精を出していたのですが親には言いたい事や会話は非常に楽しそうな表情でした。

何度か会っている内に私(卵P)はその子に訊きました。
『○○さんってどんな人なの?教えて。』…と。

すると一言。

『めっちゃ怖い人♪』と明るく笑顔で話してくれました。

これが答えなのです。



【どんなに怖くても愛情がある】のならばそれは生き方として言葉にはならなくても伝わるのです。
そしてその子は続けてこうも話してくれました。

【わがままで人間臭い所もあるけど尊敬出来るお母さんなの。】…と。
上記でセールスマンとは記載しましたが実際には女性なのです。
(セールスウーマンと記載すれば良かったのですが固定観念があると真意が伝わらないと想いましたので御容赦下さい。)


保護者(親)であっても人間なのです。
失敗は誰にもつきもの。
なのに【【自分自身(アバター・Aの世界)】の立ち位置での一辺倒な考え】で【躾】てしまう事で長期的に観(み)ると大変に危険な【保護者本位の教え】が露呈される場合があります。


古来から商人(あきんど)の教えに【他人の飯を喰わせる為に丁稚奉公に出せ。】という教えがあります。
それは【どうしても甘やかしてしまう弱さ】を知っているからです。
その為、商人は三つ子までは愛情を一心に傾け物心付く頃に外に出して鍛えるのです。
【苦労は買ってでもしろ】という言葉にもその事が顕著に出ています。

現代では心理学用語で【全能感(又は全能感覚)】を捨て切れず思春期から反抗期まで通過し、不登校になれば保護者がそれを容認しますが、人間の持っている【本能】はとても強靭で根強いものです。

それに気付かず健常な人間であるにも関わらず【保護した結果の末路】は取り返しが付き難くなります。
その為に早い段階から結局的に他人に関わらせるというのは非常に大切な事なのです。
現在、その部分に関係する慈善団体やイベントは探せば結構あるものです。

例:【ピースボート 子供】・【子供 スクール キャンプ】等を検索。


上記の内容に異論がある方々も事実おられるでしょうが、事実一般の学業に林間学校や臨海学校そして修学旅行等が今現在もあるのは何故でしょうか?
そして学校行事やイベントで運動会や遠足、キャンプ等があるのは何故でしょうか?

少し冷静になれば御理解があると想われるのですがどうしても【コントロール欲求】が強い保護者になると【自己範疇以外のものを認めたがらない】傾向に飲まれてしまいます。

そこに気付いて頂きたいものです。


話は変わりますが当サイト【現実と人生のカラクリ】は基本的にスピリチュアルに勘違いされ易いのですが運営している私(卵P)は全くその様な【神】的な概念や観念を信じておらず冠婚葬祭には利便性や一般的に宗教を道具として御手軽に使用している程度でクリスマスにはケーキを食べ楽しむ程度の一般人です。

そして今まで過酷な極貧生活を経験し、一般企業に入社→独立を経て失敗も経験しブラック業種を渡り歩いた最中でアフィリエイトビジネスを起してから後〜余剰金を投資に回して現在の人生を形成した…ある種、泥臭い人生だった人種です。

決して特別な人種でもなく、まして特別なオカルト能力がある訳でもありません。更に言うならば『愛や恋で腹が膨れるとは到底思えない!』というドライなタイプです。

そこを御理解して頂いた上で上記の内容を含め以下の3つの御話を事例に挙げておきます。


1つ目は巷ではニューエイジとか言われる新たな感覚感(←不思議な日本語になりますね。)を持たれた方をたまに観受けられますがよくよく話してみると単なる【現実逃避】が拗れた中二病の人も現実におられます。

所が、そんな中でも本物の方も事実います。
世間で言う【異能感覚者】の事ですが、ある種の段階で一般人とは【PRG】の構築が非常に偏っている場合や特化(【神童】とも呼ばれる場合がある)している事があります。

しかし、幼少時代に多くの価値観や情報を得ると段々と並列化し能力が失われる場合もあります。
その為に階級社会では今現在も【帝王学】というものを代々受け継いでいる一族もあるほどです。

ですがそれは【長期プラン】上どうしても【御家の事情】によるものである部分が占めている場合が多いです。
もし、その様な【長期プラン】で特化した教育を望むのであれば一般人には向かないのは想像出来るとは想いますが切に望むのならば、その項目に【経済自立】と【精神的確立】を必須項目として施せば大丈夫と想われます。

この両輪が出来ていれば先ず【長期プラン】上、頓挫する事は無いとは想いますが常に実践を体験させながら教育をすれば良いと想います。


しかしながら、成人を越してしまった【私達(アバター・Aの世界)】はどのように自己教育して行けば良いのでしょうか?
…とボヤかれる方もおられるでしょう。

御安心下さい。

その為に【私達(アバター・Aの世界)】は常に【成長】出来るシステムが本来備わっているのですから生涯それを忘れてはいけません。
当サイト【現実と人生のカラクリ】もその一環として綴らせて頂いておりますので御助力になれば幸いに想います。



2つ目は私(卵P)の運営する別アフィリエイトサイト(←既に無くなった物販サイト)である種のアイテムがかなりの好評を得たのですが販売プログラムを探しましたら結構ロングセラーになっていました。

【ワンブル】 というアイテムなんですが今までの文面から観ると仕組み上、とても利に叶っていると想います。

人によっては【虐待】と観受けられる仕組みですがペットという【愛玩】という事自体を考えれば、全てが矛盾に属すのも人間だけの不思議な仕組みですね。

少し話を戻しますが、このアイテム…何か気付きません?


基本的に認知されている【犬の躾】は主従関係を基本と捉えられています。
平たく言うと【ワンちゃんの喜びは御主人サマの期待に応える事です。】みたいな。

ボールを投げて持って変えると褒める。
【待て】が出来たら褒める。
【お座り】が出来たら褒める。
…etc

どれも【快】に通ずる発想です。
これって非常に時間が掛かるのです。

ですが【不快】の関連に属すと逆に非常に時間は短縮されるのです。
それは何故か?

生命の原理は基本的に【危険回避】や【生命維持】、そして【安全確保】が何よりも優先だからです。
その為、【痛み】や【嫌い】なものに属すと初期段階では確かに【体罰】に属す筈ですが、【長期的スパン】で観れば全く逆の解釈になると察します。

上記のアイテムを観れば解るのですが【躾】を施されたペットというのは行動範囲が広がり多くの人達に安心してスキンシップを取られ相互関係が【躾】を施されていないペットより、どれだけ世界観が広がるかは一目瞭然でしょう。


(躾けとは実際の所、可能性という観点から観れば出会いや関わりを劇的に増やせるという術(手段やツール)でもあると言う事になります。)

立場を置き換えると何となく察しは付きますが(それでも『人間と動物とは違う!』とクレームが来そうですが…)【私達(アバター・Aの世界)】人間も多くの体験や情報を得られる人格というものは【品性】・【人間性】・【人徳性】において基本を構成するとしないとでは【現実世界(アバター・Aの世界)】という狭いテリトリーで【体験】や【情報】はやはり集まりに大きな差が生じ易いものです。

世間一般に時代が豊かに成るにつれ、【体罰】が問題視される様になりましたが【口先だけが達者な未成熟な子供】に論理や倫理を言っても理解し難いのは【体験】が極端に少ないので当然なのです。

したがって他人に怒号で怒られたり、拳骨を喰らう事で【体験】を積み【恐怖】という本能を平行させルールや倫理を習得するという観点から観れば【長期的プラン】上、大変有益となるわけです。

そこまで考えられるならば【私達(アバター・Aの世界)】の中に内在する【コントロール欲求】も抑えられると想いますが如何なものでしょうか?


そしてもう1つ上記の【内部システム上(アバター・Aの世界)】の話と絡みますが【私達(アバター・Aの世界)】は基本的に【成長】という【現実世界(アバター・Aの世界)】においての幻想を楽しめる不可思議な意識体でもあります。

そのシステムは【不自由】というものを逆手にとって【成長】を強制的に促せる事も【現実世界(アバター・Aの世界)】でのプレイスタイルでもあるのです。

筋力トレーニングも然り、そして【自分自身(アバター・Aの世界)】の錯覚を観抜く感覚を鍛えるのも然りであり、【私達(アバター・Aの世界)】個人個人の枠組みを大きく構えるならば全ての事柄には【成長】や【衰退】も時間と言う概念を楽しめる事が事実上解る様になります。

私(卵P)はプロフィールでも御伝えしたようにマイナースポーツ関係に属していますのでトレーニングには非常に興味があるという趣向になります。

その為、今は無き別のアフィリエイト物販サイトでも【 世界初の動体視力トレーニングメガネ「Visionup」 】というものを扱いました。
このアイテムも非常に興味をそそられてしまい、不覚にも自己購入して私(卵P)自身が人体実験?wをしてみた事があります。(昔のバージョンはデザインがすっごくダサかったんですが今現在はスポーツサングラス系のデザインになったようです。コッチ方が良かった…泣w)

結果は非常に明確で【私達(アバター・Aの世界)】は基本的に【現実世界(アバター・Aの世界)】でトレーニングを積んだり、負荷を掛けるとそれに応じて何らかの能力が伸びてくるという【現実的な回答(アバター・Aの世界)】が得られる様になっています。

つまり、嫌な仕事だろうが好きな仕事だろうが【負荷】である以上は結果的に【自分自身(アバター・Aの世界)】のステータスに必ず【何らかの反応が現れる】という事です。

このアイテムでは視覚視野の情報取得に負荷が掛かるのでそれを補うという脳内の視覚情報系が特化し易いという仕組みを逆に利用しているトレーニングシステムです。

年齢的に視覚故障の代表格【黄斑円孔(おうはんえんこう)】というものがありますが、私(卵P)がストレスから煩った視覚障害もコレに近いものでした。(実際には神経性剥離系だった…。)

不思議な事に脳内は、この状況下おいても暫くすると視覚情報に誤差を補う様に脳内に映像処理を施します。
それは【脳内の意識に片方の視覚情報が欠落していると、もう片方の視覚情報を補わさせる】というものです。

その為、両目の視覚情報を脳内で恙無く認識していても、そこに手等を翳すと認識出来ず【自分自身(アバター・Aの世界)】の脳内で【手が映らない】という現象を体験しました。

本当に面白いものです。(医者は『貴方…少し変わっていますね。下手すると失明するかもしれなかったのですよ。』と言われました。だってジタバタしても仕方がないと想った時期だったので…。)
                (;´・ω・`) ショボーン

話が少し逸れましたが視覚情報の負荷を上げる事により、その負荷を軽減(このアイテムの事例では【トレーニンググラスを外す事】)すると当然、処理出来る視覚情報はより多くなりスペック上【余裕】が生まれるという仕組みです。

特に反射や対応によるスピードが要求される対戦競技には大きな効果を発揮します。
この事から【私達(アバター・Aの世界)】という存在が【現実世界(アバター・Aの世界)】で生きる存在というものは、意識であれ、筋肉であれ、脳機能であれ、全てにおいて【成長】というものが可能な存在なのだという事に行き着きます。

しかしながら【仕組み】という観点から更に大きな枠組みを捉えると【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の可能性を回復…否、結果として回帰している事に気付く過程を踏む様になります。

そこに気付くのも無限にある手段の1つがスポーツなのかも知れませんね。

この章では以上です。
何かしら【皆様(アバター・Aの世界)】の人生のヒントになれば幸いです。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------