現 実 と 人 生 の カ ラ ク リ

質問コーナー その3
『コレは○○なんでしょうか?or○○についてどう思いますか?』

各人各様の【意識のレンズ】を通さずに観(み)てみましょう。


   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------


トップページ > その他 > 質問コーナーその3『コレは○○なんでしょうか?or○○についてどう思いますか?』

質問コーナー その3
『コレは○○なんでしょうか?or○○についてどう思いますか?』

各人各様の【意識のレンズ】を通さずに観(み)てみましょう。


今回は多くの御質問及び御問合わせについて一番多く寄せられた事項に関して御答えさせて頂きます。

なお、4月初めに記事をUPしようとしましたが今回の御質問内容にて当ホームページ【現実と人生のカラクリ】の情報に偏りがある受け取り方をされている感覚を受けた次第です。

その為、事前にこの様な形は予想しておりました。
4月の記事UPを多少見送り、寄せられたメールを再度複重して読ませて頂き何処まで伝わるかは解りかねますが可能な限り文章化して今回のUPとさせて頂きますので何卒宜しく御願い致します。


それでは始めます。


冒頭に以下の事を提示させて頂いた上、始めさせて頂きます。



それは…

コレから提示する【文面・文言・文字】について【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】を通さず観(み)る。


…と言う事です。



コレを殆どの方は『はい、解りましたよ。』と言われるのですが大変に深い事項で実際には【私達(アバター・Aの世界)】【この世(アバター・Aの世界)】と言われる世界に生まれて来た時点で常時、意識下にて【プログラム(以下PRG)】を組み始めます。

そしてその【集合体】が寄り集まって【マクロ化(今回は簡素に言いますとPRG同士のリンク又は共同し影響しあう状態とイメージして下さい。)】としてしまいます。

これは生物(特に霊長類)では非常に高度に組み込まれた【生きる(進化)】技術(この言い回しは専門家の方々には非常に語弊を招くのですが今回はイメージとして御了承下さい。)とも言えます。

その中で【私達(アバター・Aの世界)】は1度でも捉えた【情報】に対し何らかの【始原のPRG(簡素に説明しますと生存的手段としての)】が受け取り、そして何らかの【体験】から【五感反応】としての一番シンプルな付加情報を【感情】と一緒に組み込みます。


一番シンプルな【体験情報】と【感情】とは難しく聴こえますがただ単に【痛い】とか【楽しい】かというイメージなら解り易いと思います。

一番初めの【体験情報】により【私達(アバター・Aの世界)】が【何】を【感じ】そして【何】を【抱く】か?これが最初のスタートとなります。

【私達人間の意識(アバター・Aの世界)】はそれに1度でも触れると次回からは【類似した情報】は【2度と把握しない】という大変便利な機能を標準装備しています。

その御蔭で常に新しい情報を次々と大量処理して現在に至っているのです。


ちなみにこのシステムに関してよく耳にするのが【盲点】とか【スコトーマ(心理的盲点)】と一般的には言われています。
※実際は【盲点】とは学実…というか医療(眼)用語に属します。

【体験情報】の積み重ね(情報蓄積)と【盲点(ここではイメージとして観(み)て下さい。)】の関係は密接な関わりであり【私達(アバター・Aの世界)】は実際に今現在の【いつもの日常】を【視覚器官で見てはいません。】

今まで積み重ねた【情報世界】を観(み)て【Aの世界(アバター・Aの世界)】を普段体験しているのです。
余りピンと来てないと想うのですが【それ位リアル】な世界を【私達(アバター・Aの世界)】各人各様の【意識】に展開しているのです。面白いでしょ?


ですから決して【スピ系(一般的に言われるものです。)】や【自己啓発(一般的に言われるものです。)】という趣旨(…というか誰もが普通に陥り易い。)で当ホームページ【現実と人生のカラクリ】を観(み)ると勘違いをされ易いのは当然であり仕方の無い事だと想います。



少し横道に逸れましたね。
戻します。




冒頭に説明した条件(初期設定事項より)にて【Aの世界(アバター・Aの世界)】に誕生し数年立つと周囲の【情報量】が圧倒的に莫大になって来ます。


すると【ある事】が起こり始めます。


それは【予想(←今回はこの表現の方が解り易いと想いますので使用しております御容赦下さい)】や【仮想判断(←前に同じです。)】に関しての事。

平たく言えば…

【これがこうだったから、こうだろう。】というもの。


もう少し詳しく言えば…
【今回の【情報】は【過去体験した情報】が【今回の類似したものと良く似ている】から今回の【情報】も【同じもの】だろうと【判断】する。】という仕組み。

これが【無意識下】の深い部分で【自動的】に組み込まれ大きくなっていくのです。
そして【PRG】同士がリンクしあって行くと【マクロ化】が起きます。
コレにより【霊長類】特有の【葛藤系(系を付けたのは他にも種類が在る為ですので今回は説明の為、イメージとして御容赦下さい。)】を得るのです。

【葛藤】というと小難しく聴こえますが【私達(アバター・Aの世界)】が今まで生きて来た中で【どうすりゃイイの!!!】と怒りやストレスを幾度も【体験】された事はあると想います。



これは【PRG同士】による【マクロ同士】の【矛盾】や【整合性】が取れない【状態】によるものです。
これが更に大きくなると【悩み(今回は非常にアバウトに説明しておりますので御容赦下さい。)】となります。

更にコレが大きくなり【マクロ同士】との【整合性】が取れなく成り過ぎるとシステム保護(PRG自体が【防衛】する仕組み)行動を取る為に何らかの影響が顕著に【私達(アバター・Aの世界)】出て来ます。

程度は様々ですが人によっては【依存症】・【発散】・【逃避】・【鬱】・【身体変化(病等)】に出て来ます。


この件に関してはまた何かの形で別章に譲るとしまして更に進めて行きます。



上記による【仕組み】とココで忘れてはいけない【始原のPRG】である【5つの欲求】が絡む様になって行きます。

これも【私達(アバター・Aの世界)】が生きて行く上で【避けては通れない】まさに【登竜門】なのです。
コレに気付くと面白い様に【自分自身(アバター・Aの世界)】に興味を持ち出す様になって行きます。


【私達(アバター・Aの世界)】は生きて行く中で【情報】にあらゆる【感情】を溶媒(今回は接着剤とイメージ下さい。)にて次々と事後の【類似情報(実際には同じものはないのですが)】を固めて行き、これがある程度【各個たるもの】という【基礎判断レベル】へ【無意識】的に達すると自然と【PRG】が自己防衛をやり始めます。

つまり【5つの欲求】が色々な機能をし始めます。


その【機能】で【私達(アバター・Aの世界)】がよく御眼に掛かるのが…

【価値観】・【プライド】・【自尊心】・【虚栄心】・【競争心】・【自己重要度】・【孤独感】とかいう類(他にも多数あります。)に変化して行来ます。
しかも、この変化は多岐に渡り千変万化して行きます。



ちなみにココで上げている事項に関しましては【後天的に獲得するもの】と考えて差支えはないと考えて結構です。
【先天的な部分(実はコレも厳密に言えば後天的なものなのです。ココでは解り易く説明しています。)】としましては【本能】として結構ですが今回の質問事項に御答えさせて頂く上で省かせて頂きますので何卒御容赦下さい。



この【1つのPRG自体の防衛機能】が一人歩きを始めます(これはとても自然な事ですし普通の事です。御安心下さい。)と情報を【寄り好み】する様になります。

つまり【盲点(上記に準ずるのであしからず。)】の発生と【情報の拒絶】です。


【拒絶】にも種類がありましてココでは例を上げてしまいますと【無意識の拒絶】と【意識の拒絶】というものです。

【無意識の拒絶】と言うものは【私達(アバター・Aの世界)】が御眼に掛かる事に関しては例として【価値観】が全く異なると言えば伝わると想います。
【私達(アバター・Aの世界)】はこの【異なる】事に対して何かしら【アクション】を起こしていると察します。

例えば…【非難】・【距離を取る】・【抵抗】・【誘導】・【引きこみ】・【強制】・【攻撃】・【中傷】等々…沢山ある筈です。


そして【意識の拒絶】に関しても上記と同じ様に対応しているのですが1点、異なる【副産物】があるのです。


それは【振り返る事による付加情報や価値を意識的に付けられる】事。



よくありがちな例としては上記の【アクション】後に…
【後悔】・【正当化】・【賛同収集】等があります。
これを説明すると幾ら今回の章にて冒頭で【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】を持たない様にしても、ついつい凹む方が居られると察しますので今回は敢えて割愛させて頂きます。
                    (;´・ω・`)ヘコマナイデネ。



さて…前置きがメチャメチャ長くなりましたがココからが本題です。



再度、冒頭にて前置きをさせて頂きます。
しつこい様ですが何卒御容赦下さい。

ココから綴る【文面・文言・文字】に関して【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】を持たずして読み進めて下さい。

決して【丸投げ】的要素・【放置】的要素・【誤魔化し逃げ】的要素、そしてもっとも私(卵P)が懸念している【非難批判】的に感じられてしまう要素を抱きがちですが当ホームページ【現実と人生のカラクリ】からの真っ直ぐな返答とさせて頂いております事を必ず念頭に置かれて下さい。

決してダメージを受ける必要は一切ありません。
単なる【仕組み】上の大切な返答なのでそこを観(み)て頂きたいのです。



何故ココまで言うかと申しますと私(卵P)が【皆様(アバター・Aの世界)】に『肩にホコリが付いていますよ。』と伝えますと、人によっては【5つの欲求】に触れてしまい【怒り】や【拒絶】の対象となりうる可能性が少なからず出て来るからです。

何かと申しますと【私達(アバター・Aの世界)】には何か【無意識下】で【常識】や【指針】等が必ず構築されて【各人各様(アバター・Aの世界)】のアイデンティティを通じて生きて居られる筈なのです。

決して【仕組み】上での事ですし【自己否定】の類では決してありませんので願わくば『あっ本当にホコリが付いてる!』という【気付き(ロジックを)】を観(み)て頂ける事を願っております。



まず、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】にココ最近(2か月間)で最も多かった御質問にてある【キーワード】がありました。


それは【スピリチュアル】や【精神世界】というジャンルです。


私(卵P)としましては基本的に大変コレに関しては【疎い】類です。
でもこれらに関しては決して否定や拒絶はしていません。
ただ単に【あまり拘ってはいない】というスタイルです。
                    ( ゚д゚)ポカーン


ですが寄せられるメール内容に付随する【情報(個人個人の拠り所)】という部分で【5つの欲求】が見え隠れしておられるのです。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】で綴られている内容に関して一番注意される事ですが【鵜呑み】は御注意されて下さい。
何故なら【【妄信】の落とし穴】【無実践からの知識欲】にも危険な程に【私達(アバター・Aの世界)】の【始原のPRG】がマクロでリンクしているからです。

【私達(アバター・Aの世界)】は基本、【線引き】という【隔別】を非常に狡猾的に仕掛けてしまいます。
そして、この【線引き】による事項に関して【防衛的反応】をするという性質を常に標準装備し、また常時怠りません。

そしてコレに嵌ると厄介な事に本来の主旨を見失い…観(み)えなくなり…最悪の場合、防衛反応に駆られ十中八九、争いが発生します。


当ホームページ【現実と人生のカラクリ】としましては御質問下さる方々へ一番願う事とは【根底を成す】部分を観(み)て頂きたいのです。
それを観(み)抜いてしまえば【自分自身(アバター・Aの世界)】の本来【在る】部分を観(み)る事に繋がるのです。


次いで多かった御質問に関してです。

これは【○○について御意見下さい。】という関連のものです。
【私達(アバター・Aの世界)】は日々【ジレンマ】と隣接しています。

それもその筈、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】に訪れる方々の大半は、その疑問や日々の想いが募って訪れているからです。
【私達(アバター・Aの世界)】の意識の仕組みの一部に【検索】の仕組みがありますが【情報】を投げかけると【無意識のレベル】で反応が起きます。

その反応たるや【凄まじい速度で処理が行われる】のです。

例えばある方に【私から見て貴方は何故○○が出来るのですか?】と質問します。
すると不思議な事に言葉にする前に意識下で【演算】が始まるのです。


【○○】の中に何か言葉を入れて下さい。
【自分自身(アバター・Aの世界)】に問い掛けても構いません。

すると【皆様(アバター・Aの世界)】は別としても意識下は【理由】を【演算】し続けます。
その【演算】たるや【私達(アバター・Aの世界)】が生まれて【過去に取得した情報】をヒタスラに照合し続けるのです。

この段階では【善/悪】【貴/賎】【美/醜】【正/誤】【難/易】【長/短】【明/暗】【高/低】【麗/汚】は一切付属していませんが呼び出す【情報(ココでは過去に取得したデータ)】にくっついている【感情】まで呼び出してしまいます。

もう御分かりですね。


【私達(アバター・Aの世界)】の何気無い【問い掛け】…とは?


【情報取得】を目的としているのか?

それとも…
【5つの欲求】から来るのか?


…を観(み)ないとなりません。
実は当ホームページ【現実と人生のカラクリ】は基本的に前者の御質問には比較的、ロジックに答えさせて頂いております。

そして後者には基本的にどうしても【答えようがない。】のです。
何故なら当ホームページ【現実と人生のカラクリ】は【線引き】の反対を目指す方向であるからです。

別章【心と意識の洗濯】は特にその代表格とも言えるでしょう。



さらに別の側面から観(み)て観(み)ましょう。

今までの内容を踏まえて…
仮に私(卵P)が何かしら【答え】らしきものを提示したとします。
それにより【皆様(アバター・Aの世界)】は何を【刺激】され、何を【強化】してしまうのでしょうか?

また【5つの欲求】のどの部分を【満たしたい(自覚症状が無い場合もある)】という部分を観(み)なくてはなりません。


コレに関しては【良薬】があります。
それは【私達(アバター・Aの世界)】は誰一人【同じ【Aの世界(アバター・Aの世界)】に居ない】という事実を完全に観(み)抜いてしまう事です。

現代科学では現在、ある【矛盾】に迫っておられます。
それは【量子】の世界。


ココでは【鵜呑み】を防ぐためにあえて割愛させて頂きますが【私達(アバター・Aの世界)】は一人一人【共有的感覚(同じ世界にいる感覚)】がありますが実際には【SNS(ソーシャルネット)】や【オンラインゲーム】の様にデータを落とし【環境】を得て【Aの世界(アバター・Aの世界)】を体験しています。

しかしながら【各自のパソコン】は別々のもので【各自のパソコン】には、それぞれのキャラクターが居るのです。
一言で言えば【キャラクターの数だけ世界がある】のです。



ソレを共通感覚にしているのがパソコンで例えるのなら【ネットワークプロトコル】の様なものなのです。
御興味があれば検索されて下さい。(専門チックで全然面白くないですがw)

簡素に言えば『【別々の各個】を【共通】させる為にシステムのルールを同じにしましょうよ。』というものです。

昔、パソコンってOSが違ったら互換性がなかったんです。
その他にもビデオなんかが良い例で【ベータ】と【VHS】。
最近ではDVDなんかが昔のコードと今のコードが合わないと再生出来ないデッキや機器がありましたね。(現在では統一されています。)


それぞれのものを共通ルール(仕組みと御考え下さい。)を採用し、これにより【共感覚】的に【錯覚】を起こしますが実際には【皆様(アバター・Aの世界)】の中にそれぞれ【私(卵P)】があらゆるパターンで居るのです。
不思議でしょ?


『それじゃ、個人がこの世界で出来る事ってあんの?(【Aの世界(アバター・Aの世界)】で何か【証】的な意義と思って下さい。)』と思われる方も居られると想いますがその答えは【ある】と言っておきます。

例えではありますが実は【アップロード】や【並列化】が出来ます。
コレに関しても綴れば長くなりますので別章に譲りますが投げやり的な【全て幻(空しさ)】には及びません。

何故なら【私達(アバター・Aの世界)】【本当の自分(純粋意識・Bの世界)】が成しえなかった【体験】をする為にあらゆる思考錯誤の末に今が在るのですから御安心下さい。


また遥か遠くに話が逸れてしまいましたね。
再度戻します。スミマセン。


ですから『○○についてどう思われますか?』という御質問に関しては常に同じスタイルで御答させて頂いております。

【すべて答えは内に在ります。】と。


【外】に求めると【刺激】を得て【反応】するだけでしかないのです。
それに【惑ってしまう】だけなのです。
多少なりとも【それなりの満足感】が一時の清涼剤の様に訪れるでしょうが実際には【エンドレス】でソレを求め続けてキリがない状態になりクタクタに疲れ果ててしまいます。

【疲れ果てる】ならまだしも【ジレンマ(矛盾からの葛藤等)】に酷く嵌ると凄惨な結果に終わる事請け合いです。
これは本当に辛く辛く言葉に言い表せない位のものです。

もう【自由】からは程遠く、その先に在るのは【破滅(実際には錯覚であり、それも貴重な体験です。御安心下さい。)】です。


ですから私(卵P)から御伝え出来る最良の答えは【内を観(み)て下さい。】と言う事になります。(詳しくは別章【心と意識の洗濯】を御参照下さい。)


何処まで伝わるかは解りませんがどうか今回の章に関して…いや、当ホームページ【現実と人生のカラクリ】に関して御訪問下さる全ての方には【凹んで頂く必要は初めから無い。】と言う事ですのでその旨、何卒宜しく御願い致します。

当ホームページ【現実と人生のカラクリ】はあくまで【仕組み】を綴っているにすぎません。
客観的に『ああ…そうか!なるほど。』と気付いて頂き【自分自身(アバター・Aの世界)】の中にある【線引き】を次第に緩めて頂ければ何より幸いな事なのです。

古来より日本は【道徳レベル】で普段からコレに関して教育を普通に受けていました。
ただ現代の移行にて忙殺してしまい【忘れていただけ】なのです。



【私達(アバター・Aの世界)】は本来そのシステムを持っています。
心を落ち着けて【玲瓏(れいろう)】の中で【自分自身(アバター・Aの世界)】の写っている水面を静かに観(み)て下さい。

その時、必ず【外に求める】事をしなくなり【内に答えを見出す】様になります。
御安心下さい。



   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------

   ------------------------------------------------<広告>------------------------------------------------