現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

目論見の行方。

【私達(アバター・Aの世界)】が【現実世界(アバター・Aの世界)】で【ある種】の目論見を抱く事は一体何を意味するのかを今回は観(み)て観ましょう。意外な事実が解って来ます。
       

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > 人生ゲームの離脱 > 目論見の行方。

目論見の行方。

【私達(アバター・Aの世界)】が【現実世界(アバター・Aの世界)】で【ある種】の目論見を抱く事は一体何を意味するのかを今回は観(み)て観ましょう。意外な事実が解って来ます。


【現実世界(アバター・Aの世界)】【私達(アバター・Aの世界)】が何かしらノウハウや情報を得る事で【ある種の希望的道筋】が観えて来る事が多々あります。

その中で【私達(アバター・Aの世界)】は衝動的に行動に移して【何らかのリターン】という【経験】を得るという運びを体験します。


しかしながらこの【体験】という【リターン】は同じ【情報】を得ても【各人各様(アバター・Aの世界)】の体験世界という【現実世界(アバター・Aの世界)】では全く異なる【リターン】を何故か体験してしまいます。


何故でしょうか?


【私達(アバター・Aの世界)】は当然の様に算数レベルでは【同じ答え】に行き着かなければならないと常々、【納得】し【当たり前】の様に観念レベルを超えて概念レベルクラスに至るまで刷り込まれていると認識されているにも関わらずです。


その答えに到達するには【仕組み】上の内部処理を【自分自身(アバター・Aの世界)】で観なくては何も始まらないという事に気付くのが何よりも最善のものと言えるのは御解かりだと当サイト【現実と人生のカラクリ】で気付かれる事でしょう。


(【私達(アバター・Aの世界)】の【現実世界(アバター・Aの世界)】では個々の【PRG】によって映し出される【結果】は異なります。共通認識での【結果】誤差が生じないのはそれだけ【ノイズ】自体が発生する必要性が無い位に概念化も観念かも拘りも無い為です。)


ですが一番のネックと言えば良いのか…大変に錯覚し易い【勘所】が存在します。


それは【自覚】が無い状態での【鵜呑み】が非常に危険である。
…と言うことです。

別章【【妄信】の落とし穴】にも多分に触れていますが、当サイト【現実と人生のカラクリ】での内容は非常にシンプルな古来から存在する【単なる情報】ですが【鍵】となる【実践】経験からなる【※験解】が大変に大きなもので、コレを【自分自身(アバター・Aの世界)】の仮想空間と【自分自身(アバター・Aの世界)】のスペック上で処理してしまう事が実は大きな弊害となります。
(※【実践】を通じて【体験】し【理解】を深めていく造語。以下【験解】と表記)


当サイト【現実と人生のカラクリ】にて多くの質問事項が寄せられますが実際の所、この事実に関して【自覚症状】が無い事が一番の問題なのです。

ちなみに【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】は一切問題なのでは無く、それ等を採用して【プログラム化(以下PRGと表記)】し【マクロ状態】に成ってからの自動処理を無意識下で運用しているという感覚が一切無いという事実自体が大きな要因になります。

事実、【私達(アバター・Aの世界)】は情報の【揺らぎ】による存在であり【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】がその中で【体験】という事を得たいが為に幾重にも【制限】を掛ける事で【現実世界(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】に構築し魅せているに過ぎません。

別章【自分と他人の世界は…】にも触れていますが【私達個人個人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】は繋がっている様で実際は【別々の現実世界(アバター・Aの世界)】を構築して情報をアップロードしているに過ぎません。

その情報が共有化出来るのは【私達(アバター・Aの世界)】が【検索】という【求める】行為でダウンロードされるのですが、何故かしら一辺倒では受け取るという事は叶いません。


それは【私達各人各様(アバター・Aの世界)】に構築した【PRG】を通過して必ず何らかの【歪み】を与えられ【個人個人の現実世界(アバター・Aの世界)】に表現されます。

そこには【世間一般(アバター・Aの世界)】での常識的教養レベル(例:小学生低学年程度の算数等)にはコレと言って【歪な感情】や【トラウマ的】な【PRG】が無い為に【私達(アバター・Aの世界)】の共通的で安定した表現が成されているだけなのです。


所が、コレが…

【利害】に関する事。
【本能レベル】に関わる事。
【経験則】に関わる事。
【感情レベル】を極端に揺さぶる事。
その他、数え上げればキリがありませんが特に【5つの欲求】に関わる部分が深ければ深い程に映る【現実世界(アバター・Aの世界)】【私達個人個人(アバター・Aの世界)】似て非なるものとなり、それを通じて【PRG】を積み重ね更に【マクロ化】してしまう過程で更に別物へと万別億別化(←※造語です。)していくのです。


(この【現実世界(アバター・Aの世界)】で映し出される全てのものは【自分自身(アバター・Aの世界)】の中から【PRG】を通過した【情報】によって構築されているのです。その為、この【現実世界(アバター・Aの世界)】を紐解くには【自分自身(アバター・Aの世界)】を観るのが必須となります。)


この事実が【実感】出来ない要因としては先程も申しました通り、【自覚】を得ない状態での【験解】が余りにも不足し【仮想スペック】での処理に依存している事が大部分を占めている事実を観なければ話が一切進まないのです。


さて、ココからが本題なのですが【私達(アバター・Aの世界)】が何らかの【ノウハウ】から【一筋の光明】という名の【希望】を抱いたとします。




ですが【その希望】とは一体何処から来たのでしょうか?




そしてコレも意外と気付かない事実を同時に伝えておきます。



上記の反対で【絶望】をする【経緯】も意外と知られてはいないのですが、事実上【私達個人個人(アバター・Aの世界)】の【仮想スペック上】で演算されたものに過ぎません。


【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で如何なるパターンで在っても【自覚】という【仕組み】を観抜いていれば【希望】も【絶望】も実は【同じ】であるという事実に初めて気付きます。


ですが余りにも【没頭型現実世界(アバター・Aの世界)】にのめり込み過ぎてその事を忘れて居るだけなのです。


(全ての【現実世界(アバター・Aの世界)】での【人生】とは、どの様に映し出されたものでも【私達各人各様(アバター・Aの世界)】の【情報】構築からの視点に立てば事実【同一】であり【差異】はないという事になります。)


それがシッカリと【自覚】出来ていれば【希望】も【絶望】も【ある種のフラグ】という【条件】にも似た【情報】を【自分自身(アバター・Aの世界)】の無意識下で積み重ねた【PRG】を通して表現された【結果】である事には大差が無い事が御分かりになると想います。


その為、【何かしら求めているもの】を【ノウハウ】で解消しようと願っても・行動に移しても・結果を求めても、最終的には永続性を伴わない結果になるのは【何かしら求めているもの】を支えて【対】となる【部分】を観ていない…と言うより気付いていないのが問題なのです。


ちなみに【その支えとなる部分】自体が無い状態では有無は別として(【自分自身(アバター・Aの世界)】の採用する時間の概念による)十中八九【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】に投影されるでしょう。

その時にはそれ程【執着心】も【拘り】も無い状態という【自然体】のスタイルであれば在る程に永続性が表現される場合が多々観受けられます。

【現実世界(アバター・Aの世界)】【私達(アバター・Aの世界)】がその【状態】で【在る】のが【自分自身(アバター・Aの世界)】の周囲に存在している事に気付くでしょう。

しかし【私達(アバター・Aの世界)】はその【仕組み】を【体験】しても何故か【験解】しようとはしません。

本当に不思議な事です。


【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】では【ある種の成功を収めておられる方々】をよく目にします。

その方達とコミニュケーションを交わすと多少なりとも【永続性】という感覚を肌で感じられた事があるでしょう。

また、逆に一時的な【成功】を収めたにも関わらず【永続性】が伴わない場合も感じられるでしょう。


コレは【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を持込まずに冷静にジックリ観れば解ると想います。


【自分自身(アバター・Aの世界)】の側から立てば、その方の【PRG】が【自然体】で表現されているだけの事で支えの部分の【線引き】が無い状態で表現されているに過ぎず、【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】の側から立てば単なる【情報】の投影に過ぎない事が解ると想います。


この事実が【験解】出来る様になる事で当サイト【現実と人生のカラクリ】が【何故、【貴方(アバター・Aの世界)】の検索】に引っかかり【情報】をダウンロードし【この情報】を得たのか?という【仕組み】もスンナリと【験解】出来る筈です。

【貴方(アバター・Aの世界)】は当サイト【現実と人生のカラクリ】で【文字】から成る一連の【文面】を読んでいますが実際には【貴方(アバター・Aの世界)】は膨大な【情報】を検索し【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】を通してその【意思】を読み解いているに過ぎません。

その為、当サイト【現実と人生のカラクリ】【皆様各人各様(アバター・Aの世界)】にどの様に映し出されているかは実の所、私(卵P)にも解らないのです。


それと同様に【何かしらの手段やノウハウ】を得てもどの様に【情報】が【皆様各人各様(アバター・Aの世界)】の【PRG】で【改ざん】されているのかは不明ですし、まして【仮想スペック】でほくそ笑んでも、その【目論見】が想い描く【理想通り】になる確率は甚だ疑問です。

何故なら【験解】という部類からは程遠く、【仮想スペック】は【自分自身(アバター・Aの世界)】が積み重ね培った【PRG】の範疇でしか演算が出来ず未知の可能性を表現出来ないからです。


もし、【未知の可能性】に目を向けて観るならば十中八九【仮想スペック】では把握が成し得ない【体験】が【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】に表現され【貴方(アバター・Aの世界)】はその時初めてこの【験解】の意味に酔い痴れるでしょう。


それだけ【仮想スペック】の領域というのは【限界】・【制限】・【有限】だらけの【現実世界(アバター・Aの世界)】だという事と同義なのです。


(【私達(アバター・Aの世界)】は余りにも没頭によるレベルが深すぎて【限界】・【制限】・【有限】を体験しているに過ぎません。平たく言えば【夢中に成っている】だけなのです。)


当サイト【現実と人生のカラクリ】に寄せられる幾多の質問事項を吟味すると大半が何故かしらその部分が観え隠れしています。
多くの文言の裏にある【支えと成る想い】には【煩わしい建前】を払い除けると実は非常にシンプルな【限界性】・【制限性】・【有限性】が抑圧されています。

そこに大きな【答え】が潜んでいます。

ですがどうしても【私達(アバター・Aの世界)】は【情報】を【自分自身(アバター・Aの世界)】の【PRG】を通し【仮想スペック】で処理して短絡的に『つまり…という事でしょ?』とか腹の中で『何故出来ないんだ!』とか『証拠を見せてくれたら信じるのに…』と結論や嘆きを言いがちです。

そこにはあらゆる【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】が概念・観念を成して【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を魅せています。

【私達(アバター・Aの世界)】は本来の核たる【シンプルな本来の姿勢】をあらゆる構築した【PRG】によるノイズで観えなくしてしまい忘れてしまっているだけなのです。

そこに【没頭型現実世界(アバター・Aの世界)】に足をとられて【余裕(寛ぐ)】という名の【観念(観(み)る)】という誰もが兼ね備えている能力を埋もれさせている事に何故か気付かなくなっています。

それは古来より何時の時代においても誰でも何処でも伝えられていた筈なのに現代社会では不思議と御他聞に漏れずノイズに魅せられて大変息苦しさを感じながら没頭的に人生を歩みがちです。

ですが【験解】というステップを踏み出すと【仮想スペック】での【目論見】とは真反対の【可能性】に身を投じる運びにはなりますが、そこには【本来のシンプルさ】が【私達(アバター・Aの世界)】に大きな展開を与えてくれることでしょう。

なお、コレを御伝えしても【皆様(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】ではどの様に映し出されるかは私(卵P)の知る範疇ではありませんが一応、伝えておきますw
(十中八九、何らかの反応があるなろうなァ…(;´・ω・`)ヾ )



それは【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】を通してしまうと何故か【行動】を必須条件とされます。
また【仮想スペック】で判断されると何故か【5つの欲求】と絡め合い【行動】自体を御都合良く【回避(又は逃避手段)】として極端に避けがちになります。

それはどちらも上記の【一筋の光明】と言う希望でもあり【条件】から導き出した【絶望】です。
この意味が本当に解れば【居ながらにして知る】ではありませんが【居ながらにして事が在る】という【行動】の無条件状態が観える筈です。


(その枠組みの外はあらゆる【可能性】の場があります。これを【験解】すると【自分自身(アバター・Aの世界)】の【現実世界(アバター・Aの世界)】が【1つの可能性】であるという事実がハッキリと解る様になります。)


この事実は【質問】では理解出来ません。
上記を熟読されれば既に【答え】は出ていますが【それを許さない】のが【私達(アバター・Aの世界)】の【仮想スペック】の【罠】なのです。


そしてこの章では最後になりますが当サイト【現実と人生のカラクリ】に関しては…

【仮想スペック】で【情報】を捉える方々…
【経験値】で【情報】を捉える方々…
【験解値】で【情報】を捉える方々…

全てにおいて全く異なる内容に映ると存じます。

それが【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】と一切言う訳でもなく、実は全て【自分自身(アバター・Aの世界)】の周りに常に【在る】ものです。

その【在る】ものを認知出来るレベルまで映し出したのも【自分自身(アバター・Aの世界)】なのです。
この不可思議な事実を現代科学は既に解明及び証明しつつあります。

ですが【私達(アバター・Aの世界)】は常々【頭で解ろう】として【納得】は出来ない状態です。
それ故、【各人各様(アバター・Aの世界)】の【腹の底での納得(【験解】)】に応じて当サイト【現実と人生のカラクリ】の内容は【自分自身(アバター・Aの世界)】に対して【情報】がクリアに観えるのか?霞が掛かった様に観えるのか?…は全て【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】が常に答えと在るでしょう。
ですが【そこ】を超えて行く事が大切な事なのです。

この章では短い内容ですがココに【気付く】事が大きな一歩となります。

何かしら【皆様(アバター・Aの世界)】の大きなヒントになれば何よりも幸いです。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------