現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

常に逆へ…制限の無いエリアに種を植える。

願望を渇望・切望というルールから真逆の世界に種を植えましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------
サイト内検索↓


トップページ > 人生ゲームの離脱 > 常に逆へ…制限の無いエリアに種を植える。

常に逆へ…制限の無いエリアに種を植える。

願望を渇望・切望というルールから真逆の世界に種を植えましょう。


今回は実践度合いによって観る景色が全く変るとは想いますが、リクエストが多い【願望実現系】の事に触れて観ようと想います。

先にも触れていますが基本的にロジカルに且つ無理矢理に文面・文章・文言化をして、このサイトに投下しておりますので【皆様各人(アバター・Aの世界)】の実践度合いが感覚値や知覚度も確実に異なります。

故に【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】【優/劣】の範囲外での実践レベルが全ての鍵を握るとは存じますが何度も何度も【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】との付き合い方や、実践率に反映される部分ではありますので先に御承知下さい。

尚、無実践からの質問や…実践中の質問に関しては【私(卵P)】に問い合わせた所で全く意味を持つという事は基本的に疑念や疑惑…そしてジレンマの迷路に【自分自身(アバター・Aの世界)】を迷い込ませる要因とも成り得ます。

実践を通じ行き着く所は全て【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】に通じる根源と自覚・知覚・体験を通じてハッキリする事を申し述べておきます。

道や方法というのは【皆様各人(アバター・Aの世界)】の数だけ存在します。
その意味は全て【マインド】の外でしか解りません。

再度申し上げますが…そんな内容を無理矢理、文面・文章・文言化をしておりますので何卒、御容赦下さいますよう何卒宜しく御願い致します。


それでは始めます。

【私達(アバター・Aの世界)】は何かの願望を達成しようとすると【皆様各人(アバター・Aの世界)】の絶対的な【現実世界(アバター・Aの世界)】という名の【概念・観念】というプロテクトルールに則って状況対応される事でしょう。

しかし、巷に溢れる【ハウツー】や【ノウハウ】情報を得て【例えその通りに実践しても再現性が叶う】というのは千差万別です。

統計的に観れば解るのですが所詮は【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】での【概念・観念】に左右される事は【皆様各人(アバター・Aの世界)】が承知の筈です。

しかし、不思議な事に必ず『このノウハウはダメだ!』とか『再現性が無い!』又は『詐欺だ!』と必ず仰る事と存じます。

(ノウハウ自体は単なる【情報】に過ぎず、その【情報】を扱う側の根底に根ざす【PRG】からなる【マクロ】がどう捉えるか?…コレが真実です。)

中には『確かに自分も言った事がある。』と冷静な判断をされる方も居られると想います。

【私(卵P)】はこの【現実世界(アバター・Aの世界)】で公開されている【ハウツー情報】や【ノウハウ系情報】は全て【単なる情報】と扱う記事で再三申し述べております理由として、それは全て【皆様各人(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】が構築されている【現実世界(アバター・Aの世界)】で展開されている【概念・観念】という【プログラム(以下PRGと表記)】から構成される【マクロ】が全てと伝えております。

世間では全て一括として【潜在意識】と呼ばれておりますが、【私(卵P)】は安易にそれを【別人格のような扱い】とは全く考えていません。

科学という分野において【唯】という系列から客観視するタイプなのではあるのですが、やはり突き詰めてしまうと【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】という【意識】からの知覚分野に気付く過程で【比較対象から成る知覚世界】が【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】という分野に行き着いただけの話です。

それ故に誰かに『信じて下さい。』という話には絶対に在り得ないのです。

詰める所まで詰めれば【関わる事象の全て】が【自分自身(アバター・Aの世界)】に投影されている【現実世界(アバター・Aの世界)】の情報を【皆様各人(アバター・Aの世界)】かダウンロードしている、言わば【オンラインゲーム】に極めて酷似しているモデルとなっている事に実践を通して気付かれるでしょう。

(オンラインゲームに酷似はしているが、実際にはデータ情報を【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で再現・展開し、そこでプレイしている状態に過ぎない。つまり【私達(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を生きているという事です。)

所属している情報世界という名の【現実世界(アバター・Aの世界)】では【皆様各人(アバター・Aの世界)】の目にどのように反映されているかは【私(卵P)】の知る由も無いのですが現代の科学分野や情報分野ではテクノロジーが次第に【現実世界(アバター・Aの世界)】の根源に近付きつつある様に想えて成りません。

そして並列化・平均化を推進し、何れは【私達(アバター・Aの世界)】が作り上げた情報構築素材データから更に【【私達(アバター・Aの世界)】の形に拘らない【現実世界(アバター・Aの世界)】が確実に展開されるでしょう。】と先に伝えます。

その為に新たな【概念・観念】の選択に躊躇されるとは察しますが【私達(アバター・Aの世界)】【本来の世界(純粋意識・Bの世界)】からすれば【何の変哲も無い【PRG】から構築された【マクロ】の投影という【現実世界(アバター・Aの世界)】でしかない。】という答えと成ります。


さて…前置きが長くなりましたがココで願望に関する内容に触れて観ます。

ココで改めて願望を視野に考察して観ましょう。
そして考える事は少しの間、傍らに置きましょうね。


さて…【私達(アバター・Aの世界)】は何故に願望を抱くのでしょうか?

このシンプルな質問や疑問を【自分自身(アバター・Aの世界)】に投げ掛けて観ると多くの意見が寄せられます。

ですが全て【皆様各人(アバター・Aの世界)】【自分自身(アバター・Aの世界)】が構築した【現実世界(アバター・Aの世界)】での発生情報です。

実践していると次第に知覚する事が出来るのですが【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】は常時【四苦八苦という文言で表現されるように一貫してのプロテクトが掛けられております。】事を提示しておきます。

このプロテクトというものには段階というか上手く文言にするのが困難なのですが…簡易的なものから始原レベルの深く強固なものまで幾重にも存在します。

それは無意識のレベルから〜顕在レベルまで非常に幅が広いものです。

顕在レベルの領域は比較的打破し易いレベルで【概念・観念】を実践や行動で簡単に書き変えられるレベルではあります。

【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】では情報のグローバル化によって誰もがネットから情報を得られる時代となりました。

それ故に別世界での情報不足世界の人達が端末を得た途端に実践や行動を発揮するだけで大きなチャンスを得て人生を始め、地域→国→世界を激変させているのも情報を得て後に実践や行動で【概念・観念】を打破しているに過ぎません。

特に経済の世界という【現実世界(アバター・Aの世界)】では【情報】が【形】に成るまでのスピードが著しいですが客観的に考えると実にシンプルな世界で【本来ソコに在るもの】を【再現する】という事象現象が【概念・観念】を激変させ新たな【PRG】を構築し、大きな【マクロ】を形成します。

そして【マクロ】が次第に【私達(アバター・Aの世界)】の始原レベルの【概念・観念】へと掘り進める時代もそう遠くは無いのだと確信せざるを得ません。

技術の進化過程では【私達(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】への選択肢は任意性が確実に残されている事を知覚出来ないと大きな論争になるとは想いますが…実の所、【現実世界(アバター・Aの世界)】【皆様各人(アバター・Aの世界)】の数だけ存在する事実を視野に入れるならば、どれだけ可能性があるのかが解る筈でしょうし…別の言い方をするならば【自由選択】という意味合いも実践を通して知るべき事なのでしょう。

その経緯から紐解けば【皆様各人(アバター・Aの世界)】の願望を実現させるというのは【概念・観念】という【自分自身(アバター・Aの世界)】で構築した【現実世界(アバター・Aの世界)】との扱いであり、【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との共同製作という自覚を露にすると実にシンプルです。

巷に【ハウツー】や【ノウハウ】が多く【※漏汎】しておりますが、【私(卵P)】から言わせれば全て【情報】です。
(※造語です。【漏汎】一般的に本来の意味を塗り替えられて巷に蔓延する間違った情報。以下【漏汎】と表記)

その情報を扱う【皆様各人(アバター・Aの世界)】【概念・観念】により千変万化する事を熟知していれば【情報】は実に有益なツール(道具)として【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で機能する筈です。

ココまで【概念・観念】に関してクドく書きました。

それだけ【自分自身(アバター・Aの世界)】が構築した【現実世界(アバター・Aの世界)】に関して実践度合いが少ないと知覚すら叶わない為でもあり、ココから【1つ】の実践手段を提示します。

【1つ】…と申しましたのも【概念・観念】の仕組み上、【それが全てではない。】と覚えて頂きたいという意図があります。

【意識の仕組み】を熟知して実践するとあらゆるアプローチが【皆様各人(アバター・Aの世界)】の数だけ存在します。

故に【何かに固執する】事も実は【概念・観念】に成り得ます事に気付かれて下さい。


【私達(アバター・Aの世界)】【皆様各人(アバター・Aの世界)】のマインドで確実にプロテクトが施されている事を気付く人、そして気付かぬ人という【差分】は確かに知覚したり、しなかったりと【自分自身(アバター・Aの世界)】には常に問います。

少し言葉にすると誤認されるとは想いますが具体例として【情報】から【具現化】するに当たり…

『なるほど!それではスグに取り掛かろう!』とする者。
逆に『○○が無いから出来ない!』とする者。

…とに一体何の認識差があるのでしょうか?
それがプロテクトの一例にもなります。

現に情報端末を得てソコから情報を得た者が過酷な環境下にも関わらず【現実世界(アバター・Aの世界)】でゼロから財を成す人が実はこの地球上で多く起こって居ります。

コレが情報のグローバル化現象の顕著な一例で【私達(アバター・Aの世界)】の捉え方や考え方の今まで積み上げて来た【PRG】からなる【マクロ】が映し出す【現実世界(アバター・Aの世界)】を観て【自分自身(アバター・Aの世界)】が何をどう捉えるかの複利がマインドに可能性と合理性の攻めぎ合いの成せる結果なのでしょう。

その為に前者は既にマインドレベルで『それではどうするか?』と目的や問題を細分化して1つ1つ解決し始めます。

(この対処する術を無意識に会得するパターンとして代表的なのは2つ。それは多くの失敗から学び挑戦し続ける事で恐怖に対するリスク管理を学ぶ事。あと1つは【現実世界(アバター・Aの世界)】の仕組みを完全に掌握して対処する事で非常に明快な実践を躊躇無く行えるようになる事です。どちらも【自分自身(アバター・Aの世界)】の内側にあるプロテクトの正体を観抜くようになるからです。このレベルになると最早、条件や環境というハードルも既にハードルという認識すらなく皆無なのですから。)

その集合体が結果として達成へと【現実世界(アバター・Aの世界)】という景色を変えてしまう結果となりますが、根本を辿れば日々積み上げた【PRG】に【種】を植え続けた結果となるのですから、むしろとても自然な事なのです。

逆に後者はマインドレベルで【制限】が受け入れられている【現実世界(アバター・Aの世界)】での中で『○○だから無理…出来る訳が無い。』と結論付けている為にマインドという【マクロ】が映し出す【現実世界(アバター・Aの世界)】で複利として【種】を植え続けた結果になるので、コレも自然な事なのかも知れません。

ですが冒頭にも述べたように【自分自身(アバター・Aの世界)】を否定する必要性も責める必要性も一切ありません。

何故ならその映し出された【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】を捉える【マインド】という【思考のゆらぎ】や【思考の行き先】という流れを観る事から気付けば事足りるからです。

何せ実践行動すらも厳密に観るならば【マクロ】が映し出す【PRG】の結果なのですから…。

それでは、この状況を回避する為にはどうすれば良いのでしょうか?

答えは非常に単純明快で新たに【マインドの外】で【種】を撒く事です。

つまり【結果】や【現象】という【現実世界(アバター・Aの世界)】に関わる事無く【PRG】を再構築するだけで事が足ります。

その積み重ねで【マクロ】が形成され何れは内部構築の途中で必ず【辻褄】が合わなく成り始めます。

その一時は【現実世界(アバター・Aの世界)】にも不思議な現象は必ず起きますが次第に内部リンクが統合され、落ち着き始めた時に【自分自身(アバター・Aの世界)】の観る【現実世界(アバター・Aの世界)】が完全に修正され、通常運行自体が完全に入れ替わります。

ただ注意点があるのですが、コレが【自分自身(アバター・Aの世界)】との扱いに大きな要因ともなります。

それは【マインド】の外での扱い。
必ず【自分自身(アバター・Aの世界)】という【マインド】は介入したがります。

そこに【期待】・【不安】・【夢】・【恐怖】・【絶望】・【予想】・【理由付け】・【解釈】・【納得しようとする】…etc。

…を持ち込もうと躍起になった途端に【種】を植えた土壌を汚染し始め全てを以前の【現実世界(アバター・Aの世界)】へ引き戻そうとします。

【私達(アバター・Aの世界)】の大半の人がこの現象のパワーには無知で丁重に対応する術を持とうとしません。

実に惜しいですよね?

しかし、コレが子供や夢中になった大の大人では自然とやっている事なので実際は無意識レベルで徐々に【現実世界(アバター・Aの世界)】への【障壁(壁と一般的に言われますが)】が緩い【観念や概念】を持たれている人が実際にいます。

そんな人は不思議と培った【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で財を成したり、何かの分野で特化したりする【マクロ】を構築している以上、【現実世界(アバター・Aの世界)】での取り組みから成る【PRG】の扱い方が根本から異なるのは解ると存じます。

その1つに【自分自身(アバター・Aの世界)】が映し出す【現実世界(アバター・Aの世界)】と【マインド】には結構無関心な点が挙げられる事に気付くでしょう。

逆に【自分自身(アバター・Aの世界)】が映し出す【現実世界(アバター・Aの世界)】と【マインド】に【拘り】・【執着し】・【恐怖や不安を抱き】・【夢中になってしまっている】事に気付かないままに支配されているのを御気付きでしょうか?

それに気付いた人から取り組みという実践姿勢が全く変り始めますが、その過程はコレマタ実践への取り組み度合いにも確実に比例します。

それは累積と乗数レベルで変りますが、反面…【自分自身(アバター・Aの世界)】の内部情報という【マクロ】に対する圧倒的なものを丁重に【対峙するのか?】それとも【往(い)なすのか?】…それとも【本質を観抜き、自由に在る為に選択(洗濯)するのか?】は【自分自身(アバター・Aの世界)】次第なのです。

ですが実践を実行し、それが積み重ねの過程で感覚的に掴みさえすればコレほど面白い分野はありません。

(実際の【現実世界(アバター・Aの世界)】でのハードルや限界そのもの自体、疑わしい部分が多く存在し…その辻褄併せのシステムによる矛盾点を観抜けば案外脆いものなのです。)

その事実を【自分自身(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で体験する事が実は【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】との合作である事を初めて解る事となるのですから。

今回はココまでにしておきます。
ココでの文面・文章・文言にはかなりの限界がありますが、必要に応じて定期的に熟読される事を御薦めします。

実践度合いによっても体験・経験から重なる情報量と質は【皆様各人(アバター・Aの世界)】【現実世界(アバター・Aの世界)】で異なる為です。

それでは【皆様各人(アバター・Aの世界)】のヒントであり、また答えになれば幸いです。



サイト内検索↓

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------