現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

知性を持つ大切さ。

現実や人生を正確に観抜く能力を身に付けましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > 自己育成・鍛錬・教育 > 知性を持つ大切さ。

知性を持つ大切さ。

現実や人生を正確に観抜く能力を身に付けましょう。


この記事はあらゆる記事に繋がるように作成されています。
定期的に熟読されると実践量に応じて目に映る内容が変化される事でしょう。

それでは始めます。

【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】でどのように生きるかは全て【皆様各人(アバター・Aの世界)】の中に存在するものであるが故に真実自体を必ず歪めた【個別の現実世界(アバター・Aの世界)】での出来事に過ぎません。

それはとてもリアルに創られている事でしょう。
【私達(アバター・Aの世界)】という個別存在を共有している【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作であり、総合的なエンターテイメントに興じているだけの事なのですが余りにも没頭しすぎてそれが理解出来ません。

それこそが本来の【究極の遊び】であり、そのゲームをクリアする事こそが隠された【至高の遊び】とも言えるものなのです。

ですが【私達(アバター・Aの世界)】は常に【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】な【プログラム(以下PRGと表記)】を【人生(アバター・Aの世界)】という名の【現実世界(アバター・Aの世界)】でオートで組み上げ、【基本ベースPRG】をマクロ化して更に【現実世界(アバター・Aの世界)】に没頭して真実から遥か遠くに離れてしまいます。

その内、次第と【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の存在すら忘れてしまい、時には【現実世界(アバター・Aの世界)】という【人生(アバター・Aの世界)】に憤りを覚えたり、絶望したりを感じてしまうという事を【興じて】しまいます。

ココで不思議と想われるかもしれませんが【興じて】という表現が文章とは不釣合いに感じられる場合もありますが、実はコレが正確な伝達になります。


(人生のおける全ての出来事は良くも悪くも【興じ】の世界。)

コレは【私達(アバター・Aの世界)】の特有な特徴とも言えるシステムですが場合によっては御気を害される場合もある事でしょう。

ですが冒頭にも申しましたように【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】という【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】の外の部分から観据え、更に観抜かないと全く理解出来ません。

それには一体何が必要なのでしょうか?
今回はその一端に触れる事をしたいと想います。

ちなみに当サイト【現実と人生のカラクリ】での文言や文面に多く使われている【観(み)る】や【想う】というキーワードにはそのヒントであり答えが常に使用されている意味も今回の内容で解ると想います。


さて【私達(アバター・Aの世界)】は何故に没頭しているのでしょうか?
当サイト【現実と人生のカラクリ】に多く寄せられる御質問等には常に【囁き】と【観(み)る】事でしか解決方法はないと伝えています。

それは単に【気付く】事でしか【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】という【概念・観念】の枠という外の【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】に触れる事すら叶わない為です。

【私達各人(アバター・Aの世界)】はそれを【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】という【自分自身(アバター・Aの世界)】【人生観や人生の中で習得した(アバター・Aの世界)】もので拵えた単なる基準というレンズで五感を通じ観ています。

その為、そのレンズの外し方の訓練…と言えば良いでしょうか?
そもそも真実を知る為の古来から元々伝えられていた事を観落としているに過ぎません。

それは例えるとこの様に表現する事が出来ます。

【貴方(アバター・Aの世界)】は当サイト【現実と人生のカラクリ】を今閲覧されています。

ですが実際には端末だろうがディスプレイというモニターだろうが単なる【ドットの集合体】を情報ツールである【今まで習得してきた情報というレンズ】で読み解いているに過ぎません。

コレは別記事【忍耐を通り越した先にあるもの】でも触れていますが【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界という人生(アバター・Aの世界)】の中で習得した情報を道具として更に情報を進展&展開しているのです。


(現実とは全て意識の中で進展&展開している事を実体験としている。)

もしも【自分自身(アバター・Aの世界)】の中で教育を通じ文字や文明というツールを習得しなければ文字どころか意思伝達や疎通すらままなりません。

裏を返せば【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】であらゆる情報を習得し、更に可能性を広げて行く過程において【あらゆる線引きをなくす作業と新たに生み出している線引き作業】を同時にやってのけている事になります。

コレは【現実世界(アバター・Aの世界)】という【私達各人の仮想現実(アバター・Aの世界)】での真実面で伝えるならば【多岐に渡る個別の世界(アバター・Aの世界)】と言うと正確に聴こえますが実際は人間の認知以上に【膨大な情報の海】にいる意識が周囲の情報を組み上げている、とても小さな世界に過ぎません。

当サイト【現実と人生のカラクリ】の文章を閲覧され頭が煮詰まる方々が正直に御質問を送って頂ける『何かしら懐かしい感覚なんだけど解るようで解らない…』という系統表現をされる方がチラホラ増えて来ましたが余りオカルトチックになる必要も心配も御座いません。

単なる情報であり古来から元々存在する【単なる術(すべ=道具=ツール)】と御認識される程度で結構です。

別に宗教でもなく道徳でもなく、本来あるべき姿は【私達各人(アバター・Aの世界)】はただ単に【現実世界(アバター・Aの世界)】という【人生(アバター・Aの世界)】を漏れ無く体験する為に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作を興じているだけなのですから、そこに線引きたる【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】というレンズを使用して幻想や妄想…そして謀(はかりごと)に囚われる必要性は全くないのです。


さて話がかなり逸脱しましたが本線に戻ります。

それでは具体的に【私達(アバター・Aの世界)】はどのようにしてそれを観抜くスキルを習得すれば良いのでしょうか?

ココにも罠が潜んでいますが実は非常に簡単です。
【私達各人(アバター・Aの世界)】の中に元々備わっているものを使い育てるだけです。

コレは育てて行くと元来【観(み)る】という枠の外に向かう能力が開花していきます。


それが【知性】です。


不思議なもので【現実世界(アバター・Aの世界)】ではこの元来の能力が【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】によりかなり歪められ単なる【知識】や【知能】と混同されがちですが実の所、全く対極に位置する誰もが元来備わっている能力です。

この【知性】を極みの道が古来から伝えられている【禅】の世界では普通に受け継がれています。

世間一般に【禅】のイメージが根付いていますが本来は【現実世界(アバター・Aの世界)】で生きる上で単なる【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との架け橋程度の大きな役割になっています。

簡単に聴こえますが…本当に慣れてくると簡単なのです。
難しくしているのは【私達(アバター・Aの世界)】の中の【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】という組み上げた【PRG】で判断している事に慣れ過ぎてしまっているだけなので御心配は無用なのです。

しかしながら始めの内は余りにも【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】に溺れてしまって全く【知性】を習得するのにかなりの労力感覚を持つ事でしょう。

更には【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】な枠内で【仮想シュミレーション】を通じ【知性】の対極である【頭だけの世界】で納得する事さえ普通に起こる事もあるでしょう。

それを回避する極めて具体的な手段は【知性】と伝えましたが先ず基本的な事をココで少し触れたいと想います。

コレは別に小出しにしているワケではありません。
実の所、コレが【※験解】出来てしまうと【PRG】が次々と書き換えられて場合によっては劇的な事が起こり始めます。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

その為、一足飛びで習得する必要性が無いのです。
一足飛びで習得する事をしてしまうと【私達(アバター・Aの世界)】は不思議と【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】な【PRG】による制約や弊害に影響を受け、結局【現実世界(アバター・Aの世界)】に絡め取られてしまう事を体験してしまいます。


(妄信や勘違いによる強行的な行動必ず自己体験レベルで絡め取られる。)

当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる御質問の多くが全てこの部分で嵌ってしまっている事に【私(卵P)】は常に同じ答えである【囁き】と【観(み)る】事を提示するのは、ココまで熟読されると御理解頂けると想います。

それでは基本的な部分ではありますが【PRG】の書き換えのささやかな一手となりますがコレは連鎖が起きますので着実に【験解】されて下さい。

それは【5つの欲求】と距離を取り【感情】を刺激しない事を【考えながら実践する】事です。

【私達(アバター・Aの世界)】は【知性】を使い出すと面白いぐらい日頃の生き方の中で【概念・観念】を基準とした【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】という道具で幻想を通し【PRG】をオートで組み上げ【現実世界(アバター・Aの世界)】という名の【人生(アバター・Aの世界)】を体験しているのが解るようになります。

それは今まで【私達(アバター・Aの世界)】が生きて来た単なる【記憶の産物】に【感情】という【糊(のり)又は接着剤】的なものを次の【記憶】と連動させて【人生劇場(アバター・Aの世界)】という映画さながらのフィルムを構築します。

その為に【過去】・【現在】・【未来】という1本の【道】らしき【仮想世界(アバター・Aの世界)】を構築し、【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を通して体験し、喜怒哀楽という【感情】を無限に量産し、同時に【憂い】も連続的に体験しているのです。

コレは【私達(アバター・Aの世界)】の潜在的な機構部分で巨大で深遠なニューロコンピューター(←本来の意味とは違いますがココでは自己学習構築蓄積機能の意と御理解下さい。)という機能が働いている為です。

しかもコレがオートシステムという【PRG】になっているから厄介でもあり、逆にその恩恵により【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を体験出来るのです。

そのシステムは肥大化していくと【現実世界(アバター・Aの世界)】、元来体験を興じる目的だった【人生(アバター・Aの世界)】に没頭し過ぎてしまい【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】を忘れてしまいます。

それ故に【四苦】や【八苦】を体験してしまいます。

そこで【知性】を使い、【現実世界(アバター・Aの世界)】を通じて【自分自身(アバター・Aの世界)】を観(み)る事で【PRG】のシステムや【感情】の出所をシッカリと理解し出すようになると不思議な事に【始原のPRG】である【5つの欲求】【感情】が密接にリンクしている事に初めて気付くようになります。

【知性】を習得するに連れて次第とその繋がりや仕組みが手に取るように理解し出すと【自分自身(アバター・Aの世界)】が無駄に【感情】をコントロールする愚行をしなくなり、次第に興味を持たないようになります。

それは【コントロール】の対極に位置する【知性】の成せる【験解】であるからです。

【心と意識の洗濯】というカテゴリーはコレを【験解】レベルで文章化していますが【メビウスループ】に陥る現象を体験するのは根本的に【コントロールしたい!】という【欲求】【感情】に翻弄されているだけなのです。


(欲求や感情を主軸に置くと現実面と人生面において身動きが取れなくなる。)

それ故、実践中に【疑問や疑念…疑心暗鬼】に陥るのは【自分自身(アバター・Aの世界)】が構築した【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】の【仮想シュミレーション(アバター・Aの世界)】通りに行かないという鬱積された【感情】の裏返しに他なりません。

御質問の中には各方面の専門分野の方々の厳しい御指摘もありますが、実は全て【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で構築した【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】という線引きによる【自分が正しい】という【感情】【欲求】の単なる表れですので気にしなくても結構です。

【知性】を使い育て昇華して行くと【現実世界(アバター・Aの世界)】の仕組みが次第に【自分自身(アバター・Aの世界)】の中で昇華され極めてクリアになって行く事を【私達(アバター・Aの世界)】は【験解】する事でしょう。

不思議な事に全ての疑問や疑念の答えは【自分自身(アバター・Aの世界)】の中に存在する事こそが【仮想シュミレーション(アバター・Aの世界)】の対極に位置する【知性】の立ち位置であり古来から常識的に伝えられている事なのです。

何も特別な事はありませんし【心と意識の洗濯】も同様です。

でも不思議なものですね。
【私達(アバター・Aの世界)】は理想的な【現実世界(アバター・Aの世界)】を【切に願っています】し、【コントロールしたがっています】。

ですが、その通りには行きません。
逆に【現実世界(アバター・Aの世界)】ではあらゆる制約を受けたり【観念・概念】に翻弄され身動きが取れなくなってしまい、時にはとても生きている心地さえしなくなります。

それを回避しようと巷に溢れるスキル(スピ系や引き寄せ系等)を妄信したりもします。

ですがその類のスキルを使用する【自分自身(アバター・Aの世界)】の立ち位置こそが【知性】と対極に位置する場所であるならば全く意味の無い事に気付かなくては、ある意味【優れたノウハウやスキルも害を成してしまう】という事になる事を気付くべきです。

【私(卵P)】があらゆる記事文章に【ノウハウには罪が無い】と言う理由がココにあります。

例えるなら切り札になる武器を【自分自身(アバター・Aの世界)】に向けるような愚行という事になります。

【知性】とはそれを正確に使用する…と言うより、その武器すら必要無い事を根底から知るようになる事なのです。

そこで初めて【自由】と【創造】の鍵を手にする事になります。
それが【自分自身(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】とを繋ぐ古来から元々伝えられていた真実です。


今回は以上です。
何かしら【皆様各人(アバター・Aの世界)】の気付きになれば幸いです。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------