現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

先ずは実践前に必ず理解すべきポイント・・・

人生の仕組みに気付いたら、実践に移ります。先ずは実践前に幾つかポイントを押さえておきましょう。必須項目です。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>-----------------------------------------------


トップページ > 心と意識の洗濯 > 先ずは実践前に必ず理解すべきポイント・・・

先ずは実践前に必ず理解すべきポイント・・・

人生の仕組みに気付いたら、実践に移ります。先ずは実践前に幾つかポイントを押さえておきましょう。必須項目です。


この章では具体的に【人生】の【コントロール】をする【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の【権利】を取り戻す章となります。(実際にはその必要すらないのですが…w)
【実践】を通し、自らに仕掛けた壮大な【人生ゲーム】の主となり、より良い【人生】を満喫されて下さい。

さて、実践に移る前に幾つかポイントを抑えておきましょう。
実践前にココを抑えておくと実践中に【あッ・・・ココだな。】と注意深く吟味しながら実践の質を深めていけるようになり、この実践行動に拍車が掛るようになります。
焦らずジックリやっていきましょう。


ポイントは以下の3つ。
@ 【2つの世界(視点)】を偏る事なく両方を意識する。
A 実践中に自分以外にはシェアしない。
B ワークである事をあらかじめ覚悟しておく。
というもの。

まず@からいきましょう。
【2つの世界】とは・・・このサイトで再三説明していますがしつこく説明します。
【貴方(アバター・Aの世界)】が【完全没頭している【Aの世界(アバター・Aの世界)】】と【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の事です。
コレを常に意識しておきましょう。
図にするとわかりやすくなりますが、ついでに喩えも付け加えておきます。
                   ↓

上記をを喩えるなら・・・
【映画】を見ているのだけど、のめり込みすぎて自分が【主人公】になりきってしまう状態。
【ゲーム】をしていて感情移入しすぎてしまい。時間を忘れてしまった状態。
といったカンジがニュアンス的に近いと思います。
これは【視点A】を意味しています。
そして貴方はいつだって中座しトイレに行ったり食事を取りに行ったり出来ます。
これが【視点B】に該当するニュアンスとなります。
【2つの世界(視点)を偏る事無く意識する。】とはこの両方を認識・自覚する事と思って下さい。

さらに必須すべき点は【どちらかに偏る】事になると必ず
【視点A】になるという事を思えておいて下さい。

何を意味しているのかというと絶対的、もしくは極度の【善悪】価値観の持ち主や【スピリチュアル系】を妄信している方々に多いのですが、この価値基準が悪いというのではなく。。。
この【偏り】が【執着心】を発生させて【視点1】に引き摺り込ませる要因になります。
その為、よくあるパターンで【善行】・【苦行】・【頑張る】・【努力(ココでは執着心からの意)】をすればするほど【人生】の視野が狭くなり身動きが取れなくなります。
一般的に【カルマ(業)】の思想や【転生思想(例『良い行いをすれば来世には・・・』)】で人生の視野を狭くして【今】という【永遠】を本当の意味で見ない様にしている人達は結構いらっしゃいます。

この【偏り】は形が違えば【人生に絶望】を感じさせ無差別殺人やドラッグ(麻薬)・中毒による依存(アルコールや他人依存症)、鬱病(コレは自己防衛本能が働いている状態であり誰もがもっている能力です。)に発展する可能性を秘めています。


Aに行きます。
実践中は他人とシェアしない事。
理由は2つ。

理由1。 
【強制的展開(没頭スピード)を止める為。】

不思議なのですが【何かを孤独に実践していくと共有したくなる】のが人の性(さが)です。別章【5つの欲求】に絡む内容ですが・・・
シェアする事はある意味【心強い】ものになるのも事実。
例えば【お金】【人間関係】に悩み他人に相談する。
同じ目標を共有する為に同じ価値観の仲間とセッションする。
身近の人間に愚痴をこぼす。
自分の実績を他人に披露するといった自慢話。
例を挙げればキリがないのですが上記の事は全て厳密(情報面だけで…)に言えば【シェア(共有)】に属します。

注意点というのは【貴方(アバター・Aの世界)】【現実(アバター・Aの世界)】という【体験世界】では凄まじい情報処理スピードで貴方以外のキャラクターが【辻褄合せ(要は【貴方(アバター・Aの世界)】】に対する)が展開していきます。

コレにより【貴方(アバター・Aの世界)】【視点A】の世界で加速的に【没頭させる】現象が起きていきます。(実際には貴方の体験ルームのシステムがフルスピードで対応してきます。)

例・・・
【貴方(アバター・Aの世界)】が相談→【相手(アバター・Aの世界)】が相談に乗る→気を使われる&手段を提供される→次の選択肢が発生する→その選択肢を渡る事で新たに別の人生を強制展開していく。といった具合です。

コレは出来事意外でも展開していきます。
それは【貴方(アバター・Aの世界)】感情や思考シュミレーション(要はメンタル障壁。【無い】ものを【自分自身(アバター・Aの世界)】に意識させてしまう意味です。気疲れもコレに属します。)で選択肢が強制発生してしまう事です。

理由2。 
【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との御対面から思い出す為。】

一応、御断りシテオキマスが・・・
よく耳にする【ハイヤーセルフ】とか【守護神】とかいう単語は使用しません。
他の方々(サイト)の表現方法と認識されて下さい。
私(卵P)は世間一般でフツーの人間ですし、あくまで【ニュートラル(中庸とか空とかゼロの言語も極力使用しません。拘る事が制限を促す為です。)】が経験上やりやすかったのでスルーしています。別神(基準という意味で)を打ち立てると、この先の内容が【偏り】を起こすのでその旨、宜しく御願いします。
基本的には【自然体】で良いと思います。  ( ゚д゚)~° ボケ-・・・
                            ↑
                           自然体♪

さて話を戻します。・・・

人は別の人に心情や状況を明かすのが好きな生き物です。
ですがコレを期に、ほんの少し口を閉ざし【他人(アバター・Aの世界)】との【者間距離(←造語です。)】を取って【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】に還ってみましょう。
そして【自分自身を観察(アバター・Aの世界)】【視点A】【視点B】を段々と自覚していきましょう。
それは何を隠そう・・・【感情を洗い流す】事に繋がる特典が付いてきます♪

それにね。。。
単純に【枠の外】から物事を【観る】ことが何より大切だと体験する事になるのですから。。。


ラストのBに進みます。
ワークである事をあらかじめ覚悟しておきましょう。
別章【ジョブとワークをしっかり認知しておく事が大切】でも触れていますが、ワークである以上【過度な期待感やそれに伴う感情を持たずに淡々とやる】事です。
過度な期待感というのは【コレをするとこうなる。】といった対価にともなう【過剰的期待感情】です。

この【過剰的期待感情】が継続を妨げる要因となります。
それにより、あらゆる面で【伴う感情】も発生します。
具体的には【達成出来なかった罪悪感情・挫折感・喪失感・自己自信の喪失等】数え上げればキリがありません。

コツを挙げるとするなら…【先ずは力を抜いてテキトーに断続的に継続する】事。

表現が難しいのですが【ちょくちょく気になったらする】といった具合。
それが段々と頻繁になると継続になっていきます。
世間で言う【板に付く】とか【ライフワークになる】という所でしょうか?

三日坊主をちょくちょくする。。。
私の継続のコツは【暇のついで】にやるうちに・・・ついには【歯磨き】レベルのような毎日継続になっていく【程度】のものです。
三日坊主どころか【1時間足らず坊主】でした。それが10回、100回、1000回、万回といった具合です。

どうしても人間は先を考えながらすると、圧倒的【量】に降参宣言(人は基本的に弱いですからね・・・)をしてしまうので、この方法はオススメします。

中には『自分は意思が強いから大丈夫!』といって強制的にアファーメーションの様に量をこなす傾向にある方も実際おられると思いますが、それも各自どうぞ御自由にされて下さい。
事実、どのように取組まれても効果はあります。が・・・1点だけ【注意点】があるのを覚えておいて下さい。それは・・・

強制的に【する】という行動を【観る】という事。

コレは【無理】や【無茶】を【強いる】という事を【把握】【自覚】しておくという事です。

そうすると同時に【抵抗】と戦う事がハッキリ【解かる】様になります。
それはブレーキとアクセルを同時に行う事になり非常に【疲れ】を起こします。
是非、頭のすみにこの事を【置いて】おいて下さい。

この【注意点】を『なるほどね〜』と置いて置く事だけで十分です。
それだけで【私達(アバター・Aの世界)】は自然と【頑張って】いる時に自然と【思い出し】、『あっ・・・この事か。』と【観る】事になり、何らかの対策を採る様になるのです。それは【感情】を把握するという事なのです。

少し逸れましたね。話を戻します。    (´・ω・`)y-~

ワークを覚悟するという事は自然とやっている【実践】を通してある【特典】が授与されます。その【特典】とは。。。【拍車が掛る】事。
そーなんです。全てのワークはいずれ【拍車が掛る】嬉しい【特典】が付くのです。
          ↓                         ( ̄▽+ ̄*) ヘヘヘ・・・


この事が先ず念頭に置いておくと【実践中】に『あっ・・・・・・・コレかぁ。』と気付ける様になります。
それは【気付く】=【観る】という事になり、【視点A】【視点B】の存在を自覚していく事となります。
しいては誰ともシェアを必要とする事なく【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との御対面を頻繁にしていきます。
すると、どうなるでしょう?

ある事に【気付き】ます。
それは・・・【現実(アバター・Aの世界)】が手に取るように把握出来るようになります。
コレは【実践】を通してでしか【体験】出来ません。
大丈夫です。【貴方(アバター・Aの世界)】も必ず【実践】を通して【体験】して行く様になります。
ある時・・・・・『あれッ?!』・・・・・・『あっ!!!』っとなる事が増えて行く傾向にあるようです。



この章で最後の括りになりますが、その前に文中に【矛盾】が生じます内容について。
それは【シェア】の部分です。
『これって【シェア】じゃないの?』とか。
『コレって【結局は・・・自己ナルシー([解かってないね]の意)】だね。』とか。
『これって』・・・・・・・『コレって』。等など。  (´・ω・`)y-~

実は…
自覚・観察・把握してるという点で全く別のものとなります。
それは【同じ意味(行為)】でも【出所(発祥)が違えば全く別物】という事。
喩えるなら【freedom(フリーダム)】と【liberty(リバティ)】が解かり易いと思います。
その部分に注目されて下されば幸いです♪

さてと・・・・・・最後になりましたが。
どうか【実践】を通して【皆様(アバター・Aの世界)】が【人生の主導権】たる【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】を満喫されますよう、静かに心から願うばかりです…。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------