現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

全ての疑念と疑問を内に求める…
それは孤独を通じて己の先にある本当の自分との対面。

自己ワークや何かを学ぶという最終段階はとてもシンプルです。
ヒタスラに自己の追求へ歩み出すには孤独を楽しむ事と同義となります。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > 自己育成・鍛錬・教育 > 全ての疑念と疑問を内に求める…それは孤独を通じて己の先にある本当の自分との対面。

全ての疑念と疑問を内に求める…
それは孤独を通じて己の先にある本当の自分との対面。

自己ワークや何かを学ぶという最終段階はとてもシンプルです。
ヒタスラに自己の追求へ歩み出すには孤独を楽しむ事と同義となります。


当サイト【現実と人生のカラクリ】にあらゆる御質問を寄せられる部分には【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】における背景が常に存在しています。

今回はその部分に焦点を当てて綴りますが、併せて以下の関連する記事も平行して熟読されて下さい。

人は【自分自身(アバター・Aの世界)】が納得出来ない部分において場合によってどうしても許せない場合や怒りを感じる部分が出てくるのは至極当然の現象なのです。

しかしながら冷静に且つ客観的になればその[ 怒り ]とは一体何なのでしょうか?

また【自分自身(アバター・Aの世界)】の【プログラム(以下PRGと表記)】には今まで何が構築されているのかを吟味する良い機会に導かれると考えるべきでしょう。

それだけ【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】という没頭型の【個人個人(アバター・Aの世界)】誰一人として同じ【現実世界(アバター・Aの世界)】に参加している訳ではないのですから。

そして関連記事として【自分と他人の世界は…】【かまう事や煩わしさ…そして執着へ】【矛盾】【【妄信】の落とし穴】等を御参照及び熟読されて下さい。

さらにカテゴリーとして【現実の仕組み】【意識と心の仕組み】【心と意識の洗濯】【人生ゲームの離脱】も併せて熟読されると良いでしょう。

それでは前置きが長くなりましたが始めて観たいと想います。


当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる御質問として最も多いものが【質問】というものですが【質問】というものにもカテゴリーが存在します。

そのカテゴリーを大きくザックリ分類すると以下の様な種別に分かれます。

@ 純粋な疑問や質問。
A 疑念の解消。
B 現状からの解消と解放、及び救済請求。
C 不安や孤独感、そして依存心からの衝動。
D 【矛盾】や【PRG】からの反発。
E その他。

順に説明して観ます。(←この言い回しの意味も観て下さいw)

@ 純粋な疑問や質問。
コレに関しては純粋な知識欲が発生させているに過ぎません。
本来【私達(アバター・Aの世界)】という人間は他の哺乳生物にも存在している部分が特に特化しすぎている能力やシステム上のおける【始原のPRG】が備わっています。

その中でも特に【5つの欲求】という許容量が他の哺乳生物や霊長類系という括りの中では郡を抜いて発達しています。

図で言えば…

この図は簡易的に描いていますがイメージは伝わると想います。
科学分野で人間の意識構造は他の動物とは一線を超越して進化論自体を疑問視される程にキャパシティ(許容量及び範囲)自体が異質な程に発達し過ぎているという指摘も在る程です。

その部分において【私達(アバター・Aの世界)】は元来、全ての現象や五感を通して得る情報に関して、非常に強い好奇心を持って【現実世界(アバター・Aの世界)】に関わろうとしているのが本来の【皆様各人(アバター・Aの世界)】なのです。

その為に幼少時代は何にでも興味を持ち瞬間瞬間という時間概念(短かったり長かったり)を歪める程に何かに対して情報を取り込んで【自我構築(アバター・Aの世界)】に勤しんで【PRG】をマクロ化して来たのです。

不思議な事ですが【私達(アバター・Aの世界)】は情報を蓄積する過程で多くのマクロ化を進めると同時に新鮮さを失って来るのはシステム上、仮想概念化に準ずるものの弊害でその部分が余りにも特化してしまうと全ての行動基準を演算だけに頼ってしまうという自己完結で処理してしまいがちです。

面白い事実ですが実際に【知っている】範疇の事を実際に【体験】して見る事で充実感を始めて感じる事や感動を得られるのは仮想でのテリトリーからの導いた【演算的結論】よりも【実質体験】から得られる情報量が数十倍以上も多い点に在るからです。

当サイト【現実と人生のカラクリ】が【※験解】という言語を使用しているのはこの事実を指しています。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

【私達人間(アバター・Aの世界)】という生き物は上記の事を踏まえれば、とても知識欲旺盛なのは、そのキャパシティ及び処理能力とマクロシステムが格段に進化している証拠でもありますが実際にその真価を追求する楽しみも同時に観出す(みいだす)ならば【験解】を行う事を強く御推奨します。

実際に仮想演算の行き着く果て【矛盾】しか起こらないのは誰でも一度は体験済みでしょう。


Aに関してですがココから【私達(アバター・Aの世界)】の構築した【PRG】によるリンク性による弊害が顕著に発現して来ます。

【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】が生きてきた【現実世界(アバター・Aの世界)】で手塩に掛けて構築した【PRG】に苛烈なまでの情熱(感情)を幾重にも重ねて人生という物語を構成しています。

その中で価値感を崩壊させる現象に殊の外、攻撃的になる場合があります。

今までそれで全て順風満帆とは行かない場合もあれば、行く場合も含め【自分自身(アバター・Aの世界)】が構築した価値感や概念と観念に対して非常に強く魅せられ且つ、時には命という存在より大事な行動を取ります。

【現実世界(アバター・Aの世界)】でも多く観られる最たる現場が戦争というものでしょう。

テロや意図的な制圧を合法化している根底には人間特有の価値感や概念と観念の総体同士が複雑に大きいうねりとなって現実化しているのが解ると想います。

上記は大きな一例ですが細分化→最小化の単一レベルで観るとそれだけ【私達個人個人(アバター・Aの世界)】の積み上げたものに対して、存在価値を揺らがせる情報に敏感なだけなのです。

逆を言えば【自分自身(アバター・Aの世界)】の作り上げた【PRG】の総合結晶である【現実世界(アバター・Aの世界)】に対して魅了されウットリしている状態でもあるのです。

【私達(アバター・Aの世界)】はどんなに人生を喜んでも、悲しんでも、怒っても、悩んでも、【自分自身(アバター・Aの世界)】の生き方自体…実は愛して止まない程に夢中になっている。実はこの事実を【験解】する人は意外と少ない。)

つまり疑問の解消という部分において以下の事を告げるとピンで貼り付けたように思考の動きが止められて同時に苦しみを感じるようになります。

それはとても単純ですが…

【自分自身(アバター・Aの世界)】の価値感に準ずるようにしたいだけ。…という背景が見え隠れしていないか?

                  …という事です。

もっと簡素に言えば【自分自身(アバター・Aの世界)】に対して『こうでなければ納得出来ない&こうでなければいけない』という自己解釈に曲げたい!もしくは歪めたいという強制欲求(コントロール欲求)の表れです。

【私(卵P)】はあらゆる御質問に常に同じ事を告げています。
それは【囁き】です。

人はそのコントロール欲求の根底にある【感情】の出所を殆ど観ようとはしません。
逆に今までの価値感や概念・観念を成立させ、決して揺らがない様に苛烈なまでに幾重にも類似した情報を感情で塗り固め強固にして行きます。

それが【自分自身(アバター・Aの世界)】のアイデンティティ・ポリシー・生き方・姿勢・信念となって確立します。

ですがある程度【験解】という世界に足を踏み入れ始めると不思議な事に感情の扱い方を自然と覚え始め…この【小さな疑問】という積み重ねが人生の生き難さの正体と気付く様になり始めます。

この事に気付き【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を振り返り【観(み)る】という分野を追求し出す様になると途端に人格が穏やかになるのは【感情】の解放と言うべき世界を歩んで行くという事になります。

ちなみに話はそれますが…この分野で精通すると人の垣根を自由に通り越す範囲から、垣根の存在自体が無い世界に入る為に蔭が薄い空気のような人物印象を受けます。

コレにも段階があって初段階の辺りでは手練の営業の人やベテランのホステス業の方にチラホラ見受けられます。


Bに関しては説明不要とも思えますが基本的に現状の【現実世界(アバター・Aの世界)】が気に入らないから急いで変えたいという欲求が強すぎる背景が伺えます。

【私(卵P)】もどちらかと言えば極貧層の経験者なので、この窮地的な深層心理と【現実的に貧困世界(アバター・Aの世界)】を抜けるのはある意味人生のテーマでもありました。

リアルな話、最初の独立のキッカケというものはプロフィールでも書いていませんでしたが実は学生時代のアルバイト三昧で薄々と【サラリーマンでは自由を掴めない】という将来性への【自由を掴む希望】からの焦りは常にありました。

幼少の頃は周囲の情報が殊の外、入り難く【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】でホームレスをしても腹が減る&みすぼらしい位の意識しか感じないものでしたが、成長するにつれ外の情報と照らし合わせると常に【経済という部分にビハインドを感じる様になっている】のは疑いの無い事実となっていました。

その為、就職してからMLM独立するまでの期間…実は飲食店を経営しようとダブルワークで一時期(約1年〜1年半年間)程、ファーストフード店と中華料理店で夜間アルバイトをしていました。

その頃は実質、基本的に7日勤務状態で月に1日の休み程度だった記憶があります。

ですが【ある事実】を知った時に挫折せざるを得なくなり、会社を辞めるまで約12年間やも得ず業務に感情をぶつけるが如く没頭する経緯となる訳です。

まぁ…【私(卵P)】の話は別記事で記載したいとは想いますが実際に経済面や人間関係で切迫状態&緊急事態の状況下において現象を早急に求めたい御気持ちは察しますが、実質【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】は簡単には構築されていません。

何故なら上記にも記載しましたが幼少時代に無意識レベルで自己構築した【PRG】がマクロ化した経緯も含める事を考えると…どれだけ自動化状態で膨大な情報量と感情で強固な【現実世界(アバター・Aの世界)】を構築しているか理解に苦しむ事は無いでしょう。

ですが最初の【核】を構築しその周囲に【殻】を成す【PRG】システムさえ心底理解し【験解レベル】まで体験し、それを積み重ねれば人生は初めて【【自分自身(アバター・Aの世界)】で構築している】という自覚に目覚め【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との共有財産であるという認識に目覚めます。

不思議な事に【自分自身(アバター・Aの世界)】が生きてきた【現実世界(アバター・Aの世界)】よりも遥かに短い期間で構築出来るのは【PRG】とマクロのシステムをシッカリと【験解】出来る様になるに比例する事が実感出来るでしょう。

コレをワーク途中で【タブー】を犯してしまうのは単なる【自分に言い聞かせている】という不安感の表れでコレを実際に確認したいのならばネットの掲示板を閲覧すると多くの人達が陥っているのが解ると想います。

ただ言っておきますが【私達人間(アバター・Aの世界)】はとてもワークの世界では弱い存在です。
誰もが掲示板の事を客観視は出来ますが実際に当事者になると大半の人が必ず通る道でもあります。

その為には【孤独】という道を歩まなくてはなりません。
世間でいう【孤独】とは【孤立】とは全く異なります。
【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を先ず変えたいと切に望むのであればワークの世界に没頭すべきです。

ワークの世界に没頭すれば自然と大衆の中にいても自然と【孤独】になります。

それは当たり前の現象。
事実、【現実世界(アバター・Aの世界)】という外の刺激に反応する【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】自体を観て不要な感情を洗い流す作業をすると同時に価値感が緩くなる事に気付く筈です。

最初の段階ではコレに一喜一憂するのは仕方がありません。
掲示板ではコレをしても無意味なのが解るとは想います。
何故ならそれは先程も伝えたように単なる【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】による感情反応でしかありません。

ワークに取り組む全ての人達が目指すのは【自分自身(アバター・Aの世界)】が今まで構築した【現実世界(アバター・Aの世界)】からの解放です。

先ずは急がば回れ。
その焦りを緩め…諦め…手放すのが先決です。
【自分自身(アバター・Aの世界)】の怒りや憤りというものを【自分自身(アバター・Aの世界)】以外の外に求めても【自分自身(アバター・Aの世界)】が純粋に求めている【現実世界(アバター・Aの世界)】は体験出来ません。

そもそも【私達(アバター・Aの世界)】は単なる体験者であり【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】はそれを通じて【それを体験したい】のですから、この意味を吟味すれば如何に【私達(アバター・Aの世界)】はそれを選択出来るのかという事実を【験解】すべき存在であり事実であるという事を体験するべきです。

その事実さえ吟味すれば外に求めるという行為が如何に愚行かというのが解る筈です。
求めるは常に【自分自身(アバター・Aの世界)】の内にあるという事実しかありません。


Cに関してはBでも伝えましたがワーク最中にもワークに入る前の段階でも誰もが経験する事です。
当サイト【現実と人生のカラクリ】へ送られて来る御質問の中には依存度が高いものや孤独感が拭えない背景が伺える文面も見受けますが一服の清涼剤を求めても根本の改善には至りません。

【私達個人個人(アバター・Aの世界)】の真に求める【人生(アバター・Aの世界)】は同じものは1つも存在しません。

何故なら世界が違うからです。
…と言うよりも実際に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】は元来孤独なので寂しさを紛らわせる為に遊んでいるに過ぎません。

ですから折角【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が拵えた【自分自身(アバター・Aの世界)】の体験の場で寂しさを際限無く体験するのは個人的意見ではありますが少々惜しい気がします。

【私達個人個人(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作作品を構築しているので個人的意見を除けは『どのように演じて楽しんでも、悲しんでも、怒っても、平凡でも』構わないのです。

ですがコレだけは覚えておくべきでしょう。
それは【【自分自身(アバター・Aの世界)】のやっている事に自覚を持つ事がその楽しみの領域を広げる】という事実を。

つまり演者から観覧者への【テリトリーを広げる】という事です。
移行するのは単なる変化に過ぎず自由度から観れば実は低いのですから、どのような状態からでもあらゆる役を演じたり観たり出来るのは上記の【テリトリーを広げる】という意味の喩えがシックリ来ると想います。


Dに関しては@〜Cを熟読すれば解ると想いますが【験解】に比例してクリアしていける分野とも密接に繋がっていますので改めて伝えますが、【私達各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】であらゆるジャンルや分野に属されているとは存じます。

その各種の立場にて矛盾や対立は誰もが上記の情報を熟読レベルで察する事でしょう。

【現実世界(アバター・Aの世界)】で所属する業種・立場・ステータス・地位・体裁等においての立場からは当サイト【現実と人生のカラクリ】の意味合いがどうしても合わないのは仕方の無い事です。

別にそれはそれでも結構だと存じます。
また別記事でも多く触れていますが【私(卵P)】自身、一切の宗教団体や業種団体に属してはいません。

業種のカテゴリーで言えば個人事業主であり個人投資家の分類になります。
【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を静かに楽しんでいるだけに過ぎませんし、当サイト【現実と人生のカラクリ】はプロフィールにも書きました通り、単なる道楽主旨が主体となっています。

スピリチュアル系にもとんと疎く、霊関係には全く無関心です。
墓前に手を合わせたり季節柄、仏壇に供え物をしたり葬儀関連に出席したりするのは単なる世間一般で言われる【心?】の在り方と言うより単なる精神的な安定を指すものでしか捉えておりません。

唯系の分野には特化しているのは自覚していますし、経済的な面においては単なるビジネス好きで【お金】に関する一面では【どこかのオジサン】のようなシビアな一面も持っております。

それ故に経験上や体験上…立場上において高校生徒達や後輩には基本的には深い関わりを根底に持つ事をしてはいませんが、本気の程度を計る上では少し熱量を割いて話す事もあります。

時にはドン引きされる事もありますが人は鷹揚にして本気の人間や、その道に特化した本物に出くわすと手も足も出ない事はザラに起こり得るのです。

コレはビジネスの分野で【私(卵P)】が体験した【験解上】最も気に入っている部分かも知れません。
だから変えるつもりも毛頭ありませんし、同時に外へ出す事も一切ありません。
(たまに出ますけどね。w)

その為…文章や文言、使用する言語には常に矛盾が付き纏います。
ですが【私(卵P)】は囁く事しか出来ませんし、関連する情報を上げて置く事しか出来ません。

コレは別章【自分と他人の世界は…】を始めとする【現実の仕組み】各章にも綴っています。

それ故、【皆様各人(アバター・Aの世界)】がどのような形で【私(卵P)】が上げた情報(当サイト【現実と人生のカラクリ】の情報は元来古来から在ったものです。決して見新しいものではありません…あしからず。)にアクセスして閲覧し、【皆様各人(アバター・Aの世界)】が携わる【現実世界(アバター・Aの世界)】で生かそうとも、単なる読み物としても扱いに関しては【私(卵P)】にはコントロールする事は事実上不可能なのです。

その分野も踏まえた上、御断りさせて頂いた上で【形の上】で一応謝っておきます。(【形の上で】というニュアンスは伝わっていますでしょうか?)
-----------------------------

※Amazonリンクが張ってありますので注意して下さい。
(↑この矛盾…伝わっていますか?www)
-----------------------------

結局の所、【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】との付き合い方を吟味する必要があります。

それは外に求めるというスタンスに御別れをして自己責任の下、【自分自身(アバター・Aの世界)】の内側に求めなくては【メビウスループ】にしかならないという事実を腑に落としておかなくてはならない事です。


最後のEですが十中八九対応出来無いジャンルになります。
少ししか触れませんが御質問の内容に『ガンダムやウルトラマンになりたいと本気で思っていればなれるんですか?』という御質問系や『殺人や犯罪…』という系統の御質問。

更には『天災や震災…』・『ミサイルや核戦争』等の御質問に関しても正確に答える事は事実可能ですが…上記の内容を吟味すると不毛な対応合戦をする事は容易に想像が出来る筈です。

決して冷たくあしらうというニュアンスに捉えられがちですが実施の所、例えば【私(卵P)】が映画【MIB(メン・イン・ブラック)】のエンディングに登場する星をビー玉感覚で遊ぶ宇宙人の様になれるか?というニュアンスと同じと想って下さい。

【私(卵P)】は一切興味ありませんし【私(卵P)】が何を実現したかを当サイト【現実と人生のカラクリ】を観れば解ると想います。

その部分から【皆様各人(アバター・Aの世界)】が何を【現実世界(アバター・Aの世界)】で体験したいかは『どうぞ御自由に…』としか言えないのです。

それを伝えた所で【皆様各人(アバター・Aの世界)】が体験する【現実世界(アバター・Aの世界)】の結果論を言い合っても、上記の内容から【それは結局、外に求めている事】にしか成らず【メビウスループ】に陥るだけなのですから。

それは結果として【孤独】ではなく【孤立】という自我に喰われる結果を【現実世界(アバター・Aの世界)】【貴方(アバター・Aの世界)】が体験するだけなのですから…。

【私(卵P)】は単なる【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】から自由を選択して極貧層の人生を今現在の生活スタイルを確立した…ただそれだけなのです。

つまり、あらゆる経験や体験を通じ【験解】を積み重ねて次第に内へと向かう過程において【孤独】になり気付いたら(←表現が微妙ですが…意図的なのかも知れませんけど…)人生を変化しただけ。そこに気付いて下さい。


今回は以上ですが何かしら閲覧される【皆様各人(アバター・Aの世界)】へ、気付きとヒントになれば幸いです。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------