現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

物差しという比較対象を観る。

人によって挑戦感覚が違うのは何故でしょうか?今回はそれを観ましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------
サイト内検索↓


トップページ > 自己育成・鍛錬・教育 > 物差しという比較対象を観る。

物差しという比較対象を観る。

人によって挑戦感覚が違うのは何故でしょうか?今回はそれを観ましょう。


当サイト【現実と人生のカラクリ】企画ブログサイトへの御質問に最近増加傾向となっているカテゴリーに【挑戦】系や【継続】系の御質問が殺到して来ております。

以前は余り吟味してはいなかったので書き溜めていた添削・修正していたものを急遽引っ張り出してのUPに至ります。

その為、乱文にも感じられる事とは存じますが極力伝わり易い文面・文章・文言部分は残した所存です。


是非とも定期的に熟読されて【皆様各人(アバター・Aの世界)】【人生(アバター・Aの世界)】に活かせて頂けると幸いに想います。

なお、【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を【自分自身(アバター・Aの世界)】に持ち込まぬ様に常々、御伝えさせて頂いておりますが…願うならば【自分自身(アバター・Aの世界)】を責める必要は一切無い事を是非とも覚えておいて下さい。

【私達(アバター・Aの世界)】は単に【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】からの【ギフト】であり、大切な【現実世界(アバター・Aの世界)】の存在なのですから。

ただ、その自覚に目覚める事でより良い【人生(アバター・Aの世界)】を存分に御享受される事を心より切に願っております。


では始めます。


【私達(アバター・Aの世界)】はこの【世の中(アバター・Aの世界)】を観渡すと、あらゆる【人(アバター・Aの世界)】の人生観を目にします。

そして【私達(アバター・Aの世界)】は想います。

『嗚呼…あんな風に【人生(アバター・Aの世界)】を送れたら』とか。
『嗚呼…あんな風に挑戦出来たら…』と。

【私達(アバター・Aの世界)】は取得した【PRG】データから構築された【マクロ】により比較対象を得て、不足認識を知覚します。)

そして【自分自身(アバター・Aの世界)】にフィードバックして【自分自身(アバター・Aの世界)】を責めたり、虐めたりします。

ですが【私達(アバター・Aの世界)】は意外にも誰一人として【それが何故、起こるのか?】という【仕組み】や【現象】に関して注意を向ける人は稀です。

それが普通であり、また一般的な見解でもあるのです。

そして注目すべき点は【どうして、あの人(【自分以外の対象者(アバター・Aの世界)】)は挑戦が出来るのだろう?】とは考えようとしません。

そして【この世の大半の人達(アバター・Aの世界)】はメディアや書籍、ネットでの情報で【対象者(アバター・Aの世界)】が取り組んでいた事に対して格差を感じ…『【私(アバター・Aの世界)】には到底無理だな…』と深層的に想います。


ココでよく観て欲しい部分があるのです。

【何故【私達(アバター・Aの世界)】の個体感覚に差があるのでしょうか?】


実は【私(卵P)】はコレに気付くのが少しばかり早かった類の人間です。

当サイト【現実と人生のカラクリ】でのプロフィールや、企画ブログサイトでも書かれていますが早い段階で【人生負荷(アバター・Aの世界)】が比較的に【他人(アバター・Aの世界)】よりも若干多かった事が気付きにもなったのは確かです。

高校生の段階でよく感じました…『どうして、これしきで根を上げるのだろうか?』と。

【私達(アバター・Aの世界)】が認識する【現実世界(アバター・Aの世界)】では【人(アバター・Aの世界)】は不思議と【この感覚という物差し】である【経験値と体験値】をそのまま【本能】と直結しがちになります。

その中で【自己重要度】【承認欲求】にその【データ(経験値・体験値)】がインデックスされると【プログラム(以下PRGと表記)】化され、それを核としてマクロ化が始まります。

このマクロ【自分自身(アバター・Aの世界)】に映し出される【人生(アバター・Aの世界)】に千変万化の現象を魅せてくれるのです。


【私(卵P)】は不覚にも当時、ソレを疑問に想いつつも【本能】に直結しながらインデックス化してしまい…ソレが原因で社会人になって【本能】に振り回された痛い現象を体験・経験してしまいました。

結果…【自分自身(アバター・Aの世界)】に食われてしまった手痛い現象を体験する羽目になったのです。

多分、企画ブログサイトでその事を如実に記載しているのでココでは割愛しますが…御恥ずかしい話、【自分自身(アバター・Aの世界)】【人生(アバター・Aの世界)】を静かに観る大きな材料となったのは言うまでもありません。

そして【自分自身(アバター・Aの世界)】の中を観る事で次第に【現実と人生(アバター・Aの世界)】というものは【自分自身(アバター・Aの世界)】で拵(こしら)えた現象である事が確信出来た時に、全ての現象を始め…【自分自身(アバター・Aの世界)】出生や親でさえも全て自ら(【自分自身(アバター・Aの世界)】と【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作)の手でで選択・決定した事なのだとハッキリ自覚した次第です。


ちなみに企画ブログサイトではキャラを立たせる意味もあり、当サイト【現実と人生のカラクリ】の【私(卵P)】とは違ったニュアンスではありますが、20代半ば〜30代の頃という血気盛んな【私(へろょと)】を引用しております。

その為、当時(現実の仕組みを自覚した後)に至っては父に関する事項について【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で投影された自らの一部と自覚認識しております。

しかしながら、企画ブログサイトでは極力別けてでの表現となっております故にわりと辛辣な書き方をしておりますが他意は全く御座いません為…その旨、何卒御理解下さるよう何卒宜しく御願い致します。

よく、当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる質問に『多重人格ですか?』と質問事項を受けるのですが、人間は至って多面的な存在でもあります。

ですので【私(卵P)】は至って歳を取った中年でしかありませんし、当時から考えれば…今現在は血の気が抜けた静かなタイプに映る事でしょう。



少し話が逸れましたね。
若干戻します。

【私達(アバター・Aの世界)】は生まれてから常に【何かのデータ(経験値・体験値)】を得ながら【自分自身(アバター・Aの世界)】の中でインデックス化し、ソレを【PRG】化 → マクロ化へ進化・発展し続けています。

それ故に成長過程で【自分自身(アバター・Aの世界)】【他人(アバター・Aの世界)】との感覚値に齟齬が確実に生じます。

【現実世界(アバター・Aの世界)】で、ある経験や体験をすると【自分自身(アバター・Aの世界)】にとっては非常に困難でハードルの高い感覚に感じられたりするのですが、【他人(アバター・Aの世界)】にとっては至極簡単な感覚に感じられる事が多々あります。

また、この逆も日常茶飯事に起こります。

【私達(アバター・Aの世界)】【人生(アバター・Aの世界)】という名の劇場を体験していると基本ベースに備わっている【始原のPRG】により【比較からの不足】を【経験・体験】します。

(他人との比較は不幸の始まりとなります。それは【自分自身(アバター・Aの世界)】で構築したデータから映し出される現象に複利で感情を付与してなお、データを蓄積するからです。逆もまた然り…【PRG】データの取り扱い1つで実は成功体験が執着感情に変われば結果として不幸になるのです。)

この【経験・体験】を【値という【データ材料】とし、コレに感情】をセットにすると【PRG】化となりインデックスされます。

そして集合体となり【マクロ体】へ。
この【マクロ】が【自分自身(アバター・Aの世界)】【人生劇場(アバター・Aの世界)】へと反映され【皆様各人(アバター・Aの世界)】は個人個人の【現実世界(アバター・Aの世界)】【人生(アバター・Aの世界)】を【体験・経験】し…更に【データ(経験値・体験値)】を複利で獲得するのです。

当然、その【複利データ】には膨大な【感情】もセットで存在するので【皆様各人(アバター・Aの世界)】が【得意意識・得意感覚】や逆に【不得意意識・不得意感覚】とした傾向・思考・趣向の方向性が偏るのも御理解頂けると存じます。

ですが【私達(アバター・Aの世界)】はその事実を知識レベルで知ったとしても、本質を知覚していないので…残念ながら上辺だけの知識を持つだけでは現象を解消する事は絶対に在り得ないのです。

それ故にワーク知識レベルで実施しても【メビウスループ】苛まれる事にしかならないのはこの為です。

【世間に溢れる(アバター・Aの世界)】ノウハウ系や自己啓発系の書籍を読んでも、継続や実践を断念して【自分自身(アバター・Aの世界)】を責めてしまうのはコレ(【自分自身(アバター・Aの世界)】で組み込んだマクロによる【現象(アバター・Aの世界)】)に該当します。

(自責の念の正体…実は【自分自身(アバター・Aの世界)】が構築した【PRG】から構成される【マクロ】からの判断という【概念・観念】なのです。)

さて…ココで【私達(アバター・Aの世界)】は初めて【対処法】という『じゃあ…どうすれば…』という事に注目する運びになる事でしょう。

ですが当サイト【現実と人生のカラクリ】を熟読され、ワークを実践されている方ならば既に御気付きでしょう。

【私達(アバター・Aの世界)】は常に【経験値・体験値】というデータを常時蓄積し続けています。

そこに【感情】が付与されます。

ですが【感情】は常にデータとの接着剤的な役割を担って、類似データをインデックスの中で【マクロ化】している事に気付きます。

逆に【感情】を付与せずに、且つインデックス内の【マクロ】を1枚ずつ…タマネギの皮を剥く様に核となる【PRG】に付与されている【感情】さえも洗い流せれば【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】は完全にフリーとなります。

コレに関しては【心と意識の洗濯】のカテゴリーに譲ります。


ですが一足飛びにワークに向かっても【私達(アバター・Aの世界)】は余りにも馴染みが湧きません。

ココで別枠に注目すべき点があります。

それは…【私達(アバター・Aの世界)】はこの【現実世界(アバター・Aの世界)】で新たな【PRG】という【経験・体験】という【物差し(比較対象データ)】を多く集めるとどうなるのでしょうか?

実は【皆様各人(アバター・Aの世界)】の内面で非常に面白い現象が起こります。

【私達(アバター・Aの世界)】はインデックス内の【PRG】データには常に【辻褄合わせ】という照合システムが備わっていて、その仕組みたるや【整合性が取れない事を絶対に良しとしない機能】が備わっています。

【現実世界(アバター・Aの世界)】でのプログラム(←注:ココではPC演算の意味)で言えば【バグ】に相当します。

実際に【現実世界(アバター・Aの世界)】という【マインド(アバター・Aの世界)】はコレに関して異常な程に敏感に反応し、【自分自身(アバター・Aの世界)】が獲得した【経験・体験】データをフル活用して【整合性】を取り始めます。

酷い場合には記憶データの改竄(かいざん)さえ、無意識レベルで強制的に行います。

コレは【私達(アバター・Aの世界)】の中でも【始原のPRG】であり、【マクロシステム】の恐ろしい特性でもあるのです。

全ては【マインド(アバター・Aの世界)】という【本能始原PRG】が成せる業とも言えます。

ですが慌てないで下さい。

【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】から【皆様各人(アバター・Aの世界)】には必ず【知性】を標準装備されているので、その現象にも落ち着いて【自分自身(アバター・Aの世界)】を真っ直ぐ観るならば、確実に且つ…静かに水面下で【知性】が頭角を表し、そして知覚する事でしょう。

その時、【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】において、子供の頃の様にあらゆる現象へ【挑戦】し…同時に【失敗】を【本能】ではなく【知性】で扱うようになります。

(失敗や挫折を人生の生きる歓びとして扱うなら【自分自身(アバター・Aの世界)】の取得【PRG】データに【歓び】と【愛】を付与し、それがインデックスされ…そこでマクロ化すれば人生に反映されます。)

この【経験値・体験値】は新たな【PRGデータ】としてインデックス処理され、【現実世界(アバター・Aの世界)】であらゆる【物差し(経験・体験)】に対して素直に且つ、純粋に挑戦する事が可能になります。

そこに存在する【PRG】には【感情】が付与されるのですが、完全に質の異なるものが存在し、それが【マクロ化】となり【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】へ反映される現象が180度変化します。

その【異なる感情】とは【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が本来それのみしか持ち得ない【歓び】や【感謝】であり【愛】なのです。

ですが実際の所…幸せも不幸も実は【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】にとって、どちらも同じ現象であり…どちらも愛すべき目的そのものなのです。

実は幸せも不幸も【自分自身(アバター・Aの世界)】で構築した【PRG】に過ぎず…それを核とした単なるマクロからなる現象に過ぎません。


当サイト【現実と人生のカラクリ】で色々と齟齬が生まれる部分ではありますが…実は【ワーク】と【既に得た【PRG】に対して内面へアプローチする】もののみを指す事】だけではありません。

【自分自身(アバター・Aの世界)】が五感を通して獲得する全ての現象に対しても、その真意を担っています。

それを自覚し、知覚レベルでは無く…知性レベルで取り組む事を強く推奨します。


それでは今回はココで終わります。
【皆様各人(アバター・Aの世界)】に何かしらヒントであり、答えになれば幸いに存じます。



サイト内検索↓

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------