現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

本質を掴むストレッチ

意識のフィルターを掃除して情報をクリアに捉える意識のストレッチを観(み)て観ましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 人生ゲームの離脱 > 本質を掴むストレッチ

本質を掴むストレッチ

意識のフィルターを掃除して情報をクリアに捉える意識のストレッチを観(み)て観ましょう。


今回は志向を凝らして少し意識のストレッチをして観(み)ようと想いますw

多少長く綴って観(み)ますが許せる範囲でお付き合い下されば幸いに想います。
私(卵P)は時々、部活外部指導でのダラダラ長い話をする事がありますが経験上での体験を元に本音で語りかけます。

そんな経緯での事を失敗談や笑いネタを交え無意味に漫談のように話す事で【聴き続ける】という【苦痛】に【耐性】を付けていく事があります。
ココでいう【耐性】とは社会人になる前に付けておくと事の他、社会組織に適応しやすい為と【種】を植えておく事を目的としている為です。

(注意:社会組織適応という中で学校教育が【生産消費】という批判的意見も近年観(み)受けられますが私(卵P)から観(み)れば、大変言葉はキツイですが【少し愚かしい愚言】です。
何故なら根底が単なる【自己表現を反抗表現として出している】事に偏っているからです。そこを踏まえて御注意して下さい。
その旨、何卒宜しく御願い致します。
本質から観(み)ると必ず【ステップ(段階を踏むという意)】の経過事項であり通過プロセスにあるだけなのです。
もう少し砕けて言えば【破る】のは悪くないと想いますが【外道】ではいけません。それも併せて十分に御注意下さい。
別章【【破る】事は在っても【外れる】事なかれ】を御参照下さい。)


現代情勢において学校教育で【躾】・【礼節】は決して【古い習慣ではない】と言い切れる根本的要因や決定的理由を説明出来る方は非常に少ないです。

これに関しては別章…
【躾のススメ、躾を叩き込む真の目的】
【経済学から観る【躾】と【礼節】とは】
【耐性に関しての真意】
【種の発芽】
を御参照下さい。

また以下の…
【人生の仕組み】各章
【意識と心の仕組み】各章
【人間育成・指導】各章
【自己育成・鍛練・教育】各章
も御参照下さい、類似した記事もあり色々なアプローチで綴られていると想います。


一般的に【マナー】【モラル】【ルール】が何故必要なのか…
そしてその本当の真意や本質を【生きる】という行為と現代の【経済】の仕組みで【何にリンク】しているのか?深い所で説明出来る方は、ほんの一握り。

年端もいかない未成年達から【素朴な疑問】として【根本】や【本質】部分を尋ねられた時に大の大人でも言葉に詰まる事は今も昔も多く実際の所、尋ねられた側から観(み)ても返答に困り【とりあえず答えたものの…】後になって考えて観(み)れば過去、自分達も【その様に習ったり聴いたりした事】をリピートして伝えている事に気付くでしょう。

よくよく考えてみればいかに【腑に落ちていない事】を鵜呑みにして今まで染まっていた事に気付く事が多くなります。

そして【ある種の大人のプライド】という基本ベースとした本能的欲求の防衛反応で【対応】してしまうのが普通の行動なのです。
例えば目下(年齢的立場や実力的要因という意味で)の者からの【素朴な疑問】を正直に問い掛けられて返答に困るという場面が解りやすいでしょう。

(例 『何で………なの?』→『そんな暇があったら……しろ!』という具合。)

それは時代背景も要因として含まれます。
昭和という【競争的要因】も事実あるでしょう。
【選択肢】という【幅】自体も少ない時代も少なからずあります。

情報の検討や吟味無くトップダウンで【確定・決定事項】として【疑問】を持たされる選択肢が無い場合での経験を積み重ねた場合、次第に疑問を持たず【概念・観念】化した場合に起こるシステムです。

その為、本質部分が解らない為に起こる矛盾で【納得出来ていないけどその様なものだ】という答えが【錯覚】や【視野の狭さ】を招くのです。
これは【善悪】の事を言っているのではありません。

基本的に当サイト【現実と人生のカラクリ】では【倫理】や【大衆常識】というよりは【システム】的な事に偏っている部分が大半を占めます。
批判や中傷という行為の裏側に潜む【各自の防衛システム】を一時、傍らに外すだけでも情報の捉え方(情報量)は大きく変化します。

願わくば当サイト【現実と人生のカラクリ】では各人各様の【生きたキャリア(経験)】に付随している【自己感情】を多少緩めて観(み)て頂ければ何より幸いと存じます。
(別章【感情とは?】を御参照下さい。)


さて長い前置きにて申し訳ありません。
本題に入ります。


私(卵P)は人に説明する前に上手くもない絵を描きながら説明します。
老若男女問わず説明する時にそれをイメージをして気付いて貰う為です。
大きな欠点があるのですが話す内容が荒唐無稽で支離滅裂な感じに聴こえる場合がありますがそれを補う為でもあります。

砕けて言えばよくある御意見に【ソレとコレ…何の関係があるのですか?】というもの。
良くわかりますw

普通に聴けばその通りだと想いますし、世間一般にも御尤もな御意見です。
図にすればこの様なものになります…
      ↓


ですが共通点を探して観(み)て下さい。
すると色々な御意見が出てきます。

つい最近、高校生にも話したのですが例としてこの様な意見が出ました…

『両方とも文字です。』
『双方とも黒文字です。』
『ホワイトボードに書かれているものです。』
『一応…読めますw(←遠回しに字が汚いと言ってますw)』
                     (#゚д゚)ホットケ!

等々…
ちょっとしたクイズの様なノリですw

ですがココで気付いて頂きたいのですが【私達(アバター・Aの世界)】の認識変化に何が起こって意見が変わったのでしょうか?

全く違う【点A】と【点B】に何が起こったのでしょう?
実は【共通点】という名の【条件】を緩めた為に起こった現象なのです。

もう少し詳しく説明して観(み)ましょう。
【私達(アバター・Aの世界)】の認識世界で【より具体的】にする状態を解り易くすると【線引き】と言われるものです。

図にすれば以下の様な状態に相当します。
       ↓

先程の質問をした際に【共通点】という【条件】とは一体何なのでしょう?
それは【枠(わく)】と捉えた為に起こる現象なのです。

つまりこの様な事です。
     ↓

さて、これを踏まえた上で次の絵を描きます。
話を良く聴いて下さいね。

ココから実際に話すニュアンスで綴ります。
多少意地悪も入りつつ進めますw


問題。
【この絵】は何ですか?
   ↓

何人か【?】的な反応ですが一応、私(卵P)が一生懸命書いた?のを汲んでくれてなのかどうか不明ですが何とか【象】と言ってくれていますw
御決まりの事で【?】を消して【ぞう】とワザと書きます。
それで何とか認識完了ですwww
        ↓

続いて頑張って?次の絵を描きます。


問題。
【コレ】は何ですか?
   ↓

今度は多少上手く出来たせいなのか?どうかは不明ですが割と【リンゴ!】と言って貰えたのですが私(卵P)は意地悪ですw

私(卵P)『違いますw』
            (゚听)チガウネ。

間髪入れずに言います。
『話を良く聴きましょう。コレはホワイトボードです。』
【皆様(アバター・Aの世界)】の場合はパソコン画面や携帯画像に当たりますね。)

実は人はこの様なシステムを標準装備しています。
過去の情報データを認識し【共通化→類似した体験に当て嵌める】という意識構造になっています。
『過去、これがこうだったからコレもこうだろう…』といった具合です。

それによりコレ以降の情報を高速処理して【私達(アバター・Aの世界)】は対応しているのです。
そうしなければ【人類(アバター・Aの世界)】の繁栄はなかったでしょう。
実際に一般的にもライオンや大型動物等を間近で観(み)る事は無くとも突然に現れれば逃げると想います。

それは過去の記憶データによるものです。

それを証明するのが動物園に行った時やテレビで野生の動物を観る時の対応が違う筈です。
実際にその様なパターンで体験しても【私達(アバター・Aの世界)】が慌てふためき大騒ぎする事自体あり得ないのです。

それは情報データの中に【安全を保障されている】為です。
このシステムが無ければ常に検証し体験しなければなりません。


あと頻繁にある例としてはビジネスやその他の会話にも潜んでいます。


例えばテレビ番組で【株】や【投資】の特集をしていたのを観て後日知人と会話になったとしましょう。

『【株】や【投資】ってやった事ないけどどうなのかな?興味あるんだけど。』すると知人は…

『止めとけって、危ないから。借金をしても知らないぞ!』
と親身に話してくれます。

そこで問います。
『えっ…○○さんは【株】や【投資】をやった事があるの?』
と興味深々で問い直します。

すると…
『いや…やった事は無いけど。』



よくある事例ですが【私達(アバター・Aの世界)】の経験システム上での付随データは経験していない情報すらも仮想体験している場合が多く実際に【実践】というレベルで検証していない事が驚く程に多大に在るのです。
一体【私達(アバター・Aの世界)】はどれだけ【現実世界(アバターでの世界)】で実際に体験しているのかさえ疑問に想えます。


さて話がかなり脱線しましたので戻りますw


ホワイトボードをコンコン叩きながら…
私(卵P)『話を良く訊いて下さいねw 【コレ】は何ですか?』

今度は
生徒『ホワイトボードです!』と答えてくれますw

そして再度ホワイトボードを叩きながら
私(卵P)『【この絵】は何ですか?』

生徒『…リンゴですw』

この様な体験をすると習得情報にシッカリと習得してしまっているので今度はそうそう引っかかりません。

私(卵P)『ではオマケで【この絵】は何ですか?』
更に絵心を問われるものを頑張って書きますw
           ↓

こうなってくると自分(卵P)の絵に自信が無くなってきていますので『ヒント。高価な物ですw』と一言添えます。

遠回しに絵が下手と言わんばかりの言い方で…
生徒『ダイヤの指輪…です…か?』

私(卵P)『正解。昔、こんな駄菓子があったけどダイヤとしますw』
(昔の駄菓子→【ジュエルリング ロッテ】で検索)
(※今現在(2014年現在)は【トップス リングポップ・プチ】で通販されています。)


余りに古いネタなので生徒は全員【?】の状態。
構わずに続けますw

『さて…ココで質問します。ココに【書いた絵】…
この様に枠で囲み【A】・【B】・【C】としますと【囲む枠の条件】を出して下さい。
但し【全体を示す先程のホワイトボード】のキーワードはナシですw』
           ↓

すると【A枠】に関しては…
・ 生物
・ 生きているもの
・ 細胞から成るもの
・ 食べる事が出来る

等々…


【B枠】に関しては…
・ (一般的に)買う事が出来る
・ 手のひらサイズ

それ位しか出ませんでしたw


【C枠】に関しては…

・ 地球上のもの
・ 物質
・ 原子で成っているもの

等と…とりあえず意見が出ました。



実はコレ…意識の【検索システム構造】なんです。
実際の採用事例としては【私達(アバター・Aの世界)】がパソコンで【ヤフー】【グーグル】を始めとする【検索エンジン】でキーワードを絞り込んで行く行為と【同じ】なんです。

【私達(アバター・Aの世界)】の世界で【何か】を表現するのには幾つかクリアしなければならない事なのですが【情報】という【空間】で【条件】という【隔たり】という【線引き】をしなければ【五感】という【センサー】に反応しません。

実際には常時【情報】という【海】の中で【私達(アバター・Aの世界)】は存在しているという錯覚を自覚してはおりません。

そして【幾つかの条件】の中で最も注目すべき点が2つあります。

1つ目は【対比】。
簡単に言えば【比べる基準】がなければ【存在認識】が出来ないのです。
例を挙げるなら【白色】しか無い世界で【白色】は認識は不可能なのです。

もう少し解る言葉で言うならば【空気】の存在を知るには【真空】の世界を体験しなければ認識出来ません。

この意見には少々意見を貰う事があります。
それは『【空気】が観(み)れなくても存在は認識出来ます。』というもの。
ですがそれは【私達(アバター・Aの世界)】が【教育】のレベルで小学校の時に学んだ【情報】でしかないのです。

それを確実に【情報】から【存在】にする確固たる【体験】が【呼吸を止め(る)】たり【水泳】をしたり【匂い】を嗅いだり【団扇等で風を起こ(す)】したりして【空気】という【存在】を認識し【存在】として体の器官を用い五感の【センサー】を通して【在る】ものにするのです。


そして2つ目は【感情】
別章【感情】にも記載していますが【情報】を【私達(アバター・Aの世界)】の世界で固定する大切な要因とは【感情】に他なりません。

先程の【空気】の例に当て嵌めて観(み)ましょう。

【私達(アバター・Aの世界)】の世界では【有or無 酸素運動】という行動を生きる上で頻繁に経験しています。
それは基本的に【運動】というレベルで行われています。

【皆様(アバター・Aの世界)】にも記憶にあるでしょう。
・ 小学校のマラソン大会
・ 水泳
・ 運動会
・ 体育
・ スポーツ
・ 部活動
・ レクリエーション(運動)
・ 筋トレ

その他にも生活レベルでも…
・ 喘息
・ 風邪をひく
・ 過呼吸
・ しゃっくり
・ 運動系ダイエット

何らかの【呼吸】に関する【情報】を強固に認識しているのです。
何故ならそれらは【基本的に苦しい】という【感情体験】があるからに他ならないからです。

一番の根本は【私達(アバター・Aの世界)】【Aの世界(アバターでの世界)】に参加した時、それは【出産】という事を通じて【生まれた】時なのです。

【私達(アバター・Aの世界)】は【始原のプログラム(以下PRG)】をココで【体験】し【対比】である【息をしなければならない苦しみ】を同時に【獲得】したのです。

それまでは母体の【羊水】の中で穏やかにプカプカ浮いて生きていたのですからイキナリ外の世界で【呼吸】を【生or死】という強制2択を迫られてしまっているのですから…
(※注意 ココまで聴くと【生まれた事】自体を否定する(無理矢理の他意思による)様に聴こえますが実際はそうではありません。何故なら【私達(アバター・Aの世界)】は本来自己の意思で【Aの世界(アバターでの世界)】を体験を行いに【Bの世界(純粋意識・本当の自分)】から【自己参加】したという事を忘れないで下さい。以上の事に関しては別章【人生の仕組み】各章を御参照下さい。)


そしてその【苦しみ】による【感情】を【体験情報】という【データ】に固定したものをどんどん【私達(アバター・Aの世界)】は自らに【張り子】の様に形成して行ったのです。
これに関しては別章【張り子】を御参照下さい。

さて…
この様な事から【検索システム】と酷似している事を図で説明してしまうと、以下の様になります。

図の様に【情報空間】で【線引き】という【隔たり】をして行くと次第に【具体性】を増して行きます。
          ↓

そして図で言えば一番下に具体性が最上級に上がると【個】という【特定された状態】になります。
検索で言えば…

(例)
【食べ物】と入力し検索をかけると古今東西の【食べ物】が出てきます。
更にスペースを空けて次々と入力して行きます。


【甘いもの】
【デザート】
【洋菓子】
【プリン】
【日本メーカー】
【市販品】
【グ○コ】
【プッ○ンプリン】

と【線引き】して行きますと…もう御分かりですよね。
【それしかない】という【限定】を指す様になります。
この状態を【個の特定】と言います。

【私達(アバター・Aの世界)】では個人を特定する深い部分で【それは自分です】と宣言している【情報】を【アイデンティティ】と呼ぶ場合がありますが【私達(アバター・Aの世界)】がこの【Aの世界(アバターでの世界)】で【自分である】と認識するには、この様な事が【始原のPRG】に眠っているのです。

ちなみにこの【個の状態】での【センサー】とは【五感】及び、それを統合統括する【顕在意識】がしっかり認知し把握出来る様になります。
この状態での【センサー】【Aの世界(アバターでの世界)】での空間情報を【比較】や【対比】で認識出来る様になりますが【情報空間】での認識は目の前に【在(あ)って】も認知出来なくなるのが一般的です。

ですが【私達(アバター・Aの世界)】はそれを…
【知る事】→【実践する事】→【体験する事】で【情報】を捉える事が可能なのです。

少し時代を振り返ってみれば直ぐに理解は出来ます。
もし【皆様(アバター・Aの世界)】が今から50年前に行けば解るでしょう。

現代ではスマートフォンは常識ですがその頃の方々は【それを認識出来ません。】
何故なら【情報(知る)】事が無いからです。
ですから【形】としては解るが【機能】としてはサッパリ解らないのです。


さて…話が脱線しました。
先程の【絞り込み(検索例)】を再度観(み)て観ましょう。

では【情報空間】における【センサー】に反応する以外の【情報習得】はどうすれば良いのか?
そんな質問が出て来ます。

ですがそんなに難しくはありません。
何故なら【具体】という【絞り込み】の逆をすれば良いのですから。
この逆の事を【抽象】と言います。



矢印(ベクトル)で言えば【個】の反対である【全体】を称します。
【検索エンジン】で言えば、この様な【抽象検索(キーワード)】を減らしていくと膨大な情報を観(み)る事になるのです。

【私達(アバター・Aの世界)】はこの様な事がしばしば【気付き】としてよく体験します。
短期の間に打開策を見出さなければならない状態で【焦り】や【詰められ】ると全くアイデアは出てこない様になりしばしばノイローゼになりますが【その状態】を【諦めた】時にふと観(み)ると打開策が閃いたり、有益な情報が飛び込んで来る事もあります。

これは【視野が狭い状態】から→【線引きを取り除いた状態】になったほんの一例です。
【私達(アバター・Aの世界)】はそれだけ【個】としての状態が全てだと錯覚しているに過ぎません。

その【情報】の存在を【知って】も【認識】は出来ません。
ですが【実践を通して】それを【知覚】→【捉える】事は可能です。
その【線引き】という【隔たり】をクリアする具体的な手段の一つは別章【心と意識の洗濯】に譲るとしますが、実際には誰でも何方でも出来ます事を最後に伝えておきます。


さて最後に【情報】を伝えておきます。

実際にはこの様に【情報】は常に【私達(アバター・Aの世界)】の周りに存在していますがそれを【知覚】出来ない【認識】出来ない確固たる理由はそんなに難しくはないのです。

それは【四苦】や【八苦】等、【想う様にはならない世界】を通じて【私達(純粋意識・Bの世界)】の世界で体験出来ない事を【体験】する目的でこの【Aの世界(アバターでの世界)】を満喫しているのです。

全てが【無い(具体的には【ない】ものが【ない】)】世界=【私達(純粋意識・Bの世界)】では【足りない】という【概念】や【観念】がありません。

そんな【直ぐにでも在る世界】というものは【飽き】が付きものなのです。
その【つまらない、飽きだらけの世界】で唯一出来る【遊び】の進化系が【擬似的不足世界】のゲームの発端です。

【ゲーム】というものを創るにはあらゆる【制限】や【約束事】という【枷(かせ)】をルールとして付けますがこの【私達(アバター・Aの世界)】の世界では【競技】【スポーツ】【ビジネス】【経済】【人生】全てにおいて【不足】という【スリル】を自ら仕組んでいます。

その【条件】を通じて【体験】をしているのです。
【その体験】こそが【私達(純粋意識・Bの世界)】の世界では叶わなかった事なのです。

この【情報】を読んで頂けた【皆様(アバター・Aの世界)】には【表示(常に目の前にある)】されているにも関わらず気付けなかった方も居られるかも知れません。

ですが【そこに在る】事には変わりがないのです。
このディスプレイをドラッグして文面を読まれた方は【枠】の【概念】や【観念】に【何か線引き】を【外された】という事に他ならないという事に気付いて下さい。




…という事です。

            (・∀・)ゞ



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------