現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

意に介さない技術

人は線を引くのも消すのも実は自由なのです。ソレを今回は観て観ましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------



トップページ > 意識の洗濯 > 意に介さない技術

意に介さない技術

人は線を引くのも消すのも実は自由なのです。ソレを今回は観て観ましょう。


今回の内容は大変【※験解】を要する内容です。
多くの【実現系】や【意識への疑問】…そして【知識欲求からの疑問】へは、ある意味【止めを刺す】様な内容にもなりますので、くれぐれも【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】な部分に刺激が走るとは察しますが一度、冷静に且つ客観的に傍らに置いて熟読されて下さい。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)

尚、【実践値】や【験解値】によっては情報の捉え方も次々と変化しますので定期的に熟読される事を御勧めさせて頂きます事、何卒宜しく御願い致します。

冒頭の最後にはなりましたがこの内容は古来から多くの形で表現されている【ノウハウ】でもあります。

決して目新しいものではありません。
【私達(アバター・Aの世界)】何かしら常時【ある種の勘違い】をしていて【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で展開されている【各自の唯一の人生(アバター・Aの世界)】を【望む結果】になる事や変化させる事を願っていますが実はかなりの【誤認】をしていますので特に御注意されて下さい。

それでは始めます。


【私達(アバター・Aの世界)】はこの手の【願望実現】等の【ノウハウ】を割と恨みがちです。

それは何故でしょうか?
当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる疑問や失念。
そして【現状世界(アバター・Aの世界)】への嘆き等が寄せられます。

ですが【私(卵P)】は常時、1つの【言葉】と【囁き】を以って回答する事しか出来ません。

その【言葉】とは【観る】という事です。

【私達各位(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】という個別の【人生(アバター・Aの世界)】を生きる時、【ある種の情報ネットワーク】を構築しています。

その【情報ネットワーク】が少々不思議な構造で【現在のインターネット(アバター・Aの世界)】と多少異なるのは【ブロッキングシステム】という部分が【私達各人(アバター・Aの世界)】の意向の委ねられているという事に尽きます。

つまり【登り(アップロード)】も【下り(ダウンロード)】も【自分自身(アバター・Aの世界)】の責任の下で管理されているのです。

コレを【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で【唯】という特化分野である【科学(量子の世界)】は徐々に証明しつつあります。

それにも関わらず【私達自身(アバター・Aの世界)】がまるで実感と自覚が全く無いのは何故でしょうか?

ココに大きなヒントであり、答えが隠れています。
実際には隠れてはいないのですが【私達(アバター・Aの世界)】が体験する【現実世界(アバター・Aの世界)】の出来栄えが余りにも凄まじい程のレベルなのでコレが認識しているにも関わらず、全く気付け無い程…精巧に築いてしまっているのです。

この部分に付いては【科学】レベルでは実証されつつあります。
事実、物質の構成因子の詰まる所は言わば【テクスチャー】方式に類似したものでゲームや3D映像技術が次第に進化するにつれ、いずれはその境目すらも【あやふや】な体験を近い将来、何かの形で体験すると考えられます。

(【私達(アバター・Aの世界)】はデータと感情をセットにして量子のフィールドに映し出した【現実世界(アバター・Aの世界)】を体験している。)


ですが【実際の世界(アバター・Aの世界)】では既に【私達(アバター・Aの世界)】はコレに準じてはいるのですが全く自覚がありません。

何故でしょうか?

それが【リアル】という【実感】です。
【実感】というのは幾つか超えなくてはならない【条件】があります。

それは【何かをする】という事と…
それに伴う【感情】の定着が必要になります。

ココで誤認や見解の相違が発生します。
それは『五感体験は必要ないのか?』という事です。

答えとしては【必要が無い】という事実しかありません。
何故なら意識上において【何かをする】という認識にデータを留める為の強い【感情】さえあれば【プログラム(以下PRGと表記)】の核が形成されます。

1つの例ですが【私達(アバター・Aの世界)】が睡眠中の【夢】というもので記憶に残る部分は強い【感情】を伴った場合は知覚覚醒という状態(起きた状態)でも覚えています。

ですが実際には【五感を通してはいない】状態です。
つまり【リアル】という【実感】というのは最低限度上記の2つの構成要素があれば十分に成り立つのです。

事実【量子】の世界においては【自分自身(アバター・Aの世界)】の意識投影が成されていますので後の【感情】という因子が入り込むとそれがループ反芻により【リアル】が増すという事実が次第に判明しています。

では【感情】という因子は何なのか?
コレが今回、当サイト【現実と人生のカラクリ】に多く寄せられた御質問や疑念に対して大きなヒントであり答えとなるのです。

そして【私(卵P)】が2つの言葉しか返せない意味が解るでしょう。

【感情】というシステムは【ある程度の【PRG】が最低限度構築されている判定システム】です。

情報技術系に関係する人はフローチャート等で観る形を思い出すでしょう。
その中にある菱形の【判定】に属すと考えて差し支えはありません。

もっと解り易く伝えるならば【始原のPRG】とも言うべき【判定Yes/No】という一番シンプルな部分です。

(【始原のPRG】は実にシンプルな構造。【自分自身(アバター・Aの世界)】を構築する上で根幹を成す部分に属している。)


その為に情報の揺らぎの中で意識の【維持】を目的とした【単一】ものですから非常にパターン化し易い特徴と簡素な振り分けが可能な分、大きな【マクロ】を構成する上では展開が速いと言えます。

ですがこの段階では非常に脆い状態です。

ですが【始原PRG】というのは非常に貪欲且つ、勤勉で【私達(アバター・Aの世界)】が判断している【儒】や【道】とかという一般教養よりもずっと以前の根底を成す構成なので【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を一切介しません。

ただ単に【維持機能のみ】が特化している状態です。

コレが【情報】を得た時に【振り分け】が起こり次第に肥大化して上記の【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】と結びついて【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を体験しているという状態です。

その為、【五感体験】も実はこの2つの構成因子から確立している為に真実としては【私達各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】は実は孤立して存在しているのです。

ですが互いの【情報世界(純粋意識・Bの世界)】という分野においては溶け合っているので【個別の意識フィルター】を通して【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】に映し合って認識しているに過ぎません。

その為、互いの認識上【現実世界(アバター・Aの世界)】【個人の存在(アバター・Aの世界)】は人の意識数だけ存在するという形になります。
(その意味では【私(卵P)】も【皆様各人(アバター・Aの世界)】の数だけ存在し、どのような形で【各人の現実世界(アバター・Aの世界)】に投影されているかは解りません。)

さて…システム上の内容が長くなりましたがココからが核心部分になります。
【私達(アバター・Aの世界)】は現行で体験している【現実世界(アバター・Aの世界)】において必ず誤認識を起こしています。

それは【自分自身(アバター・Aの世界)】の【意識認識以外】は全て【PRGとマクロ】が働いているという事。

平たく言えば【私達(アバター・Aの世界)】は単なる【体験する事しか出来ない】存在という点に尽きます。

【自分自身の手を動かす(アバター・Aの世界)】という事でさえ実は【自分で動かしている】という錯覚(思い込んでいる)という事になります。

科学分野では脳の指令というカテゴリー(脳科学分野)において実現状と脳認識とては実際の所、コンマ台のズレがあると証明されています。

球技スポーツでは割と有名で脳が【その差】を埋めている事で【何かを打つ】とか【何かを捉える】という現実動作を補助している事が実証されています。

(超一流プレーヤーはこのズレの補正が飛び抜けている場合が多い。その為に1インチ以内のコントロールや駆け引きをする事さえ実際に行っている。)


しかし、コレが【量子】の世界になると【自分自身(アバター・Aの世界)】の意思を【PRG】が表現して映し出している【現実世界(アバター・Aの世界)】がソコに展開されています。

それを【自分自身(アバター・Aの世界)】【体験(アバター・Aの世界)】しているのです。

ココで気付いた人もいる事でしょう。
【現実世界(アバター・Aの世界)】での【【PRG】展開の速さには段階がある】という事実に。

答えはYES。
【私達(アバター・Aの世界)】が常時【当たり前】と認識している【五感を通しての諸動作等】は表層上で確立して身近なコントロールしている様に感じますが実際には【自分自身(アバター・Aの世界)】の意識反映が間髪入れず表現されているだけなのです。

この意識移行が反映されるロスを上記の球技スポーツでは示唆しています。
その為にこの工程をリアルに感じる【仕込み】が【自分自身(アバター・Aの世界)】の人生の初期の初期…つまり【始原レベル】で組み込まれているだけなのです。

そして【現実世界(アバター・Aの世界)】で後天的に学習し【記憶データ(体験)】と【感情(判断ベース)】で概念と観念の大半が構築されます。


ココで更に勘の良い方は2つの事に気付きます。
それは…

概念と観念は変えられる』という事と。
『それじゃ、始めからその手の英才教育を受けた方が良いじゃない。』

…という事です。

前者の答えはYESという事になります。
ココで【私達(アバター・Aの世界)】が始めて【ノウハウ】に触れるワケですが大半の人が今までの文面や文言を【理解レベルで実行しようとすると必ず【自分自身(アバター・Aの世界)】の構築した【PRG】の洗礼を確実に受けます。】

それは一言で言えば【自覚】と【認識】が【甘い】のです。
ココで注意しなければならないのは【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】の部分の知覚が求められます。

先ほど【甘い】と表記して何を【皆様(アバター・Aの世界)】は感じたでしょうか?(←【皆様各人(アバター・Aの世界)】の勘に触るように記載していますのであしからず。)

常時、【私(卵P)】は『それを観て下さい。』としか言えません。
そこには【自分自身(アバター・Aの世界)】の【始原のPRG】が密接に関係しています。

意識というシステムは面白い特徴があります。
それは【追尾という特性が桁違いに優れている】という点にあります。

【自分自身(アバター・Aの世界)】が何かフォーカスしている時点で必ず【ソレ(追尾)】が起こるのです。

特に…

嫌悪
無理矢理
無視
私怨
拘り
囚われ
逃避
怒り
悲しみ
愚痴

etc…には特に強い能力を発揮します。
ソレが【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】に関わらず。

当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる御質問に関連して1つ【よくある事例】を挙げると【現実世界(アバター・Aの世界)】でも第三者の愚痴を聴く機会はあるでしょう。

ですが言っている本人を【囚われている】と【聴いている側(アバター・Aの世界)】は認識しますが、実際にソレを解釈し展開している【自分自身(アバター・Aの世界)】も実はソレに囚われている事に気付く人は余りいません。

別章【無実践からの知識欲】のやり取りも実はこの因子を含んでいます。
コレが解っている状態で対応するのと、解らずに対応するのとでは、この後で構築する【PRG】に大きな差が生まれます。

その大きな分かれ道になるのが【感情】の付与であり【始原のPRG】による【判断】という付与なのです。


さて…ココで巷に溢れる成功法則で多くの誤認がありますよね?

ですがソレが【執着】・【強い拘り】・【渇望】・【切実】であればあるほど【自分自身(アバター・Aの世界)】の意識下での付与の大半…つまり【感情】や【始原のPRG(判断)】はどのような形になっているでしょうか?

(構う事、囚われる事、拘る事…そして強制的に排除する意識や逃避等は【現実世界(アバター・Aの世界)】において余計に深みへと嵌るという事です。過去の偉人達はコレを総括して【執着】とも【八苦】とも称しています。コレは意識上のシステムであり仕組みでもあります。)


ソレをじっくり観て観ると…何か気付きませんか?
そこに根付いているのは一体何なのでしょうか?
それに気付けば巷に溢れる【ノウハウに罪は一切無い】という事実が判明するでしょう。

本来【私達(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作である以上、【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】という事を…。

そして【感情】や【始原のPRG(判断)】に留めなければループの材料にもならず現象はされず投影されます。

そして【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が成すべき…ではなく在るべき【体験】というのは実の所、【自分自身(アバター・Aの世界)】にとっても素晴らしい【体験】とイコールなのですが、どうやら【私達各人(アバター・Aの世界)】はその冒険の楽しみを増す為にどうやら【疑いや疑念】という【錯覚】をフル装備している節があるようですね。www

コレが粋な計らいと気付くまでは非常に【人生(アバター・Aの世界)】に困難を極め、逆に【気付きさえすれば】今まで生きてきた【人生(アバター・Aの世界)】よりも遥かに短い時間で全てが自由に在る状態に戻せます。


それでは少し戻って今度は後者について。
『それじゃ、始めからその手の英才教育を受けた方が良いじゃない。』という返答ですが…。

【私(卵P)】としては個人的意見で NO です。

コレは過去の偉人達が一番苦労している点ではないでしょうか?
それにニューエイジの人達(特殊感覚を持って生まれた若者をココでは便宜上言葉が見つからないので指しておきます。)が大衆感覚に苦しむという事に該当すると考えられます。

ですが【私(卵P)】は【比較対象が在るが故に【現実世界(アバター・Aの世界)】を楽しめる】というのもアリかなと認識しています。

それ故に【私達各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】は自己責任の下で満喫すれば良いと考えています。

その為にこれらの情報は共有をして必要な人は常時【好きな時、必要な時に情報を降ろせば良い】って感覚です。

世間で宗教勧誘とか信仰強制とかに関しては【私(卵P)】は全く興味はありません。

そもそも団体を成す意味合いにズレが生じている段階で一番最初の目的や意図が誤認されている状態になっているからです。

【私達(アバター・Aの世界)】は本来【自由意識(アバター・Aの世界)】の下で存在し【現実世界(アバター・Aの世界)】をプレイ(体験)しています。

その為にインターネットのような仕組み(要は自分がフォーカスする自由)において自己責任の下で情報構築(【PRG構築】)し【現実世界(アバター・Aの世界)】を遊んでいるに過ぎません。

ですから意識の自由さや並列化という権利というものは今後、更に進化して自らの選択支として【現実世界(アバター・Aの世界)】に反映されるのではないかと考えるのが妥当でしょう。

その意味では古来から脈々と続いている【禅】の世界ぐらいがちょうど良いのかも知れません。


さて、如何だったでしょうか?
もし何かしら疑問や疑念が出てきたのならココは敢えて【放置】しておきましょう。
疑念や疑問は【意に介さない】事で【PRG】に付与される【判断属性】も変化します。

そこには【アンカー】が降ろされていない状態を意味し、その行く先は必ず【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】へ行き着きます。(実際には既に着いているのですが…w)

【貴方(アバター・Aの世界)】が誤認している状態というのは【アンカー】を降ろしている状態であり、【誤認】行為のままで更に不要な【PRG】を強化し【現実世界(アバター・Aの世界)】【その人独自の崇高な人生ゴッコ(アバター・Aの世界)】をしているに過ぎません事を気付きましょう。

【私達各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】というのは【体験者】である以上、それ以上でもそれ以下でもないのですから。

コレが巷で言われている『完璧な存在』と言われる由縁です。

(【私達(アバター・Aの世界)】はこのシステム上という観点にて【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】に還るならば純粋に【体験者】であり【私達(アバター・Aの世界)】の【現実世界(アバター・Aの世界)】というのはループ操作の観点から考慮すれば、実の所…自由な【体験】をする事が可能なのです。その証明をする必要性は全く必要無く、その全ての現象は既に【自分自身(アバター・Aの世界)】の目の前に展開されているのですから、最終的には【自分自身(アバター・Aの世界)】の採用する【PRG】を自由にしてしまえば常時【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】と自由のダンスを踊る事になります。真実は非常にシンプルでただそれだけなのです。)


今回は以上です。
何かしら【皆様各人(アバター・Aの世界)】のヒントであり、答えになれば幸いです。




   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------